2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年8月17日 (金)

戸田川緑地フラワーセンター

今にも雨が降りだしそうな天気模様でしたが、
駐車場に入ったら小雨がぱらつく「戸田川緑地」でした。
特に何があるというわけではないんですが・・・
歩けて何か花でも見れればいいかと、単純です ^^;

Todagawafc01

第一駐車場前のモニュメント前に咲くヒマワリ。

まぁ、雨もたいしたことはなく、いつのように園内をひと回りしますが、
花は何もなく ><;「フラワーセンター」に戻ります。

Todagawafc02

Todagawafc03

フラワーセンター前に咲くヒマワリ

Todagawafc04

そのフラワーセンター

Todagawafc05

Todagawafc06

入口左右にはちょうど見ごろのタイタンビカスです。

Todagawafc07

他にもフウリンブッソウゲにプルメリアなど。

この日は久しぶりにセンターに入館(無料です ^^)。
4つの温室に咲いていた花、まずはA温室”四季の花園”から

Todagawafc08

やはりこの花!ハイビスカス ^^

Todagawafc09

B温室”シダの森”にはこれといった花はありません。

Todagawafc10

C温室は”気根と水の部屋”

Todagawafc11

ここにはヒメバショウが咲いて?いましたが、
赤い花に見えるのは包で、黄色い小さ花は包のなかです ^^;

Todagawafc12

こちらはヤエサンユウカ
インド原産のキョウチクトウ科でクチナシに似た花 ^^

Todagawafc13

最後のD温室は”サボテン畑”
ここも花は少ないですが、この日はこちら

Todagawafc14

オクナ・セルラタの果実です。
南アフリカ原産の常緑低木で、4月には黄色い花を咲かせるとか。
実が熟すと黒くなり赤いガクに映え、
実が3つになるとあのキャラクター・ミッキーマウスに見えるとか。

Todagawafc15

これはふたつですが ><;
そのため”ミッキーマウスの木”とも呼ばれています。
実は5つほどつけるそうですが、可愛い形です ^^;

我がブログもお盆休みでネタ不足ですが ><;
ちょっと楽しんだ戸田川緑地「フラワーセンター」でした。 camera 16日

2018年8月12日 (日)

大垣ひまわり畑

今年の「大垣ひまわり畑」は平町だけということですが、
10日(金)現在の開花情報は”満開に向け、開花中”ということでした。
もう少し後に・・・とも思ったんですが、
どこに行くという予定もなく ^^;とりあえず様子見に出かけました。

さすがにこの日も暑い日で人はまだ少なく

Ogakih01

咲いているひまわり畑も西側の畑だけです。

Ogakih02

Ogakih03

花は情報どおり満開に向け開花中 ^^;

今年は時期をずらして楽しめるように種がまかれたのか?
東側にあるヒマワリ畑はまだ蕾ばかりです。

Ogakih04

ここに来ればやはりヒマワリと新幹線とのコラボ ^^
ただ、ヒマワリと新幹線だけならいつものことで・・・

Ogakih05

今回は流し撮りに挑戦してみました。

Ogakih06

ここでも何度か撮ってはいるものの、
これがなかなか難しく

Ogakih07

Ogakih08

思うように花が流れてくれません。

Ogakih09

ヒマワリ畑のなかで汗まみれになりながら小一時間ほど、
さすがにこの日はGive up
もう少し涼しくなったらあらためて挑戦することにしました ^^;

大垣平町のひまわり畑は西側だけが開花中でしたが、
今はもう満開になっているかもしれません。  camera 10日

2018年8月11日 (土)

本薬師寺跡のホテイアオイ

この日は藤原宮跡のキバナコスモスもパッとせず、ハスも終盤でしたが、
咲き始めの花もまたよろしいかと ^^;

花は橿原市城殿町の本薬師寺跡に咲くホテイアオイでした ^^
例年の見ごろは8月下旬ごろからですが、
花はすでに咲き始めていて、一部では見ごろ近しのようです。

Motoyaku01

今年はこの花も開花が早いのでしょうか?

Motoyaku02

この日はまだ駐車場が開放されていないため、
少し歩くことになりましたが ^^;

Motoyaku03_3

花が咲く西側の田は満開近しで、
ちょっと楽しむだけなら申し分ないほどの咲き様です。

Motoyaku04

Motoyaku05

休耕田の南側を回り込んで

Motoyaku06

畦道へと入ってみました。

Motoyaku07

葉柄が丸く膨らんで浮袋の役目をしており、
そのふくれ部が七福神のひとり、布袋さんのお腹に似ていることから
ホテイアオイと呼ばれるようになった・・・という花。

Motoyaku08

こちらは休耕田の東側にある花ハス田

Motoyaku09

花托とともにまだ蕾もたくさんあり、
ホテイアオイが見ごろを迎えるころには競演が楽しめそうです ^^;

Motoyaku10

ホテイアオイが咲く本薬師寺跡

今年も約14,000株のホテイアオイが植え付けられたそうですが、
満開の見ごろを迎えるのはもうすぐか? ^^
ここはあらためて訪れたいところです。   camera 8日

2018年8月 9日 (木)

藤原宮跡の花

この日は奈良県橿原市にある「おふさ観音」で開催中の
”風鈴まつり”を見に出かけましたが、
その前に藤原宮跡に咲く花を見に立ち寄りました。
8月6日での開花状況は夏ゾーンのキバナコスモスが”7~8分咲き”、
蓮ゾーンのハスは”散り過ぐ”、その傍にある朝堂院東ゾーンの
キバナコスモスは”散り始め”でしたが・・・。

まずはその夏ゾーンに咲くキバナコスモスです。

Fujiwara_k01

耳成山を背景に咲き乱れる・・・とはいかず、
残念ながら雑草のなかで咲いています ><;

Fujiwara_k02

とはいえ、まだ綺麗な花も少しはあり ^^;

Fujiwara_k03

Fujiwara_k04

なんとか撮った数枚でした。

Fujiwara_k05

7~8分咲き?の情報からすでに2日が経っていましたが、
残念ながら見た目はもう終盤でした。
これは連日の猛暑も影響しているのでしょうか?

Fujiwara_k06

県道沿いの発掘調査現場を見ながら南へと歩き、
「朝堂院」東側にある蓮ゾーンへと行きます。

Fujiwara_k07

こちらは情報どおり?”散り過ぐ”・・・か。

Fujiwara_k08

すでに散り過ぎて、花托のなかに咲き残る花ハスです。

Fujiwara_k09

Fujiwara_k10

咲き残っているハスは”小舞妃蓮”

Fujiwara_k11

こちらは”古代ハス”の花托です ^^;
まぁ、これはもう時期的にも止む無しでしょうか。

Fujiwara_k12

その傍にある朝堂院東ゾーンのキバナコスモス!
情報では”散り始め”でしたが、
まだ綺麗に咲き残る花もたくさんありました。

藤原宮跡に咲く終盤のキバナコスモスと、花ハスでしたが、
このあとは「おふさ観音」の”風鈴まつり”へ・・・続きます。 camera 8日

2018年8月 8日 (水)

熱帯スイレン

この日は朝から曇り空で今にも降りだしそうな空でしたが、
その分、蒸し暑くて不快指数も最高。
こんな日はおとなしくしているのが無難なんですが・・・
どうにもジッとしていられなくてつい出かけてしまいました。

特に予定もなかったんですが、いつもの「木曽三川公園センター」へ。
先日展示準備中だった熱帯性スイレンです ^^;

Sansens01

グリーンデッキの下に展示されている熱帯スイレン。

展示されている花もわずかで、開花している花も少ないですが、
この花も朝に開いて夕刻にはいったん閉じます。

Sansens02

この花は今朝開いたばかりでしょうか?
花の中央に雌しべが入った花托があり、
水みたいなものが溜まっていますが

Sansens03

これは柱頭液だそうで、
この甘い?液で虫を引き寄せ花粉を運んでもらうという。

この花は3日花だそうで

Sansens04

2日目の花は”めしべ”を”おしべ”が包み込み


Sansens05

3日目の花は
”めしべ”を覆っていた”おしべ”がやや開き気味になると、
最後は水没して終わりという・・・。

Sansens06

久しぶりに熱帯スイレンのおさらいでしたが、
見ごろにはまだ早すぎました ^^;

Sansens07

三川公園センターでは、現在サルスベリが見ごろです。

とはいってもここは家族連れが多く、
この日も花よりは遊具や水遊びが目的のようでした ^^;  camera 7日

2018年8月 5日 (日)

木曽三川公園の花情報

毎日暑い日が続きますが、この日も朝からすでに猛暑に。
家のなかにいるのもたまらず、午前中だけでもと出かけた
海津市にあるふたつの木曽三川公園です。

気になっていた花は三川公園センターの赤ソバと、
水郷パークセンターのオニバス!
もちろん、どちらもまだ早いとは分かっていましたが、
まずは赤ソバ(高嶺ルビー)から ^^;

Sansen01

ソバ畑は大花壇の北側にありますが・・・
花はもちろんまだこれからです。

Sansen02

ただ、ほんのわずかですが咲き始めた花もあります。

Sansen03

見ごろは9月になってからとのことですが、どうやら少し早くなるかも?
傍にある大花壇のコスモスはまだ生育過程 ^^;

Sansen04

回り込んだ三川池周辺はベゴニアとコキア

Sansen05

中央エントランス南側にはグリーンカーテンのトンネルが

Sansen06

咲く花はカーテン仕立ての”曜白アサガオ”

Sansen07

黄色い花の下には”千成ひょうたん”に”首長ひょうたん”。
他にも”大ひょうたん”が大きな実を付けています ^^;

Sansen08

南詰のグリーンデッキ下では、
これから展示される熱帯スイレンの入れ替え作業中でしたが、
ちょうど作業が終わって咲いていたスイレンです。

Sansen09

芝生広場の花絵花壇にはヒマワリ迷路が作られていて、
ヒマワリはまだ蕾が出始めたばかり。

午前中とはいえ開園したばかりの公園だけに、
人もまだ少なくまばらでしたが・・・すでに猛暑の園内でした。

 ~~~

場所が変わってアクアワールド水郷パークセンター。

Sansen10

お馴染みの風車前池のオニバス。
以前に見に来たときはまだ葉もほとんどなく、
今年は花は無理かと思っていましたが・・・

Sansen11

その割にはいくつかの蕾が水面に顔を出し

Sansen12

Sansen13

すでに数輪の花が咲いていたのにはビックリ!
これはこのあと期待できるかもしれません。

子供たちは夏休みに入って、お盆休みも始まる前週ですが、
さすがに暑さの続く毎日、ちょっと外出も敬遠気味でしょうか?
人も少なく静かな海津市の木曽三川公園でした。  camera 4日

2018年8月 4日 (土)

京都久多の北山友禅菊

京都市左京区久多・・・といっても滋賀と福井の県境にあり、
周囲を山々に囲まれた左京区最北端の自然豊かな山間の里です。
この時期、友禅菊が咲くことで知られていますが、
今年もすでに見ごろを迎えているとのことで急遽出かけてみました。

国道367号(鯖街道)の梅の木交差点から安曇川を渡り、
山間の道を西に7kmほど走るとその久多集落です。

Kuta01

この地域では北山友禅菊と呼ばれ、
集落の2ヶ所で栽培されていますが

Kuta02

こちらは宮の町、ちょうど見ごろでしょうか。

Kuta03

Kuta04

茅葺屋根の民家を背景に咲き乱れる紫の花が人気で、
土・日には多くの人が訪れるそうですが

Kuta05

Kuta06

Kuta07

この日は平日のためか、出会った人は数人だけ ^^;

Kuta08

Kuta09

北山友禅菊は
野菊の一種であるチョウセンヨメナが品種改良されたもので、
この地域で独自に名付けられたもの。

Kuta10

見ごろは8月中旬までだそうですが、こちらは摘み取りも可能。(有料)

Kuta11

傍の稲田にはたくさんのオモダカも咲いていました ^^;

Kuta12

場所は変わって中の町に咲く友禅菊です。
こちらは観賞用とありましたが・・・
電気柵で囲まれたはるか先に咲いていて遠望です ^^;

Kuta13

山に囲まれ、川が流れる山深い里には、
日本の原風景ともいえる懐かしさを感じます。

友禅菊の里・京都久多の集落、
青空のもと、緑豊かな山里に咲く北山友禅菊でした。 camera 3日

2018年8月 2日 (木)

醒井地蔵川の梅花藻

滋賀県米原市醒井の地蔵川に咲く梅花藻。
いつもは伊吹山のシモツケソウとセットで訪れていますが、
この日は伊吹のシモツケソウは外してバイカモだけです。
台風12号のあとだけに、
梅花藻にも影響があったのではないかと思いながら、
まずは中心部からです。

Samegai01

観光駐車場の前に咲く梅花藻は綺麗に立ちあがっています ^^

Samegai02

ずいぶんと前から、中心部は綺麗になっていますが、
ここと上流の醒井資料館(問屋場跡)までがメインどころでしょうか。

Samegai03

Samegai04

絡むサルスベリの花もまだ少しだけ ^^;

Samegai05

Samegai06

この日は水量も少なく、水面に立ちあがる花も綺麗です。

Samegai07

このサルスベリの花が落ちるのはもう少し先になりそうです。

Samegai08

少し上流にある醒井資料館前。
綺麗な梅花藻がいちばんたくさん見れるところですが

Samegai09

この日も見事な梅花藻を楽しむことができました。
この先の上流部で見れる花は水中花!

Samegai10

やはり水量が多いと水の中になります。

Samegai11

あえて撮ったその水中花です ^^;

Samegai12

サルスベリの花もかなり開いていましたが、
このあと散った花びらが梅花藻に絡むのも楽しみです。

オマケ!

Samegai13

今年も醒井資料館で開催中の”陶あかり作品展”から ^^

地蔵川の中心部は台風や豪雨の影響は感じませんでしたが、
下流のバイカモは雨で流されたのか?ほとんど見られず、
咲いている花も地蔵川橋下流の一部だけでした ^^;    camera 1日

2018年7月31日 (火)

近江妙連公園 守山市

滋賀県守山市中町にある「近江妙蓮公園」の近江妙連。
台風一過でまた暑い日でしたが、花はちょうど見ごろとのことで、
ちょっとスタートが遅れましたが ^^;久しぶりの妙連公園でした。

毎回ほゞ同じ時期に訪れてはいますが・・・
まずは入口側にある”瑞蓮池”からです。

Myoren01

いつもながらハスは大きな葉の陰に隠れて咲くためか?
ほとんど花が見えません ><;

Myoren02

葉に隠れて咲き始めた妙蓮の花とつぼみ。

この妙蓮はひとつの茎に2~12までの花をつけ、
ひと花の花弁は2,000から5,000枚とも。

Myoren03

その一茎二花の双頭蓮(そうとうれん)でしょうか?
花ハスの双頭蓮は花托がありますがこちらはありません。

Myoren04

一茎三花の品字蓮
以下、一茎四花が田字蓮、一茎五花が五学蓮(五行蓮)と続き、
一茎十二花が年光蓮(十二時蓮)といわれます。

Myoren05

これは多分、四花か、五花?ではないかと思いますが、
まだ分からないです ><;

Myoren06

一茎四花の田字蓮ですね ^^;
とにかくまだ全開していない花が多く、何度見ても難しい妙蓮。

Myoren07

”妙蓮庵”を挟んだこちらは”妙蓮池”側
やはり葉の陰に隠れて花は見えませんンが ^^;

Myoren08

つぼみと咲き始め

Myoren09

双頭蓮に見えますが、多分一茎四花の”田字蓮”かも?

Myoren10

咲く花の数を想像しながら撮っていますが、
これもまたこの蓮を撮る楽しみかもしれません ^^

あとは一体いくつの妙蓮なのか?

Myoren11

他のしんで見ていただければと思います ^^

Myoren12

Myoren13

何度見ても??が多い近江妙蓮です。

Myoren14

この妙蓮、満開なら花芯はこのあと黒ずんで、
花びらは茶褐色になりそのまま立ち枯れます。

Myoren15

妙蓮池から”妙蓮庵”と瑞蓮池。

見ごろとはいえ、蕾や咲き始めの花もあり、
少し早すぎた感があるものの、すでに枯れた花も多くあり、
どうにも分からない花の咲き様でした ^^;  camera  30日

2018年7月26日 (木)

満開!市之枝のヒマワリ

岐阜県羽島市下中町市之枝の休耕田に咲く、
約16万本のヒマワリが満開の見ごろを迎えています。
白馬への行き帰りに傍を通りながら気になっていましたが、
台風接近もありか?という予報のなか、
その前には見ておこうかと出かけてきました。

この日もまた暑い日でした ><;

Hashima01

満開です!!

Hashima02

早くから動いている花見トラクター

Hashima03

そういえば子供たちはもう夏休みに入っているんですね。

Hashima04

暑いなかでも家族連れの方たちの姿が多いですが

Hashima05

Hashima06

ヒマワリ畑の中は猛烈な暑さですsweat02sweat01

Hashima07

Hashima08

花はちょうど今が満開で見ごろのピーク!
これ以上はない綺麗な状態です ^^

Hashima09

とにかく暑くてたまらず畑から外に出ました ><;

Hashima10

見ごろは今月末辺りまででしょうか?

ここは花の状態が良くても、次の種まき(コスモス)があるため、
その期間が来ると刈り取りの作業に入るとか。
ピークはこの週末のようですが、台風が気になります。 camera 26日

より以前の記事一覧