2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2021年4月26日 (月)

多度山の花木

新型コロナの感染者数が我が三重県も増え続けるなか、
なかなか出かけることもできずにいますが、
相も変わらず続けている地元桑名での多度山トレーニング? ^^;
残念ながら、春の花期はしばらくお休みしていたため山野草は少なく ><;
すでに初夏の花期に変わりつつあります。
遅ればせながらですが・・・今、山上に咲く?花木を集めてみました。

Tadojf01
この日の「海の見える展望所」
こちらも相変わらずの霞む展望ですが、赤い花はヤマツツジ。

この日山上で見かけた花木と山野草を順不同です ^^;
Tadojf02
まずこちらは山のどこでも見られる伸びた”シダ”の芽?

Tadojf03
ヘリコプターのロータリー?に見えるのはかなり伸びたものですが、
これが下に見えるシダの葉になるんですね ^^

Tadojf04
こちらも山上で見かけることが多い”ヤシャブシ(夜叉五倍子)。
雄花は黄褐色をした尾状、雌花は紅色の楕円形ですがすでに終わっていて、
今は果実(緑が若い果実、茶褐色の果実は昨年のもの)です。

Tadojf05
多度山で初めて見たがこの”ウリハダカエデ”の花

Tadojf06
こちらは同じようですがコナラの花 (雄花)^^;どんぐりができる雌花は短く、
当年枝の葉腋に出るそうですが・・・確認できません ><;


Tadojf07
これも初めてでしたが”マルバアオダモ”の花 。
純白の綺麗な花ですが・・・遠くに咲いていたのを望遠で ^^

Tadojf08
コバノミツバツツジ
もう少し早ければたくさん見れたんですが、
瀬音の森コースの北斜面に咲き残っていました 。

Tadojf09
Tadojf10
山頂周辺では”ヤマツツジ”が咲き始め、群れていたのはキアゲハ。

Tadojf11
山上では春の定番?”コバノガマズミ”

Tadojf12
最後は山野草から”コウライテンナンショウ”

Tadojf13
このテンナンショウは地方の名が付いた種類も多くあり、
素人にはほとんど見分けがつきません ^^;

今年は天候が異常に暑かったからでしょうか?
多度山上の花木も春の花は少なくなってきました。
これからは初夏の花々、特に”コアジサイ”が咲き始めます。 📷 25日

2021年1月30日 (土)

雪の多度山

この日は予報どおり朝から雪が残り、家の周りは少しだけ雪化粧に。
ときおり雪は降ったり止んだりでしたが、しばらく様子を見ていたら
青空も出始めたため、これならと、急遽多度山へ出かけました ^^;
現地到着時点では晴れ! ^^日差しもあり雪山ハイクに期待して、
いつものようにポケットパークから「健脚コース」へと行きます。

Tadoyuki01
”眺望コース”との分岐にある梅の木もすっかり雪化粧

Tadoyuki02
登山道は思った以上の雪ですが、
すでに登られた人が多いのか、道はよく踏まれています ^^

Tadoyuki03
6合目からの展望
ここからまた雪になり視界は不良、このあとは降ったり止んだりが続きます。 

Tadoyuki04
8合目
少しの時間でまた日が差し始めます ^^ 

Tadoyuki5
9合目から山上への道、晴れるとさすがに木々が綺麗です ^^

Tadoyuki06
この日の山頂

Tadoyuki07
ふたたび降りだした雪で視界がほとんどありません。
雪は止みそうになく、とんぼ返りで下山 ^^;

Tadoyuki08
山上公園の”ヤング広場”
降り続く雪のなかで、この日は墨絵の世界でした。

オマケ!

Tadoyuki09
雪の中に咲き残るサザンカ

Tadoyuki10
こちらはコウヤボウキの果穂、
総苞にしがみつくようなそう果に・・・つい一枚 ^^

昨年の春から通い始めて以来、いろんな四季の多度山を知りましたが、
こんな雪山歩きもまた初めてでした ^^    📷 30日

2021年1月22日 (金)

多度山山頂からの眺望

今年はコロナ禍のなかで三が日を避けた初詣でしたが、
「多度大社」に参拝のあとはそのまゝ多度山山頂へと歩きました。
神社前からハイキングコース(のんびりコース)で愛宕神社へ。
ここからいつもの”健脚コース”を登ります。
この日はすこし風があるものの、青空が広がる快晴のなかだけに、
山頂からの眺望が楽しみでした ^^;

Tadomt01
5合目展望所
木曽三川公園から名古屋市街地方面ですが、こちらはやや霞ます。

Tadomt02
6合目展望所からは南側に見える木曽三川の河口部と伊勢湾、
綺麗に見えますがその先はやはり霞んでいます。

Tadomt03
8合目から鈴鹿の山脈
鎌ケ岳、御在所・国見岳、奥に雨乞岳もはっきりと見えます。
あとは山頂からの眺めですが・・・これはちょっと期待も ^^;

その山頂からの眺望
Tadomt04
北から、左端は能郷白山方面ですが・・・?
雪を冠っているのが白山、右へとパンしていきます。

Tadomt05
北アルプスから右に乗鞍岳と御岳山ですが

Tadomt06
これだけはっきりと見えた北アルプスは初めてだけに、そのアップを ^^
中央に見える尖った峰は槍ケ岳でしょうか?

Tadomt07
さらに右には中央アルプスの山脈

Tadomt08
さらに右には恵那山に南アルプスの一部でしょうか。

Tadomt09
そして木曽三川公園から名古屋の市街地。
ここから南側は霞んではっきりとは見えませんでしたが、
この日は思っていた以上の澄んだ天気でタイミングも良く、
今冬初めての眺望が楽しめた多度山でした。

オマケ!

Tadomt10
懲りもせず追っかけているコウヤボウキの冬芽です。

綿毛も少なくなり、総苞が目立つようになってきましたが、
冬芽はまだ小さく、楽しめるのはこれからでしょうか?   📷 20日

2021年1月 8日 (金)

多度山上のコウヤボウキ

この日は朝から快晴でしたが、午後からは寒気が入り雪模様との予報。
雪景色もいいかと思いながら、近隣県もコロナ感染者が増え続け、
出かけるのも躊躇し ><;この日も出かけたのは多度山きでした。
目的は前回見たコウヤボウキのピンクの果穂その後 、
そろそろ痩果(そうか・果実)の冠毛がよく分かるようになる頃かと。

今回はそのコウヤボウキです ^^

Tadokb01
初歩きで見たコウヤボウキのピンクの果穂、
少し綿毛が崩れ始めていますか?

Tadokb02
違う果穂の綿毛、
果穂の真上から見ると少しそう果の形が分かります。

Tadokb03
こちらは普通?の色の果穂ですが、
こちらも少しそう果が分かるようになっています。

Tadokb04
綿毛が飛んだあとのそう果の冠毛、
黒い点のひとつひとつがそのそう果です。

Tadokb05
そう果が落ちたあとの総苞。

コウヤボウキはこのあと冬芽がでますが、これもまた楽しみ ^^
それを見に、これからも通うことになりそうです。  📷 7日

2021年1月 4日 (月)

新年初歩きは多度山から

今年は初詣にも行かずに、三が日は何年ぶりかの寝正月でした。
毎日が休みの身とはいえ、仕事始めのニュースを見ると、
やはり気持ちは(体も ^^)どこかに出かけようと誘います。
とはいえ、まだまだ人混みは避けたいところ ^^;ということで、
この日は初詣代わりにと、今年最初の多度山歩きに出かけました。
コースは「眺望満喫コース」から「瀬音の森コース」へ入り、
”海の見える展望所”から戻って”健脚コース”で下るいつものコース。

今回は新年でもあり、途中にある神社(多度大社以外)めぐりです ^^
まずは多度山ハイキングコースへの入口にある「宇賀神社」から

Tadojinjya01
Tadojinjya02
五穀豊穣、火防、海上安全、病気平癒 、登山安全に御利益があるという。
多度山東の登山口に鎮座し、正面にあるシイの巨木群で知られますが、
神域には縁起木であるアリドウシ(一両)がたくさんあります。

この日は「眺望満喫コース」からでしたが、その中間点辺りにあるのがこちら

Tadojinjya03
Tadojinjya04
鳥居は登山道口にありますが、祠は雑木林の中にあり、
銘板には「豊栄稲荷神社」と書かれていますが(多分 ?)、
この稲荷社がなぜここにあるのかはよく分かりません ><;

そして山頂に鎮座するのが「高峯神社」

Tadojinjya05
Tadojinjya06
登った人は必ず見ることになる神社ですが、
ご神木の三本杉があり、商売繁盛・家内安全・進学祈願の神様です 。

Tadojinjya07
この日の山頂休憩所(展望所)
仕事始めの日ではありますが、思っていた以上の人で賑っていました。

この日は神社をめぐるため山頂が先でしたが、
このあとは「瀬音の森コース」で”海の見える展望所”へと行きます。

Tadojinjya08
こちらもいつもより多い人が休憩されていましたが、
眺望は霞んでいてあまりよくありません。
ここから山頂へと戻って「健脚コース」を下ります。

Tadojinjya09
8合目にある「旧愛宕神社跡」への分岐にある路傍のお地蔵さん。
ここも道中の無事を祈るところです ^^;

最後は健脚コースの登山口にあるその「愛宕神社」

Tadojinjya10
Tadojinjya11
多度観光協会のHPによれば”多度神宮寺の再興のため、桑名藩主松平氏が
江戸時代初期(1616年)に、京都愛宕社の御霊を受け、
多度大社第四別宮として代々寄進されたのが始まりです”と、あります。

多度山山麓の東側にある三神社。
いつも目にしている社ですが・・・あらためて載せてみました ^^

オマケ!

Tadojinjya12
山頂に残っていた”コウヤボウキ”の果穂(そう果)、
花が残ったようなピンクの冠毛が綺麗ですが・・・これは初めてでした ^^; 

Tadojinjya13
こちらは「眺望満喫コース」の入口で咲き始めた紅梅です。

コロナ禍のなかで通い続けている多度山ですが、
今年もまた四季の多度山を楽しむことになりそうです。 📷 4日

2020年12月21日 (月)

雪の多度山山上

今年は新型コロナのおかげ?で、春先から通い始めた地元の多度山ですが、
早いものでもう年末になりました。
春夏秋と、これまで知らなかった多度山の四季も残すは冬の景色だけ ^^
本格的な冬山にはまだ早いとはいえ、このところの降雪に期待。
朝から快晴の空模様に1週間ぶりの山歩きでした。

この日も健脚コースから、瀬音の森コース「海の見える展望所」まで、
初めての冬の多度山歩きです ^^

Tadoyamaw01
この日の健脚コース5合目
遠くは少し霞んでいますが、綺麗に見える名古屋市街地のビル群 ^^

Tadoyamaw02
この辺りから少し残雪を見ながらの登山道

Tadoyamaw03
8合目から鈴鹿の山々は御在所岳と鎌ケ岳、
山上はやはり霧に隠れていて雪模様か?

Tadoyamaw04
道沿いの雪も少しづつ多くなってきました。

Tadoyamaw05
山頂分岐から瀬音の森コースに入りますが、積雪はそれなりに ^^;
保全車の車でしょうか?轍の痕を拾っていきます。

Tadoyamaw06
木陰に入ると凍った残雪を踏むところもありますが、
全体には歩きやすい道

Tadoyamaw07
海の見える展望所に到着!

Tadoyamaw08
この日も中部国際空港がはっきりと見えました ^^
ここから戻って山頂へ

Tadoyamaw09
この日は日曜日でしたが、
この時期はやはり訪れる人は少ないようです。

Tadoyamaw10
Tadoyamaw11
霞む遠望ですが・・・どうにか北アルプスから御岳山を確認 ^^;

Tadoyamaw12
山上公園のヤング広場、初めて楽しむ多度山の雪景色でした ^^

新型コロナの早い終息を願うばかりですが、
ぶらり旅もまだしばらくは自粛が続くことになりそうです。  📷 20日

2020年12月 4日 (金)

初冬の多度山山上

今年もすでに師走になり、最後の紅葉狩りをと思っていましたが、
コロナ感染者の拡大もあって遠出をすることはなるべく自粛しています。
おかげで、相も変わらず地元の多度山詣を続けていますが^^;
この日も12月に入ってすでに2度目のハイキングでした。
久しく載せてはいませんが、今回は久しぶりに多度山山上の様子です 。
まだ平年よりは暖かい日が続いているとはいえ、
さすがに気候は秋から冬への変わり目だけに、
山上も晩秋から冬へと変わる景色を感じるようになりました。

この日は平日で人が少ないだろうと、健脚コースから山頂へ

Tadoyama12301
6合目からの展望は左に木曽三川河口部、
中央に中部国際空港、右には川越花緑発電所から四日市霞埠頭です。

山上公園は、まず正面の広場に咲くサザンカから

Tadoyama12302
今は遊具が取り外されて芝生広場だけの公園ですが、
ここにはたくさんのサザンカの木があります。

Tadoyama12303
ここが山頂(山上公園)の正面入口、
山頂にある「高峯神社」への参道になっています。

Tadoyama12304
これまで何度か見ているサザンカですが、
すでに花びらを落とし始めているものの、今は赤い花が見ごろ。

Tadoyama12305
早くから咲き始めていた白いサザンカはすでに終盤が近く

Tadoyama12306
綺麗な花をアップで ^^;

Tadoyama12307
花の見ごろは11月下旬頃でしたが、まだこれだけの花が楽しめます。

Tadoyama12308
あとは山上に数本あるモミジの木、
今はもうこの木だけが色づいているだけです ^^;

Tadoyama12309
こちらはハイキングコースの黄葉、主にコナラにカエデ類ですが、
やはり終盤を迎えています。

オマケ!

Tadoyama12310
秋に楽しませてもらったコウヤボウキはすでに綿毛ですが、
これも見つけるのが大変なほどになりました。

コロナの感染者数も衰える気配がなく、
今年はもう予定していた紅葉めぐりも諦めることに ><;
またしばらくは遠出も自粛ムードになりそうです。   📷 3日

2020年10月27日 (火)

秋晴れの多度山ハイク!

コロナのおかげで出かけるところもなく、運動不足の解消にと始めた
三重県桑名市多度町にある「多度山」通い。
近場で手ごろな山歩きができるところだけに今でも続けていますが、
この日も朝から快晴となり、飽きもせずに ^^;出かけました。
ブログに載せるのは何日ぶりか?
いつものように「健脚コース」から”海の見える展望所”折り返しでした。

1合目(標高177m)、2合目(196m)、3合目(220m)、
4合目(243m)と林の中を登って行き、5合目の展望所からです。

Tadoa01
5合目(257m)、山頂からの展望と重なりますが、やや南東から。
いつもと変わらぬ眺めですが、展望はまずまずでしょうか ^^;

Tadoa02
6合目(297m)はさらに南側の展望、
木曽三川の伊勢湾河口部と、眼下に多度町の町並みです。
7合目(325m)は林の中の休憩ベンチ?だけで通過 ^^;

Tadoa03
8合目(354m)は西側の展望に変わり、
鈴鹿の山脈が続きますが、見えるのは鎌が岳と御在所岳に釈迦が岳です。

このあと9合目(388m)から鉄塔群が建ち並ぶ山上に出ると、
山頂への分岐から「瀬音の森コース」に入ります。
いったん少し下って次のピークまで登り返す約1.2kmの道を行き

Tadoa04
この日の”海の見える展望所”(478m)。
今回は中央に見える川越火力発電所から四日市霞埠頭方面ですが、
少し海を強調してみました ^^;

ここから多度山山頂へと戻ります。

Tadoa5
その山頂(403m)。
この日は日曜日だけに多くの方が登られていて人が多く、
さすがに大人から家族連れまで人気の山です。

Tadoa06
こちらも正面に見える木曽三川公園センターと名古屋市街地ですが、
この日も残念ながら恵那山や御嶽山は霞んでいて見えません ^^;

オマケ! この日はやっと見つけた秋の花 ^^

 Tadoa07 Tadoa08
瀬音の森コース沿いに咲いていた”センブリ”と

Tadoa09
咲き始めた”コウヤボウキ”です。
この花は山上周辺で見ることができるため、これからの楽しみです ^^

今年は2月から通い続けた多度山ですが、コロナの終息はまだ???
しばらくは山歩きが続きそうですが、そろそろ紅葉も始まります。
こちらも3蜜を避けて計画しなければ・・・ ^^;   📷 25日

2020年9月15日 (火)

伊吹山 秋!

この時期、見たい花があり伊吹山へ行きたいと思いながら、
週末の混雑を避けていたら雨模様の日が多く、様子見が続いていました。
この日は朝から快晴も、山頂の情報は”霧” でしたが^^;
秋の花もラストチャンスになりそうなため、思いきって走りました。
特に見たい花はクサボタンの果穂 ^^;時期的にはもう遅く、
期待するのは無理か?とも思いましたが・・・。

Ibukia01
山頂の天気は情報どおり” 霧 ”、気温が13℃ とちょっと肌寒いほど ^^;
いつものように西登山道へと入ります。

Ibukia02
この時期はすでに夏の花も終盤 、
サラシナショウマの群生も、もう綺麗な花は少なくなっています ^^;

Ibukia03
Ibukia04
道沿いに多く見られるのはイブキアザミにアキノキリンソウ、
混じってコイブキアザミも咲きます ^^

Ibukia05
斜面に群生するフジテンニンソウ、
今はこの花が登山道沿いを埋め尽くしています。

Ibukia06
アキノキリンソウも今が一番の見ごろでしょうか ^^

Ibukia07
あとはイブキトリカブトですが・・・
見たかったクサボタンの果穂はまったくありません ><;
もともと山頂登山道には少なく、やはりもう遅かったようでした。

クサボタンの果穂を最初に見たのが上野登山道の8合目でした。

Ibukia08
もう遅いとは思いながら・・・
未練がましくこの日はその8合目まで下りてみました ^^

Ibukia09
久しぶりの上野登山道でしたが、その8合目、
この日は月曜日でしたが、多くの登山者とすれ違います。

Ibukia10
ただ、期待もむなしく思いの花はまったく見ることができません ><;
あとは当然ですが、下れば上る・・・ ^^;

登り返した山頂お花畑!
Ibukia11
咲き乱れるのはこちらもフジテンニンソウ

Ibukia12
混じって咲くシオガマギクはまもなく見ごろを迎えます。
このあとはいつものように東登山道を下り、中央登山道を登り返しましたが、
特に目新しい花は何も咲いていませんでした。

下る西登山道

Ibukia13
駐車場への出口近くで女性のグループが見ていたのが、
探していたクサボタンとこの果穂でした。

クサボタンの果穂を探して霧の山頂から8合目まで、
いつもとは違った伊吹山山頂散策でしたが・・・最後の最後に、
思わぬところでのひと花でした。      📷 14日

2020年8月24日 (月)

多度山 海の見える展望所

春先からのコロナ禍による行動自粛のおかげ?もあって、
すっかり多度山通いにハマってしまいました ><;
近場での運動不足解消にはこれ以上はない山歩きですが、
このところの猛暑続きにはウンザリしながらも ><;
山上での散策が楽しみになり、この日もまた多度山でした。

最近は瀬音の森コースの”海の見える展望所”まで行きことが多くなり、
この日も健脚コースからでしたが、
久しぶりに載せるハイキングコースからの展望です。

Tado823s01
まずは5合目、ここで展望が開けますが、
ここからは木曽三川公園センターと名古屋市街地でしょうか?
天気は良いものの、名古屋市街地のビル群は霞んでいます。
夏は霞がかかるだけに、この日はまだいい方でしょうか ^^;

Tado823s02
6合目、こちらは木曽三川河口部と伊勢湾。
こちらも霞んで展望不良ですが、休憩するにはいいところ ^^

Tado823s03
8合目、ここは西の展望、
鈴鹿山地は鎌ヶ岳に御在所岳ですが・・・霞みます。

9合目を抜けたあとは鉄塔群の保守道路から、
山頂への道を分けて「瀬音の森コース」へと入ります。
さらにもうひと登り続けてしばらく・・・

Tado823s04
”海の見える展望所”到着

Tado823s05
正面にはほゞ180度の眺望ですが、
見えているのは木曽三川の河口部から伊勢湾。

Tado823s06
右には四日市方面と伊勢湾展望ですが、
ちょっと展望が良くなく、海は霞んで見えません ><;
貸し切りの展望所でしたが、しばらく休憩して多度山山頂へと戻ります。

Tado823s07
その山頂からの眺め、
5合目から見えた名古屋市街地の高層ビル群は霞みました ><;

オマケ!

Tado823s08
山上の道沿いに咲いていた”ノリウツギ”
この時期、多度山で見ることができる貴重な花です ^^  

Tado823s09
花に蝶はツマグロヒョウモン、傍にいるハナムグラ?がちょっと邪魔 ^^;

もうひと花!

Tado823s10
山上でも咲き始めたキンミズヒキです。

猛暑のなかでの山歩きもいいですが、もう8月も終盤 ><;
そろそろどこかに・・・、
そんな気持ちにさせられる多度山山上散策でした。 📷 23日

より以前の記事一覧