2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 桑名石取祭本楽 曳き揃え | トップページ | 京都大原 惟喬親王御墓  »

2022年8月20日 (土)

赤目四十八滝 赤目五爆!

お盆も過ぎても不安定な天気と真夏日が続く毎日。
この日は朝から青空が広がりましたが、また暑い日になるとの予報に、
涼と運動を兼ねて出かけた「赤目四十八滝」でした。
駐車場での情報は”今日は水量が多い”とのことで、
(前々日にゲリラ豪雨で入山禁止だったと、後で知りました)
久しぶりにきれいな滝が見れるかと期待しながらの入山。

まずは遊歩道への入口からすぐにある「行者滝」

Akame48f01_20220820074701
岩を挟んで流れ落ちるふたつの滝は役行者が修行したという滝ですが、
初めて見る水量に少し興奮します ^^;

今回は水量たっぷり、久しぶりに”赤目五爆”を中心に載せていきます。

Akame48f02_20220820074701
滝しぶきが幻想的な「霊蛇滝」
この日は水が多く飛び石が水中にあり正面から撮れません ><;

Akame48f03_20220820074701
すぐ上にあるのが最初に見る赤目五爆のひとつ「不動滝」
その名のとおり不動明王にちなんでつけられたといわれます。

Akame48f04_20220820074701
次の赤目五爆は入口から20分ほどで着く「千手滝」
落ちる水が千手のようとか、千手観音にちなんで名付けられたともいわれますが、
この日は豪快に流れ落ちる滝でした。


Akame48f05_20220820074701
そして石段を登った先が五爆三つ目の「布曳滝」
 水量が多すぎてやや幅広の布にみえます ^^;

この辺りから登りにりますが、
Akame48f06_20220820074701
その足元には咲き始めた”マツカゼソウ”。

渓谷に落ちるきれいな小滝を楽しみながら小一時間ほどで
Akame48f07_20220820074701
休憩場所のある「百畳岩」に到着!ここがほぼ中間あたりになります。

ここからしばらくは深山幽谷?の渓谷歩きになり、
20分ほどで「荷担滝」

Akame48f08_20220820074701
ふたつの滝が岩を挟んで流れ落ちる様子から「荷担滝」といわれます。
赤目五爆のなかでも一番の景観を誇るという人気の滝です ^^

Akame48f09_20220820075001
この辺りは”イワタバコ”が多く見られるところですが、もう終盤か 、
雨の影響もあり少し寂しい咲きようでした ><;

荷担滝を過ぎると滝巡りもあと少し

Akame48f10_20220820075001
五爆ではありませんが好きな滝 ^^「雛壇 滝」

Akame48f11_20220820075001
その先に続く名もなき滑滝

Akame48f12_20220820075001
そして赤目五爆の最後が「琵琶滝」です。
定番のいつもの位置から撮影ですが、滝の落差は15m、
滝の形が琵琶に似ていることから名づけられたという滝。

ここから最後の岩窟滝までは残り500mほど ^^
今回は久しぶりに水の多い渓谷と滝巡りでした。   📷 19日

« 桑名石取祭本楽 曳き揃え | トップページ | 京都大原 惟喬親王御墓  »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

蒸し暑い毎日にうんざりしていますが、赤目の瀑布で癒されました。
さぞ涼しかったことでしょう!
散策の中間ぐらいにあるマウンテンゴリラ岩にきずきましたか?
15年前に訪れた私の写真を見た友人が名張市に投稿して新聞に載りました。
五爆の景色は変わらないものですね!

光  さん
夏でも暑い赤目渓谷ですがこの日はさすがに涼しかったです。
>マウンテンゴリラ岩
何年前か?に崩れかけてから普通の岩になりましたね。
今は当時を知る人以外は気が付かないと思いますが、
その面影はまだ十分あり懐かしい岩です ^^;
五爆は変わりませんが、この日は水量があり迫力がありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桑名石取祭本楽 曳き揃え | トップページ | 京都大原 惟喬親王御墓  »