2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年1月14日 (月)

美濃国・岐阜の三社参り

美濃国・岐阜で古くから続く伝統行事という・・・「三社まいり」。
岐阜市にある「伊奈波神社」、「金神社」、「橿森神社」は、
その祭神が親子関係であることから、江戸時代、
この三社を歩いて参ることで知られるようになった・・・と栞にあります。
全国各地にある「三社まいり(三寺参り」ですが、
今回初めて知った岐阜の「三社まいり」。
これは・・・と、初詣を兼て早速出かけてみました ^^;

JR岐阜駅から北へと順番に、
まず最初にある「金神社(こがねじんじゃ)」からです。

Gifu301

金色に輝く鳥居をくぐって

Gifu302

手水舎、
奉納された?柄杓にはよく知られた人たちの名も あります^^;

Gifu303

拝殿
主祭神は渟熨斗姫命(ヌノシヒメノミコト)
由緒は長くなるので省略しますが、伊奈波神社の主祭神である
五十瓊敷入彦命(イニシキイリヒコノミコト)の妃です。

Gifu304

ここから柳ケ瀬本通りを東に歩き

Gifu305

岐阜市で最初にガス灯が復元された美殿町から

Gifu306

”御鮨街道”に出て少し北に歩くと
右手に「橿森神社(かしもりじんじゃ)」があります。

Gifu307

安産祈願、夫婦和合、子供の守り神として信仰されていますが、
織田信長が楽市楽座を開いたとき、
市神をこの神社の神木、榎の元に祭ったという。

Gifu308

そんな織田信長ゆかりの地でもあり、
参道横には「岐阜信長神社(建勲神社)」もあります。

Gifu309

鳥居と右奥に拝殿
主祭神は市隼雄命(イチハヤオノミコト)で、
伊奈波神社の主祭神五十瓊敷入彦命(イニシキイリヒコノミコト)と、
金神社の主祭神主祭神渟熨斗姫命(ヌノシヒメノミコト)の子。

再び御鮨街道に戻り、最後の伊奈波神社へと行きますが、
街道を歩くこと15分ほど。

Gifu310

伊奈波通りに出ましたが、
この日はまだ初詣の参拝客が多く、車の列が続きます ^^;

Gifu311

車に注意しながら進む参道ですが、
多くの見どころを目で追いながら目指すは「伊奈波神社」拝殿!

Gifu312

第一、第二大鳥居をくぐると「神橋」、その先には「楼門」

Gifu313

右手には「吉備神社」と「楓稲荷神社」

Gifu314

神門前左右にはパワースポットといわれる”逆さ狛犬” ^^;

Gifu315

神門をくぐった右手には霊験あらたかな御神威で人気の「黒龍大神」

Gifu316

そしてようやく拝殿到着
主祭神は五十瓊敷入彦命(イニシキイリヒコノミコト)

景行天皇14年に稲葉山(金華山)に創建されたといわれ、
1900年以上の歴史を持つ。天文8年(1539)、斎藤道三が
稲葉山城を築城するにあたり現在の地に遷座されます。

「伊奈波神社」に父、「金神社」に母、その子を祀る「橿森神社」を詣で、
家内安全、夫婦円満、子孫繁栄を祈願するという・・・
そんな”ふるさと岐阜のつたえ話「三社まいり」”でした。   13日

2019年1月 8日 (火)

ぶらり美濃路界隈 名古屋

これまで東海三県をを中心に多くの旧街道、古道を歩いてきましたが、
そのほとんどが歩き通すことが目的の先を急ぐ歩き旅でした。
少し寄り道をしていればたくさんの見どころがあったのにと、
心残りのところも多くあり、今年はあらためて旧街道筋にある
その見どころを訪ねてみようかと・・・ぶらり旧街道の散策編 ^^;

手始めは名古屋市の中心部を通り抜ける美濃路界隈です。

Minojin01

東海道の宮の宿(熱田宿)から国道19号線を北上してきた美濃路は、
古渡交差点で国道と分かれて本町通りへと入ります。
ここはかって名古屋城下の南口になり大木戸が置かれていたところ。

ここから早速寄り道です ^^

Minojin02

東へ少し行くとあるのが「東別院(本願寺名古屋別院)」
目的はその境内にあるこちら

Minojin03

境内の片隅に建つ「古渡(ふるわたり)城址」碑 ^^
ここはかって織田信秀が古渡城を築いた跡で信長が元服したところです。

美濃路に戻るとすぐに橘町

Minojin04

町筋には神社仏閣が多くあり、仏壇仏具の店が建ち並びます。
少し行った通りの右手にある「栄国寺」

Minojin05

Minojin06

門前と境内には”切支丹遺跡博物館”の標柱がありますが、
その奥

Minojin07

本堂の前、案内に従って細い道を入ると、
建ち並ぶ多くの石仏とともに慰霊碑があります。

Minojin08

案内の駒札には「切支丹処刑地跡・無縁仏埋葬地」とありました。
この地はかって千本松原が広がり刑場があったところで、
1664年、キリシタンの弾圧により、多くの宗徒が斬罪されたとも。

街道に戻ってすぐのところを左へ行くと

Minojin09

こちらには「日置神社」。
ここは永禄3年(1560)5月、信長が桶狭間の戦いに出陣するときに
戦勝祈願をして、戦勝のあとに松を千本植えたとところ・・・とか。

街道筋にはさらにいくつかの仏閣がありますが

Minojin10

さらに行くと左には「本願寺名古屋別院(西別院)」

Minojin11

道を挟んだその右側には「三宝大荒神(天寧寺)と、
まぁ、主なところだけに立ち寄りましたが、
実に多くの神社仏閣を見ながら歩いていくと大須に入ります。

Minojin12

大須で信長といえば・・・やはりここでしょうか、「万松寺」。
この日は正月最後の日曜日、
表通りの「白雪稲荷」と「身代不動明王」は大変な混雑でした ^^;

Minojin13

裏?に回って本堂参拝。
次が「大須観音」でしたが・・・大須商店街も多くの人で右往左往 ><;

Minojin14

着いた大須観音もご覧のとおりで ^^;階段下から失礼しました。

あとは商店街の中を通る街道(本町通)に戻り、
さらに北へと歩くだけ。
若宮大通、広小路通、錦通と名古屋のメイン通りを越えて

Minojin15

着いた伝馬町通りの交差点。
慶長18年(1613)、ここに「伝馬会所」が設けられた「札ノ辻」、
その北角にそのモニュメントがあります。

Minojin16

モニュメントには”・・・官道の馬継所なり。京の方、清州宿へ二里、
江戸の方、熱田へ一里半、慶長十八年より宿駅となる。・・・”とあり、
ここがかって名古屋の中心部であり、各街道の出発地でした。

新春風景も味わいながら、あらためての美濃路散策でしたが、
寄り道で楽しむ街道歩きもまたよろしいかと ^^;    6日

2018年1月19日 (金)

大王崎灯台と波切散策

この日は新年恒例の神宮参拝でしたが、
そのあとは久しぶりに志摩市の大王町波切でした。
波切には何度も訪れていますが、
灯台を目的に訪れるのは実に10年ぶり ^^;
十年ひと昔でしょうか、あらためて波切の町とともに散策です。

Daiohzaki01

どうしてもゝ写真を撮ってしまいますが ^^;
ここが灯台へと続く散策路?の入口。

Daiohzaki02

大王崎は多くの画家たちに親しまれている絵描きの町。
今はちょっとその面影がないですが><:
灯台には近い漁港の町でもあります。

Daiohzaki03

宝門の浜

Daiohzaki04

波切はまた坂の町でもあります。

Daiohzaki05

灯台への道を分けて「八幡さん公園」へ行きますが、
ここはかっての「波切九鬼城址」。

Daiohzaki06

八幡さん公園
城址があったことからか?こちらは城山とか。

Daiohzaki07

公園から眺める大王埼」灯台
定番のビューポイント!ですが・・・外せません ^^;

Daiohzaki08

公園からお店の建ち並ぶ道を行くと灯台に。

Daiohzaki09

ここも全国にいくつかある参観ができる灯台のひとつです。

Daiohzaki10

灯台からの南西方面、右に見えるのが八幡さん公園。

正面には広大な海が広がるだけ ですが^^;
”「伊勢の神前、国崎の鎧、波切大王がなけりゃよい」と、
船乗たちに恐れられた大王崎は、志摩半島の東南端にあり、
遠州灘と熊野灘の荒波を二分するように突出した
海の難所として知られていたところ・・・”(HPから引用)

Daiohzaki11

北側には「波切神社」がある宮山、手前の浜は「須場の浜」。
”わらじ祭り”では海の安全と豊漁を祈願して
この浜で大わらじが流されます。

灯台から浜の傍を通ってその宮山へと行きます。

Daiohzaki12

浜の突き当りで少し石段を上がると
その”わらじ祭り”で知られる「波切神社」です。

Daiohzaki13

境内にあった「鯨石」。
むかし捕鯨が行われていたころ、解体した鯨から出てきた石とか ^^;
神社の前からさらに宮山を回り込みます。

Daiohzaki14

目の前が開けると「崎山公園」。
はるかに安乗岬や、神島、師崎、伊良湖が望めます。

Daiohzaki15

宮山をぐるりと回って漁港の散策路に出ました。
こちらには波切神社の表参道?がありますが・・・立ち入り禁止です。

町なかに戻って

Daiohzaki16

「汗かき地蔵」
石の地蔵さんが汗をかき、その汗の色で吉凶を占うという。
こちらも伝説の祭りが行われています。

そのすぐ近くにある「大慈寺」

Daiohzaki17

「あじさい寺」として知られるところですが、
2月中旬ごろには”てんれい桜(河津桜)”が咲きます。

Daiohzaki18

この日はてんれい桜のなかでただ1本だけある
”天城桜(寒緋桜)”が咲き始めていました。

灯台が見たくて走った大王町波切。
詳しく載せたいところもありますが、今回はほんの少しだけ ^^;
久しぶりにその見どころを回ってみました。    18日