2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年1月18日 (金)

長浜盆梅展

長浜市の慶雲館で今年も始まっている「長浜盆梅展」。
昨年は暖かい日が続いたこともあり、今年は盆梅の開花も早いとか。
展示が始まってからまだ1週間ほどですが、
館内の花はすでに5分咲き、満開の盆梅もあるとの情報でした。

この日は湖北のコハクチョウに振られた帰り ><;
平日のお昼どきで、さすがに人の姿はほとんどありません。

Bonsaik01

表門前に置かれた盆梅は結構咲いていて

Bonsaik02

前庭の盆梅も、この時期では今までにはなかった咲き様に、
これはと、館内に期待しながら入館。

Bonsaik03

玄関の盆梅は「仁寿」でしたが・・・これはまだ咲き始め ^^

Bonsaik04

本館座敷の盆梅

Bonsaik05

Bonsaik06

まずは咲いている盆梅が展示されていますが、
まぁ、5分咲きとの情報どおりでしょうか ^^;

Bonsaik07

今年も水盤に映る「さかさ盆梅」は健在、盆梅は”林光(りんこう)”。
とまぁ、ここまでは例年と変わらず、
このあとはいつものように新館へと行きますが・・・

Bonsaik08

ここからが新趣向で、くぐる暖簾もそのひとつ。
”長浜盆梅展”の文字は円形の紋様を崩すと出来上がるとか ^^;

新館へと移りますが

Bonsaik09

こちらはまた、アッ!と驚く展示でした。

Bonsaik10

Bonsaik11

これまでの展示とはうって変わってこれはまた、
華やかで斬新です!

Bonsaik12

Bonsaik13

飾りは京都造形芸術大学”盆梅プロジェクトチーム”という
学生さんたちによるプロデュース。

Bonsaik14

Bonsaik15

盆梅もさることながら、
その飾り付けに目を奪われました・・・ ^^

Bonsaik16

2階のフロアーも刷新され、
”盆梅お雛様”はお茶席カウンターの隅にありました。

盆梅は例年より早く見ごろを迎えているようですが、
ただ、人気の”不老”などはまだこれからです。    camera 18日

2019年1月10日 (木)

冬の華!シモバシラ

秋、9月から10月にかけて咲く シソ科の植物”くシモバシラ”ですが、
冬の厳寒期にはその茎に霜柱(氷柱)ができます。
ただ、寒いだけではなかなか綺麗な霜柱を見ることができず、
できるタイミングが難しい花?なんですが・・・この日はまた寒い朝 ^^
ちょっと期待しながら走った「木曽三川公園・木曽川水園」です。

この日も園の北側散策口から直接群生地へ。

Suiens01

その入口傍にある群生地、
大小不揃いですが ^^;思っていた以上にたくさんできていました。

Suiens02

シモバシラの茎は枯れたあとも根は活動を続けるため、
茎の導管に水が吸い上げられることで、
気温が氷点下になると凍って茎に氷の結晶ができます。 

Suiens03

Suiens04

それがシモバシラが咲かせる冬の華! ^^
久しぶりに見るたくさんの霜柱でしたが

Suiens05

ただ、この日は曇り空

Suiens06

Suiens07

少し日差しが欲しかったところですが・・・これは贅沢か ><;

Suiens08

今年は思っていた以上の霜柱が見れた木曽川水園でしたが、
すぐ傍にあるもう一か所の群生地にはまったく霜柱はありません。
やはりこれもできる条件が難しいようです。

オマケ!

Suiens09

戻る途中の農家の裏に咲くソシンロウバイ

Suiens10

玄関にはまだ門松が飾られていました ^^

今年は少し早い訪問でしたが、
この日は各地でこの冬一番の冷え込みとなったようです。  camera 10日

2019年1月 7日 (月)

徳川園の冬牡丹

名古屋市東区の徳川町にある「徳川園」では、
新春恒例のイベント「徳川園のお正月」(~14日(月・祝)まで)とともに、
今年も冬牡丹の展示が始まっています。(~2月17日(日)まで)

わら囲いが施された20種類70鉢の冬牡丹が園内を彩ります。

Tokugawaen01

Tokugawaen02

今年はその松飾りが飾られた黒門口から入園。
改修工事が終わって新しくなった「虎仙橋」を渡って

Tokugawaen03

四睡庵から大曾根の滝、虎の尾と回って行きますが・・・
どこにも冬牡丹はありません? ><;

Tokugawaen04

龍仙湖に出て大曾根口へ

Tokugawaen05

ここでいつものように冬牡丹を見ることができました ^^

Tokugawaen06

あとはぼたん園に並ぶ冬牡丹

Tokugawaen07

Tokugawaen08

Tokugawaen09

例年とは少し展示が違う?感じもしましたが・・・
咲く花はいずれも綺麗です。

Tokugawaen10

ぼたん園の最奥から茶室「瑞龍亭」へと行きます。

Tokugawaen11

こちらにも展示されていました ^^;

Tokugawaen12

”松を寿く 徳川園のお正月”

Tokugawaen13

園路沿いに咲く水仙

Tokugawaen14

わら囲いされた蘇鉄越しには「観仙楼」横に咲く子福桜と冬牡丹

Tokugawaen15

Tokugawaen16

子福桜もちょうど見ごろでしょうか ^^
冬牡丹とともに楽しめました。

今年の冬牡丹は、園内各地には展示されていませんが、
その分、龍仙湖の周辺で楽しめるようになっています。  camera  6日

2019年1月 5日 (土)

長谷寺の冬牡丹

奈良県桜井市初瀬にある「長谷寺」。
四季を通じて花が楽しめる「花の御寺」として知られていますが、
この時期、境内を彩るのは”冬牡丹”です。
今年もすでに見ごろを迎えているとの情報をいただき、
三が日が開けたばかりで帰りの渋滞が気になりましたが、
この日は思いきって車でのお出かけ ^^;

Hasew01

到着したのは10:00でしたが・・・静かな門前。

Hasew02

登廊も人はわずかですが、
これは毎年のことで、混みだすのは11時ごろから 。
人の居ないうちに ^^;ということで、その冬牡丹です。

Hasew03

冬牡丹のほとんどは下登廊の右側に咲いていて、
左側に咲くのは「歓喜院」前に咲くこのふたつだけ。

Hasew04

あとは「宗宝蔵」の前から上に咲きます。

Hasew05

この日の冬牡丹です ^^

Hasew06

情報どおり、いずれも綺麗に咲いていて

Hasew07

ちょうど見ごろでしょうか ^^

Hasew08

「月輪院」の下に咲く冬牡丹は

Hasew09

その石垣とともにわら囲いがよく合います。

このあとは「本堂」に参拝して「本長谷寺」、「五重塔」を経由、
「奥の院」から「本坊」まで行き、本坊前に咲く冬牡丹です。

Hasew10

本堂から本長谷寺と五重塔

Hasew11

Hasew12

本長谷寺前から眺める本堂と本坊

Hasew13

そして五重塔

Hasew14

奥の院「陀羅尼堂」周辺の”寒桜”はちょっと寂しい咲き様 ^^;

長い石段を下って

Hasew15

本坊

Hasew16

その前庭、白壁前に並ぶ冬牡丹

Hasew17

こちらもすべて綺麗に咲いていました。

Hasew18

ここに咲く冬牡丹は少ないですが、
登廊と本堂を背景に撮れる場所だけに人気の撮影スポット。
この日はいずれも綺麗な冬牡丹が楽しめました。

春にはまた牡丹が咲く「花の御寺 長谷寺」。
次はその”春ぼたん”が咲くころにまた訪れましょう ^^    camera 4日

2018年12月21日 (金)

庄内緑地の十月桜

今年も残すところあと10日となりましたが、
何かと気ぜわしい日が続いてぶらり旅も思うに任せません ><;
この日も所用があり名古屋に出かけましたが、
その帰りに立ち寄った西区にある「庄内緑地」です。

この時期、緑地には十月桜が咲くのを年初に知って、
まだ早いか?とも思いましたが・・・様子見でした ^^;

Shonair01

「緑地グリーンプラザ」の温室と、第一駐車場の間に、
北に向かって続く十月桜の並木道?があります。

Shonair02

Shonair03

入り口広場と園内を結ぶ「ふれあい橋」の上からその十月桜、
満開のように見えますが ^^

Shonair04

Shonair05

まだ5~6分ほどの咲き様です。

Shonair06

桜並木を北へと歩いてみますが、
十月桜はこの時期にすべてが咲くわけではありません。

Shonair07

Shonair08

10月から4月にかけての二度咲きでこの時期はその一部が咲き、
残りは春に、少し大きな花が咲きます。

Shonair09

もう少し咲くと、全体が綺麗なサクラ色に染まります。

Shonair10

昨年の見ごろは1月初旬。

今年は少し暖かかったこともあり、咲き出しも早かったようですが、
見ごろまではあと少しでしょうか。     camera  20日

2018年12月20日 (木)

四日市 霞港公園のサザンカ

三重県四日市市霞にある「霞港公園(かすみみなとこうえん)」。
日本夜景遺産に認定されている展望展示室「うみてらす14」がある
四日市港ポートビルの南側に位置するファミリー公園ですが、
この時期は公園を取り巻くように多くのサザンカが咲きます。

特にサザンカが有名でもなく、普通の公園ですが ><;
所用で出かけた四日市の帰りに立ち寄りです。

Kasumip01

中央にある芝生広場からの四日市港ポートビル。
この公園の外周に咲くサザンカ、その一部ですが・・・

Kasumip02

南側から東側へと公園を回ります ^^;

Kasumip03

Kasumip04

Kasumip05

以前に来たときはまだ紅葉も少しは見ることができましたが、
さすがに今年は葉を落とした木ばかりです。

Kasumip06

東に回り込んでふたたび公園に入ります。

Kasumip07

架かる橋は東側にある「シドニー港公園」とを結ぶ
歩道橋”シスパブリッジ”。

Kasumip08

橋上からの公園の一部とポートビル。

ビルの展望展示室「うみてらす14」からの眺めもいいですが、
静かな公園でのんびり休憩もまたよろしいかと ^^  camera 14日

2018年11月12日 (月)

小原 川見四季桜の里

久しく訪れていなかった愛知県豊田市小原の里。
もちろん、この時期は里全体が四季桜で埋め尽くされる有名どころですが、
今年の四季桜はどうなっているのか?実に5年ぶりでした ^^;
小原の里を走りながら咲く四季桜を探しますが・・・
いつもはいたるところで見れる四季桜がなぜか?見あたりません。
どうもとは様子が違うと思いながら着いた「川見四季桜まつり」会場。

Obaras01

Obaras02

山全体に霞みがかかったように咲く花のイメージがなく、
もう終盤かと?思っていたら・・・
”見ごろはこれからです”と言われて・・・また??

Obaras03

サクラに覆われた山への道を行きますが、
どう見てもあの見事なボリューム感がないです ><;

Obaras04

咲いてはいますが

Obaras05

Obaras06

登りながら見る桜も花数も少なく・・・
私的にはどうしても終盤にしか見えませんでした ><;

Obaras07

Obaras08

ただ、これまで訪れていたのは11月の中旬以降だけに、
やはり見ごろはこれからなのか・・・その辺りはよく分かりません ^^;

Obaras09

まぁ、咲いている木はこんな感じでところどころでみれましたが、
早々に切り上げて隣にある「川見薬師寺」の紅葉でした。

Obaras10

登る石段は163段。
(四国88霊場にちなんで88段、女性の厄33歳にちなんだ33段、
そして男性の厄42歳の42段と合わせて163段です ^^)。

Obaras11

無尽堂に

Obaras12

薬師堂

Obaras13

境内からの紅葉です ^^

Obaras14

そして、田代川散策路でしたが、四季桜は・・・?

Obaras15

四季桜、可愛い小さな一重5弁の花で、
春と秋(~12月初旬まで)の2度咲きですが、春は花が少ないです。

今年はとても綺麗とは思えない咲き様でしたが(私的に ^^;)
まだ早かったのか?それとももう終盤なのか?
ちょっと複雑な思いの「川見四季桜の里」でした。   camera 10日

2018年11月11日 (日)

秋ヒマワリ園 開園中!

秋のヒマワリと、まだコスモスが咲いているとの情報に、
紅葉の「永源寺」から向かったのは、
ちらも東近江市にある道の駅「愛東マーガレットステーション」です。

秋のヒマワリも珍しいですが、それもこれから見ごろを迎えるという。
永源寺から北西に少し走れば到着 ^^;

Aitoms01

咲いているのは道の駅の南東側で、ひまわり畑は2面あり、
建物の横にある畑はまだつぼみばかり ^^;

Aitoms02

Aitoms03

情報どおり?咲いてはいますがまだつぼみが多く、
咲き揃うのはこれからのようです。

Aitoms04

Aitoms05

まぁ、この時期に見れるヒマワリも珍しいですが

Aitoms06

少し違和感があるのはなっぜでしょうか?^^;

Aitoms07

やはり晩秋に咲く皇帝ヒマワリとは違って、
この花は真夏の太陽が似合うようです ^^;

Aitoms08

まだ咲いていないつぼみばかりのヒマワリ畑から、
北にあるコスモス畑へ。

Aitoms09

こちらはさすがに枯れた花が多く寂しい状態、
コスモス畑は国道を挟んだ西側にもありますが、同じように終盤です。

とはいえ、季節それぞれに花を楽しませてもらえる道の駅!
さすがに人気の「愛東マーガレットステーション」でした ^^  camera 8日

2018年11月 8日 (木)

皇帝ヒマワリ咲き始め!

この日は朝から青空が広がる好天でしたが、なかなか遠出ができず、
気になっていた皇帝ヒマワリの様子を見に
岐阜県海津市の「木曽三川公園センター」に出かけてみました。

Sansenh01

公園の芝生広場南隅に植えられた皇帝ヒマワリですが、
昨年よりは開花が遅れていて花数はまだ少ないです。

Sansenh02

まだ蕾が多いですが、開花時期は晩秋から降霜までと、
夏のヒマワリと違って秋から初冬の花。

Sansenh03

この花も皇帝ダリアと同じ”短日植物”で、
昼の時間が短くなったと感じると花芽を付けるという。

Sansenh04

Sansenh05

見ごろになるのはこれからです ^^

Sansenh06

木曽三川公園センターでは冬のイルミネーションに向けて
すでに準備が始まっています。

Sansenh07

三川池に準備中の一部の施設

ウインターイルミネーション「冬の光物語」は
例年11月下旬からですが・・・詳細はまだのようです^^  camera 7日

2018年11月 2日 (金)

日野のコスモス畑

何度もコスモスはもう見納めといいながら・・・またコスモスです ^^;
この日は紅葉めぐりのロケハン?を兼て国道421号線石博峠から、
日野町経由で国道477号線の鈴鹿スカイラインへとドライブでした。
走る途中、日野町西大路に入って目に入ったのがコスモス畑!
まだ綺麗に咲いているのを見て思わず車を停めました。

ここもお馴染みのところですがもう終わったと思っていました。
今年は北側の「ブルーメの丘」に近いところにも畑があり、
まずはそのコスモス畑から ^^;

Hinok01

「ブルーメの丘」との間には池がありますが、
ちょうどその下にあるコスモス畑。

Hinok02

この場所で見るのは初めてでしたが、
いつもながら見事なコスモス畑です。

Hinok03

Hinok04

今年はいつもと違って畑が分散しているため、
少し畑間を歩くことになりますが


Hinok05

場所が変わって、
こちらはいつも見ている西大路交差点の傍。

Hinok06

県道を挟んだ西側、
歩いて移動しているうちに陽が陰りましたが ><;綺麗です。

Hinok07

そしてこちらが東側のコスモス畑です。

Hinok08

また陽が差してきました ^^;
こちらも傷んだ花は少なく綺麗に咲いています。

Hinok09

これまで見たよりは半分ほどの広さですが、
ここのコスモス畑はいつもながら見応えがあります。

Hinok10

眺める山は綿向山 ^^

いつもは10月中旬に見る日野のコスモス。
点在するコスモス畑をすべて見ることはできませんでしたが、
11月とは思えないほどの見事なコスモスでした。   camera 1日

より以前の記事一覧