2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2022年9月25日 (日)

半田矢勝川堤の彼岸花

愛知県半田市の矢勝川堤に咲く300万本ともいわれる彼岸花!
今年は3年ぶりに「ごんの秋まつり」が開催されているという。
情報ではまだ早そうとのことでしたが、
一部では見ごろを迎えている場所もあるとのことで出かけました。

この日は台風一過の快晴と天気は文句なし!
いつものように名鉄半田口から歩いて”ででむし広場”に出ます。
定番の撮影スポットは堤防の畑側

Handagon01
南吉の童話「ごんぎつね」に描かれているような
”赤い布のようにさきつづく”とはいかず

Handagon02
まだ情報どうりまばらな咲きようです ><;

Handagon03
こちらは川側、畑側よりは咲きすすんでいるようで綺麗です ^^

Handagon04
Handagon05
1.5kmにわたる堤を東から西へと歩きながら、
畑側と川側の見ごろを迎えている場所のヒガンバナを見て行きます ^^

Handagon06
まつりの会場がある中心部に近づくにつれて見ごろのところが多くなっています。

Handagon07
観音様付近

Handagon08
まつりの会場”お休みどころ”の周辺に咲く白花ヒガンバナ ^^
こちらもまだ咲き始め ^^;

Handagon09
さらに先にある折り返しの「弘法橋」手前、見ごろ!

Handagon10
弘法橋から折り返して対岸のサイクリングロードから

満開の堤を埋め尽くす見事なヒガンバナの帯にはまだまだですが、
見どころの花を楽しみながら散策するにはちょうど良いか?
そんな咲きようの半田矢勝川堤の彼岸花でした ^^;     📷24日

2022年9月16日 (金)

ワイルドネイチャープラザの彼岸花

どうやら週末から週明けは台風14号の接近で荒天予報  ><;
しばらく晴天が続いた東海地方も週末からは影響が出そうですが、
その前にちょっと気になり、様子を見に出かけたヒガンバナです。
そろそろ見ごろを迎えるコスモスとともに人気の花ですが・・・ 
ここ、稲沢市祖父江町にある木曽三川公園 
「ワイルドネイチャープラザ(サンリオパーク祖父江)」。
その河畔林と水辺の散歩道にたくさんのヒガンバナが咲きます。

Sansenpwnp01
水辺の散歩道
まだ咲き始めたばかりでつぼみが多いですが・・・
全体の3~4割ほどの開花でしょうか?

Sansenpwnp02
特にシロバナヒガンバナが多く
赤、白とも咲き始めのきれいな花が楽しめます ^^

Sansenpwnp03
いまはまだ咲く花は少ないものの

Sansenpwnp04
見ごろになると散歩道の両側にびっしりと咲き見ごたえは十分。
それもまた綺麗でいいんですが・・・

Sansenpwnp05
Sansenpwnp06
ゆっくりと楽しむにはこれぐらいがちょうどいいかもしれません ^^;

Sansenpwnp07
河畔口からピクニック広場口まで

Sansenpwnp08
水辺の散歩道を北歩いてきましたが、
思っていた以上に綺麗な花が楽しめました。
見ごろはやはり来週末(彼岸の日)辺りでしょうか?

ヒガンバナが終わると秋のイベント、
10月8日(土)からは「オータムフェスタ」が始まります。  📷 16日

2022年8月 1日 (月)

近江妙連

滋賀県守山市にある「近江妙連公園」。
今年の蓮見はここからでしたが、知る人は知るお馴染みのところ ^^;
少しは幾花かの開花状態が見れるかと出かけていました。
猛暑が続くなかではちょっと敬遠されがちかな?と思いますが、
暑さには似合うホット?なところ ^^;
普通の蓮を常連と呼び、
多数の花をつける蓮を妙連と呼んで区別されている・・・そんな蓮。

Omimyoren01
一つの茎に二から十二の花をつけ、
一花の花弁は二千から五千枚になるという・・・

Omimyoren02
一茎に二花を双頭蓮・命々蓮と

Omimyoren03
一茎に三花は品字蓮

Omimyoren04
一茎に四花を田字蓮

Omimyoren05
一茎に五花は五岳蓮・五行蓮、さて、この花はいくつか?
以降一茎に六花から十二花まで咲くといわれそれぞれに名前が付けられている。

咲くまで分からない花で五岳蓮以降はまだ見たことはありませんが、

Omimyoren06
咲いてもわからないのが妙連の妙  ><;
また、この花は枯れてもすべての花びらを落とすことはなく立ち枯れる。

Omimyoren07
さて、この花が咲ききると・・・何花に

Omimyoren08
猛暑の続く毎日ですが、この日もまた暑い日!
汗だくになりながら幾花を見たくて訪ねた「近江妙連公園」でした。

訪れてから少し日が経ちましたが遅ればせながら ^^  📷 7月28日

2022年6月24日 (金)

舞鶴自然文化園のアジサイ

京都府舞鶴市の北東部に位置する大浦半島にある「舞鶴自然文化園」。
標高200㍍ほどの豊かな自然のなかに整備された公園で、
春のツバキや初夏のアジサイ、秋には紅葉で知られるところですが、
この時期は100品種10万本ともいわれるアジサイ園が公開されています。

ここは海(舞鶴湾)が見えるアジサイ園で私的には好きなところ。
ちょうど見ごろとの情報に久しぶりの長距離ドライブでした ^^;

Maizurusb01
何年振りか?ずいぶんと昔に訪れて以来でしたが、
文化園の入口に咲くアジサイに期待してアジサイ園へと向かいます。

Maizurusb02
広い芝生広場を回り込んだ南端部にあるアジサイ園には
いくつかの入り口がありますが、ここは高台にある鑑賞デッキ。

ここから”アジサイの海”というアジサイ谷の入口へ行きます ^^;

Maizurusb03
ここからアジサイの咲く斜面のなかにつけられた散策路を下ります。

Maizurusb04
いきなりでしたが、見た目ちょっと花が少ないようにも感じながら・・・

ここは標高が高い分少し遅れて花が咲きますが、
すでに終盤の花もあり、ただそれだけではなさそうでした。

Maizurusb05
花が気になりましたが、
ここは海(舞鶴湾とクレインブリッジ )が見えるところで、
私的には好きなアジサイ園のひとつ ^^;

Maizurusb06
ちょうど谷になっている”アジサイの海”を下りながら

Maizurusb07
Maizurusb08
少ないとはいえ彩色豊かな花を楽しみます。

Maizurusb09
谷の下にあるアナベル越しに見る斜面右のアジサイ!
こちらも遠目に見るとやはり寂しかったです ^^;

Maizurusb10
アジサイ園の最下部にある休憩所裏から眺める舞鶴湾。

この後は左右の斜面につけられた散策路をぐる~~と一回りしましたが、
今年は鹿害のため、強剪定と植え替えを行っているとのこと。
花数が少ないのはそのためで、来年に期待です ><;   📷 23日

2022年6月18日 (土)

かざはやの里のアジサイ

三重県津市戸木町(へきちょう)にある「かざはやの里」。
季節により梅、藤、アジサイが咲く人気の花どころで、
この時期はちょうどアジサイの季節 で”あじさいまつり”が開催中です。
すでに早咲きの品種を含めて見ごろを迎えているという。

県内でも屈指のアジサイの名所、何年振りか?出かけてみました。

Kazahayaa01
花手水(載せていません ^^;)と、”笑福のたぬき”に迎えられて
何年振りか?に見るアジサイです ^^

Kazahayaa02
まずは”梅茶屋”の傍に咲くアジサイから ^^
ここから園内のアジサイを見て行きますが・・・一応右回り ^^;

Kazahayaa03
まずはこのアジサイ園の見どころがスタート地点にあるここ。

Kazahayaa04
37種約7万7700株が咲くというアジサイのなかでも、
その中心種になる
アナベルとピンク系の手まり種に圧倒されます。

Kazahayaa05
広大な丘陵地に咲き乱れるアジサイを、
上から下からと眺めながら園内を散策していきます ^^

Kazahayaa06
シンボルの赤い橋は”つどい橋”を見ながら北側にある高台へ

Kazahayaa07
北側の最高地点から眺める景色もGOO!ですが・・・
ここのアジサイはどうしても遠景が多くなります ^^;

ここから東側の高台へと池を回り込んでいきますが

Kazahayaa08
北側に咲くのはブルー系のアジサイ!

Kazahayaa09
高台を左回りで回っていきますが、こちらもアナベルが中心です。

Kazahayaa10
紫紺のガクアジサイ ^^;

Kazahayaa11
Kazahayaa12
これだけのアジサイをどう撮ればいいのか?
きれいなんですが・・・撮るにはほんとに難しいところです ><;

Kazahayaa13
高台にある東南角から、
アジサイ園の中心部になるほぼ全景を収めてみました。
この右側にも広いアジサイ園があり、赤系のアジサイとアナベルが咲きます。

少しアップも ^^

Kazahayaa14
好きな色のガクアジサイで

Kazahayaa15
この日は梅雨空の薄曇りで蒸し暑い日になりました。

「かざはやの里」のアジサイ。
少し痛み始めた花もありますが見ごろはまだ続きそうですが、
暑さ対策は必須です ><;    📷  17日

2022年6月 1日 (水)

ササユリの里 亀山市

亀山市楠平尾町にある里山でササユリが見ごろを迎えているという。。
一時、途中での公開中止も含めて4年ぶりになりますか?・・・
近場ではあまり群生を見ることのできない花だけに、
久しぶりのうれしい情報だけに早いうちにと、出かけました^^;

協力金200円を払っての里内。
この日は平日でしたがすでに訪れている人も多く賑やかです。

Kameyamass01
地域の有志の方たちが山林を整備して、
自生するササユリの保護と管理をされているという里

Kameyamass02
広い敷地の中に点在して咲くだけに咲く花数が少なく感じますが、
まとまって咲いているのは陽だまりのなか 。

Kameyamass03
Kameyamass04
久しぶりに見るきれいなササユリ!です^^

Kameyamass05
Kameyamass06
林の中をいくつかの区画に分けて管理されているため、
場所によって咲いている花にバラツキがあり

Kameyamass07
まとまって咲いているところや、
咲き始めたばかりの花を探しながらの散策?です ^^;

Kameyamass08
すぐ近くで花が楽しめるのもこの里のいいところ

Kameyamass09
Kameyamass10

この日はまだ咲き始めのところもありましたが、
一般公開は6月5日(日)までとなっています ^^   📷 1日

2022年5月24日 (火)

御在所岳のシロヤシオ

御在所岳のシロヤシオがすでに見ごろを迎えているとのこと。
今年は例年より少し早いのか?とも思いましたが、
アカヤシオのときの失敗もあり急遽出かけてみました ^^;

ロープウエイ山頂駅からいつものように朝陽台広場へと出ます。
20日頃から見ごろを迎えていたというシロヤシオですが・・・

Gozaishos01_20220524165001
悪い予感が的中か、
花をつけている木がほとんどありません ><;

Gozaishos02_20220524165001
かろうじて咲き残る木を撮って行きますが

Gozaishos03_20220524165001
Gozaishos04_20220524165001
「自然学校」へと下る道筋
せめてこれぐらい咲いていてくれたらと思いながら

Gozaishos05_20220524165001
芭蕉池から山頂へ
ところが花はすでに散ったのか(少し風の強い日がありました ><;)
花はわずかに咲き残るのみでどこもすでに終わりでした。

Gozaishos06_20220524165001
最後は「御嶽大権現」への参道
ここはいつも見事な花の咲くところですが、

Gozaishos07_20220524165001
ここも花数はすくなく、ほんのわずかに残る気が少しだけ。

すれ違った方も”今年は花が少ないわね、昨年は見事だったのに・・・”と。
”見ごろが早かったそうですよ・・・”と私 ^^;

Gozaishos08_20220524165001
サラサドウダンと

Gozaishos09_20220524165001
ベニドウダン
ともに2日前の情報ではまだつぼみでしたが、
この花がすでに咲き始めているということは・・・
やはりシロヤシオは遅かったということでしょう ^^

オマケ!
Gozaishos10_20220524165001
イワカガミ
そういえばこの花も見ごろを迎えている頃でしょうか。
このイワカガミを見て急遽お隣の「国見岳」へとミニ登山 ^^;
この後は国見岳のイワカガミです。       📷 24日

2022年5月11日 (水)

いなべ市丹生川の春そば畑

三重県いなべ市大安町丹生川で春ソバの花が見ごろ・・・と。
秋のそば畑には何度も訪れていますが、
春にもそばの花が咲いていたとは知りませんでした ><;
情報から少し日が経ちましたが、走り梅雨?の中での貴重な晴れ間に、
ドライブを兼ねて出かけました ^^

場所は秋のそば畑と同じ三岐鉄道丹生川駅の北、
「鉄道貨物博物館」から住宅の周辺です。
Nyusoba01
北西から北にかけて鈴鹿の山々を望むように広がるソバ畑

Nyusoba02
Nyusoba03
北には藤原岳

Nyusoba04
Nyusoba05
東には養老の山々を望むロケーション、
南の端で山裾が落ち込むところが「多度山」です ^^

Nyusoba06
ここでは定番スポットになりますか?青川の橋梁と黄色い電車 ^^;

Nyusoba07
三岐鉄道 三岐線

Nyusoba08
春ソバの収穫は6月ごろのようですが・・・
花はまだしばらく楽しめそうです。

道端に咲く春の野草はアメリカフウロやナワシロイチゴにスカシタゴボウなど、
ちょっと地味な野草たちですが賑やかです。

Nyusoba09
”ユウゲショウ(夕化粧)"
オシロイバナと紛らわしいためアカバナユウゲショウとも ^^ 

Nyusoba10
すでに田植えの終わった水田

大安町丹生川のそば畑、
秋と違ってヒガンバナは楽しめませんが、
代わりに地味な春の野草と一緒に楽しんできました ^^;   📷 10日

2022年4月28日 (木)

御在所岳のアカヤシオ

ゴールデンウィークは天気もめまぐるしく変わるとの予報ですが、
この日は貴重な晴れの日になるのかと、久しぶりに「御在所岳」へ。
春の御在所岳といえばやはりアカヤシオにシロヤシオ!
アカヤシオがすでに”見ごろ”との情報でしたが・・・
まだ早いような気もしながら混むGW前です。行きました ^^;

Gozaisho01
久しぶりに乗るロープウエイ!
この日もいつものようにらくちん登山です ^^

Gozaisho02
ロープウエイから眺める「富士見岩展望台」と山肌に咲くアカヤシオ!
やはり花はまだ早いかと、そんな感じもしましたが・・・

山上はまず「朝陽台広場」から

Gozaisho03
広場周辺と中道登山口まではきれいに咲いた木と、
まだ花数の少ない気が混在

Gozaisho04
中道登山道下り口への道沿い。
この先、いつもの遊歩道沿いはまだ花数が少ない木が多いです。

ちびっこそり広場から山頂への道に入りますが

Gozaisho05
こちらもまだ寂しい感じです ^^;

そして山頂

Gozaisho06
ここもまだでしょうか?きれいに咲いた木が少ない ><;

Gozaisho07
こちらは「望湖台」から「鈴鹿国定公園記念碑広場」と「御嶽大権現」、
周辺のアカヤシオもこんな感じです。

Gozaisho08
振り返って山頂側、「望湖台」との間、
今年は不作?ではないのかと思うほどですが・・・
最後は「御嶽大権現」へと行きました

Gozaisho09
こちらも遊歩道沿いには見ごろの木は少なく、
道から少し外れたところに咲くアカヤシオです ^^;

オマケ!

Gozaisho10
山頂周辺の遊歩道沿いでは、今タテヤマリンドウが見頃です ^^

この日のアカヤシオ!見ごろ”といえば見頃の木もありますが、
やはりまだこれからではないでしょうか?     📷 28日

2022年4月22日 (金)

竹鼻別院のフジ

今年は雨や曇天の日が多いうえに日々寒暖の差も大きく、
春と初夏が混じりあうような天候に戸惑っています。
そのためか?春の花たちも例年とは違った咲きように感じます。
この日は天気も回復して気温は夏日とまた暑い日でしたが、
久しぶりに出かけるチャンス!でした。

出かけたのは岐阜県羽島市竹鼻町にある「竹鼻別院」です。

Takehanab01
もう何度も紹介しているところですが、花はフジ ^^
すでに”見ごろ”との情報から少し日が経っていましたが

Takehanab02
今年はどうやら早い開花でしょうか ^^;

Takehanab03
奇麗です ^^
ただ、「竹鼻別院フジまつり」は中止のため花の鑑賞のみ 

Takehanab04
Takehanab05
フジの木は樹齢300年以上という古木で県指定天然記念物
この日は平日でしたが、さすがに多くの人で賑わっていました。

Takehanab06
本堂側から見る藤棚のほぼ全景

Takehanab07
Takehanab08
こちらは山門側から

「竹鼻別院のフジ」
例年はこのフジと「本覚寺」のボタンですが、
本覚寺のボタンはすでに終盤でした ><;  📷22日

より以前の記事一覧