2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南国八重山の旅 由布島 | トップページ | 銀穂が揺れる曽爾高原 ’23 »

2023年10月17日 (火)

南国八重山の旅 石垣御神崎灯台

今回の八重山四島めぐり旅では定番の観光スポットを巡りましたが、
最終日の午前中にフリータイムができました ^^;
さて、どうしようかと行き場所に悩みながら、
やはり海とはるかな島々が見れて石垣ならではのところへと探して。

石垣島西部の屋良部半島突端にある御神崎(うがんざき/おがんざき)。
標高約37mの高台に白亜の灯台が建ち、サンセットスポットでも知られ、
また海難事故の慰霊碑と菩薩像も建立されている異色の岬です。

駐車場から岬に向かうといきなり灯台が見えます。

Uganzaki01
いつもなら灯台周りからですが、
まずは灯台から先に延びる散策路で岬へと行きます。

Uganzaki02
散策路のと途中に見えるのは海難慰霊碑と観音菩薩像

Uganzaki03
岬の南に広がるビーチ
この辺りは穏やかな石垣の海とは違って荒々しい海だといわれます。

Uganzaki04
岬の先端へと続く道

Uganzaki05
振り返れば観音菩薩像と灯台

Uganzaki06
八重山丸遭難慰霊碑

さらに岬の突端へと出ます。

Uganzaki07
打ち寄せる波もそれほど荒くはありませんでしたが、
磐に砕ける波頭はやはり岬の景色でしょうか?

Uganzaki08
突端からの灯台

Uganzaki09
戻った灯台は周囲を回るだけでしたが
真下に見える断崖の海

Uganzaki10
霞む海上西側にはすぐ前に西表島、左に小浜島と黒島です ^^

できれば青空の下で見たかった景色でしたが、
こればかりは・・・ね ><;      ^^ 📷13日

« 南国八重山の旅 由布島 | トップページ | 銀穂が揺れる曽爾高原 ’23 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南国八重山の旅 由布島 | トップページ | 銀穂が揺れる曽爾高原 ’23 »