2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 香川ふたつの町のひなまつり | トップページ | いわむら城下町から岩村城跡へ »

2024年3月 8日 (金)

岡山城・烏城ひなまつり

香川のお雛様を見て帰る途中に立ち寄った岡山城 ^^
なかなか下車することがないところでしたが・・・目的は
岡山城で開催されていた「岡山城・烏城ひなまつり」でした。

岡山城へは直接行けますが、やはりここは「後楽園」経由で ^^;
園内を散策しながらの登城です。

Okayamachina01
今更ながら・・・ですが、江戸時代を代表する大名庭園で、
金沢の兼六園、水戸の偕楽園とともに「日本三公園」です ^^

Okayamachina02
はるかに岡山城を眺めながら巡る庭園

Okayamachina03
見どころはたくさんありますが、
この日は時計回りで、城への途中に通り抜けるのが”唯心山”

Okayamachina04
池田綱政(つなまさ)の子、継政(つぐまさ)の時に築かれ、
庭園に立体感のある景観に変わったという・・・

園内南口から月見橋を渡り「岡山城」へ

Okayamachina05
宇喜多直家の子・秀家はが、岡山の丘に本丸を定め、
今に残る岡山城を築いたのが始まりと・・・

Okayamachina06
廊下門

その後城主となった小早川秀秋、池田氏によって城と城下町は拡張されます ^^;

Okayamachina07
不明門(あかずのもん)

Okayamachina08
岡山城・天守
外壁は黒塗りの下見板で覆われているため、
別名は烏城(うじょう=「う」はカラスの意味)とも ^^

さて、この日の目的でした”お雛さん”です。

Okayamachina09
天守二階にある”城主の間”に展示されていたお雛さん
江戸後期から昭和にかけての内裏雛が四体と御殿雛がひとつ!

Okayamachina10
床の間にあったのは昭和の御殿飾りと、小ぶりの享保雛!

そしてこちら

Okayamachina11
少し大きな享保雛は江戸後期のものでしょうか?
あとは江戸後期の古今雛が二体でした。

お雛さんを見た後は城内をひとめぐり ^^

Okayamachina12
岡山城は石垣も見どころですが、
ここは「不明門」下の石垣で、関ヶ原の戦い後に築かれたものとか。
左へと登れば「鉄門」があり、その先で不明門へと続いています。

ひなまつりのイベントは3日に終わっていますが、
天守の”城主の間”の展示お雛さんは22日(金)までです^^ 📷 3日

« 香川ふたつの町のひなまつり | トップページ | いわむら城下町から岩村城跡へ »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

主さん こんにちは。


岡山、行こうと思いつつまだ一度も訪問出来てません。
車で行くか電車かの境でついつい後回しになっちゃいます。

kou さん
行く場所にもよりますが中心部なら電車が楽ですね。
年のせいか、最近は電車旅が多くなりました ><;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 香川ふたつの町のひなまつり | トップページ | いわむら城下町から岩村城跡へ »