2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年10月11日 (水)

秋篠寺

「なら歴史の道」を歩く途中に立ち寄った「般若寺」のあとは「秋篠寺」です。
賑う「般若寺」とは違って、こちらは静かな秋篠の里にあります。

この日は日付が変わりましたが、近鉄京都線平城駅から再開。
「神功皇后陵」を見て歴史の道は奈良市街地の北西部へと入ります。
静かな秋篠町の里を抜けて行くと寺の東側にある駐車場に。

Akishino01

すぐに東門
正式には南門が正面入口ですが、車での観光客はこちらからに ^^;
歴史の道は寺を巻いていきますが、もちろんここは入山。

Akishino02

初秋にはハギの花が咲く香水閣周辺ですが、
花はすでに終わっています。

Akishino03

香水閣入口、扉は閉まっていますが、
特別開扉される日があります。

Akishino04

隣にある「十三社」

Akishino05

参道は南門へと続きますが、
右側にはかっての金堂跡という苔庭があります。

Akishino06

拝観受付へと行くため右に折れるとその苔庭。
秋篠寺はこの苔庭(金堂跡)もまた見どころのひとつ。

Akishino07

”保延元年(1135)、一山兵火に罹り僅かに講堂他数棟を残すのみにて
金堂東西両塔を等主要伽藍の大部分を焼失し・・・・・

Akishino08

自然のまゝに繁る樹林の中に千戸の歴史を秘めて佇む

Akishino09

現在の姿を呈するに至っている。・・・・・”と。

入山します。

Akishino10

本堂
”創建当初講堂として建立されたが金堂の焼失以後鎌倉時代に
大修理を受け、以来本堂と呼ばれてきたもの。

Akishino11

”単純素朴の中にも均整と落ちつきを見せる
純和様建築として注目される・・・”。(以上、すべて栞からの抜粋)
正面にある休憩所に座して、その建物を眺めるもよろしいかと。

堂内はもちろん撮影禁止ですが、居並ぶ仏像群もまた必見!
正面左奥には五大力菩薩、中央壇上には左から伎芸天、地蔵菩薩、
十二神将(六神将)、月光菩薩、薬師如来、日光菩薩、十二神将(六神将)、
不動明王、帝釈天、そして右奥には愛染明王の尊像です。

Akishino12

戻れば「大元堂」。
毎年6月6日の結縁開扉時にはその”大元師明王”拝観に
多くの人たちが訪れます。

Akishino13

開山堂を見て境内を出ます。

Akishino14

南門

Akishino15

傍にある「八社御霊神社」は元秋篠寺鎮守社。

ここも実に十年ぶりの拝観でしたが、やはり歴史の道を歩く途中でした ^^;
車でのアクセス以外では西大寺駅からバスか、歩いて15分。
ただ、歴史の道は迷路のような道になります ^^;  camera 9日

2017年10月 9日 (月)

高取 町家のかかしと秋祭り!

奈良県高取町で始まっている「高取町家のかかし巡り」。
毎年楽しみにいている催しですが、
今年もまたた趣向を凝らした約200体のかかしを見に出かけました。
今年のテーマは”かかしの七福神巡り”とか・・・
土佐街道筋の町家で迎えてくれるたくさんのかかし、
いつものように壷阪寺駅前から土佐街道に出ます。

Takatori01

いつも飾られている案山子の広場には見慣れぬ”だんじり”が。
この日はちょうど秋祭りの日でした。

Takatori02

いつものように案山子もたくさんですが、
こうなると、どうにもだんじりが気になります。

Takatori03

町筋に揚る祭り提灯に、さて、どちらがメインかと ^^;

Takatori04

今年は”かかし”と”だんじり”運行の二兎を追った土佐街道。

Takatori05

まずは案山子!恵比寿天
今年のテーマ”七福神巡りかかし”をメインに見て行きますが

Takatori06

Takatori07

途中で出会うだんじりもまた載せながら・・・
少し写真が多くなりますが・・・いちどに載せていきます ^^;

Takatori08

この場所が”一号線”ということを初めて知りましたが

Takatori09

かかし巡りのサブ会場にもなるところ。
多くのかかしが見る?ここに”だんじり”5台が集結します。

Takatori10

高取町には町内の6地域、上子島・下子島・清水谷・
上土佐・下土佐・観覚寺にだんじりがあるそうですが、
この日はそのうち清水谷以外の5台が曳かれています。

午後のスタートまでの合間に案山子を見て回ります ^^;

Takatori11

大黒天か?

Takatori12

こちらはメイン会場の「七福神の宝船」

Takatori13

福禄寿?

 Takatori14_2 Takatori15

弁財天に毘沙門天
少し足りませんが、あまり案山子に気が入っていません ><;

Takatori16

一号線の広場に戻りましたが、
これから午後のだんじり運行が始まります。

Takatori17

だんじり運行は二手に分かれますが、
総門へと向かう3台を追います。

Takatori18

Takatori19

”つぼさか よしの道”分岐を過ぎてすぐに右へ

Takatori20

ここが「総門」前で、高取藩植村家の家老林家の屋敷跡に、
江戸中期に建てられたという門の跡。

だんじりはその前の坂を上りきって

Takatori21

狭い道筋に集結しましたが・・・ここは行き止まり。
そのまま休憩となりました。
さて、このあとはどうなるのか?確認はせずに来た道をもどりました。

この祭りがあることを知らずに出かけましたが、
思わぬ展開に今年はかかし巡りが少しおろそかになりました。
またの機会に残りを紹介できればと・・・  ^^; camera 7日

2017年10月 2日 (月)

山室湿原・秋

長浜市の「神照寺」から伊吹経由で戻る途中、
見たい花があって立ち寄った米原市山室にある「山室湿原」です。
秋の山室湿原は初めてでしたが、花が少ないこの時期に咲く花で、
見たかったのは”シロバナミミカキグサ”でした。

まだ見たことがなかった花ですが ^^;まずはこの日の湿原。

Yamamuro901

めぼしい花は何もありませんが

Yamamuro902

今はこの花

Yamamuro903

サワギキョウ
まぁ、これはこれでうれしいんですが ^^;
この日の目的でした花を探します。

Yamamuro904

それがこの花”シロバナミミカキグサ”
咲いてはいるんですが、ミミカキグサだけに小さいくて

Yamamuro905

オマケに白とくれば・・・撮影泣かせ ><;

Yamamuro906

木道にしゃがみ込んでの撮影ですが、
この日は他に人がいなくてよかったです ^^;

Yamamuro907

しゃがみ込みついでにこちらは”ミミカキグサ”です。

ここにはシラタマホシグサは咲いていないため、
寂しい湿原ですが

Yamamuro908

咲き始めたスイランや

Yamamuro909

Yamamuro910

キセルアザミが色を添えています ^^;
そして、湿原といえばトンボ!
以前にここでハッチョウトンボの交尾を撮りましたが・・・

Yamamuro911

この日はヒメアカネか?交尾中を真上から

Yamamuro912

カメラを振っても止まっていてくれました ^^;

花の少ないときはそれなりに・・・でしょうか、
秋本番前の「山室湿原」でした。  camera 9月30日

2017年8月24日 (木)

醒井地蔵まつり

8月もこの時期になると各地で地蔵盆が行われますが、
今年も米原市醒井の「地蔵まつり」(23・24日開催)に出かけました。
本番の”万燈流し”と醒井ならではの”つくりもの”が見どころですが、
この日も”つくりもの”目的で出かけたのは23日 ^^;

いつもは朝からですが、この日は午後からでした。

Samegai01

なんとも蒸し暑い日でしたが、
団体さんは”つくりもの”ではなくバイカモ目当てのツアー客 ^^;

さて、その”つくりもの”ですが、
いつものように醒井の入口になる大正通りから。

Samegai02

今年の話題のひとつはやはり”稀勢の里”でしょうか ^^;

Samegai03

大正通りのもうひとつは”きんたろう”。

ここで地蔵川を渡りますが

Samegai04

すぐ傍には中町の”昇り龍”があります。

そのまま地蔵川に沿って行きます。

Samegai05

問屋場前のバイカモ
もうサルスベリの花との競演は期待していませんでしたが・・・
やはり水量も多く、下流部でも花は絡んでいません。
で、今回は”つくりもの”だけです ^^;

Samegai06

地蔵町は”琵琶湖周航の歌100周年”
今年はちょうど歌の100周年になり、このテーマも多いです。

Samegai07

「醒井地蔵尊」

Samegai08

加茂神社にある日本武尊像の下には、
個人の方(野球フアンクラブ)の”つくりもの”です。

この先は新町筋に入ります。

Samegai09

お馴染みの六地蔵さんも健在!

Samegai10

そしてこちらも今年の話題でした ^^;
流れる「王将」の唄を聞きながら・・・思わず似てる ^^;

Samegai11

新町一組は”野洲のおっちゃん”のびわこ一周

Samegai12

そして、毎年楽しませてくれる新町一組の電動ものは、
”とべ!アンパンマン”でしたがまだ動いていませんでした。

ここから戻って西町筋に

Samegai13

「西行水」

Samegai14

こちらの”次の一手は”も、やはり将棋でした ^^;

Samegai15

醒井宿の外れにある昭和町、
こちらも”琵琶湖周航の歌”でした ^^;

最後は名物”六方焼”を買いに行く道筋の栄町

Samegai16

この茅葺屋根?の集落は早くも”雪景色”でした ^^;

ほゞメインどころを見て回りましたが、
今年の”つくりもの”を見ていると、
やはり「地蔵まつり」は夜の祭り・・・を実感でした。 camera 23日

2017年8月22日 (火)

明石城(明石公園)



明石に芭蕉「蛸壺塚」を訪ねたあと、
今回も戻る途中で明石駅前にある明石城・明石公園に立ち寄りました。
この日はちょうど「坤櫓(ひつじさるやぐら)」の公開もあり、
あらためてその中心部を見てまわります。

柿本神社から戻って
明石城東口から城内(公園内)に入ります。

Akashijo01

桝形に曲がる虎口を抜けると

Akashijo02

広大な東の芝生広場
その先には、巽櫓(たつみやぐら)の先端が少し見えます ^^

芝生広場を右から回り込んで二ノ丸南下へ

Akashijo03

二ノ丸南下入口

Akashijo04

登城道を行くと、
目の前に見事な高石垣が現れます。

Akashijo05

二ノ丸南下に続く石垣、
ここは何度見ても素晴らしい石垣が続くところ。

Akashijo06

登りきった先にある二ノ丸跡をみて、
左に折れて行くと・・・

Akashijo07

巽櫓(たつみやぐら)
本丸の南東端に築かれた三層の櫓です。

Akashijo08

その右手には本丸跡が広がり

Akashijo09

西隅にあるのは「人丸塚」、
築城に際して移されたのが先に見た柿本神社(人丸山)です。

Akashijo10

その横には復元された土塀が、
西にある坤櫓(ひつじさるやぐら)と巽櫓を繋げています。

Akashijo11

その坤櫓
この日はちょうど内部が公開されていました。

Akashijo12

坤櫓の北側に隣接する天守台。
築城当初は、本丸に御殿を築き、四隅に三重の櫓を配したが、
天守台の石垣は築かれたものの天守は建てられなかったと。

Akashijo13

天守台と

Akashijo14

その南にある坤櫓
天守閣に変わる役割を果たしたとみられる、
明石城では最大の規模をもつ櫓です。

Akashijo15

本丸跡から稲荷曲輪へと下りる道

Akashijo16

下りきると桜堀
そまゝ城郭の西にある稲荷曲輪下を回り込むと

Akashijo17

西の芝生広場に出ます。
白壁塀で繋がったふたつの櫓がいいですね ^^;

Akashijo18

そして、「武蔵の庭園」
宮本武蔵が明石城内に「樹木屋敷」を造ったという記録があり、
庭園として整備されたところです。

そのまま南へと向かうと正面出入口

Akashijo19

かつて三の丸・居屋敷曲輪への虎口であり、
太鼓門があったという。
元和4年(1618)徳川二代将軍秀忠の命により、
西国諸藩の監視のために築城されたという明石城。

Akashijo20

中掘

ここはまだまだ見どころがあるようですが、
今回もそのメインどころを中心にめぐってみました。 camera 19日

2017年8月13日 (日)

彦根城のオニバスとハス

今、JRに乗って滋賀県を巡るモバイルスタンプラリー!
「ビワイチAppスタンプラリー」というイベントが行われています。
今回は~近江和洋スイーツめぐり~がテーマで、
滋賀の魅力あふれる美味しいスイーツが紹介されています。
1年ぶりにまたやってみようかと、すでに要所はまわっていて、
この日は残っていた数か所のスタンプを取りに電車旅でした。

スタートは彦根からで、タイトルには”オニバスとハス”としましたが、
これはスタンプラリーの前のオマケです ^^;

Hikone01

彦根城内堀
旧池田屋敷長屋門から中掘りをさらに北へと行きます。
オニバスの案内板がある先

Hikone02

この堀のオニバスとハスにはいろいろと事情があるようですが・・・
この日はこれだけで、花芽も少し見えます。

さらに奥

Hikone03

見えるの玄宮園の南側でしょうか。

Hikone04

少しだけ天守が見えますが

Hikone05

Hikone06

その中掘りに咲く、いや、咲き残る・・・か?
白一色のハス群です。

Hikone07

まだ蕾もたくさんあるものの、
ほゞ終わりに近いようですが ^^;ここはまた楽しみなところです。

さて、電車旅!駅へと向かいますが

Hikone08

護国神社境内に掲げられた堤燈に・・・

Hikone09

Hikone10

Hikone11

思わず本殿まで ^^;

Hikone12

13日から16日までのお盆期間中に行われる
「みたままつり」の準備中でした。

お盆らしい白いハスと、護国神社の堤燈を見て、
こちらはスタンプラリーのファイナルステージ・コンプリートを目指して、
旧東海道の追分へと電車でGO!でした ^^;  camera 12日

2017年8月 7日 (月)

祭りの前に・明和町大淀

この日は鳥羽で所用があり出かける途中でしたが、
ちょうど明和町大淀地区で「大淀祇園祭」が行われていました。
本番は午後からの神輿と山車曳き回し、夕刻からの海上渡御で、
午前中はまだ準備中と分かっていながら・・・
時間があったのでチョッと様子を見に立ち寄りました。

もう9年前にもなりますか、
山車曳きは一度見ていましたが

Oizu01

大淀(おおよど、おいずとも)漁港の前にある、
業平公園にある祭り本部前に

Oizu02

一基の山車が出番待ちです ^^;

Oizu03

海上渡御が行われる漁港と二隻の台船

Oizu04

ちょうどお昼前でしたが、
会場へと曳かれる子供たちの囃子方と神輿

Oizu06

何も見れないか?と思っていましたが、
ほんのちょっぴり祭り気分を楽しみました。

ところで、ここ大淀は伊勢物語の主人公、
在原業平と斎王(恬子内親王)との有名な恋物語の舞台でもあります。

Oizu07

公園にある「天然記念物大淀の松」の石柱と、
「業平松の由来」案内碑

少し長い案内のため、主要部だけを要約しますが・・・

Oizu08

業平の松

ある日、都からの使いで伊勢の国にやってきた在原業平が
宿泊先の斎宮で斎王・恬子(やすこ)内親王に出会い、
斎王に思いこがれる業平でしたが、その思いが通じたのか、
斎王の禁を破って業平のもとへと忍んできた親王でした。

Oizu09

かなわぬ恋と知りつつ過ごした一夜でしたが、
業平は次の使途につくため尾張へと旅立ちます。
斎王は大淀の松まで業平を送り歌を詠み交わします。

Oizu10

「かちびとの わたれどぬれぬえしあれば」 斎王
「またあふ坂の関はこえこえなむ」  業平
そしてふたりは二度と会うことはできなかったという・・・。

現在の業平松は三代目だそうですが、
斎王の町、明和町大淀地区に残る
業平と斎王のとどかぬ恋の物語でした ^^;  camera 5日

2017年8月 6日 (日)

続・白山平泉寺 勝山

福井県勝山市平泉寺町にある「白山平泉寺」。
参道入り口の精進坂から「本社」までを紹介しましたが、
続きはさらに奥にある「三之宮」と
参道の周辺にある中心部の見どころからです。

まずは「本社」に参拝のあとは、
さらに奥に登ったところにある「三之宮」へと行きます。

Heisenji201

本社から三之宮への参道に出て、
小さな鳥居をくぐると

Heisenji202

その先は
はるか彼方へと続く石畳と階段の道

Heisenji203

途中にある「納経所跡」を過ぎると
やがて「三之宮」が見えてきます。

Heisenji204_2

最後の石段を登りきったところにある「三宮」。
慶長2年(1597)に建立され、明治22年に改築されています。
祀られているのは栲幡千々姫尊(たくはたちぢひめのみこと)で、
安産の神様。

Heisenji205

その一段下には楠木正成の墓があります。
これにはもちろん曰くありですが・・・説明は省きます。

Heisenji206

三宮の横に延びる木の根道。
その先は

Heisenji207

泰澄大師が開いたといわれる白山への登山道”白山禅定道”。
白山市にある白山比咩(しらやまひめ)神社(加賀)、
郡上市の長滝白山神社(美濃)から登拝する禅定道のひとつです。

Heisenji208

戻ります ^^;

Heisenji209

「本社」近くの境内に建つのは
開祖泰澄太師を祀る「開山社」。

Heisenji210

あらためて拝殿と

Heisenji211

本社ですが、
その向拝の紅梁には

Heisenji212

見事な登り龍と降り龍の丸彫

Heisenji213

そして、壁面には浮彫の彫刻でした。

Heisenji214

戻った白山神社社務所(玄成院)
ここには国名勝の旧玄成院庭園があります。

Heisenji215

Heisenji216

1530年頃、
室町幕府の管領細川高国によって造られたと言われ、
自然石を利用した枯山水庭園です。
詳しい説明はあるものの・・・解説はできません ><;

この日はあくまで観光としての白山平泉寺でした。
旧参道や南谷発掘地などもめぐればずいぶんの時間になりますが、
ここはあらためて全容を見に訪れたいところです。  camera 3日

2017年8月 5日 (土)

白山平泉寺 勝山

福井県勝山市平泉寺町にある国史跡「白山平泉寺(へいせんじ)」。
越前における白山信仰の拠点として、
養老元年(717)に泰澄によって開かれたと言われていますが、
明治時代までは「霊応山平泉寺」という天台宗の寺院だったという。

このお寺を知った時から気になっていましたが、
この日は北陸地区も晴れるとの天気予報にドライブでした ^^;

Heisenji01

とにかく広大な範囲に広がる寺領のため、
今回はそのメインどころの入口参道から本社まで。
まずは「精進坂」と呼ばれる参道に入ります。

Heisenji02

一の鳥居をくぐった先に延びる参道。
中世には48社・36堂・6,000坊が建ち並ぶ大伽藍でしたが、
天正2年(1574)に越前一向一揆勢に攻められ全山焼失。

Heisenji03

平成になって発掘調査が始まると、
数々の石畳や石垣、坊院跡(僧侶の住居跡)が発見されますが、
今回はこの中心部だけを見ていきます。

Heisenji04

Heisenji05

御手洗池
泰澄大師がここで神様に出会ったことが、平泉寺の始まりとか。
「平清水」「平泉」とも呼ばれ、平泉寺の名前の元にもなった・・・とも。

Heisenji06

二の鳥居をくぐると

Heisenji07

すぐ先は左に摂社、右に三之宮への分岐で、
”神と仏の交差点”だそうです。

Heisenji08

Heisenji09

杉木立と苔が美しく、神秘的な雰囲気の境内。
それぞれ摂社末社の祠をめぐりながら・・・

Heisenji10

拝殿へと続く両脇の見事な苔庭を見て行きますが、
これでも苔の状態は以前より悪くなっているそうです。

Heisenji11

拝殿(三十三間拝殿跡)
現在の拝殿は江戸時代に造られたという建物ですが、
往時は46間(約83m)もあったと言われます。

Heisenji12

今は、左右に点在する礎石に当時の大きさを知るだけ。

拝殿を回り込むとその後ろには、
本社を中心に3つの社が建っています。

Heisenji13

本社(大御前)、祭神は伊奘冊尊(いざなみのみこと)

見事な昇り龍と降り龍が軒を支えている現在の建物は、
寛政7年(1795)に12代福井藩主の松平重富が寄進したもの。

Heisenji14

その左には大己貴尊(大国主命)を祀る「越南知社(おおなむちしゃ)」

Heisenji15

そして右には
天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)を祀る「別山社」です。

Heisenji16

本殿とふたつの社は
霊峰白山にある三つの峰をあらわしているそうです。

”慶応4年(18689、明治政府より神仏分離令が出されると、
平安時代以来の神仏習合の伝統が破棄され、神社として分離独立。
今は「平泉寺白山神社」となっています・・・”と。

この後はここからさらに奥にある「三之宮」と、
境内の他の見どころです ^^;    camera 3日

2017年8月 2日 (水)

奈良 ナガレ山古墳

馬見丘陵公園は自然と多くの古墳群を保全するため、
昭和59年(1984)に都市公園(広域公園)として計画され、
平成24年(2012)、中央エリア及び南エリアの一部が開園して、
全面開園となった広大なエリアを持つ公園です。

多くの古墳があることで知られていますが、
特に「ナガレ山古墳」は一般公開されていて
この日は中央エリアの南部ともに初めての見学でした。

Kofunn01

公園中央エリアの南にある古墳

Kofunn02

一段目を上ったところにあった案内板ですが、
白線でめぐった古墳の順路を入れてみました ^^;

Kofunn03

案内板のある横から中央部の階段を上がりますが、
写真は古墳の東側からの一部で、
全長105mの前方後円墳の巨大さが実感できます。

Kofunn04
前方後円墳の後円部

古墳の周りには強化プラスチック製のものと、
河合町町民の方の手作りという埴輪675本並べられています。

Kofunn05
3段目の古墳前方部

被葬者は不明ですが、
5世紀前半に作られたものとされていて

Kofunn06
3段目の後方円部

昭和51年(1976)に国指定の史跡となり、

Kofunn07
後円墳の頂部

発掘調査と整備工事が行われ、
1600年前の築造当初の姿が復元されています。

Kofunn08

後円墳頂部から前方部
古墳の東部(右側)は石壁、西部は芝生で整備されていて、
当時の様子が見てとれます。

Kofunn09

古墳の一段目、入口を上ったところ

Kofunn10

東側に広がるのは公園にの墳群ですが、
はるか右側にはあの「箸墓古墳」も見えるそうですが・・・
この日は周辺の古墳しか見えませんでした ^^;

Kofunn11

後円墳を下りて戻りますが

Kofunn12

Kofunn13

手作りとはいえ、
ずらりと並ぶ埴輪の数々には圧倒されます。

Kofunn14

あらためて後方墳円

四季を通じて花の公園として知られる奈良「馬見丘陵公園」。
その中央エリア南端から、南エリアは、
貴重な古墳と豊かな自然が楽しめるエリアでした。 camera 7月30日

より以前の記事一覧