2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月29日 (日)

多武峰街道から音羽山観音寺

久しぶりに歩き旅でもしようかと出かけたのは奈良県の桜井市。
由緒ある社寺や歴史の遺構も多く”万葉のあけぼのの地”とも呼ばれるところですが、
また古の街道も数多くあり、歩くには事欠かないところ。
今回は以前から一度訪れてみたいと思っていた「音羽山観音寺(音羽観音善宝寺)」、
音羽山(標高851m )の山複にあり、何かと人気の尼寺です ^^
案内では桜井駅からバスに乗り、下居(おりい)バス停からの歩きでしたが、
どうせなら駅から「多武峰街道」を歩いて"
音羽山万葉展望台”まで行くことに。
まずは駅から南に行き二筋目の初瀬道を東へと向かった先で多武峰街道へ入ります。

あとはただ談山神社への案内に従って道を南下していくだけですが ^^
しばらくは寺川沿いの静かな町中を通り過ぎて行きます。

Tounominek01
桜井駅から約1.8kmほどにある「談山神社一の鳥居」がまずは通過点。

かって道はこの鳥居をくぐっていたと思われますが今はその横が街道筋
Tounominek02
その鳥居の傍に「談山神社多武峰の町石」と説明版。
説明ではここから「摩尼輪塔」までの5.56kmの間に
52基の町石が建てられていた・・・と。

Tounominek03
一部は無くなっている町石もあるようですが、
ここから道筋に次々と現れるその町石を見ながら歩くことになります ^^

Tounominek04
「聖林寺橋」の手前で東に曲がると県道37号線(桜井吉野線)に合流。
この辺りから道は多武峰へと緩やかに上っていきます。

単調な県道を歩くこと約30分
Otowasank01
下居のバス停を見て少し行くと観音寺への道標があり、
案内に従って県道を離れると山中への道に入ります。

Otowasank02
道筋に立つ観音寺への丁石。すでにキツ~イ坂道ですが、
観音寺までは17丁(約1.8km)とあり、まずはこれが1丁石目。
この先この丁石を十七丁まで拾っていきます ^^;

Otowasank03
車でお参りする人は途中に駐車場が二か所ありますが、
ここが最初の駐車場。

なかなか平坦な道がない急坂が続き、足も思うように進まないなか ><;
途中にある集落を抜けると最後の参拝用駐車場へ到着。

Otowasank04
そしてその横にある観音寺への分岐。
ここからは残り1km、しかし・・・とんでもない坂道の始まりでした ><;

途中、ところどころにご住職たちの手作りの案内板があり、
しんどい歩きを和ませてくれますが・・・

Otowasank05
噂には聞いていたものの喘ぎながら登る見事な?参道です ><;

前傾姿勢の続く参道を登ること25分
Otowasank06
道中、和まされてもらった手作りの案内板に迎えられて、
ようやく!境内への石段道になりました ^^;

本堂へは獣害除けの柵を開けて最後の石段を登ります。

Otowasank07
やっと、本堂到着 !撮ってはいませんが、
この日は土曜日のためか思っていた以上の参拝客(女性の方が多い^^)、

Otowasank08
境内にある”お葉つきイチョウの木”

休憩もそこそこに、この後はこちらも楽しみな展望台へと
音羽山への登山道に入ります。

Otowasank09
登山道を少し行き、すぐ先で展望台への道へ。
ご住職や里の方、信者の方たちによって整備されたという綺麗な道ですが、
こちらもまた急登の連続 ^^;

Otowasank10
途中から眺める景色は多武峰から奥に金剛葛城連山。
さらに高度を上げていくと

Otowasank11
やっと「音羽山万葉展望台」(718m)に到着 !
境内から20分ほどでした。

Otowasank12
展望台からははるか先に金剛・葛城の峰々と、
右下には橿原市街地でしょうか?

Otowasank13
さらに上に登った音羽山への登山道口からの眺め、
ここからは正面に二上山とその手前に畝傍山がはっきりと見えます。

快晴のなか、久しぶりに楽しんだ街道歩き(一部)と山歩きでしたが、
歩き残した「多武峰街道」の談山神社まではあと少し。
この道はあらためて秋の楽しみにしておくことに ^^   📷 28日

2022年5月25日 (水)

国見岳のイワカガミ

久しぶりに記事の連投です ^^;
御在所岳のシロヤシオにガッカリしながら、「望湖台」と「峠道」の
登山道口に咲いていたイワカガミを見て急遽「国見岳」へと予定を変更!
イワカガミの群生が見れるその国見岳、可憐な花に期待して
御在所岳山頂遊歩道にある裏道登山道9合目からミニ登山です ^^

Kunimii01
すでに落花したシロヤシオの木を見て8合目の国見峠へと下ります。

Kunimii02
すぐに道筋に咲くイワカガミを見て国見岳登山道に期待 ^^

Kunimii03
御在所岳裏道登山道8合目の国見峠。
ここもシロヤシオの見どころですが・・・すでに花は無し ><;
直進して国見岳へと登り返していきます ^^

Kunimii04
Kunimii05
道筋には群生して咲くイワカガミは期待した以上 ^^

Kunimii06
まだ咲き始めの花も多いですが

Kunimii07
名前の由来となっているつやのある葉がきれいで、
この時期には楽しみな花^^

Kunimii08
巨岩の国見岳山頂(1175.2m)
ここから根の平峠へと続く道を少し先まで下りますが

Kunimii09
途中にあるイワカガミの群生地はまだ咲き始めでした ^^;

オマケ!
Kunimii10
この山も奇岩・珍岩の多いところですが
根の平峠への分岐から2分ほどのところにある「桃岩」です。
桃に見えるでしようか? ^^

この日は期待していた御在所岳のシロヤシオでしたが、
残念ながらすでに見ごろ過ぎ ><;
予定を変更して訪れた国見岳のイワカガミでした。  📷 24日

2022年5月24日 (火)

御在所岳のシロヤシオ

御在所岳のシロヤシオがすでに見ごろを迎えているとのこと。
今年は例年より少し早いのか?とも思いましたが、
アカヤシオのときの失敗もあり急遽出かけてみました ^^;

ロープウエイ山頂駅からいつものように朝陽台広場へと出ます。
20日頃から見ごろを迎えていたというシロヤシオですが・・・

Gozaishos01_20220524165001
悪い予感が的中か、
花をつけている木がほとんどありません ><;

Gozaishos02_20220524165001
かろうじて咲き残る木を撮って行きますが

Gozaishos03_20220524165001
Gozaishos04_20220524165001
「自然学校」へと下る道筋
せめてこれぐらい咲いていてくれたらと思いながら

Gozaishos05_20220524165001
芭蕉池から山頂へ
ところが花はすでに散ったのか(少し風の強い日がありました ><;)
花はわずかに咲き残るのみでどこもすでに終わりでした。

Gozaishos06_20220524165001
最後は「御嶽大権現」への参道
ここはいつも見事な花の咲くところですが、

Gozaishos07_20220524165001
ここも花数はすくなく、ほんのわずかに残る気が少しだけ。

すれ違った方も”今年は花が少ないわね、昨年は見事だったのに・・・”と。
”見ごろが早かったそうですよ・・・”と私 ^^;

Gozaishos08_20220524165001
サラサドウダンと

Gozaishos09_20220524165001
ベニドウダン
ともに2日前の情報ではまだつぼみでしたが、
この花がすでに咲き始めているということは・・・
やはりシロヤシオは遅かったということでしょう ^^

オマケ!
Gozaishos10_20220524165001
イワカガミ
そういえばこの花も見ごろを迎えている頃でしょうか。
このイワカガミを見て急遽お隣の「国見岳」へとミニ登山 ^^;
この後は国見岳のイワカガミです。       📷 24日

2022年5月20日 (金)

ぎふ清流里山公園のつるし飾り展

ドライブの途中に立ち寄った岐阜県美濃加茂市の「ぎふ清流里山公園」。
入口から掲げられた”つるし飾り”の幟につい立ち寄りました ^^

開催されているのは園内にある二つの学校のひとつ「双六学校」。

Turusikazari01
100人の手作り”つるし飾り”約2000点が展示されているという
その「双六学校」。

この時期に見れるつるし飾り!
Turusikazari02
入り口(学校の玄関)の飾り、会場は正面奥と左手の部屋ですが、
まずは正面奥の飾りから^^

Turusikazari03
つるし飾り”といえばやはり”雛飾り”ですが、
これはまた一段と華やかな会場にまずびっくりです ^^;

Turusikazari04
この辺りは”つるし雛”でしょうか?”傘福”もあります。

Turusikazari05
Turusikazari06
思っていた以上に色とりどりのすごい数です ^^;

会場が変わります。
Turusikazari07
廊下から旧教室の会場へ

Turusikazari08
こちらにもまた色とりどりで華やかに・・・

Turusikazari09
ひな祭りの飾りでも手作りのものを多く見ますが

Turusikazari10
このつるし飾りも教室の生徒さんたちの作品だそうです^^

思わぬつるし飾りを楽しませてもらった「ぎふ清流里山公園」
”つるし飾り展”は~5月29日(日)まで。  📷 19日

2022年5月15日 (日)

日本最大級の木製水車

雨が上がるのを待つように出かけていますが、
この日はちょっと遠出のドライブに。
以前から気になっていた「日本一の木製水車」があるという
岐阜県恵那市山岡町の道の駅「おばあちゃん市・山岡」です。

標高400mにある山岡町ですが、
ここは瑞浪市に近い山の中(上か?)に位置する道の駅 です。

Yamaokao01
まず目につくのがこの巨大水車!
この日のドライブはこれが目的でもあったのですが、さすがに大きい ^^;

Yamaokao02
直径24m、木製としては最大級(令和元年まで日本一だった)とか。
この地区にあった多くの水車が小里川ダムの建設により水没したことから、
ダムの完成を機に、地域の産業遺産のシンボルとして造られたという。

Yamaokao03
水車の下には、與運橋(ようん橋・通称めがね橋)があります。
1920年代、小里川第三発電所で使用されていたという
長さ20.1m、幅員2.7mの珍しい三連式石造アーチ橋が移設されています。

この施設はすべて小里川ダム建設にかかわっていますが・・・そのダム

Yamaokao04
道の駅から併設しているダム事務所の見学ができますが、
ダム湖(おりがわ湖)をめぐるウオーキングコースがありました ^^

Yamaokao05
一周8kmほどの距離だそうですが(車道併設も一部は遊歩道か? )
全周はちょっと無理でしたが、途中にある展望台まで行ってみました。

Yamaokao06
ダムの堤体を渡りますが、その先に見える高台が展望台 ^^;

2004年(平成16)に完成したというこのダムは

Yamaokao07
水害の軽減と河川環境の保全に、発電を目的とする多目的ダムだそうで、
高さは114m。堤体中央部からの景色にちょっと尻込みも ><;

堤体を渡った少し先で高台に回り込むと
Yamaokao08
その先にあった展望台!(ここまで約20分ほど)、
ここはかって機材の搬入搬出に使ったケーブルクレーン跡とか。

Yamaokao09
展望台からの景色!
水量が少ないためか?ちょっとダム湖の感じがしませんが・・・

Yamaokao10
その先に見える水車はやはり大きいですね ^^

かって日本一だった「埼玉県立川の博物館」の木造水車が、
2019年(平成31年・令和元年)にリニューアルされ完成。
現在は24.2mで日本一に返り咲いたとか 。

水車の日本一争いは別にして、山の中にある道の駅「おばあちゃん市・山岡」。
こちらも水車以上に人気のある道の駅でした。   📷 14日

2022年5月11日 (水)

いなべ市丹生川の春そば畑

三重県いなべ市大安町丹生川で春ソバの花が見ごろ・・・と。
秋のそば畑には何度も訪れていますが、
春にもそばの花が咲いていたとは知りませんでした ><;
情報から少し日が経ちましたが、走り梅雨?の中での貴重な晴れ間に、
ドライブを兼ねて出かけました ^^

場所は秋のそば畑と同じ三岐鉄道丹生川駅の北、
「鉄道貨物博物館」から住宅の周辺です。
Nyusoba01
北西から北にかけて鈴鹿の山々を望むように広がるソバ畑

Nyusoba02
Nyusoba03
北には藤原岳

Nyusoba04
Nyusoba05
東には養老の山々を望むロケーション、
南の端で山裾が落ち込むところが「多度山」です ^^

Nyusoba06
ここでは定番スポットになりますか?青川の橋梁と黄色い電車 ^^;

Nyusoba07
三岐鉄道 三岐線

Nyusoba08
春ソバの収穫は6月ごろのようですが・・・
花はまだしばらく楽しめそうです。

道端に咲く春の野草はアメリカフウロやナワシロイチゴにスカシタゴボウなど、
ちょっと地味な野草たちですが賑やかです。

Nyusoba09
”ユウゲショウ(夕化粧)"
オシロイバナと紛らわしいためアカバナユウゲショウとも ^^ 

Nyusoba10
すでに田植えの終わった水田

大安町丹生川のそば畑、
秋と違ってヒガンバナは楽しめませんが、
代わりに地味な春の野草と一緒に楽しんできました ^^;   📷 10日

2022年5月 7日 (土)

西教寺の青もみじとかざぐるま

滋賀県大津市坂本にある天台真盛宗総本山「西教寺」。
明智光秀ゆかりの地(菩提寺)として知られているところですが、
いま”サクラと青もみじとかざぐるま 参道通り抜け”が開催中!
すでにサクラはありませんがちょうど青もみじの中でのかざぐるま ^^
どんなイベントか?ちょっと興味があって訪れてみました。

Saikyojik01
光秀ゆかりの「坂本城城門」を移築したという総門から

Saikyojik02
表参道のかざぐるまを見て行くと突き当りが「勅使門」

Saikyojik03
その左手にある「宗祖祖大殿」前庭と唐門口への参道に飾られた”かざぐるま”

Saikyojik04
「宗祖祖大殿」前から唐門越しに見えるのは琵琶湖

Saikyojik05
戻って本堂への階段を上がりますが
今はちょうど新緑が映えて青もみじもきれいです ^^

Saikyojik06
本堂前にある”かざぐるまの通り抜け参道”

Saikyojik07
参観受付のある大本坊前
細かいところのかざぐるまは外していますが・・・
本堂から書院、客殿を拝観します。

Saikyojik08
大本坊庭園から

Saikyojik09
Saikyojik10
書院庭園へと
飾られていたなかから主なかざぐるまでした。

”貧困や虐待などに苦しむ子供たちを支えよう”との趣旨から、
境内には約2000個のかざぐるまが飾られているという。

Saikyojik11
こちらは客殿の庭園(横からです><;)
さすがに”かざぐるま”はありませんが、小堀遠州作庭、江戸初期の池泉庭園。

ここには明智光秀と一族、そして妻”煕子”の墓がありますが、
この日は高台にある一般の墓所から眺める琵琶湖を ^^;

Saikyojik12
正面に見えるのは近江富士の三上山です。

この日は「青もみじとかざぐるま 参道通り抜け」(~6月12日(日)まで)
「ひな人形展」以来6年ぶりの「西教寺」訪問でした。  📷 7日

2022年5月 3日 (火)

多度山のヤマツツジ

亡くなった妻の忌も明けて、そろそろぶらり旅にでもと思いながら、
今はまだGW真っ最中 ><;相変わらずの多度山通いを続けています ^^;
先月末には山上公園周辺の”ヤマツツジ”が見ごろでした。

この日はやや終盤の木も見られましたがそのヤマツツジです。

Tadoyamat01
山上公園とその周辺に咲くヤマツツジは結構数があり

Tadoyamat02
高峰神社参道沿いから

Tadoyamat03
公園周辺に点在してい咲いています。

Tadoyamat04
全体には小ぶりな木々が多く

Tadoyamat05
こうした花付きの多い木は数か所でみられるだけですが 
ここ数日で見ごろを迎えていました。

Tadoyamat06
なかには数少ないモチツツジも見られます ^^

Tadoyamat07
こちらは自然木ではなく公園に植栽されているオオムラサキツツジ、
こちらはこれから見ごろのようですが、ヤマツツジは間もなく終盤です。

オマケ!
Tadoyamat08
「瀬音の森コース」の道筋に咲き始めていた”キンラン”です ^^
時期的に訪れていなかったからか、初めて見ました。

この時期は花の少ない多度山山上ですが、
これからは「健脚コース」沿いに咲くネジキやコムラサキシキブなど、
木々の花が咲き始めます ^^    📷 2日

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »