2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2020年3月21日 (土)

香嵐渓のカタクリ

そろそろこの花も見ごろを迎えるころか?と思っていたら、
すでに見ごろを迎えているという ^^
この日は少し風が強く寒さを感じるものの天気は良く、
これなら・・・と出かけましたが、走るにつれて空を覆う雲。
足助に入ると少し時雨れる天気になりました。
日差しがないと花が開かないだけに、こればかりはどうにもなりません。
今年もまた時間調整を兼て稲武のおひなさんめぐりでしたが、
稲武はさらに天気が悪く一時は雨に降られます ><;

戻った足助は薄曇りで少し日も差す天気になりました。
少々駐車場で迷いましたが、群生地に入ります。

Asukek01
飯盛山の山肌を覆うカタクリの群生ですが、
さすがに朝からの曇り空と、強風による寒さのためでしょうか

Asukek02
花はまだほとんどが開いていません ^^;

Asukek03
ときどき日が差すなか

Asukek04
吹く風も強く

Asukek05
風に揺れるつぼみのなかで咲く花を探します ><;

Asukek06_20200320195501
Asukek07
Asukek08
まぁ、これも承知の上でしたが ^^;
ここに限ってはやはり天気の良い午後の時間がベストでしょうか ^^

Asukek09
そんな中で撮れたこの日の花 ^^

Asukek10
これだけでも良し!でしょうか ^^;

Asukek11
白花?
これは開いてみないとわからない、そんなつぼみでした。

あとはオマケ!

Asukek12
ヤマルリソウに

Asukek13 
おなじみのキクザキイチゲも咲き始めています。

足助・香嵐渓のカタクリ!
見ごろを迎えているとはいえ、この日開いていた花は3割ほどでしょうか?
ちょっと条件が悪すぎました ^^;    📷 20日

2020年3月 5日 (木)

一宮市萬葉公園の河津桜

愛知県一宮市萩原町戸苅・築込・高松地区 にある「萬葉公園」。
高松地区にある分園には、初夏の花しょうぶを見によく出かけていますが、
この日は少し西側にある本園に咲く河津桜です。
ここも人気のところだけに、 見ごろを迎えたとの情報から日が経ち、
平日なら少しは人も少ないだろうと出かけました ^^;

河津桜は園内の各所に点在して咲きますが、
メインは公園中央の一画にまとまって咲いています。
お昼前と、少し遅い時間の到着

Manyop01
Manyop02
久しぶりの訪問でしたが・・・
以前と違って少し本数も少なく感じたのは気のせいか?

Manyop03
植えられた木の回りはロープが張られているため(養生のようです ^^)
ロープの外からの撮影

Manyop04
すでに葉が出始めた木もありますが見ごろです。

Manyop05
ここは花もさることながら、
蜜を求めて飛び交う鳥たち(特にメジロ ^^)を撮る人で人気のところ

Manyop06
ヒヨドリ
この日は時間が遅かったためか?飛び交う鳥も少なく、
少し鳥を撮ったあとは公園の散策でした ^^;

Manyop07
公園の南側では名鉄電車が走ります。

Manyop08
こちらは赤い椿と、房のように垂れて咲く河津桜のコラボ ^^
園内を北へと歩いて行くと

Manyop09
こちらにも少しですが河津桜が咲きます。

Manyop10
Manyop11
飛び交う鳥もまた同じで、なんとも冴えない写真ですが  ><;

オマケ!
初めて知った北側にある梅園です。

Manyop12
令和元年(2019)に新たに整備されたようですが、
「令和」の出典になったあの梅花の歌序文、
”初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす”
 の歌誌板が立てられています。

Manyop13
他にも山上憶良の
”春さればまづ咲く宿の梅の花ひとり見つつや春日暮らさむ” など、
数首の歌誌板もあります。

この日は到着が少し遅かったためか鳥たちの姿は少なく、
ちょっと思惑が外れてしまいましたが ^^;
河津桜はまだしばらく楽しめそうです。    📷 3日

2020年3月 3日 (火)

月ヶ瀬梅渓 梅林

この日は久しぶりに月ヶ瀬梅渓の観梅道から代官坂を下り、
月ヶ瀬橋の袂にある資料館前までの観梅ハイキングでした。
先にめぐったコース周辺の梅を開花情報的に紹介しましたが、
今回はあらためて見ごろを迎えていた梅林の紹介です ^^

月ヶ瀬橋の袂にある「梅の資料館」周辺には河畔に咲く梅や、
紅白のしだれ梅が咲きますが・・・
まずは代官坂を下る手前にある高台から

Tsukigasebm01
その月ヶ瀬橋と橋の袂にある資料館、そして河畔に咲く梅の遠望です。
この日は橋を渡りませんでしたが、
まずはあらためて、資料館の前の高台に咲くしだれ梅から

Tsukigasebm02
Tsukigasebm03
紅梅はすでに見ごろでしたが、
白梅はまだ6~7分咲きで、開花は少し遅れています。

Tsukigasebm04
こちらは川側の道沿いに咲く白梅ですが、すでに見ごろでした。
ここから来た道を天神梅林まで戻ります ^^

Tsukigasebm05
戻った梅林公園

Tsukigasebm06
全国から集められた約40種類、270本の若木が植えられていて、
白梅に紅梅、しだれ梅も今が見ごろでしょうか。

Tsukigasebm07
綺麗に整備された公園は、その上にある天神梅園とともに、
訪れる人達の憩いの場にもなっています。

Tsukigasebm08
天神梅林

Tsukigasebm09
満開になると全体が霞がかかったようになり、
その中に咲く紅梅がまたポイントになるところですが・・・

Tsukigasebm10
今は7~8分咲きでしょうか?

Tsukigasebm11
梅林の西側にはたくさんのしだれ梅もありますが

Tsukigasebm12
ここも白梅はまだ咲き始めでした ^^;
ここからは梅林の西側に出て、集落の中を回り込みます。
梅林公園の北口に出て、さらに行くと「真福寺」

Tsukigasebm13
境内入口にあるしだれ白梅の大木は紹介しましたが、
ここには他にもたくさんの梅が咲きます ^^

Tsukigasebm14
ちょっとお遊びで ^^;

Tsukigasebm15
Tsukigasebm16
真福寺へは観梅道の”帆浦梅林”から上り口があり、
そちらからも訪れることができます。
本堂横にある”姫若の梅”はまだ咲き始めでした。(この梅も古木です ^^;)

この日の観梅道筋はやや寂しいところもありましたが、
他はいつもより早い開花で、すでに見ごろを迎えています。  📷 1日

2020年3月 2日 (月)

月ヶ瀬梅渓 観梅道

3月に入って各地の”ひなまつり”イベントも出そろいましたが、
我が雛めぐりはコロナウイルスの件もあり、一時お休みです ><;
出かけるにも、できるだけ人混みを避けたいと、
この日はハイキングを兼て奈良市月ヶ瀬の「月ヶ瀬梅渓」へ観梅でした。
日曜日だというのに車の少ない高速道路でしたが、
梅林も訪れている人は少ないとはいえ、それなりに賑っています ^^

開花情報は、現在湖畔が”見ごろ”、山手”7分咲き”でしたが、
まずはこの日散策したコースと、周辺に咲く梅の状態です ^^

Tsukigasebd01
いつものように尾山の梅林入口から観梅道へと入ります。

Tsukigasebd02
最初の見どころが”一目千本”
いつもながらの景色ですが・・・梅は少々寂しい感ありでしょうか ^^;

Tsukigasebd03
次が”帆浦梅林”
紅梅が綺麗でしたが、白梅はいまひとつです。
この辺りは名勝になっていますが、木がもう古木(老木?)だけに、
花付きも少なくなっているようです ><;

Tsukigasebd04
観梅道から少し上にある「みおろし茶屋」のしだれ梅と

Tsukigasebd05
展望台からの眺めですが、ここは綺麗です。

Tsukigasebd06
少し下ったところにある「梅林公園」南口、
以前は”品種園”でしたが、再整備されて品種も増えたようです。

Tsukigasebd07
中央にある展望所から南側の眺めですが、
今はここと、この上にある天神梅林(戻り道で紹介 ^^)辺りが見ごろ。

Tsukigasebd08
観梅道も西の端にになり、
この先からは急な代官坂を下って月ヶ瀬橋の傍にある資料館まで行きます。

Tsukigasebd09
下る代官坂(春告げの小径)
梅の木は少ないですが下るにつれて少しづつ ^^

坂を下って県道を少し歩いて行くと資料館前にはしだれ梅が咲きます。

Tsukigasebd10
Tsukigasebd11
紅梅が多いですが、白梅も楽しめます^^
しだれ梅を楽しみながら少し休憩

Tsukigasebd12
戻る代官坂、下ればもちろん登るキツイ坂 ><;

Tsukigasebd13
梅林公園の上にある天神梅林に戻ってきました ^^
ここはちょうど情報どおりの7分咲きほどでしょうか。

Tsukigasebd14
ロウバイに紅梅、そして白梅と・・・咲くのは川側

Tsukigasebd15
天神梅林
しだれ梅はまだ咲き始めでしたが、
一部は綺麗な木もありました。(あらためて紹介します ^^)

そして最後の見どころは

Tsukigasebd16
「真福寺」
参道を登った境内のしだれ梅!満開でした ^^

月ヶ瀬梅渓山の手の梅林ハイキングコース。
この日の道筋に咲く梅林の花情報でしたが・・・
このあとはあらためてその見どころです ^^   📷 1日

2020年2月28日 (金)

なばなの里 花だより

新型コロナウイルスの感染が広がっているとの報道を見聞きするに、
出かけるにも悩むところですが・・・ ><;
この日は”花まつり”が始まったばかりの「なばなの里」でした。
この時期はまつりの最初になる、恒例の”梅・しだれ梅・桜まつり”。
すでにしだれ梅は見ごろとの情報から日が経ち ^^;
里内ではすでに河津桜が見ごろを迎えていて華やかです。

まずは開花が早かったしだれ梅の「梅苑」からです。

Nabanaus01
いつもながら見事なしだれ梅ですが、
綺麗に見える花も近づけば・・・すでに終盤間近です ^^;

Nabanaus02
散り花も多く、花殻も見られます。

Nabanaus03
しだれ梅の下に咲くスイセンは今が見ごろ ^^

Nabanaus04
ここのしだれ梅はもともと開花が早いですが、
今年はさらに早い開花で、見ごろも今週末がピークでしょうか?

梅が早ければやはり河津桜も早い開花 ^^

Nabanaus05
すでに満開の木も見られ

Nabanaus06
Nabanaus07
今年は例年より10日ほど早いようです。

Nabanaus08
この週末には満開の見ごろになるのではないでしょうか。
ただ、天気予報がちょっと心配ですね ^^;

Nabanaus09
食事処の前庭に咲く白梅も満開です。

Nabanaus10
こちらは”花ひろば”入口に咲く菜の花とのコラボも ^^

この日は少し風が強く寒い日でしたが、
里内はミツマタも咲き始め、すでに早春の彩りです。 📷 26日

2020年2月22日 (土)

寿長生の郷 野の花観音径

「寿長生の郷」のお雛さんを楽しんだあとは里山の散策です。
広大な里山の中には、約1,000本の城州白梅が植えられた梅園と、
隣接する雑木林の中には山野草が咲く「野の花観音径」が整備されていて、
野趣あふれる庭園となっています ^^
今年は暖かく、花の開花も早いかと思っていましたが、
さすがにここはまだ思ったほどではありませんでした。

三徳苑から外に出ると、目の前には梅園が広がりますが・・・

Sunaif01
花はまだ咲き始めたばかり。
この日、22日(土)からは”梅まつり”が始まりましたが、
見ごろはまだ先になりそうです。

梅園から南へ行くと、
その先には山野草の咲く 「野の花観音径」が続いています。

Sunaif02
雑木林の中には花の名が付く観音石が置かれていて、
幾重にも交差する径ですが、残念ながらこの時期、花はまだ少なく ><;
見るのは落ち葉ばかりでしたが・・・今はこの花

Sunaif03
まずはバイカオウレン

Sunaif04
Sunaif05 
木道が敷かれた湿地の傍に咲き始めていました。

Sunaif06
他にもないかと、花を求めてめぐる観音径

Sunaif07 
こちらは同じオウレンでも、セリバオウレンの群生でした。

Sunaif08
Sunaif09
オウレンでも花と葉が違うため見分けがつきますが、
かなりの花数だけに、遅いかと思った開花もやはり早いようです ^^;

その傍には

Sunaif10 
落ち葉の中に顔を出していた雪割草(ミスミソウ)です。
これは早いですね ^^

春(3月末から4月)になれば早春の花々が楽しめる・・・
そんな寿長生の郷の「野の花観音径」。
機会があれば花を見にまた訪れてみたいところです ^^  📷 20日

2020年2月19日 (水)

犬山 大縣神社のしだれ梅

この日は朝から雪が舞い、うっすらと雪化粧もして寒い日になりました。
出かけるのも躊躇していたら日が差し始めたため、
ちょっと歩きも兼ねて梅でも見に行こうと出かけました。
各地の梅園もすでに見ごろを迎えているところが多くなっていますが、
この日は久しぶりに(9年ぶりでした^^;)
犬山市字宮山にある「大縣神社(おおあがたじんじゃ)」の梅園です。

ここの梅園はしだれ梅で知られるところ

Ooagatab01
恒例の「梅まつり」が始まったばかりですが、
平日とはいえ訪れている人が多いのにはちょっとビックリ ^^;

Ooagatab02
木彫りの”招福ねずみ”と「姫宮」に、 その奥に梅園です。
すでに”見ごろ”とのことでしたが

Ooagatab03
Ooagatab04
梅園入口周辺は白梅が多く、まだ咲き始めです ^^;
ここは小山の斜面に植えられたしだれ梅。

Ooagatab05
園路は上へ上へと続いているため、
しだれ梅をいろんな角度で眺めながら楽しめます ^^

Ooagatab06
久しぶりの訪問ですが

Ooagatab07
最初に来たときは2009年、そのときの本数は250本で、
本数の割にはそれほど広い梅園ではなかった記憶があります。

Ooagatab08
次に訪れた2011年はその数が290本 に増えていました^^
以来訪れていませんでしたが

Ooagatab09
ずいぶん広く(斜面の上部へと整備されています ^^)なっていて、
それ以降を調べてみたら2015年には300本。

Ooagatab10
そして、今年は320本が植えられているそうです。
その分ずいぶんと斜面を上ることになりますが・・・^^;

Ooagatab11
梅園の入口とは違って、
今は中段辺りがいちばんの見ごろでしょうか。

Ooagatab12
紅梅に交じって咲く白梅のしだれは少し開花が遅いようですが

Ooagatab13
紅梅は満開に近い木が多く見ごろです。

Ooagatab14
ところに咲く紅白混在

Ooagatab15
久しぶりの大縣神社梅園

Ooagatab16
見事なしだれ梅が楽しめました。

「梅まつり」(~3月22日(日)まで)はまだ始まったばかりですが、
今の開花状態を見ると、今年のピークは2月末辺りでしょうか?
ここもすでに見ごろを迎えていて、早い開花でした ^^  📷 18日

2020年2月17日 (月)

大久保のセツブンソウ 続編

米原市大久保地区、伊吹山麓にあるセツブンソウで知られるところですが、
メインの自生地から少し南に下った集落の外れ、
あまり人の立ち入らない山林にもうひとつの自生地?があります。
知る人ぞ知る、そんな場所ですが、
ここは偶然に知った人が多いようで、我が身もそのひとり ^^;

この日は雪もなく暖かい日で、久しぶりに立ち寄ってみました。

Okubos201
山の中に入って行くと、
全盛時には道の左右に咲き乱れるセツブンソウですが・・・

Okubos202
さすがにまだ時期的には早く、
道沿いに咲く花はわずかでほとんどが落ち葉の中です。
思いきって林の中へ入ってみました ^^;

Okubos203
Okubos204
そこには落ち葉の中から顔を出すセツブンソウ、
足元にはまだ多くの蕾があり、踏まないように気をつけます。

Okubos205
Okubos206
ところどころにまとまって咲くセツブンソウの群生がありますが、
それ以外はまだ蕾が多く、見た目以上にボリューム感はありませんが

Okubos207
Okubos208
それでもかなりの花数が見られ、思っていた以上 ^^;
この時期に見るのは初めてでしたが、やはり今年は開花が早いようです。

Okubos209
木の根元や

Okubos210
落ち葉の中から顔を出す可憐なセツブンソウ

Okubos211
Okubos212
誰もいない静かな山の中で楽しむスプリング・エフェメラル!・・・
とはいかないちょっと寂しい山中ですが ^^;
ここが花で覆われるのは2月末あたりでしょうか?

伊吹山麓の大久保地区に咲くセツブンソウ、
まだ見ごろは一か所ですが、やはり全体に早い開花です。  📷 15日

2020年2月16日 (日)

伊吹 大久保のセツブンソウ

伊吹山麓の集落、米原市大久保地区に咲くセツブンソウ。
今年は2月初旬にすでに咲き始めているとの情報をもらっていましたが、
出かけるタイミングを見計らっているうちに、すでに半月が経ちました ^^;
この日は朝から曇り空とはいえ暖かい日、
明日からはまた雨の予報に、ちょうどいいかと出かけました。

例年は雪もあり、2月に出かけることはなかったんですが、
今年は雪の便りもなく、ちょっと期待しての到着 ^^
まずは情報をもらっていた長尾寺跡の第2自生地です。

Okubosj01
急な大門坂を登って行くと、道の途中からすでに咲くセツブンソウですが、
これにはちょっとビックリ !^^
Okubosj02
坂を登りきったところにある「毘沙門堂」前から
堂の裏手に回ります。

Okubosj03
その裏手の土手に咲くセツブンソウ、
そして少し登った先の第2自生地です。

Okubosj04
Okubosj05
自生地を覆い尽くすとまではいきませんが・・・綺麗に咲いています。
日差しがなくちょっと元気がないのが残念でしたが ^^;

Okubosj06
2月初めに教えてもらった情報から見ると、
日が経っているだけにずいぶんと咲きすすんでいます。

Okubosj07
Okubosj08
この花もまた春の妖精といわれる可愛い花だけに、
人気のあるのが良く分かりますね ^^

Okubosj09
フクジュソウも咲き始めていました。

時間とともに人が多くなってきたため早々に切り上げて、
気になっていた第1自生地を見に行きます。

Okubosj10
その第1自生地、本来はこちらがメインになるところですが、
近年は「ふれあい祭り」も行われなくなり、
以前に比べると入口以外はずいぶんと荒れています。

Okubosj11
その入口あたりに咲くセツブンソウです。

Okubosj12
Okubosj13
今年は雪が少なかったのか?例年に比べると開花が早いようで、
花数もそれなりに咲いています。

Okubosj14
ただ、それも入口だけでした。
奥に行くにつれて花は少なく、荒れた地が目立ちます ><;

Okubosj15
紅梅の咲く中段地点、この辺りはもうほとんど花は見れません。
これから咲き始めるのかもしれませんが・・・
花を楽しむにはちょっと無理な状態ですね。

と、いうことで、このあとは久しぶりにもうひとつの自生地?へ。
ここは知る人ぞ知る、そんなところですが ^^; 続きます。  📷 15日

2020年2月14日 (金)

佐布里池 梅林

昨夜の雨もあがって日が差し始め、天気予報は午後から晴れるとのこと。
出かける予定ではなかったんですが、晴れるならと一走り ^^;
出かけたのは愛知県知多市にある「佐布里池梅林」です。
恒例の「佐布里池梅まつり」も始まっていて、 開花情報もすでに”見ごろ”と。
さすがに今年は早い開花のようで期待しての到着 ^^

Souriume01
”佐布里梅(そうりうめ)”の標本木もすでに見ごろでした。

Souriume02
梅園に入りますが・・・
見た目にはどうも寂しい感じがします ^^;

Souriume03
Souriume04
咲いているのは”そうりうめ”や”青軸”が主ですが、
よく見るとまだつぼみも多く、全体にボリューム感がありません。

Souriume05
”見晴らしの丘”から

Souriume06
佐布里池へと道をひと回りしますが

Souriume07
咲いている木や、まだつぼみの多い木が入り混じっていて、
やはりちょっと寂しい感あり、でしょうか ^^;

Souriume08
池のほとりに来ましたが

Souriume09
紅梅(寒紅梅)
その佐布里池には今年も水がありません。

Souriume10
まだ池の耐震工事が続いているようで、
ちょっと池を避けての撮影でした ><;
   
   ~~~

変わってこちらは「水の生活館」エリア

Souriume11
こちらもまだ工事で立ち入り禁止のところがあり、
この日は「水の生活館」周辺だけでしたが

Souriume12
Souriume13
こちらはまだ3~4分咲きほどでしょうか?
さすがに撮る気もなく梅の館へと戻ります。

Souriume14
戻ったふれあい広場の南にある「梅の庭」。
植えられている梅サミットの標本木も見ごろを迎えています。

オマケ!

Souriume15
「梅の館」ホールで開催されていた”つるし雛展”(~20日(木))。
22日(土)からは”木目込み人形展”が行われるようです ^^

佐布里池梅まつりは始まったときからすでに5分咲きとのことでした。
今年はやはり1週間ほど早い開花だったようですが、
全体の”見ごろ”はこの週末辺りではないでしょうか。  📷 13日

より以前の記事一覧