2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年12月15日 (金)

木曽川水園の鳥たち

このところの急な冷え込みもあり、夜間はかなり寒かったようで、
この日の朝はほんの少し薄雪もありました。
こうなると気になるのが河川環境楽園「木曽川水園」のシモバシラ ^^;
先週の日曜日に出かけたばかりですが、
現地の状況は分からないまま、またダメもとでと走りました。

いきなりですがこの写真から

 Kogera1

樹の幹をツツくコゲラです。

そうなんです ><;
現地の温度は6℃でシモバシラはまだできていませんでした。
で、この日もやはり野鳥と水鳥を追っかけての園内散策です。

Kogera2

まずは最初に出会ったコゲラです。

Kogera3

背中の白い模様が特徴、うなじもいいです ^^;

この日は平日でしたが、ここはバードウオッチングをする人が多く、
出会うのはカメラをもって上を見上げる人ばかりです。
それだけ野鳥が多いところなんですね。

Yamagara

なかなか見つけられない鳥にも会えますが、
これはヤマガラ。

ということで、あとはカモたちと遊びます。

Suien01

カモたちも前回見たときよりは少し多くなったようですが、
本番にはまだまだでしょうか。

Suien02

寒いためか?丸まって動きません ><;

Suien03

Suien04

かと思えば飛び回るカモたちもいますが、
全体には静かに羽を休めています ^^;

Suien05

手前を泳ぐのはオオバン

Suien06

この鳥?は潜りが得意 ^^

Suien07

黒い体も特徴でしょうか

Suien08

他のカモたちとはすぐ見分けがつきます。
追っかけていてもおもしろい水鳥です ^^;

Suien09

飽きもせず通っています「木曽川水園」。

この日もシモバシラの氷柱は見れませんでしたが、
こればっかりは気温次第ですね。
年内にはと・・・さて、次はいつになりますか? camera 14日

2017年12月14日 (木)

なばなの里 里内のイルミ

今年の「なばなの里」のイルミネーションは、
「くまもとだモン!~くまモンのふるさと紀行~」。
そのテーマエリアを先に載せましたが、
ここは里内のイルミにも見どころがたくさんあります。

今回もその一部です ^^;

Nabanai201

まずは長島ビール園の前にある”光の雲海”ですが、
入村したのが点灯直後の17時過ぎでした。

Nabanai202

一方通行の道を行くと、チャペル前には”ツインツリー”。
ここから池沿いに出ますが、迎えてくれるのは
里内いちばんの見どころ”水上イルミネーション”です。

Nabanai203

Nabanai204

Nabanai205

Nabanai206

木曽三川の流れをイメージした大規模イルミは”光の大河”。
時間とともに色が次々と変化します。

ここはじっくりとその川の流れを見たいところですが・・・

Nabanai207

こちらは渡る橋の反対側にある木々のライトアップ!
パノラマ風ですが拡大はできません ^^;

Nabanai208

Nabanai209

池をめぐって出口へと向かいながら眺めるイルミ。

Nabanai210

ぐるりと回った”村の市”、
ここはちょうどツインツリーの反対側です。

ここもじっくりと見たいところですが、
この日も駆け足でめぐった「なばなの里」のイルミネーションでした。
今年もまたスケールアップをして開催されています ^^;

2017年12月13日 (水)

なばなの里イルミネーション

この時期、お出かけ情報はどこもかしこもイルミばかりで、
夜の弱い身としてはどうにも苦手なイベントです ><;
とはいえ、近年は近場で見られるイルミネーションをと、
「木曽三川公園センター」に出かけていますが、
この日は久しぶりに「なばなの里」に出かけました。
里内は光の雲海、ツインツリー、水上イルミネーション、光のトンネルなど、
さすが有料施設だけに多彩な光のページェントが楽しめます。

今年のメインテーマエリアは熊本の美しい風景で、
「くまもとだモン!~くまモンのふるさと紀行~」。
まずはそのテーマエリアから、くまモンを中心に載せます ^^;

Nabanai01

テーマエリアへの入口はこの光のトンネル

Nabanai02

抜けると・・・いきなり熊本城とくまモンでしたが

Nabanai03

ここから繰り広げられる約7分の繰り返しによる
熊本の風景が15シーンだそうですが

Nabanai04

その一部をくまモンとともに載せてみます ^^;

Nabanai05

草千里に
天草の海でのイルカウオッチングも ^^

Nabanai06

Nabanai07

史跡・崎津天主堂

Nabanai08

阿蘇の朝焼け

Nabanai09

山鹿市・百華百彩、千人灯籠踊り

Nabanai10

これは?

Nabanai11

阿蘇大観峰からの眺めでしょうか

Nabanai12

熊本城

Nabanai13

波乗りくまモン!

  Nabanai14

あらためてパノラマです ^^;

今年は高さ約30m、横幅約155mの広大なエリアに、
LEDが作りだす熊本のダイナミックな景観が演出されていて、
熊本の魅力がたっぷりのイルミネーションでした。

Nabanai15

出口の回廊
テーマは”桜”ですが、彩色の変化する中を戻ります。

過去最多の複数シーンで構成されたという今年のイルミ。
開催は~5月6日(日)までと長期ですが、
途中、2回のバージョンアップがあるようです。

2017年12月11日 (月)

初冬の木曽川水園

寒気が南下して寒い日が続くとの予報ですが、
寒くなると気になるのがシモバシラ・・・
と、いってもこちらは花のシモバシラの茎にできる氷柱です ^^;
まだそんな寒さではないか?と思いながらも、
少し気になって出かけた岐阜県各務原市にある
河川環境楽園オアシスパークの「木曽川水園」でした。

この日は日曜日で早めの到着 ^^;
開園時間にはまだ早すぎて東駐車場から歩きます。

Sansens01

堤防沿いにあったセンダンの大樹。

シモバシラを見るときは裏側になる”垂水の沢”口から入園しますが、
この日は残念ながらまだできていません ><;
そのまま垂水の沢を通り水園の下流へと行きます。

Sansens02

垂水の沢
差し込む朝日に人口の霧がなかなかいい雰囲気です ^^;

Sansens03

渓谷に散り残る紅葉

この時期は花もなく、ただ歩くだけですが、
この日はたくさんの人がバードウオッチング中!

Sansens04

カワラヒワ?
野鳥の名前もわからないまま、
皆さんが見上げる先にカメラを向けますが・・・全部ボケボケ><;
一応撮ったということで載せます。

Sansens05

こちらはベニマシコか?
そして

Sansens06

Sansens07

シジュウカラ

皆さんさすがに見つけるのが早いですね ^^;
言われた先を追っかけるのが精一杯でしたが、
写真はともかくとして、いい勉強になりました。

Sansens08

こちらはカモたちですが、
なかにはオオバンもいます。

Sansens09

コガモ

Sansens10

水園の下流部には、
これからたくさんのカモたちが飛来してきます。

この日は鳥たちが主役になりましたが

Sansens11

花は咲き残っていたキチジョウソウ ^^;

Sansens12

農家の棚田

シモバシラの氷柱は見れませんでしたが、
これはまたあらためて見に来ることにして ^^;
この日は野鳥と水鳥の「木曽川水園」でした。  camera 10日

2017年12月 6日 (水)

デンパーク 園内散策

安城市の「デンパーク」、”不思議の森”の紅葉を楽しんだあとは、
いつものように園内の散策です。
この時期は恒例の「ウインターフェスティバル」が開催中!
園内の各所にはイルミネーション用の飾りが設置されて、
年末に向けたクリスマスムードも盛り上がっています。

Denpark

まずは正面ゲートを入った水のステージ前広場から、
花の大温室「フローラルプレイス」へと向かう道を行きます。

Denpark201

道沿いにはたくさんのイルミ用飾りが置かれていますが、
大温室はあとにして目指したのは北東部にある「四季の花木園」。

Denpark202

こちらの芝生広場にもたくさんの飾りですが、
すぐ先に見えるのが四季の花木園です。

Denpark203

Denpark204

花は期待していませんでしたが、
咲いていた、たくさんの”十月桜”には思わずびっくり!!

Denpark205

何もないこの時期にこれは予想外 ^^;
花木園を回って園の北側を歩いて行きます。

Denpark206

風の丘から

Denpark207

グラスウオークの道

Denpark208

冬枯れの道沿いでしたが、
ここにはトリトマ‘クリスマス・チアー’が咲いていました。
晩秋から初冬咲きの品種だという。

このあとはデンマーク風車のある「風車の広場」ですが、
残念ながら今はリニューアル工事中で入れません ><;
そのまま正面ゲートを通過して花の大温室「フローラルプレイス」です。

Denpark209

こちらも冬の恒例イベント
「クリスマスフラワーショー~ホワイトクリスマス~」が開催中。

Denpark210

Denpark211

高さ8メートルのツリーとともに、温室内は白い花々で飾られた
北欧の街角がイメージされています。

そしてガーデンルームには

Denpark212

Denpark213

真っ赤なポインセチアのクリスマス飾りでした。

Denpark214

あらためて花の大温室を彩るツリーの数々です。

安城デンパークのウインターフェスティバル。
園内を彩る30万球のイルミネーションワールドだそうですが、
ここも一度は見てみたいイルミの世界です。   camera 3日

2017年11月30日 (木)

木曽三川公園冬の光物語

岐阜県海津市にある「木曽三川公園センター」で開催中の
ウインターイルミネーション”冬の光物語”。
今年のテーマは「北欧の大自然~サンタが街にやってくる~」です。
夜の弱い身としてもここにだけは出かけているイルミネーション ^^;
朝から雨が降ったり止んだりの天気でしたが、
雨も上がり暖かい夜になったこともあり、急遽出かけました。

いつものように北駐車場からでしたが、
南側にある通路から、会場を見て行きます。

Sanseni01

南会場から北会場への通路は”オーロラ”

Sanseni02

Sanseni03

くぐり抜けると”クリスマスステージ”、
その先には”美しい自然とクリスマスツリー”の径。

Sanseni04

右手には”サンタヴィレッジ”

Sanseni05

Sanseni06

今年は三川池上のイルミがこちらに移ったようです。

Sanseni07

その三川池側には”シャンパングラスツリー”
白、赤と色が変わるグラスツリーです。

Sanseni08

三川池には”フィヨルド”
こちらも色の変化が楽しめます。

Sanseni09

池を回り込んで

Sanseni10

中央エントラスにはお馴染みの”クリスマスツリー”

そして中央の大花壇は

  Sanseni11
  パノラマで ^^;
”北欧の大自然 グランドイルミネーション”!

Sanseni12

大花壇を回って

Sanseni13

北入口
こちらにも南入口と同じくイルミは”北欧の世界へようこそ”です。

今年も50万球のLED電球などを使った、
イルミネーションのファンタジックな世界を楽しみました ^^
「冬の光物語」は12月31日(日)までです。  camera 29日

2017年10月28日 (土)

ブルーボネットハロウィーン

この日も午前中しか時間がなく、またまた近場ですが、
名古屋市港区潮見町にある
「名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット」です。
久しぶりの訪問は
開催中の”ブルーボネットハロウィーン”(29日(日)まで)でした ^^;

いつものように園内を反時計回りです。

Bluebonnet01

見どころは園内のハロウィーン飾りでしょうか。

Bluebonnet02

この時期、
花はほとんど期待できずイエローキャンパスだけ。

Bluebonnet03

恒例のフラワー展示イベント・デザイン花壇は、
ハロウィーン仕様で秋を彩る花での、ボネットちゃん!

Bluebonnet04

サニーハウス前

Bluebonnet05

館内の飾り

Bluebonnet06

シーサイドガーデン前の鐘

Bluebonnet07

メドウガーデン

Bluebonnet08

テーブルガーデンと、
飾られているところは例年どおりでしょうか。

Bluebonnet09

ワイルドフラワーの里は夏の異常気象での生育不足と、
台風の影響を受けたため花は植え替えられています。

Bluebonnet10

木漏れ日の庭に咲くシュウメイギク

Bluebonnet11

ジャパニーズスモールワールドには
たくさんのホトトギスが咲いています。

Bluebonnet12

センターハウスへの園路
ここも例年どうりに飾り付けされています ^^;

Bluebonnet13

キッチンガーデン

Bluebonnet14

今年は可愛い飾りもたくさんあります ^^

Bluebonnet15

レストラン横

レモン色に染まるコスモスガーデンにはちょっと遅すぎましたが、
久しぶりに楽しんだ”ブルーボネットハロウィーン”でした。
ボネットちゃんのデザイン花壇は11月2日(木)までです。  camera 27日

2017年10月11日 (水)

秋篠寺

「なら歴史の道」を歩く途中に立ち寄った「般若寺」のあとは「秋篠寺」です。
賑う「般若寺」とは違って、こちらは静かな秋篠の里にあります。

この日は日付が変わりましたが、近鉄京都線平城駅から再開。
「神功皇后陵」を見て歴史の道は奈良市街地の北西部へと入ります。
静かな秋篠町の里を抜けて行くと寺の東側にある駐車場に。

Akishino01

すぐに東門
正式には南門が正面入口ですが、車での観光客はこちらからに ^^;
歴史の道は寺を巻いていきますが、もちろんここは入山。

Akishino02

初秋にはハギの花が咲く香水閣周辺ですが、
花はすでに終わっています。

Akishino03

香水閣入口、扉は閉まっていますが、
特別開扉される日があります。

Akishino04

隣にある「十三社」

Akishino05

参道は南門へと続きますが、
右側にはかっての金堂跡という苔庭があります。

Akishino06

拝観受付へと行くため右に折れるとその苔庭。
秋篠寺はこの苔庭(金堂跡)もまた見どころのひとつ。

Akishino07

”保延元年(1135)、一山兵火に罹り僅かに講堂他数棟を残すのみにて
金堂東西両塔を等主要伽藍の大部分を焼失し・・・・・

Akishino08

自然のまゝに繁る樹林の中に千戸の歴史を秘めて佇む

Akishino09

現在の姿を呈するに至っている。・・・・・”と。

入山します。

Akishino10

本堂
”創建当初講堂として建立されたが金堂の焼失以後鎌倉時代に
大修理を受け、以来本堂と呼ばれてきたもの。

Akishino11

”単純素朴の中にも均整と落ちつきを見せる
純和様建築として注目される・・・”。(以上、すべて栞からの抜粋)
正面にある休憩所に座して、その建物を眺めるもよろしいかと。

堂内はもちろん撮影禁止ですが、居並ぶ仏像群もまた必見!
正面左奥には五大力菩薩、中央壇上には左から伎芸天、地蔵菩薩、
十二神将(六神将)、月光菩薩、薬師如来、日光菩薩、十二神将(六神将)、
不動明王、帝釈天、そして右奥には愛染明王の尊像です。

Akishino12

戻れば「大元堂」。
毎年6月6日の結縁開扉時にはその”大元師明王”拝観に
多くの人たちが訪れます。

Akishino13

開山堂を見て境内を出ます。

Akishino14

南門

Akishino15

傍にある「八社御霊神社」は元秋篠寺鎮守社。

ここも実に十年ぶりの拝観でしたが、やはり歴史の道を歩く途中でした ^^;
車でのアクセス以外では西大寺駅からバスか、歩いて15分。
ただ、歴史の道は迷路のような道になります ^^;  camera 9日

2017年10月 9日 (月)

高取 町家のかかしと秋祭り!

奈良県高取町で始まっている「高取町家のかかし巡り」。
毎年楽しみにいている催しですが、
今年もまたた趣向を凝らした約200体のかかしを見に出かけました。
今年のテーマは”かかしの七福神巡り”とか・・・
土佐街道筋の町家で迎えてくれるたくさんのかかし、
いつものように壷阪寺駅前から土佐街道に出ます。

Takatori01

いつも飾られている案山子の広場には見慣れぬ”だんじり”が。
この日はちょうど秋祭りの日でした。

Takatori02

いつものように案山子もたくさんですが、
こうなると、どうにもだんじりが気になります。

Takatori03

町筋に揚る祭り提灯に、さて、どちらがメインかと ^^;

Takatori04

今年は”かかし”と”だんじり”運行の二兎を追った土佐街道。

Takatori05

まずは案山子!恵比寿天
今年のテーマ”七福神巡りかかし”をメインに見て行きますが

Takatori06

Takatori07

途中で出会うだんじりもまた載せながら・・・
少し写真が多くなりますが・・・いちどに載せていきます ^^;

Takatori08

この場所が”一号線”ということを初めて知りましたが

Takatori09

かかし巡りのサブ会場にもなるところ。
多くのかかしが見る?ここに”だんじり”5台が集結します。

Takatori10

高取町には町内の6地域、上子島・下子島・清水谷・
上土佐・下土佐・観覚寺にだんじりがあるそうですが、
この日はそのうち清水谷以外の5台が曳かれています。

午後のスタートまでの合間に案山子を見て回ります ^^;

Takatori11

大黒天か?

Takatori12

こちらはメイン会場の「七福神の宝船」

Takatori13

福禄寿?

 Takatori14_2 Takatori15

弁財天に毘沙門天
少し足りませんが、あまり案山子に気が入っていません ><;

Takatori16

一号線の広場に戻りましたが、
これから午後のだんじり運行が始まります。

Takatori17

だんじり運行は二手に分かれますが、
総門へと向かう3台を追います。

Takatori18

Takatori19

”つぼさか よしの道”分岐を過ぎてすぐに右へ

Takatori20

ここが「総門」前で、高取藩植村家の家老林家の屋敷跡に、
江戸中期に建てられたという門の跡。

だんじりはその前の坂を上りきって

Takatori21

狭い道筋に集結しましたが・・・ここは行き止まり。
そのまま休憩となりました。
さて、このあとはどうなるのか?確認はせずに来た道をもどりました。

この祭りがあることを知らずに出かけましたが、
思わぬ展開に今年はかかし巡りが少しおろそかになりました。
またの機会に残りを紹介できればと・・・  ^^; camera 7日

2017年10月 2日 (月)

山室湿原・秋

長浜市の「神照寺」から伊吹経由で戻る途中、
見たい花があって立ち寄った米原市山室にある「山室湿原」です。
秋の山室湿原は初めてでしたが、花が少ないこの時期に咲く花で、
見たかったのは”シロバナミミカキグサ”でした。

まだ見たことがなかった花ですが ^^;まずはこの日の湿原。

Yamamuro901

めぼしい花は何もありませんが

Yamamuro902

今はこの花

Yamamuro903

サワギキョウ
まぁ、これはこれでうれしいんですが ^^;
この日の目的でした花を探します。

Yamamuro904

それがこの花”シロバナミミカキグサ”
咲いてはいるんですが、ミミカキグサだけに小さいくて

Yamamuro905

オマケに白とくれば・・・撮影泣かせ ><;

Yamamuro906

木道にしゃがみ込んでの撮影ですが、
この日は他に人がいなくてよかったです ^^;

Yamamuro907

しゃがみ込みついでにこちらは”ミミカキグサ”です。

ここにはシラタマホシグサは咲いていないため、
寂しい湿原ですが

Yamamuro908

咲き始めたスイランや

Yamamuro909

Yamamuro910

キセルアザミが色を添えています ^^;
そして、湿原といえばトンボ!
以前にここでハッチョウトンボの交尾を撮りましたが・・・

Yamamuro911

この日はヒメアカネか?交尾中を真上から

Yamamuro912

カメラを振っても止まっていてくれました ^^;

花の少ないときはそれなりに・・・でしょうか、
秋本番前の「山室湿原」でした。  camera 9月30日

より以前の記事一覧