2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年5月28日 (火)

ぶらり飛騨街道・金山

この日は下呂市金山町の”筋骨めぐり”を楽しみながら、
飛騨街道金山宿の散策も目的でした。
とはいえ、金山宿そのものは今あまり見るところがありません ^^;

そんななかから600mほどの宿場を歩きながら、
筋骨以外の見どころらしい見どころです ^^

Hidak01
国道41号線十王坂交差点(飛騨街道金山宿南口)からすぐにある
両面宿難(りょうめんすくな)伝説のある”鎮守山(ちんじゅさん)”です。

Hidak02
仁徳天皇の時代(西暦400年頃)、大和朝廷に従わない飛騨の豪族宿儺が、
討伐に来た武振熊(たけふるくま)を迎え討つため駐留したという山。

Hidak03
石仏が立ち並ぶ道を上って行くとある

Hidak04
鎮守山観音堂
英雄でもあったという両面宿儺が、ここで国家安泰・五穀豊穣を祈願して以来、
この山を鎮守山と呼ぶようになったという。
現在の観音堂は、弘化3年(1846)に再建されたものとか。

Hidak05
その奥に建てられている両面宿祢像
両面に顔があり4本の手を持っていたという宿儺です。

Hidak06
下から眺める宿儺像と観音堂、
秋には紅葉が綺麗な鎮守山だそうです ^^

ここから少し飛騨街道を歩きますが
Hidak07
道はその北の端でUターンし馬瀬川沿いに出ます。

Hidak08
渡る橋は境橋
その名のとおり、かっては飛騨と美濃を分ける橋でした。

Hidak09
橋を渡るとある「子安地蔵尊」
道には伊能忠敬”飛騨測量始め地点”のレリーフが埋め込まれています。

Hidak10
飛騨街道は右にカーブして飛騨川沿いを行きますが

Hidak11
その角にある「境橋公園」。
馬瀬川と飛騨川の合流点に位置する飛騨金山。
かつては、飛騨(天領)と尾張藩、苗木藩、郡上藩の境にあたり、
ここが飛騨と美濃の境の地になるそうです ^^;

Hidak12
戻って川沿いを南に行くと金山橋

Hidak13 
この橋の下で馬瀬川と飛騨川が合流しています ^^

Hidak14
渡って少し下ったところにあるのが”大船渡の渡し跡”
明治に入って橋が掛かるまでは唯一の手段は渡し船、その渡し場だったという。

Hidak15
さらに南に下ると、道沿いにある「国境争論地」の碑。
金山は国境(くにざかい)のまちだけにたびたび境界争論が起きていて、
そのため、元禄14年(1701)に飛騨国大船渡村(天領)と、
美濃国田島村(苗木藩)の村民が国境を巡っての口論から抗争事件があり、
その解決を記念して建てられたものといいます。

ここから今度は北へ約2kmほど行きます。

Hidak16 
場所は変わって「下原八幡神社」
先に紹介した両面宿儺を討伐するために派遣された武振熊が、
その必勝祈願をした”根子岩” という岩がある神社です。
岩は本殿の裏手にありますが・・・草叢のなかで近寄るのは遠慮しました ^^;

ぶらり金山町、もう少し飛騨街道が楽しめるかと思いましたが、
さすがに歩いてはちょっと厳しい旧領めぐりでした ><;  📷 25日

2019年1月14日 (月)

美濃国・岐阜の三社参り

美濃国・岐阜で古くから続く伝統行事という・・・「三社まいり」。
岐阜市にある「伊奈波神社」、「金神社」、「橿森神社」は、
その祭神が親子関係であることから、江戸時代、
この三社を歩いて参ることで知られるようになった・・・と栞にあります。
全国各地にある「三社まいり(三寺参り」ですが、
今回初めて知った岐阜の「三社まいり」。
これは・・・と、初詣を兼て早速出かけてみました ^^;

JR岐阜駅から北へと順番に、
まず最初にある「金神社(こがねじんじゃ)」からです。

Gifu301

金色に輝く鳥居をくぐって

Gifu302

手水舎、
奉納された?柄杓にはよく知られた人たちの名も あります^^;

Gifu303

拝殿
主祭神は渟熨斗姫命(ヌノシヒメノミコト)
由緒は長くなるので省略しますが、伊奈波神社の主祭神である
五十瓊敷入彦命(イニシキイリヒコノミコト)の妃です。

Gifu304

ここから柳ケ瀬本通りを東に歩き

Gifu305

岐阜市で最初にガス灯が復元された美殿町から

Gifu306

”御鮨街道”に出て少し北に歩くと
右手に「橿森神社(かしもりじんじゃ)」があります。

Gifu307

安産祈願、夫婦和合、子供の守り神として信仰されていますが、
織田信長が楽市楽座を開いたとき、
市神をこの神社の神木、榎の元に祭ったという。

Gifu308

そんな織田信長ゆかりの地でもあり、
参道横には「岐阜信長神社(建勲神社)」もあります。

Gifu309

鳥居と右奥に拝殿
主祭神は市隼雄命(イチハヤオノミコト)で、
伊奈波神社の主祭神五十瓊敷入彦命(イニシキイリヒコノミコト)と、
金神社の主祭神主祭神渟熨斗姫命(ヌノシヒメノミコト)の子。

再び御鮨街道に戻り、最後の伊奈波神社へと行きますが、
街道を歩くこと15分ほど。

Gifu310

伊奈波通りに出ましたが、
この日はまだ初詣の参拝客が多く、車の列が続きます ^^;

Gifu311

車に注意しながら進む参道ですが、
多くの見どころを目で追いながら目指すは「伊奈波神社」拝殿!

Gifu312

第一、第二大鳥居をくぐると「神橋」、その先には「楼門」

Gifu313

右手には「吉備神社」と「楓稲荷神社」

Gifu314

神門前左右にはパワースポットといわれる”逆さ狛犬” ^^;

Gifu315

神門をくぐった右手には霊験あらたかな御神威で人気の「黒龍大神」

Gifu316

そしてようやく拝殿到着
主祭神は五十瓊敷入彦命(イニシキイリヒコノミコト)

景行天皇14年に稲葉山(金華山)に創建されたといわれ、
1900年以上の歴史を持つ。天文8年(1539)、斎藤道三が
稲葉山城を築城するにあたり現在の地に遷座されます。

「伊奈波神社」に父、「金神社」に母、その子を祀る「橿森神社」を詣で、
家内安全、夫婦円満、子孫繁栄を祈願するという・・・
そんな”ふるさと岐阜のつたえ話「三社まいり」”でした。   13日

2019年1月 8日 (火)

ぶらり美濃路界隈 名古屋

これまで東海三県をを中心に多くの旧街道、古道を歩いてきましたが、
そのほとんどが歩き通すことが目的の先を急ぐ歩き旅でした。
少し寄り道をしていればたくさんの見どころがあったのにと、
心残りのところも多くあり、今年はあらためて旧街道筋にある
その見どころを訪ねてみようかと・・・ぶらり旧街道の散策編 ^^;

手始めは名古屋市の中心部を通り抜ける美濃路界隈です。

Minojin01

東海道の宮の宿(熱田宿)から国道19号線を北上してきた美濃路は、
古渡交差点で国道と分かれて本町通りへと入ります。
ここはかって名古屋城下の南口になり大木戸が置かれていたところ。

ここから早速寄り道です ^^

Minojin02

東へ少し行くとあるのが「東別院(本願寺名古屋別院)」
目的はその境内にあるこちら

Minojin03

境内の片隅に建つ「古渡(ふるわたり)城址」碑 ^^
ここはかって織田信秀が古渡城を築いた跡で信長が元服したところです。

美濃路に戻るとすぐに橘町

Minojin04

町筋には神社仏閣が多くあり、仏壇仏具の店が建ち並びます。
少し行った通りの右手にある「栄国寺」

Minojin05

Minojin06

門前と境内には”切支丹遺跡博物館”の標柱がありますが、
その奥

Minojin07

本堂の前、案内に従って細い道を入ると、
建ち並ぶ多くの石仏とともに慰霊碑があります。

Minojin08

案内の駒札には「切支丹処刑地跡・無縁仏埋葬地」とありました。
この地はかって千本松原が広がり刑場があったところで、
1664年、キリシタンの弾圧により、多くの宗徒が斬罪されたとも。

街道に戻ってすぐのところを左へ行くと

Minojin09

こちらには「日置神社」。
ここは永禄3年(1560)5月、信長が桶狭間の戦いに出陣するときに
戦勝祈願をして、戦勝のあとに松を千本植えたとところ・・・とか。

街道筋にはさらにいくつかの仏閣がありますが

Minojin10

さらに行くと左には「本願寺名古屋別院(西別院)」

Minojin11

道を挟んだその右側には「三宝大荒神(天寧寺)と、
まぁ、主なところだけに立ち寄りましたが、
実に多くの神社仏閣を見ながら歩いていくと大須に入ります。

Minojin12

大須で信長といえば・・・やはりここでしょうか、「万松寺」。
この日は正月最後の日曜日、
表通りの「白雪稲荷」と「身代不動明王」は大変な混雑でした ^^;

Minojin13

裏?に回って本堂参拝。
次が「大須観音」でしたが・・・大須商店街も多くの人で右往左往 ><;

Minojin14

着いた大須観音もご覧のとおりで ^^;階段下から失礼しました。

あとは商店街の中を通る街道(本町通)に戻り、
さらに北へと歩くだけ。
若宮大通、広小路通、錦通と名古屋のメイン通りを越えて

Minojin15

着いた伝馬町通りの交差点。
慶長18年(1613)、ここに「伝馬会所」が設けられた「札ノ辻」、
その北角にそのモニュメントがあります。

Minojin16

モニュメントには”・・・官道の馬継所なり。京の方、清州宿へ二里、
江戸の方、熱田へ一里半、慶長十八年より宿駅となる。・・・”とあり、
ここがかって名古屋の中心部であり、各街道の出発地でした。

新春風景も味わいながら、あらためての美濃路散策でしたが、
寄り道で楽しむ街道歩きもまたよろしいかと ^^;    6日

2018年1月19日 (金)

大王崎灯台と波切散策

この日は新年恒例の神宮参拝でしたが、
そのあとは久しぶりに志摩市の大王町波切でした。
波切には何度も訪れていますが、
灯台を目的に訪れるのは実に10年ぶり ^^;
十年ひと昔でしょうか、あらためて波切の町とともに散策です。

Daiohzaki01

どうしてもゝ写真を撮ってしまいますが ^^;
ここが灯台へと続く散策路?の入口。

Daiohzaki02

大王崎は多くの画家たちに親しまれている絵描きの町。
今はちょっとその面影がないですが><:
灯台には近い漁港の町でもあります。

Daiohzaki03

宝門の浜

Daiohzaki04

波切はまた坂の町でもあります。

Daiohzaki05

灯台への道を分けて「八幡さん公園」へ行きますが、
ここはかっての「波切九鬼城址」。

Daiohzaki06

八幡さん公園
城址があったことからか?こちらは城山とか。

Daiohzaki07

公園から眺める大王埼」灯台
定番のビューポイント!ですが・・・外せません ^^;

Daiohzaki08

公園からお店の建ち並ぶ道を行くと灯台に。

Daiohzaki09

ここも全国にいくつかある参観ができる灯台のひとつです。

Daiohzaki10

灯台からの南西方面、右に見えるのが八幡さん公園。

正面には広大な海が広がるだけ ですが^^;
”「伊勢の神前、国崎の鎧、波切大王がなけりゃよい」と、
船乗たちに恐れられた大王崎は、志摩半島の東南端にあり、
遠州灘と熊野灘の荒波を二分するように突出した
海の難所として知られていたところ・・・”(HPから引用)

Daiohzaki11

北側には「波切神社」がある宮山、手前の浜は「須場の浜」。
”わらじ祭り”では海の安全と豊漁を祈願して
この浜で大わらじが流されます。

灯台から浜の傍を通ってその宮山へと行きます。

Daiohzaki12

浜の突き当りで少し石段を上がると
その”わらじ祭り”で知られる「波切神社」です。

Daiohzaki13

境内にあった「鯨石」。
むかし捕鯨が行われていたころ、解体した鯨から出てきた石とか ^^;
神社の前からさらに宮山を回り込みます。

Daiohzaki14

目の前が開けると「崎山公園」。
はるかに安乗岬や、神島、師崎、伊良湖が望めます。

Daiohzaki15

宮山をぐるりと回って漁港の散策路に出ました。
こちらには波切神社の表参道?がありますが・・・立ち入り禁止です。

町なかに戻って

Daiohzaki16

「汗かき地蔵」
石の地蔵さんが汗をかき、その汗の色で吉凶を占うという。
こちらも伝説の祭りが行われています。

そのすぐ近くにある「大慈寺」

Daiohzaki17

「あじさい寺」として知られるところですが、
2月中旬ごろには”てんれい桜(河津桜)”が咲きます。

Daiohzaki18

この日はてんれい桜のなかでただ1本だけある
”天城桜(寒緋桜)”が咲き始めていました。

灯台が見たくて走った大王町波切。
詳しく載せたいところもありますが、今回はほんの少しだけ ^^;
久しぶりにその見どころを回ってみました。    18日

2018年1月 9日 (火)

新春まち歩き 京都伏見Ⅱ

京都伏見の明治ゆかりの地をめぐる後半は、
桃山町の「乃木神社」から大手筋通りで市街地へと出ます。
大和街道(国道24号線)交差点を渡ると「御香宮神社」。
伏見城の大手門を移築したという表門をくぐり境内へ入りますが、
ここからは我がブログでも何度か紹介したところ。

あらためて御香宮神社

Fushimi201

Fushimi202

参道から拝殿、本殿へと行き

Fushimi203

本殿わきにあるのが神社の名の起こりとなった御香水。
さて、明治ゆかりの地といえば、やはり”鳥羽伏見の戦い”でしょうか。

Fushimi204

境内駐車場の北詰にある”明治維新 伏見の戦跡”碑。
ここは明治元年(1868)1月3日に起こった鳥羽・伏見の戦いでは、
新政府軍(薩摩・長州藩)が陣を置かれたところ。

 

大手筋通りに戻り、
近鉄京都線に沿って少し南に歩くと桃陵団地があります。

Fushimi205

Fushimi206

その入口角にあるのが「伏見奉行所跡」碑。
こちらは幕府軍(会津藩・新選組)が陣をおいていたところで、
新政府軍と幕府軍がわずかな距離で戦ったことが分かります。

ここから西へと進むと、当時の町の中心部に出ます。

Fushimi207

Fushimi208

寺田屋
薩摩藩の寺田屋騒動や、坂本龍馬襲撃事件の宿として知られますが、
伏見の観光スポットでも抜群に人気のところ ^^;

ここから道を西に回り込むと竹田街道の京橋

Fushimi209

伏見口の戦いでは激戦地となったところで、

Fushimi210

橋の袂にはその激戦地跡の碑が建っています。

Fushimi211

寺田屋前の船着き場。

説明板には
”この辺りは旅人や貨物を運ぶ船着場として栄えた・・・”とありますが、
戦いの前日に会津藩の先鋒隊が上陸したところでもあります。
戦いはここから4kmほど北にある鳥羽の地、鳥羽街道の
小枝橋辺りで始まりますが、こちらはオマケ! ^^;

Fushimi212

鳥羽伏見の戦い勃発の地となった
中島秋の山町にある現在の小枝橋

Fushimi213

そして鳥羽街道にある”鳥羽伏見戦跡碑”(平成17年3月撮影)
鳥羽の戦いはここ城南宮・鳥羽離宮周辺が戦場となりました。

~~~

伏見の明治ゆかりの地めぐりはここまで ^^;

Fushimi214

京橋から龍馬通りにで北へと歩き

Fushimi215

いつものように近鉄京都線の丹波橋駅へと戻りました。

今年は明治150年で京都市でも多彩な事業が開催中ですが、
HP「明治150年京都のキセキ」にある、
明治ゆかりの地をめぐるのもよろしいかと ^^;    7日

2018年1月 8日 (月)

新春まち歩き 京都伏見Ⅰ

今年は明治改元から満150年の年にあたり、
京都でも「明治150年京都の奇跡プロジェクト」が行われています。
この日は恒例になった京都伏見稲荷大社の新春詣でしたが、
今年はお山めぐりはせずに、久しぶりに伏見の散策でもして
明治にかかわるゆかりの地でもめぐろうかと、
奥社から第一鳥居へと戻ってきました。

Fushimi101

稲荷大社第一鳥居前

Fushimi102

JR稲荷駅前の伏見街道(本町通り)、
ここから伏見の市街地まで南へと歩いて行きます。
特に明治には関わりのないところも挟みますが、
まずは深草に入って直違橋(すじかいばし)を渡れば「藤森神社」。

Fushimi103

街道筋は神社の西門になります ^^;

Fushimi104

拝殿と本殿
初夏のアジサイでも知られるところですが、勝運・学問の神さまです。

境内を抜けて南門から街道に戻ると墨染の街を行きます。
墨染は小野小町と深草少将との悲恋物語の残る街。
また橦木町は大石内蔵助が通ったという遊郭跡もあるところですが・・・
そのまま通過して行くとすぐに国道24号線に合流。

すぐに街道から離れ東の山間へ

Fushimi105

ここからは車の多い街道筋とはかけ離れた森の中に、
静かな参道が続きます。

Fushimi106

桓武天皇柏原陵

道に戻って少し東に歩くと伏見桃山城があります。

Fushimi107

模擬城門

Fushimi108

遊園地のあとに運動公園として整備されていて、
5重6階の大天守と3重4階の小天守の模擬天守が建っていますが、
耐震不足のため天守にはは入れません。

さらに南に下っていきますが

Fushimi109

周辺は広大な森の中の参道

Fushimi110

かっては伏見城の石垣に使われていたという石も残り
この辺りは本来の伏見城(木幡山伏見城)の城跡であったところ。

長い道を行くとやがて見えてくる御陵

Fushimi111

これはまだその西側の一部で、さらに行くと

Fushimi112

「明治天皇伏見桃山陵」に出ます。


Fushimi113

すぐ後ろには長~~い石段(203段)の道 ^^;
ここは帰りに下ることにして

Fushimi114

そのまま東にある昭憲皇太后陵へと急坂を下ります。

Fushimi115

その「昭憲皇太后伏見桃山東陵」

道は森を回るように続いていますが、
やはり急坂を上り返して先ほどの石段の道に戻ります ^^;

Fushimi116

長い石段を下りてきましたが、
ここが御陵への正式な参拝道になります。

これで伏見の東側にある御陵周辺の散策は終わりですが・・・
もうひとつ、明治天皇といえばやはりこちらも外せません。

ここから伏見の市街地に向かう途中にある「乃木神社」

Fushimi117

神門をくぐるといろんな見どころもありますが、
真っ直ぐ拝殿に向かいます。

Fushimi118

拝殿
明治天皇が崩御し、その大葬の日に殉死した
軍人乃木希典と静子夫人が祀られています。
ここもまた明治ゆかりの地でしょうか。

このあとは伏見の市街地に残る
”鳥羽伏見の戦い”ゆかりの地をめぐります。   7日

2018年1月 6日 (土)

新春まち歩き・名古屋市

徳川園の冬牡丹は少し早すぎてまだ見ごろではなく、
ちょっと足早に回ってしまいました ><;
時間はまだ11時と帰るには早すぎて・・・さてどうするかと。
思いついたのが今年は戌年でちょっと話題になっている
名古屋市西区にある「犬奴神社(いぬじんじゃ)」。
徳川園は東区、神社まではそれほど距離はありません ^^;

ということで急遽のまち歩きは、
”文化のみち”から名古屋城に出て犬奴神社へと向かいます。

Nagoya01

まずは徳川園から南に歩き筒井町にある「健中寺」。
その総門をくぐって少し北に戻り

Nagoya02

三門
尾張徳川家の菩提寺として知られるところですが、
ここは少し時間を取り本堂と境内を拝観しました。
それはまた機会があればとして・・・文化のみちへと入ります。

Nagoya03

お馴染みの「二葉館」から、
白壁・主税・撞木エリアを行きつ戻りつします ^^;

Nagoya04

白壁にある「文化のみち百花百草」、
この日は休館日でしたがここはまだ未訪のところ。
ここから出来町通に出て清水口から

Nagoya05

西へ歩くと清水橋東(大手筋)、
そのまま市役所横を通って名古屋城東口へ。

Nagoya06

藤棚の径から名古屋城を見て名城公園に。

Nagoya07

そのまま大津通りを行けばいいんですが、
ここは公園を抜けて行きます。

Nagoya08

公園西口で堀川を渡ると、
何もない県道を真っ直ぐに北へと行きます。
2キロほど先の光音寺町で庄内用水に沿って西へ曲がると
すぐに「犬奴神社」に到着。

Nagoya09

いきなり本社(本殿)前にある「犬石像」ですが、
今回は参拝はせずにこちらだけ ^^;

理由は・・・

Nagoya10

この日の神社南口(正門)の様子です。
ここから本社までびっしりと人の波 ><;でした。
地元の方もあきらめて帰られるというオマケ付き ^^;で、
犬石像は北口から入って撮ったものです。

ということで・・・ここまで来ればもう少し寄り道をと

Nagoya11

ついでのついででした ^^;
庄内川を渡りましたが、見えるのは「庄内緑地」。

公園を抜けて行こうとしたら・・・

Nagoya12

第一駐車場沿いに咲いていた十月桜

Nagoya13

これはもうオマケのオマケで見事な満開の桜並木。
じっくりと撮りたかったんですが時間があまりなく
先を急ぎます ^^;

あとは

Nagoya14

バラ園から

Nagoya15

ハナショウブ園と、公園を東から西に抜ければ、
あとは中小田井の集落を行く”岩倉街道”へ。

Nagoya16

その岩倉街道、
短い街道筋ですが、今も往時の面影を色濃く残すところです。

すぐに名鉄犬山線の中小田井駅に到着。
新年早々からの気まぐれまち歩きでした ^^;  4日