2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2023年1月17日 (火)

長浜盆梅展 ’23

朝からの快晴!あまりのいい天気にちょっとソライブでもと、
湖北のコハクチョウを見に出かけたものの・・・はずれ ><;
せっかくなのでと、帰り道に立ち寄った「長浜盆梅展」です。
まだ早いとは思いながらも3年ぶりの訪問 ^^
今回は「切り絵作家早川鉄平氏の切り絵」とのコラボという。

まずはいつものように会場入り口の盆梅から。

23nagahamab01
このふたつの盆梅は綺麗でしたが

23nagahamab02
本館座敷
廊下側は綺麗な盆梅もありますが全体にはチラホラです ^^;

23nagahamab03
水盤の盆梅

すでに8日(日)から始まっていますが毎年早い盆梅展!
”びわ湖に春をつげる梅の集い”がキャッチですがさすがにまだ寂しい ^^;

23nagahamab04
渡り廊下の小鉢盆
新館へと移る気分転換にもなる楽しい飾りのひとつ

あとは切り絵とのコラボに期待して新館へ

23nagahamab05
いきなりこのコラボ
盆梅が寂しいので・・・ちょっと影絵風に ^^;

23nagahamab06
23nagahamab07
メインどころの盆梅もまだ枝ぶりとのコラボですね ^^;

全体に寂しいのは承知での入館でしたが 

23nagahamab08
23nagahamab09
23nagahamab10
さすがにちょっと寂しい開花状況でした。

コハクチョウの代わりに盆梅でもと立ち寄りましたが、
今年は少し開花が遅いのか?
盆梅の見ごろまでにはまだしばらくかかりそうです ^^;  📷 17日

2022年10月28日 (金)

曽爾高原

奈良県曽爾村にある「曽爾高原」。
関西屈指のススキの名所として知られるところですが、
そろそろ銀穂が見ごろとの情報も入り始めました ^^
一時期、生育不良でススキが減少していましたが、
近年ではススキの保護が行われ、少しずつ回復しているという。

3年ぶりの訪問 ^^;残念ながら現地は曇り空となりましたが・・・
まずは気になっていたそのススキの状態から

Sonis01
入口から階段散策路へと行く途中、
少しふくらみのある銀穂を見て少し安堵 ^^ただまだ少ないです。

Sonis02
この日もまずは尾根道のハイキングからで、
先に見える二本ボソから倶留尊山へと歩きます。



Sonis03
曇り空に銀穂もさえませんが・・・
ススキもまだ数が少ないためか、全盛時のように揺れる穂ではないです ><;

Sonis04
尾根道途中の展望広場から眺める高原とお亀池

Sonis05
二本ボソから倶留尊山への入り口
この先は入山料がいるためと、目的がススキのためこの日もここまで ^^;

Sonis06
尾根道を亀山峠へと戻り、ひと山越えて先の亀山へと行き、
高原の南稜線を下って休憩広場へと戻ります。

Sonis07
ここでちょうど昼食時、一休みしてススキの散策路をひと回り ^^

Sonis08
散策路の高台からススキの高原、
少しずつススキの数が戻っているようですが・・・

Sonis09
散策路沿いも獣害ネットや立ち入り禁止の石が見られ、
一帯の保護が行われています。

Sonis10
曇り空のなかでのススキの観賞!
帰るころには日が差し始めました ><;
夕刻には夕日とススキを楽しむ多くの人で賑わいそうです。

まだ全体には花穂が細いですが、
銀穂が揺れる見ごろは11月に入ってからでしょうか?  📷 27日

2022年10月19日 (水)

いかるがの里・秋

近隣のコスモス情報を調べていたら奈良の「法起寺」が見ごろとのこと。
この日は朝から青空の広がる秋晴れに、思わず出かけた斑鳩町です ^^
この時期は「法隆寺」周辺が混雑するためできれば電車が便利ですが、
今回は久しぶりに車 ^^;
「法起寺」へは”中宮寺跡史跡公園臨時駐車場 ”(無料)が便利ですが、
目的はコスモスと”いかるがの里”散策、法隆寺センターに駐車して歩きます。

いつものように法隆寺南大門から境内を抜けて行きます。

Ikaruga01
「夢殿」に出て左折し、松尾寺道からまずは「法輪寺」へ

Ikaruga02
法輪寺南に咲くコスモスと「三重塔」
この日も拝観は失礼して法起寺へと向かいます。

Ikaruga03
実りの秋! 
道筋にあるこうした畑を見ながらいかるがの里を満喫 ^^

Ikaruga04
岡本ポケットパークを見て県道を渡るとすぐに法起寺、
コスモスと三重塔の競演が始まります ^^;

Ikaruga05
法起寺南側に広がるコスモス畑
こちらもほぼ咲きそろって綺麗ですが・・・

Ikaruga06
こちらは法起寺南門

推古14年(606)、聖徳太子が法華経を講説されたという岡本宮を
寺に改めたものと伝えられ、法隆寺、四天王寺、中宮寺などとともに
太子建立七ヵ寺の一つにかぞえられているという。(HPから) 

Ikaruga07
南門を回り込んだ南東部からの「三重塔」とコスモス、
塔は現存最古の三重塔で創建は慶雲3年(706) 国宝。

Ikaruga08
さらに最東側へと回り込んだコスモス畑から、
定番位置です ^^;

Ikaruga09
コスモス畑を一回りした南端からも一枚 ^^
法起寺のコスモスを楽しんだ後は中宮寺跡史跡公園へと歩きます。

Ikaruga10
のどかないかるがの里から集落のなかを通り過ぎて行くと

Ikaruga11
中宮寺跡史跡公園
現在の「中宮寺」と区別するため創建中宮寺を中宮寺跡と呼んでいるそうですが

Ikaruga12
ここには塔、金堂の基壇が残り、史跡公園として整備されています。

Ikaruga13
その北側に広がるコスモス畑
この時期には多くの人が訪れる憩いの場所となっているそうですが、
ここに中宮寺跡史跡公園臨時駐車場となっています。

快晴の散策日和!いかるがの里の秋を楽しみました ^^;  📷 19日

2022年10月11日 (火)

なばなの里のコスモス・ダリア

近隣のコスモス情報もいっこうに入らず気になりますが、
ちょっと綺麗な花を見たくここならと・・・
すでに”ダリア・コスモスまつり”が始まっている「なばなの里」です。

お馴染みの有料施設ですが ><;

Nabanac01_20221011211301
入口から左回り(反時計回り)で見て行きます ^^

Nabanac2
Nabanac03_20221011211301
”花ひろば”の花壇に広がるコスモス・キバナコスモス、
ともに見事な咲きようです ^^

Nabanac04_20221011211301
Nabanac05_20221011211301
どこから撮ってもコスモスはコスモス、
何も説明することもなく普通に撮影 ^^;

そのコスモスが咲く東側には、
こちらも見ごろを迎えているダリアです ^^

Nabanad01_20221011211301
こちらはまだ満開ではありませんが、
約200種類、8,000株のダリアは「ボール咲き」
「ポンポン咲き」など変わった形をしたものから

Nabanad02_20221011211301
Nabanad03_20221011211301
極小輪、小輪から大輪、超巨大倫と楽しめます。

Nabanad04_20221011211301
特に巨大輪といわれるものは約50種類があるという・・・

Nabanad05_20221011211301
寒くなるにつれ、その彩りと美しさを増というダリア!
その超巨大輪から ^^

見ごろを迎えている「なばなの里」のコスモスとダリアでした。 📷 10日

2022年10月 6日 (木)

138タワーパーク 花を楽しむ秋

愛知県一宮市光明寺にある木曽三川公園「138タワーパーク」。
すでに秋のイベント”オータムフェスタ”が始まっていますが、
こちらの秋を楽しむ花はコスモスと赤そば!(高嶺ルビー) ^^
まだコスモスは”見ごろ”にはなっていないようでしたが・・・
赤そばはもう見ごろが近いはず?
雨が降りそうな気になる天気でしたが、
週末を前に様子を見に出かけました。

10月といえばハロウィン!

138tp01_20221006200901
こちらもすでに入口からハロウィン仕様です ^^

138tp02_20221006200901
大芝生広場西側にはお馴染みのハロウィンシーズン限定フォトスポットも ^^

大芝生広場から”つどいの広場”、
”やすらぎの池”と回り込んで「お花畑」に出ます。

138tp03_20221006200901
式の花が楽しめるお花畑の東側には見ごろのキバナコスモス

138tp04_20221006200901
中央部には赤そば(高嶺ルビー)とコスモスの競演

138tp05_20221006200901
赤そばは思っていたようにほゞ満開でしょうか ^^

138tp06_20221006200901
混じって咲くコスモスは少ないですが

138tp07_20221006200901
ここは赤そばを楽しんで

138tp08_20221006200901
138tp09_20221006201001
コスモスの咲くのを待つことになります^^;

138tp10_20221006200901
その南側の畑に咲く”アプリコットレモネード”

138tp11_20221006201001
こちらは見ごろまであと少し 

138tp12_20221006201001
いちばん西側の畑に咲くコスモスもまだ咲き始め ^^;
見ごろは10月中旬ごろとありました。

「木曽三川公園「138タワーパークの花を楽しむ秋」
この日は赤そばが目的でしたが、キバナコスモスも見ごろでした。
これから見ごろを迎えるコスモスが楽しみです。      📷 6日

2022年9月30日 (金)

KIMOTOダリアガーデン

秋になればソバとヒガンバナかと、追っかけていた三重県のいなべ市。
”70種類約3000株のダリアが見ごろ・・・” という新聞記事に、
思わずえっ? しばらく出かけていなかったとはいえ初めて知るところ ><;
いなべ市にあるダリア園、初訪問です ^^;

北勢町京ケ野新田にある会社「(株)きもと (本社さいたま市)」の
三重第三工場西側に広がる「KIMOTOダリアガーデン」!

Kimotod01
工場を背に西側に広がるガーデンのダリア。
正面には藤原岳を望む好位置にありますが、この日は霞がかかります ><;

Kimotod02
空き地や休耕田を活用し、会社が地元の活性化に貢献したいと、
一部で”ダリア”の栽培を始め、
令和元年(2019)に”ダリアガーデン”としてオープンしたという。 


Kimotod03
見ごろを迎えていますが本数が多く、
全体にはまだつぼみも多くありピークはこれからでしょうか ^^;

Kimotod04
Kimotod05
北側へと広がるダリア園
思っていた以上の広さと種類の多さにちょっとビックリでした。

Kimotod06
あらためて霞む藤原岳と ^^;

アップも少し ^^

Kimotod07
Kimotod08
この日は藤原岳が霞んでいてコラボにはチョッと残念でしたが、
天気は最高!綺麗な花が楽しめました。

いなべ市北勢町の「KIMOTOダリアガーデン」
開花のピークはまだこれからのようです。     📷 9月30日   

2022年9月25日 (日)

半田矢勝川堤の彼岸花

愛知県半田市の矢勝川堤に咲く300万本ともいわれる彼岸花!
今年は3年ぶりに「ごんの秋まつり」が開催されているという。
情報ではまだ早そうとのことでしたが、
一部では見ごろを迎えている場所もあるとのことで出かけました。

この日は台風一過の快晴と天気は文句なし!
いつものように名鉄半田口から歩いて”ででむし広場”に出ます。
定番の撮影スポットは堤防の畑側

Handagon01
南吉の童話「ごんぎつね」に描かれているような
”赤い布のようにさきつづく”とはいかず

Handagon02
まだ情報どうりまばらな咲きようです ><;

Handagon03
こちらは川側、畑側よりは咲きすすんでいるようで綺麗です ^^

Handagon04
Handagon05
1.5kmにわたる堤を東から西へと歩きながら、
畑側と川側の見ごろを迎えている場所のヒガンバナを見て行きます ^^

Handagon06
まつりの会場がある中心部に近づくにつれて見ごろのところが多くなっています。

Handagon07
観音様付近

Handagon08
まつりの会場”お休みどころ”の周辺に咲く白花ヒガンバナ ^^
こちらもまだ咲き始め ^^;

Handagon09
さらに先にある折り返しの「弘法橋」手前、見ごろ!

Handagon10
弘法橋から折り返して対岸のサイクリングロードから

満開の堤を埋め尽くす見事なヒガンバナの帯にはまだまだですが、
見どころの花を楽しみながら散策するにはちょうど良いか?
そんな咲きようの半田矢勝川堤の彼岸花でした ^^;     📷24日

2022年9月16日 (金)

ワイルドネイチャープラザの彼岸花

どうやら週末から週明けは台風14号の接近で荒天予報  ><;
しばらく晴天が続いた東海地方も週末からは影響が出そうですが、
その前にちょっと気になり、様子を見に出かけたヒガンバナです。
そろそろ見ごろを迎えるコスモスとともに人気の花ですが・・・ 
ここ、稲沢市祖父江町にある木曽三川公園 
「ワイルドネイチャープラザ(サンリオパーク祖父江)」。
その河畔林と水辺の散歩道にたくさんのヒガンバナが咲きます。

Sansenpwnp01
水辺の散歩道
まだ咲き始めたばかりでつぼみが多いですが・・・
全体の3~4割ほどの開花でしょうか?

Sansenpwnp02
特にシロバナヒガンバナが多く
赤、白とも咲き始めのきれいな花が楽しめます ^^

Sansenpwnp03
いまはまだ咲く花は少ないものの

Sansenpwnp04
見ごろになると散歩道の両側にびっしりと咲き見ごたえは十分。
それもまた綺麗でいいんですが・・・

Sansenpwnp05
Sansenpwnp06
ゆっくりと楽しむにはこれぐらいがちょうどいいかもしれません ^^;

Sansenpwnp07
河畔口からピクニック広場口まで

Sansenpwnp08
水辺の散歩道を北歩いてきましたが、
思っていた以上に綺麗な花が楽しめました。
見ごろはやはり来週末(彼岸の日)辺りでしょうか?

ヒガンバナが終わると秋のイベント、
10月8日(土)からは「オータムフェスタ」が始まります。  📷 16日

2022年8月 1日 (月)

近江妙連

滋賀県守山市にある「近江妙連公園」。
今年の蓮見はここからでしたが、知る人は知るお馴染みのところ ^^;
少しは幾花かの開花状態が見れるかと出かけていました。
猛暑が続くなかではちょっと敬遠されがちかな?と思いますが、
暑さには似合うホット?なところ ^^;
普通の蓮を常連と呼び、
多数の花をつける蓮を妙連と呼んで区別されている・・・そんな蓮。

Omimyoren01
一つの茎に二から十二の花をつけ、
一花の花弁は二千から五千枚になるという・・・

Omimyoren02
一茎に二花を双頭蓮・命々蓮と

Omimyoren03
一茎に三花は品字蓮

Omimyoren04
一茎に四花を田字蓮

Omimyoren05
一茎に五花は五岳蓮・五行蓮、さて、この花はいくつか?
以降一茎に六花から十二花まで咲くといわれそれぞれに名前が付けられている。

咲くまで分からない花で五岳蓮以降はまだ見たことはありませんが、

Omimyoren06
咲いてもわからないのが妙連の妙  ><;
また、この花は枯れてもすべての花びらを落とすことはなく立ち枯れる。

Omimyoren07
さて、この花が咲ききると・・・何花に

Omimyoren08
猛暑の続く毎日ですが、この日もまた暑い日!
汗だくになりながら幾花を見たくて訪ねた「近江妙連公園」でした。

訪れてから少し日が経ちましたが遅ればせながら ^^  📷 7月28日

2022年6月24日 (金)

舞鶴自然文化園のアジサイ

京都府舞鶴市の北東部に位置する大浦半島にある「舞鶴自然文化園」。
標高200㍍ほどの豊かな自然のなかに整備された公園で、
春のツバキや初夏のアジサイ、秋には紅葉で知られるところですが、
この時期は100品種10万本ともいわれるアジサイ園が公開されています。

ここは海(舞鶴湾)が見えるアジサイ園で私的には好きなところ。
ちょうど見ごろとの情報に久しぶりの長距離ドライブでした ^^;

Maizurusb01
何年振りか?ずいぶんと昔に訪れて以来でしたが、
文化園の入口に咲くアジサイに期待してアジサイ園へと向かいます。

Maizurusb02
広い芝生広場を回り込んだ南端部にあるアジサイ園には
いくつかの入り口がありますが、ここは高台にある鑑賞デッキ。

ここから”アジサイの海”というアジサイ谷の入口へ行きます ^^;

Maizurusb03
ここからアジサイの咲く斜面のなかにつけられた散策路を下ります。

Maizurusb04
いきなりでしたが、見た目ちょっと花が少ないようにも感じながら・・・

ここは標高が高い分少し遅れて花が咲きますが、
すでに終盤の花もあり、ただそれだけではなさそうでした。

Maizurusb05
花が気になりましたが、
ここは海(舞鶴湾とクレインブリッジ )が見えるところで、
私的には好きなアジサイ園のひとつ ^^;

Maizurusb06
ちょうど谷になっている”アジサイの海”を下りながら

Maizurusb07
Maizurusb08
少ないとはいえ彩色豊かな花を楽しみます。

Maizurusb09
谷の下にあるアナベル越しに見る斜面右のアジサイ!
こちらも遠目に見るとやはり寂しかったです ^^;

Maizurusb10
アジサイ園の最下部にある休憩所裏から眺める舞鶴湾。

この後は左右の斜面につけられた散策路をぐる~~と一回りしましたが、
今年は鹿害のため、強剪定と植え替えを行っているとのこと。
花数が少ないのはそのためで、来年に期待です ><;   📷 23日

より以前の記事一覧