2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 金比羅宮 | トップページ | 旧東海道歩き 神奈川から品川 »

2023年9月23日 (土)

伊予 今治城

愛媛県今治市にある「今治城」
築城の名手、藤堂高虎が瀬戸内海に面した海岸に築いた大規模な平城で、
別名を吹揚城(ふきあげじょう)とも
 。
かっては外堀、中堀、内堀と三重の堀で囲まれ、
北側は海に面した輪郭式の城だったそうですが、
現在内堀以内を残すのみ。

まずは江戸時代から残るその内堀と石垣

Imabaric01
この美しさにはちょっと予想外でしたが ^^
見える隅櫓は再建された御金櫓で、その先に天守が見えます。

Imabaric02
正面入り口に回り大手門から、
渡る橋はかっては土橋だったという
正面には鉄御門(くろがねもん)と右手に鉄御門・武具櫓(再建)。

Imabaric03
突き当りを右に折れると鉄御門
桝形に折れる典型的な枡形虎口で入城します ^^

Imabaric04
入った先はすぐに二の丸跡
手前に建つ”藤堂高虎像”、奥にすぐ天守が見えます。
現在残る城址はほゞ資格の内郭だけにシンプルです ^^;

Imabaric05
二の丸を進むと右手に本丸跡と天守ですが、
現在の本丸跡には「吹揚神社」が建てられていて、
天守へはその手前の門をくぐります ^^

Imabaric06
今治城天守
1980年(昭和55年)に再建された5層6階の模擬天守。
この時期に内郭の櫓群や主要建物が再建されているそうです。

天守内は撮影禁止のため最上部から ^^

Imabaric07
360度の眺めが楽しめますが、ここは瀬戸内科に面した海城!
チョイスしたのは北に見える

Imabaric08
今治港としまなみ海道です ^^;
この内堀は海水が引かれているので知られますが、
その取水水路は今治港からとか。

跡は再建された隅櫓群

Imabaric09
こちらは山里櫓ですが、北隅の鉄御門・武具櫓、東隅の御金櫓、も必見 ^^

Imabaric10
西の山里 口から眺める天守

Imabaric11
山里側からの山里櫓と天守もやはり現存する石垣と相まって綺麗です。

Imabaric12
最後は北西側に出て眺める城郭!
二本三大水城に選ばれている今治城ですが、
何とも美しい城を楽しませてもらいました 。

四国の名城も数ありますが、この「今治城」もまたそのひとつ。
まだまだ見たいお城がありますが、さて次はどこへ? ^^   📷 19日

« 金比羅宮 | トップページ | 旧東海道歩き 神奈川から品川 »

お出かけ・趣味」カテゴリの記事

コメント

主さん こんにちは。


事前調べより実物の方が断然いいですね。

特に、お堀越の佇まいがいいですよね。

藤堂像と城の写真が自分が映して来た物と全く同じで、
笑ちゃいました。

kou さん
ここは内郭より堀越のほうがいいですね。
ひと回りしましたがそれができるのもこの城だけでしょうか?
>藤堂像と城の写真
これはもうこのアングルしかないでしょう ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金比羅宮 | トップページ | 旧東海道歩き 神奈川から品川 »