2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2021年1月20日 (水)

初詣

このところ寒い日が続き、鈴鹿の山は雪模様でしたが、
今日は20日で大寒と、その名のとおりまた寒い日になりました。
ただ、朝から青空が広がり天気は快晴!
今年は自粛していた初詣でしたが、もう人出も少ないだろうと、
思いきって出かけた「多度大社」でした ^^;

Tados01_20210120150701
多度祭(上げ馬神事)で使われる”上げ坂”横の石段を上ると

Tados02_20210120150701
左手にある神馬舎では、
いつものように神馬『錦山』号 が迎えてくれます ^^

Tados03_20210120151001
Tados04
この日はほゞ貸し切り状態の静かな境内参道

Tados05
参道最奥にある「於葺門」をここをくぐると

Tados06
左手に本宮、右手に別宮です。
まだ1月だけに、参道は参拝用と帰りの道が分けられています。

Tados07
まず本宮多度神社に参拝。
御祭神は 天津彦根命(あまつひこねのみこと)
相 殿は 面足命(おもだるのみこと) 惶根命(かしこねのみこと)

Tados08
次に別宮 一目連神社に参拝
御祭神は 天目一箇命(あめのまひとつのみこと)

今年は3密を避けての遅い初詣になりましたが、
多度大社は神体山と仰ぐ多度山(標高403m)の麓に御鎮座。
このあとはその多度山でした ^^    📷 20日

2020年12月30日 (水)

年末詣

新型コロナも収まる気配がないまゝ、今年も残すところあと2日。
例年この日は神宮は内宮の年末詣で書納めでしたが、
今年はコロナ禍のなかでもあり、年末詣では外宮だけにして、
初詣はいつものように新年15日過ぎに内宮へと分散参拝です ^^;

外宮へはいつもより早い23日に参拝をすませていました。

Geku01
まだ参拝者も少なく静かな参道

Geku02
正宮

今年はコロナ禍による自粛もあり、出かけるのもまゝならず ><;
ちょっと寂しい”ぶらり旅”でしたが、
今年もご覧いただきありがとうございました。

2020年12月16日 (水)

志摩マリンランド

三重県志摩市阿児町神明(賢島)にある「志摩マリンランド」。
今年も恒例の新春特別展「ウシの名がつく魚たち」が開催中ですが、
前回見たのが16年の”サル”以来でしばらくご無沙汰していました ^^;
懐かしい?企画にコロナも心配でしたが、同じ三重県内でもあり、
月曜日で訪れる人も少ないかと、久しぶりに出かけてみました。

4年ぶりのマリンランド

Shimam01
クリスマスモードの入口から新春企画展会場へ

Shimam02
特別展入口の横には「飼育員のイチオシ水槽」が展示されていて、
小さな可愛い魚たちを見ることができます ^^

さて、今年の「ウシと名のつく魚たち」ですが
Shimam03
このウシという名のつく魚、なぜか?目立たぬ魚が多いのか、
12年前に見た企画展でもほとんど魚を載せていません ><;

Shimam04
こちらは”ウシモツゴ”というようですが、
今年もやはり目立たぬ魚が多く・・・

Shimam05
こんな形での紹介 になります ^^;

Shimam06
これは”モンガラカワハギ”だそうですが、中国名が”子砲弾”とか ^^

Shimam07
Shimam08
こちらでの紹介は”ハタタテダイ”だそうで、説明にもあるように、
英名で”Feather-fin Dulltish"は Dull(雄牛)だそうです。

Shimam09
こちらはまた小さな魚たちばかりでしたが

Shimam10
”ギマ(中国名・牛尾三棘)とアカエイ(中国名・牛尾魴)

Shimam11
Shimam12
こちらはさらに小さい魚?ばかりでしたが 、
比較的らしい魚から ”アンナウミウシ”だそうです^^;

Shimam13
最後はウミウシの仲間から

Shimam14
水槽にへばりついていたこちらですが・・・名前は確認しませんでした。

あとは”蝸”の仲間たちの水槽でしたが、こちらはパス ^^;
干支の名のつく魚たちも一応ひと回りはしましたが、
このウシと名のつく魚たちは、見たなかでも難解な魚たちでした。

ということで、あとはお馴染みの「海女の餌付け」の実演です。
Shimam15
Shimam16
約2500匹の魚が群泳する回遊水槽で、
魚たちに餌付けする海女さんの様子はいつ見ても圧巻です。


今年はコロナ過で出かけるのは無理かと思いましたが、
自粛のなかで、どこかに出かけたいと思って選んだ「志摩マリンランド」。
ただ、この日は目的の企画展を見て直帰でした ^^;   📷 14日

2020年12月 8日 (火)

木曽三川公園 冬の光物語

師走といえばやはりイルミネーションですが、
我がイルミの見学は今年もまた近場の有名どころから ^^;
家族連れや若いカップルに、高齢の方たちにも圧倒的な人気のここ。
木曽三川公園センターのイルミネーション「冬の光物語」です。
今年のテーマは「Rainbow of Hope ~未来にかける希望の虹~」。

例年薄暮の時間からのイルミでしたが、
この日は少し遅い時間の南ゾーンからです ^^;

Sansen20i01
Sansen20i02
ウエルカムガーデンはナイアガラを模したイルミと、
噴水前には”HOPE”の文字を載せた天使の羽とハートのオブジェクト

Sansen20i03
タワー沿いにはお馴染みの風車のイルミネーション

Sansen20i04
連絡通路は”未来にかける希望の虹”、
グリーンデッキからは中央通路の”未来にかける虹と~ありがとうの木~”

Sansen20i05
Sansen20i06
左の”希望の広場”にはお馴染みのシャンパングラスツリー 

Sansen20i07
右には巨大レインボーツリーのある”大きな虹の森”

Sansen20i08
三川池のイルミネーション、
今年は”未来にかかる希望の花火”でした ^^

Sansen20i09
センタープロムナードの中央には”ありがとうの木”

そして大花壇

Sansen20i10
反時計回りですが ^^

Sansen20i11
Sansen20i12
お馴染みの木曽三川の流れを模した光の帯、
今年は”地上の虹”だそうです。
 
Sansen20i13
あらためて大花壇中央部から、
三川池上の”未来にかかる希望の花火”と、希望の広場のワイングラスを。

例年人気の木曽三川公園センター「冬の光物語」ですが、
この日は平日だからか?それともコロナの影響か? 
滞在時間の短い人が多いようにも感じました。    📷 7日

2020年9月19日 (土)

有馬温泉

今回の旅の目的は「有馬温泉」の名湯を楽しむことでしたが、
お湯もさることながら温泉街めぐりもまた楽しみのひとつでしょうか。
六甲山から芦有ドライブウェイで20分ほど走ると街の中心部へ着きます。
ここは2度目になりますが、 前回は同窓会での団体旅行で宴会が目的 ^^;
温泉街を散歩するのは初めてでした。

何もわからぬままに、まずは有馬川に整備された親水公園から

Arimao01
下流にある”太閤橋”から”眺めるその親水公園

Arimao02
公園に下りて上流へと歩きますが、その上流には赤い”ねね橋”です。

Arimao03
橋の袂に建つ”ねねの像”
有馬の湯を愛し、この地をたびたび訪れたという豊臣秀吉により、
いっそうの繁栄がもたらされたという有馬温泉。

Arimao04
ここ、有馬の温泉街散策はその源泉めぐりですが、
この日は相方を連れているため街の中心部をちょこっと歩きます ^^;

Arimao05
太閤通から外湯の「金の湯」へはすぐ、
ここは赤褐色で塩分と鉄分を含む”金泉”といわれるお湯。
ここから左回りで”ねがい坂”へと入ります。

Arimao06
ここもまた坂の街でしょうか ?結構な坂道が続きます ^^;

Arimao07
ねがい坂を上って突き当たると「温泉寺」
この地を訪れた行基が、神亀元年(724年)に建立したといわれます。

Arimao08
すぐ先にあるのが「極楽寺」と「太閤の湯殿館」

Arimao09
その隣にはねねの別邸跡と伝えられている「念仏寺」ですが、
この辺りは寺町界隈で寺社の多いところ。
もうひとつ、「温泉神社」がありますが、ちょっと登りがあるため敬遠 ^^;

Arimao10
坂を上りきったところにあるもうひとつの外湯「銀の湯」。
こちらは無色透明の炭酸泉とラジウム泉をブレンドしたという”銀泉”、 
ここから”タンサン坂”に入って左へと回り、坂を下ります。

Arimao11
こちらには「有馬籠」といわれる施設(お店?)があります。
秀吉とともに有馬を訪れた千利休ゆかりの竹工芸を扱うところとか

Arimao12
次が「湯本坂」
この道筋には伝統的な家屋やお土産物屋さんが並び、
実に雰囲気のある通りで、温泉街とは思えぬ散策が楽しめます。

日本三大古湯、三名泉のひとつに数えられる有馬温泉。
その名湯はこのあと存分に楽しみました ^^   📷 16日

2020年1月 2日 (木)

初詣

朝から少し時雨れる天気でしたが、
今年も初詣は恒例の桑名市多度町にある多度大社です。
出かけるころには雲間から少し青空も見えましたが、
日が差すことはなく曇り空のなかでした。

たくさんの人で長~い行列ができた参道でしたが

Tados01
まずは神馬”錦山号”にご対面 ^^

やはり令和最初の初詣だからでしょうか、
予想外の人の多さに、ちょっと例年とは違う気もしながら

Tados02
本宮・多度神社と別宮・一目連神社に参拝

Tados03

あとはたき火にあたり、甘酒をいただいて暖を取るだけ ^^
今年も天気以外は変わらぬ初詣でした。

2019年12月30日 (月)

神宮参拝

いつも30日は神宮参拝の日になりますが、
今年はちょっと早めの参拝で、すでに25日にすませていました。
参拝日は変われど、天気以外は何も変わらぬ内宮境内です。

この日は快晴でしたがまだ日の出前

Jingu19ks
宇治橋を渡れば、すでに年越し大かがり火も設置され
あとは年越しの参拝客を待つばかり

Jingu19im
五十鈴川御手洗場

Jingu19sgu
正宮
今年1年の無事を感謝して参拝。

 ”ぶらり旅”
 今年もご覧いただきありがとうございました。

2019年12月 7日 (土)

なばなの里 イルミネーション

なばなの里のイルミネーション。
点灯までの間、紅葉のライトアップと、里内のイルミを楽しんだあとは、
国内でも最大級というメインのイルミネーションです。
今回のテーマは”さくら”が魅せる四季折々の里山の絶景と、
咲き誇る藤棚を風雅な心でめぐるイルミネーション。
幾重にも折り重なる圧巻の桜景色や、四季折々の里山の原風景など、
まさに後世に残したい数々のシーンの連続(約7分)・・・だそうですが。

まずは光のトンネル”華回廊”から

Nabanai01
200mのトンネルを抜けると

Nabanai02
光り輝く華やかな光の世界、
今年も展望台からですが・・・うまくいきますかどうか?

Nabanai03
まずは”雅”(朝霧)から
いきなり何か分からないシーンですが・・・合っているのか??

Nabanai04
今年のテーマ”さくら”、その”春”(千本桜)のシーン

Nabanai05
続いて”夏”(渓流美)
森の中に少し白く流れる川?がお分かりでしょうか ^^;

Nabanai06
そして”月”(月光の森)と、
順番はHPの詳細を見ながらですが・・・

Nabanai07
”秋”は錦秋

Nabanai08
”冬”(日本の冬)と続いて次が

Nabanai09
”伝統”
こちらは雅楽と和楽の幻想、日本伝統の和柄、吉祥文様が舞う場面とか

Nabanai10
”桜に藤”(桜舞踊)

Nabanai11
”宴”(桜吹雪)、
桜の花びらが舞うシーン?これもよく分からないので適当に ><;

Nabanai12
”幸”(花園)

Nabanai13
”穂”(実りの秋)、そして

Nabanai14
”茜”の夕暮れへと続いて全12景
イルミネーションで魅せる美しい日本の情景・・・でした ^^;

最後はオマケ!

Nabanai15
華やかなさくら!を ^^;

Nabanai16
以上、なばなの里イルミネーション!出口へのトンネルは菜の花でした。

今年も途中でシーン替わりがあるかと思いますが、
例年5月6日(水・祝)までの長期開催です ^^  📷 5日

2019年12月 6日 (金)

なばなの里イルミ 光の競演

今年も近場のイルミを楽しんでいますが、
木曽三川公園センターのあとは「なばなの里」のイルミネーションです。
夜に弱い身としては、出かけることのできる場所のひとつ。
ここも点灯に合わせて早い時間からの見物でしたが、
点灯前のわずかな時間は今年も紅葉のライトアップからでした。

まずは入口近くにある紅葉のライトアップで楽しみます。

Nabanar01
ライトアップに出かけることもまずありませんが

Nabanar02
Nabanar03
ここはそれができる唯一のところでしょうか ^^;
17:00 イルミネーションが点灯されます。

Nabanar04
そのイルミはビール園前にあるミレニアムガーデンの”光の海”から
教会前のツインツリーを見て

Nabanar05
池上を彩る水上イルミネーション

Nabanar06
こちらはベゴニアガーデン前、ライトアップされた池沿いの紅葉
そして

Nabanar07
Nabanar08
水上イルミネーションは光の大河

ここから順路は光のトンネルに誘導されますが・・・
まずは里のイルミを先に ^^

Nabanar09
里の湯前の鏡池

Nabanar10 
出口へと戻りながら

Nabanar11
Nabanar12
池を回り込んで行きます。

Nabanar13 
メインのイルミもいいですが 、ゆっくりと楽しむにはこちらでしょうか ^^;

Nabanar14 
Nabanar15
池を回り込んだ先は、教会の池側から見る水上イルミの光の大河

Nabanar16 
戻った長島ビール園前のミレニアムガーデン・光の海でした。

このあとはお馴染みのメインイルミネーションですが、
今年もまた国内最大級という。
その光輝く華やかな光の世界は・・・続きます ^^  📷 5日

2019年11月30日 (土)

木曽三川公園 冬の光物語

師走を前に各地のイルミネーションも賑やかですが、
夜に弱い身にはなかなか見に行く機会もなく、
早く行って、早く帰れるところ・・・ということで、
今年もまた近場でもある海津市の木曽三川公園センターです。
例年薄暮のイルミネーション見物になりますが、この日も点灯直後から。
まだ日が落ち始めたばかりですが、この日は曇り空 ^^;
夕闇が少しは早くイルミの世界を楽しませてくれます。

まずは南ゾーンから、暮れゆく空とともにイルミの世界へと誘われます。

Sansenci01
南ゾーンは”妖精の泉”

Sansenci02
北ゾーンへの入り口は”フラワートンネル”側から振り返って、
自由に弾ける?ピアノが置かれたイルミバージョンの”公園ピアノ”

Sansenci03
”フラワートンネル”を抜けて北ゾーンへと出ます。
出た先は”グリーンデッキ”ですが、まずは左側から

Sansenci04
三川池前には人気のシンボルツリー”シャンパングラスタワー”。

Sansenci05
池に浮かぶ”フラワー・ウオール”は花が消えては咲く花模様 、
夕焼けがかった空も綺麗です ^^;」

Sansenci06
メインの大花壇は”光ガーデン・光のドレス”

Sansenci07
Sansenci08
ドレスの端?を回りながら、
大花壇を彩る色鮮やかな光の演出を楽しみます。

Sansenci09
Sansenci10
大花壇を周って、
三川池の変化するフラワーウオールを楽しんで・・・

Sansenci11
センタープロムナードは”フラワーシャンデリア・妖精の森”

Sansenci12
右にある芝生広場には”秘密の花園”
ようやく暗くなって「光の物語」らしくなってきました ^^;

Sansenci13
戻る北口側から、あらためて大花壇の”光のドレス”です。

「冬の光物語」今年のテーマは ”フラワー・ファンタジー”。
LED電球が織りなすファンタジックなイルミネーションの世界を、
ことしもまた薄暮の中で楽しみました^^;  📷 28日

より以前の記事一覧