2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月28日 (木)

若狭熊川城

以前に土砂降りの雨で登城を断念した若狭町熊川にある「熊川城」。
そのときは麓にある若狭街道(鯖街道)熊川宿の散策だけにしましたが、
この日は天気を確認しての再訪でした ^^;
あらためて熊川宿を散策しながら熊川城跡の登城口へと行きます。

登城口は二か所あり、案内は中ノ町にある「白石神社」境内からですが、
この日は「熊川陣屋跡」入口から登城して「白石神社」へ下るコース。

Kumakawac01
中ノ町「宿場館」の裏手にある「熊川陣屋跡(旧熊川小学校跡)」、
広場の左奥に新しい登城口があります。

Kumakawac02
扉を開けて登城道に

Kumakawac03
すぐにテラスが設けられたところにでますが、ここが”張出郭”、
城と麓の居館を繋ぐ登り口にあり、中郭への抑えとして築かれた郭です。

Kumakawac04
少し登ると”五条の畝掘”の案内があります。
城の正面となる白石神社の背後にある五本並んだ畝掘りで、
尾根先端の下郭の両側面を守る要害堅固な構造になっていると。 

Kumakawac05
山腹を巻きながら登っていくと

Kumakawac06
7段の平坦な地が続く”中郭段”が現れます。

Kumakawac07
高低差のある中郭部を過ぎると最後が”主郭部”

Kumakawac08
案内板があるその主郭部。
先に見える一段高いところが”櫓台”でしょうか?

Kumakawac09
その先は新しい道が整備されていて、
現在は”お花見広場”へのトレイルルートになっているようです ^^;

Kumakawac10
櫓台から眺める主郭部

Kumakawac11
その右手は真下へと切れ落ちる山肌で、
こちらには畝掘りがあったようですが・・・分かりません ><;

Kumakawac12
3段になった主郭の先端には展望デッキが造られていて、
はるかに河内川ダムが望めます。

”若狭と近江の国境、西山嶽から北東に延びる標高185mの稜線上にあり、
足利将軍の側近として活躍した沼田氏が築いたという山城。
今は15分ほどで登城できる観光スポットに・・・”と、 パンフから。

戻ります ^^;

Kumakawac13
”張出郭”手前で「白石神社」の登山口へ下ります。

Kumakawac14
拝殿から

Kumakawac15
長い参道を下って行くと熊川宿の中ノ町(なかんちょ)に出ます。

今回は再訪での登城になりましたが、
鯖街道の宿町と合わせての散策が楽しめる「熊川城跡」でした。 📷 20日

2022年7月24日 (日)

富士見台高原

猛烈な勢いで増え続けるコロナの感染者数に戸惑いながら、
暑い毎日が続くなか、あまりコロナに関係ないころはないかと ^^;
この日もまた山歩きに出かけました ^^;
選んだのは岐阜県と長野県の県境にある「富士見台高原」です。
アプローチは長野県阿智村にある「ヘブンスそのはら」。
ロープウエイ、リフトを乗り継いで展望台まで行き、高原バスの走る車道と、
途中から”富士見台パノラマコース”を使ったトレッキングです。

Hebunsu
「ヘブンスそのはら」展望台。
この辺りは快晴でしたが、眼前の南アルプスは雲のなか ^^;
ここから約1時間30分ほどのトレッキングコースへ。

Fujimidaik01
車道に出るとときおり霧が出る晴れたり曇ったりの天候に。
途中から”富士見台パノラマコース(恵那山登山道)”へ入りますが

Fujimidaik02
こちらもほとんど霧のなかでぱパノラマは望めず ><;
アップダウンを繰り返す道を行きます。

Fujimidaik03
ときおり霧が晴れると眼下には中津川の町並みが見えます。
途中にある恵那山への縦走路を分けると道は下りになり

Fujimidaik04
パノラマコースの入口から30分ほどで神坂からくる車道に合流、
この辺りは神坂峠で古代東山道が通っていたところ。
その遺跡もあり道が分岐しますが・・・直進していきます ^^;

Fujimidaik05
10分ほどで富士見台高原の麓に建つ山小屋「萬岳荘」に到着。
途中多くの車が駐車していたのには驚きましたが、この日は土曜日でした ^^

Fujimidaik06
あとはつづらに続く最後の登りで山頂までは1.1km

Fujimidaik07
尾根に出てケルンが見えると山頂はもうすぐ

Fujimidaik08
富士見台高原の山頂(標高1739m)到着!
残念ながら周りは霧が流れます ><;

Fujimidaik09
ときおり霧が晴れる北西部には岐阜県中津川市

Fujimidaik10
そして登ってきた恵那山方面ですが・・・山は見えません ^^;

Fujimidaik11
北アルプス

Fujimidaik12
中央アルプス

Fujimidaik13
南アルプス方面と
360°の大パノラマが広がる山頂からは
深田久弥の「日本百名山」二十三座が一望できるそうですが、
この日は霧と雲の中で見えず一休みして下山します ^^
 
Fujimidaik14
山上登山道周辺はササユリが咲くという、その名残でした。

「ヘブンスそのはら」から「富士見台高原」へのトレッキング。
この日はちょっと天候に恵まれせんでしたが、
次はは天気の良い日にあらためて、秋もまた良しとか ^^  📷23日

2022年7月22日 (金)

納涼!びわこ箱館山

貴重な晴れ間を待っては出かけていますが、
急増するコロナの感染者数はもちろん、雨と猛暑(真夏日)また悩みです ><;
出かけるところは人が少なく涼しいところへと、この日もまた山でした ^^;
といってもゴンドラでのらくちん登山?
夏期間(グリーンシーズン)がスタートしたばかりの「びわこ箱館山」でした。

まずは高いところからと、最上部の展望「見晴台」へ歩きます。
もちろん有料リフトあり ^^;

Biakoh01
まだ夏の花は全体に見ごろ前でしたが、こちらはベゴニア

Biakoh02
周辺には巨大ブランコやこちらのテラス(展望デッキ)もあります。
登れば下る ^^そしてお花畑の周回小道へ

Biakoh03
お花畑の展望休憩所
こちらにいはルドベキアにヒマワリ!

Biakoh04
そしてコキアですが・・・こちらも見ごろはこれからでしょうか?
あとは人気の「びわ湖のみえる丘」へ 

Biakoh05
ユリ園がなくなってずいぶんと寂しくなりましたが、
夏はやはりこれでしょうか ^^



Biakoh06
この「風鈴のよし小道」と

Biakoh07
”高島ちぢみ”の「虹のカーテン」を通り抜けると
人気の「びわ湖のみえる丘」です。

Biakoh08
Biakoh09
展望テラスも増えてゆっくりと眺めるびわ湖。
正面に竹生島とその先には伊吹山に長浜市(この日はうっすらと ^^;)

Biakoh10
右手には今津の町から高島市、遠くには三上山見えるはずですが・・・
この日はちょっと霞んでいました。

少しづつ新しい施設も増えているようですが、
これから花も見ごろを迎えると賑やかになりそうです ^^ 📷 20日

2022年7月17日 (日)

小渡夢かけ風鈴

雨の日が多く不安定な天気が続きますが、
この時期は各地で夏のまつりが行われています。
豊田市小渡町でも恒例の「小渡(おど)夢かけ風鈴」が始まりました。
暑さが和らぐ様子もなくむし暑い日が続くなかだけに、
涼やかな風鈴の音で少しでも涼をもらおうかと・・・。

久しぶりの”夢かけ風鈴”です。

Odofuurin01
県道沿いの家屋に飾られているのはおなじみの風鈴。
平成15年(2003)から始まったというイベントですが、
見始めてから今回までこの飾りは変わっていないようです ^^

Odofuurin02
商店街に入って風鈴通り

Odofuurin03
各商店の店先に飾られた風鈴を楽しみながら

Odofuurin04
メイン会場の風鈴広場

Odofuurin05
たくさんの風鈴が時折吹く風に心地よい音色を響かせます ^^

Odofuurin06
後は商店街から町中に飾られた風鈴を楽しんでいきます。

Odofuurin07
風鈴の短冊に願い事を書いて「風鈴奉納」が行われる風鈴寺(増福寺)
この先は民家の軒先に吊るされた風鈴です ^^

Odofuurin08
最奥にある「お不動尊(智教院)」まで
それぞれに工夫された風鈴の飾りを見ながらの散策し戻ります 。

時間がたつにつれて見物客が多くなっうてきました ^^

Odofuurin09
Odofuurin10

勇壮、華麗な夏まつりもいいですが、
町なかに飾られた風鈴とその涼やかな音色を聞きながらのひととき。
少しだけ涼をもらってこれもまた良し!でしょうか^^
ただ、この日もやはり暑い日でした ><;     📷 17日

2022年7月14日 (木)

若狭鯖街道 熊川宿

戻り梅雨のような天気が続くなかの貴重な晴れ間でした。
以前に若狭路城址巡りで訪れた美浜町の「国吉城」に刺激され、
この日は隣町の若狭町にある「熊川城」へと出かけましたが、
走る途中から雨模様となり、現地は本降りの雨になりました ><;
城跡があるのは若狭鯖街道の「熊川宿」沿いの山手ですが、
ここまで来て戻るのも・・・と、雨の中を宿場町散策です。

ここ熊川宿は若狭と京都との交易の拠点として発展した宿場町
その京都側(東口)からスタート

Kumagawas01
まずは「熊川番所」
平成14年に歴史的考証を行いながら復原され、一般公開された文化展示施設で、
全国唯一という伝建地区内に元位置のまま現存する番所建物

Kumagawas02
宿場は三つの町に分かれていますが
こちらは京へと向かう京口になる上ノ町(かみんちょ)の町並み

Kumagawas03
三つの町並みでは一番距離のあるところですが
主に平入(ひらいり)の建物が建ち並びます

Kumagawas04
上ノ町と中ノ町(なかんちょ)を結ぶ「中条橋」
ここからが中ノ町で宿場の中心部になるようです

Kumagawas05
すぐにあるのが熊川村の初代村長「旧逸見勘兵衛家住宅」で
伊藤忠商事二代目社長伊藤竹之助の生家


Kumagawas06
そして若狭鯖街道熊川宿資料館「宿場館」
近代洋風建築による旧熊川村役場

Kumagawas07
この通りは街道に面して平入(ひらいり)や妻入(つまいり)の建物に土蔵など
旧宿場町の面影を色濃く残すところでしょうか

Kumagawas08
妻入り建物 二階部

Kumagawas09
白石神社
熊川城下郭跡に祀られた熊川区の氏神さんで
小浜藩主酒井忠勝も合祀されているという


Kumagawas10
建物の間にある細い道は「御蔵道」と呼ばれ
古くは北川を往来した舟運の米が蔵屋敷までこの道を通ったそうですが
他にも足軽長屋への道という「長屋道」もあります

Kumagawas11
宿場の道と国道と交差するところが宿の枡形(ますがた)
熊川では”まがり”とも呼ぶようですがここからが下ノ町(しもんちょ)

Kumagawas12
流れる前川は右手に代わりましたが
下ノ町では多くの旅人が体を休めたという

Kumagawas13
そして宿場の小浜口(西口)に出ました

本降りとなった雨の中を戻りましたが、この日の目的でした「熊川城跡」は、
通ってきた資料館「宿場館」の裏手にあります

Kumagawas14
その「熊川城跡」
残念ながら土砂降りの雨のなかでこの日は登城を断念 ><;
ここは改めて天気の良い日に再訪することに。

雨中の若狭鯖街道「熊川宿」で
また違った宿場町の雰囲気を楽しみました ^^; 📷 13日

2022年7月 9日 (土)

霧の伊吹山

暑さには慣れているつもりですが、さすがにこうも続くと><;
やはり涼しいところに行きたいと各地をさまよっていますが、どこも暑い!
一時的な涼を求めるならやはり山、それもらくちん登山ができるところ。
おなじみの御在所岳はロープウエイ点検のため休業中。
それならと、ドライブウエイを使って気楽な山頂散策ができる伊吹山でした。

この時期花には期待できないとは思いながらもあとは霧 だけ^^;

Ibukim01
歩き始めての西登山道は晴れていましたが・・・

Ibukim02
すぐに吹き上げる激しい霧につつまれます ><;
この後は時々晴れ間も出ますがほとんどが霧のなかでの散策になりました。

Ibukim03
上野登山道9合目との合流点
登ってくる人たちも見えませんが・・・いるのか?

Ibukim04
花が少ないとはいえ少しは咲いています ^^;
こちらはキバナノレンリソウ

Ibukim05
山頂お花畑
鹿害がひどくなってから登山道周辺も咲くが多くなっていますが、
ここもまた完全に柵に囲まれました ><;

Ibukim06
お花畑のなかはイブキトラノオや、今はミヤコアザミです ^^

Ibukim07
周辺にはイブキジャコウソウ

足元に注意をしながら東登山道へ

Ibukim08
時折晴れ間も出ますが、霧の流れも絶え間なく
岩場の登山道に注意して下る登山道

Ibukim09
垣間見えるドライブウエイと、揖斐川町の村落
下は晴れているんですが・・・ 山です^^;

Ibukim10
登山道から眺める山頂

東登山道を下って中央登山道を登り返します。

Ibukim11
こちらは短い距離ですが急登する道だけにしんどいコース
さすがにここだけは暑い!><;

Ibukim12
花はイブキガラシ(ヤマガラシ)

Ibukim13
戻った山頂は霧と晴れ間が激しく変わる天候 

何も見えない山上の霧を楽しみながら?昼食タイム。
あとは西登山道で山頂駐車場へと戻ります。
この日は涼しいというより寒い霧の伊吹山でした ><;  📷 8日

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »