2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月31日 (土)

稲沢 砂の造形展

稲沢市祖父江町にある「サリオパーク祖父江 ワイルドネイチャープラザ」。
今、恒例の「稲沢サウンドフェスタ」が開催中(~11月3日・祝日)ですが、 
今年はコロナの感染拡大防止のためにイベントはすべて中止となり、
稲沢砂の造形展として砂像だけが展示されています。
展示期間も少なくなったこともあり、ちょっと出かけてきました。

今年は「光 ~新しい明日へ~」をテーマに大型砂像10基の展示。

Inazawas01
会場正面から入りましたが

Inazawas02
砂像は手前から逆順での撮影 ^^;
まずは NO.1
0から、タイトルは「他愛の欠落」。
それぞれにコンセプトも掻かれていますが、今回は抜粋したり省いたりと
好き勝手ですが、ご容赦を ><;

Inazawas03
NO.9のタイトルは「光」

Inazawas04
NO.8 は「明日へ」と、それぞれに力作が続きます。

Inazawas05
NO.7 「疫病退散」
砂像は正面からの撮影をしていますが、観賞はもちろん像をひと回り ^^;


Inazawas052
これも全ての全体を載せたいところですが、
載せると枚数が多くなり、好きに選んだその一部でこれもご容赦を ><;
(始まってからの天候により裏側は一部壊れた部分もあります)

Inazawas06
Inazawas062
NO.6 「がんばれ日本!」
もちろん来年のオリンピック・パラリンピックですね ^^

Inazawas07
NO.5 「ヒカリの子」
コンセプトを読まないとちょっと?・・・でしたが ><;
これもコロナ禍による不安と明日への希望がテーマです。

Inazawas08
NO.4 「まぼろし~~ そろりそろり」

Inazawas082
”2020年はまぼろしとなったいろんな事を、
2021年に向かってそろりと前へ進めよう。苦しくとも必ず・・・”と

Inazawas09
NO.3 は「乾杯!!」、いつかマスクをとって・・・と ^^

Inazawas10
NO.2「頑張れ!地球号!!」、テーマはコロナと人種、人権問題ですが
中央の顔は竜?

Inazawas102
裏に回ってその背を ^^;細工が細かいです。

Inazawas11
そしてNO.1が「涅槃寂静」
コンセプトに”・・・平安な日常を送れることを願います”とありました。

コロナ禍のなかで、少しでも明るく前向きな気持ちになれるように、と。
あらためてその今年のテーマ「光 ~新しい明日へ~」、 
素晴らしい砂の造形美10作品を楽しみました。   📷 29日

2020年10月30日 (金)

なばなの里のダリア

午前中の所用を済ませて時間ができたため、ちょっと近場へ花を見に ^^;
この日は朝から曇り空でしたが、この花なら日差しがなくてもいいかと、
今はダリアが見ごろになった「なばなの里」です。
以前にコスモスとともに少しだけ載せましたが、
コスモスはすでに半分になったものの、ダリアは今が見ごろです。

そのコスモスが咲き残る「花ひろば」の入口から

Nabanad01_20201029174201
コスモスと同じ色のダリアを選んでみました ^^
ダリア園は花ひろばの奥にあります。

Nabanad02_20201029174201
植えられているダリアは約200種類
 

Nabanad03_20201029174201
極小輪から超巨大輪に、ボール咲きやポンポン咲きなど

Nabanad04_20201029174201
その数は約8,000株(32、000本)とも

Nabanad05_20201029174201
”アイランド富士”とのコラボは定番です ^^;

Nabanad06_20201029174201
Nabanad07_20201029174201
秋の深まりとともに彩りと美しさが増していくというダリア!

Nabanad08_20201029174201
同じ株に順に花がついて、1番はじめが「1番花」、
次が「2番花」で、3番、4番まで行くと全盛といえる・・・とのことですが 


Nabanad09_20201029174201
今がほゞ全盛でしょうか ?
とにかく有料施設だけにここのダリアは見応えがあります ^^;

Nabanad10_20201029174201
昨年から登場のダリアは”令和”

Nabanad11_20201029174601
最後は今年もこの花、超巨大輪の”なばなの里”を ^^;

今回はダリアを中心に載せましたが、コスモスもまだ綺麗でした。
すでに恒例のイルミネーションも始まっています。
 📷 28日

2020年10月27日 (火)

秋晴れの多度山ハイク!

コロナのおかげで出かけるところもなく、運動不足の解消にと始めた
三重県桑名市多度町にある「多度山」通い。
近場で手ごろな山歩きができるところだけに今でも続けていますが、
この日も朝から快晴となり、飽きもせずに ^^;出かけました。
ブログに載せるのは何日ぶりか?
いつものように「健脚コース」から”海の見える展望所”折り返しでした。

1合目(標高177m)、2合目(196m)、3合目(220m)、
4合目(243m)と林の中を登って行き、5合目の展望所からです。

Tadoa01
5合目(257m)、山頂からの展望と重なりますが、やや南東から。
いつもと変わらぬ眺めですが、展望はまずまずでしょうか ^^;

Tadoa02
6合目(297m)はさらに南側の展望、
木曽三川の伊勢湾河口部と、眼下に多度町の町並みです。
7合目(325m)は林の中の休憩ベンチ?だけで通過 ^^;

Tadoa03
8合目(354m)は西側の展望に変わり、
鈴鹿の山脈が続きますが、見えるのは鎌が岳と御在所岳に釈迦が岳です。

このあと9合目(388m)から鉄塔群が建ち並ぶ山上に出ると、
山頂への分岐から「瀬音の森コース」に入ります。
いったん少し下って次のピークまで登り返す約1.2kmの道を行き

Tadoa04
この日の”海の見える展望所”(478m)。
今回は中央に見える川越火力発電所から四日市霞埠頭方面ですが、
少し海を強調してみました ^^;

ここから多度山山頂へと戻ります。

Tadoa5
その山頂(403m)。
この日は日曜日だけに多くの方が登られていて人が多く、
さすがに大人から家族連れまで人気の山です。

Tadoa06
こちらも正面に見える木曽三川公園センターと名古屋市街地ですが、
この日も残念ながら恵那山や御嶽山は霞んでいて見えません ^^;

オマケ! この日はやっと見つけた秋の花 ^^

 Tadoa07 Tadoa08
瀬音の森コース沿いに咲いていた”センブリ”と

Tadoa09
咲き始めた”コウヤボウキ”です。
この花は山上周辺で見ることができるため、これからの楽しみです ^^

今年は2月から通い続けた多度山ですが、コロナの終息はまだ???
しばらくは山歩きが続きそうですが、そろそろ紅葉も始まります。
こちらも3蜜を避けて計画しなければ・・・ ^^;   📷 25日

2020年10月26日 (月)

近江日野町のコスモス

近江八幡市小田町のコスモスを見て、国道477号線を戻ります。
久しぶりに走る国道477号でしたが、この道沿いにはもうひとつ、
途中の日野町西大路によく知られたコスモス畑があります。
実は、1週間ほど前に一度下見に来ていました ^^;
そのときはまだ咲き始めでしたが、情報では”5分ほど”になったとのこと。
(現在は早咲き7分で見ごろ近しに変わりました ^^)

国道477号線からブルーメの丘へと県道508号線に入ったすぐ、
この日はこちらも目的でしたが・・・

Hinoa01
メインのコスモス畑はまもなく見ごろでしょうか?
定番のブルーメの丘の塔と一緒に ^^

Hinoa02
その右手東側には綿向山と鈴鹿山系

Hinoa03
こちらにはさらに先にも数枚のコスモス畑があります。

Hinoa04
メイン畑を周りながら

Hinoa05
その東側にある畑から、比較的咲いているコスモスです ^^;

Hinoa06
中間にある畑から、県道沿いの畑を眺めてメイン畑に

Hinoa07
こちらのコスモスは東に向かって咲いているため

Hinoa08
畑をひと回りしないと正面から撮れないのが難?^^;

Hinoa09
東側にある畑を周って、こちらは県道を挟んだ西側
こちらにも数枚の畑がありますが、残念ながらまだこれからです。

オマケ!

Hinoa10
傍を流れる出雲川に架かる橋の欄干にいらっしゃるひつじさんと一枚 ^^

近江日野町西大路のコスモス畑は少し開花が遅れているようですが、
24日現在、早咲きが見ごろ時期になったとのこと。
ここは広範囲に畑が点在するため、しばらくは楽しめそうです。 📷 24日

2020年10月25日 (日)

近江八幡小田のコスモス

今年のコスモスめぐりは、なるべく初めてのところを探していたこともあり、
有名どころは近場だけになりました。
コスモスもどうやらこれが見納めになるかもしれませんが ^^;
今回のコスモスめぐりはこちらも近場といえば近場、近江のコスモスです。
近江にも有名、無名のコスモス畑がありますが、
まずは初栽培というコスモス畑の情報に、町名だけを頼りに走ったのは、
近江八幡市小田町にあるというコスモス畑でした。

国道8号線から、国道477号線をさざなみ街道へと走る途中

Ooda01
小田の集落を抜けたすぐ、国道を挟んで左右に広がるコスモスです ^^
その左(南)にあるコスモス畑

Ooda02
花は綺麗で今がちょうど見ごろでしょうか?

Ooda03
その先にあるもう一面、
こちらはまだ咲いていない花もあり・・・ちょっとまばらな咲き様 ^^;

Ooda04
そして国道を挟んだ右(北側)、こちらがどうやらメイン畑のようですが、
見える山は手前に”水茎岡山城跡”、奥には八幡山でしょうか?

Ooda05
西に連なる山脈は比良山系!

Ooda06
広い畑にはコスモス迷路も作られていて、中に入れます。

Ooda07
山系の左端に見えるのは比叡山 、背にしているのは住宅街ですが・・・
やはりここは山側(びわ湖側)が撮影ポイントでしょうか ^^

Ooda08
この日もまた風が強く、揺れるコスモスならと・・・あえて ^^;

Ooda09
ちょっと遊んでしまいましたが、秋空とコスモス!

Ooda10
あらためて南側のコスモス畑から比叡山です。

小田町の農地と環境を守る会の方たちが初めて植栽されたという・・・
思っていた以上の広い畑に綺麗なコスモス!うれしい誤算でした。
見ごろは今月一杯とか、来年も期待したいところです ^^ 📷 24日

2020年10月21日 (水)

御在所岳の紅葉は・・・

10月も半ばを過ぎると気になるのが御在所岳の紅葉ですが、
まだ早いかと思っていたら、すでに山上は”見ごろ”との情報です ^^;
このところの雨と強風もあり、出かけるのをためらっていましたが、
この日は快晴で風もなく、ロープウエイでのお手軽登山でした。

近年はあまり綺麗な紅葉を見ていません

Gozaishoa01_20201020160701
今年もまたロープウエイから眺める「富士見岩展望台」下からです。
感じではやはり早い気がしましたが・・・

Gozaishoa02_20201020160701
朝陽台広場からの東斜面、ここは綺麗に見えます

Gozaishoa03_20201020160701
富士見岩展望台から、今回は縦位置です ^^
アップで載せるのは周りがまだそれほど染まっていないから ><;

Gozaishoa04_20201020160701
ちびっこそり広場から見上げるレストラン”ナチュール”
一の谷新道登山道口にある紅葉も染まり始め ^^;

Gozaishoa05_20201020160701
山頂への散策路に入ります。
ここまでは落ち葉も多く、あまり綺麗な紅葉ではありません ><;

Gozaishoa06_20201020160701
山頂
こちらもすっきりしない木が多く、ちょっと冴えない紅葉です。

Gozaishoa07_20201020160701
今回はススキと鎌ケ岳 ^^

Gozaishoa08_20201020160701
望湖台
かすかに彦根と米原方面が確認できましたが・・・
周りの紅葉は枯れ木が目立っていまひとつ。

Gozaishoa09_20201020160701
山頂から下って、記念公園広場から中央にある長者池周辺の紅葉、
ここが染まると綺麗ですが・・・あと少しでしょうか?

Gozaishoa10_20201020160701
八大龍王鳥居周辺
ここから御嶽大権現への参道ですが、ヤシオツツジの紅葉もいまひとつ ^^;

Gozaishoa11_20201020161301
御嶽大権現
がん封じ観音傍にある木は染まっていますが、周囲の紅葉はあと少し。

Gozaishoa12_20201020161301
戻った朝陽台広場
部分的ですが、ここはいつも綺麗な紅葉が楽しめます ^^

オマケ!

Gozaishoa13_20201020161301

この日は見ごろとの情報も、私的にはやはり早い感じの紅葉でした。
ここ数年、山上全体が赤く染まったのを見たことがありませんが、
数日もすればもう少し綺麗な紅葉が見れるのではないでしょうか?

ただ、週末に向けてまた雨予報です ><;  📷 20日

2020年10月17日 (土)

思わぬコスモス畑に・・・

この時期、車で走っているとよく目にするコスモス!
時には広いコスモス畑にビックリすることもよくあることですが、
この日は先日池田町へと走る途中の、垂井町梅谷の県道53号線沿いでした。
その広いコスモス畑の咲き様に、思わず空き地に車を停めたものの、
歩道沿いには電磁線が張られ、ちょっと撮影には厳しい場所でした。
場所はちょうど傍を通る東海道本線(新垂井線)の北側、
南北に細長い畑に近寄れるのはその南北にある道の入口からだけ ^^;
その北側から入った道沿いからです。

Taruiu01
先に少し見える架線柱は東海道本線(貨物?の新垂井線)です。

Taruiu02
北から南へと続くコスモス畑は数枚に分かれていて

Taruiu03
その畑の畦道に入っての撮影 ^^;

Taruiu04
東海道本線を走る列車は貨物列車で、いつ来るかもわからず、
決してロケーションはよくありませんが

Taruiu05
コスモスは今が見ごろと咲いています。

Taruiu06
Taruiu07
Taruiu08
南には連なる南宮山の山並みから、右に伊吹山方面が背景 ^^

Taruiu09
北には

Taruiu10
池田山から春日の山並みに敷原の集落。

三方を山に囲まれた田園地帯の一角に咲き乱れるコスモス!
コスモスを楽しむのは有名どころだけではないと ^^;
思わぬコスモス畑に楽しませてもらったひとときでした。  📷 14日

2020年10月16日 (金)

菰野町田光のコスモス

各地のコスモスも見ごろのところが多くなってきましたが、
開花はそれぞれに違っているためか?まだ情報がないところもまた多く、
この日も朝から秋晴れの青空が広がるなか、情報がないならと・・・。
近場です ^^;走ったのは菰野町田光のコスモス畑です。
今年はコロナの件もあり、慌てずに待とうと思いながら、
時期が来るとつい出かけてしまう悪い癖、これが当たりました ><;

まだ全体には3~4割ほどの開花でしたが・・・まずはこの花から

Tabika2001
ここではお馴染みのヒマワリとコスモスですが

Tabika2002
今年のコスモス畑は県道の北側(国道306号に向かって右側)、
ひまわり畑駐車場と、医院の建物を挟んだ東と西です。
比較的咲いているのがその西側の畑でした。

Tabika2003
とはいえ、まだこちらもうつぼみが目立ちます ^^;
畑はヒマワリにコスモス3種類。

Tabika2004
これはピコティでしょうか?こちらは見ごろ ^^

Tabika2005
お馴染みのキバナコスモスはまだ咲き始め ><;

Tabika2006
キバナコスモスの畑を背に、西側のコスモスとヒマワリ畑ですが、
どちらかといえばまだヒマワリ畑が目立ちます。

Tabika2007
綺麗なコスモスも撮りました ^^

Tabika2008
ここは鈴鹿山系の麓にあり、その山脈が借景になります。
中央に鎌が岳と、右隣に御在所岳

Tabika2009
その右に続くのは釈迦が岳です。

あとは反対側の東側にあるコスモスですが・・・

Tabika2010
こちらはまだ咲き始めで、やはり開花はまばらです。

菰野町田光のコスモス畑。
今年も昨年と同じ日に来てしまいましたが、早すぎました ^^;
見ごろになるのは20日頃からでしょうか?  📷 15日

2020年10月15日 (木)

山里のコスモス畑

インスタでフォローしている方のコスモス情報に、
思わず出かけてしまった岐阜県揖斐郡池田町のコスモス畑です。
ふれあい街道の大津谷公園から東に下った先を少し北に入ったところ、
般若畑の集落の外れにありましたが・・・
おおよその見当を付けていたものの、迷いました ><;
と、いうことで詳しい場所は省きますが、山里に咲くコスモスです。

入口には”ぎふ水土里のプロジェクト”の幟があります。

Ikedahc01
池田山から連なる峰を背景に

Ikedahc02
里の外れに咲く静かなコスモス畑!

Ikedahc03
つぼみもまだ多いですが、花はちょうど見ごろでしょうか ^^

Ikedahc04
すぐ先はもう集落ですが、周りは畑のなか

Ikedahc05
コスモス畑は2段、
ひとつの畑は中を歩けるようになっています ^^

Ikedahc06
それほど広くはないコスモス畑は

Ikedahc07
ゆっくりと回って花を楽しめます。

Ikedahc08
この日は平日だからか、それともあまり知られていないのか?
訪れる人も無く、独り占めのコスモス畑 

Ikedahc09
静かな中で楽しむコスモスでした ^^;

Ikedahc10
池田町は”揖斐茶”の茶処として知られるところ。

岐阜県揖斐郡池田町般若畑、山里に咲くコスモスは今が見ごろでしたが、
各地のコスモスもどうやら本番を迎えているようです。 📷 14日

2020年10月13日 (火)

東員町のコスモス畑

今年はコロナ禍の影響で近隣のコスモス畑もイベントが中止や、 
早くから播種が取りやめになったところもあり、少々寂しい感がります ><;
そんななか花だけは見られるところも、そろそろ開花情報が出始めました。
この日は朝から曇り空でしたが、時間とともに青空が広がったところで、
我が家からいちばん近い ^^;員弁郡東員町のコスモス畑です。

まだ”5分咲き”という、コスモスですが・・・

Toincos01_20201012180101
3年ぶりか?三岐鉄道東員駅の南側に戻ったコスモス畑!
ちょっと畑の北側はまだつぼみが多く、情報どおりの咲き様でしょうか?
咲く花はまだまばらな感じです。

Toincos02_20201012180101
コスモス畑の南側に来ました。
こちらの畑は7~8分咲きか?見ごろといってもいい状態です。

Toincos03_20201012180101
三岐鉄道北勢線は現役のナローゲージ(狭軌)鉄道 、
走る車両は”黄色いガタンコ”と呼ばれて人気があります。
ここに来ればやはりコスモスとその黄色いガタンコでしょうか ^^

Toincos04_20201012180101
この時間帯は東員駅を同時発の上下線ですが、まず阿下喜行き下り電車

Toincos05_20201012180101
続いて撮影方向が変わりますが、上り西桑名行きが来ます。

Toincos06_20201012180101
同時刻の発車のはずでしたが・・・上下の電車がすれ違います?
予定外も、これはこれでまた良し! ^^

Toincos07_20201012180101
遠ざかる下りの”黄色いガタンコ”!

Toincos08_20201012180101
あとは鈴鹿の山脈とコスモスですが、
チョイスしたのは・・・やはり御在所岳と国見岳です ^^

Toincos09_20201012180101
あらためて南側

Toincos10_20201012180101
そして北側の畑、
この日は月曜日でしたが、訪れる人が多い東員コスモス畑でした。

見ごろにはまだ少し早い感じでしたが、
全体が見ごろを迎えるのはこの週末辺りからでしょうか。
近隣各地のコスモスもこれから見ごろを迎えるようです ^^  📷 12日

2020年10月10日 (土)

続・山の辺の道 秋!

「山の辺の道」南コース、前半は桜井市渋谷町までしたが、
続きは天理市柳本町に入って「崇神天皇陵」傍にある休憩地からです。

桜井市渋谷町の集落から田園地帯に出ると、
しばらくで「崇神天皇陵」があります。

Yamanobea201
その手前にある休憩所
遠くには二上山から葛城、金剛山まで見渡せ、
春には見事なサクラの下で休憩できますが・・・秋は寂しい ><;
ここも御陵の東側を通り抜けて行きますが

Yamanobea202
すぐに「天理市トレイルセンター」に着きます。

Yamanobea203
ここは道を歩く人や、龍王山への登山者のための休憩施設ですが、
すでに小雨が降り始めていたため、この日は先を急ぎました。

Yamanobea204
晴れたり曇ったりのなか、しばらく田園の中を行く道

Yamanobea205
すでにヒガンバナは終わっていますが、
今は刈り入れ前の穂が綺麗な田園風景が続きます。
「中山廃寺」を通過すると

Yamanobea206
「念仏寺」
少しだけ咲き残るヒガンバナを見て、墓所の中を通り過ぎます。

Yamanobea207
「衾田陵」への道を分けると萱生町(かようちょう)、
ここは環濠集落の中にある「西山古墳」で、この辺りも古墳群の多いところ。

Yamanobea208
萱生町は大和平野を一望できるスポット!
少し小雨がぱらつくなかで眺望はいまひとつですが

Yamanobea209
山側には綺麗なコスモスが咲いていました ^^
環濠集落で知られる竹之内町を過ぎると乙木町

Yamanobea210
「夜都伎神社」前を通過して稲穂の中を行く道

Yamanobea211
実りの秋 ^^

Yamanobea212
小雨のなかで楽しむ秋景色です。

ここからはコース最後の胸突き八丁!
天理観光農園前の急坂を登りきって坂を下ると

Yamanobea213
「内山永久寺」跡
ここまで来ればコースの最終地「石上神宮」はもうすぐ ^^

Yamanobea214
神宮境内の道に入ると

Yamanobea215
鬱蒼とした布留の森に鎮座する「石上神宮本殿」に到着。

山の辺の道はこの先、本殿前を通ってさらに北へと続きますが、
奈良市まで続く北コースはまたの機会に ^^;
今回は少しだけ秋の花も楽しめた古道歩きでした。 📷 7日

2020年10月 9日 (金)

山の辺の道 秋!

台風14号の接近が予想される週末・・・ということで、
この日は午後から雨との予報でしたが、晴れている間にと、
急遽出かけた奈良県は「山の辺の道」南コースです。
今年の春はコロナのために出かけられず、
この時期もすでにヒガンバナも期待できないと思いながら、
秋の「山の辺の道」もまた良し! かと^^

少し遅い時間のスタートでしたが、いつものように近鉄桜井駅から
海柘榴市(つばいち)に出ます。

Yamanobea101
今回は特に道筋の神社仏閣や史跡の紹介はサラッと・・・で、
秋の景色を楽しみながらの古の道歩きです ^^

Yamanobea102
海柘榴市から「金屋の石仏」への道、すぐ先がその金屋の石仏。
この辺りからは神社仏閣が多く見どころの続くところですが、
サラッと通り過ぎていきます ^^;

Yamanobea103
最初の寺院は聖徳太子の建立と伝わる古刹「平等寺」、
ここからは広大な「大神神社」の境内を南から北へと周っていきます。

Yamanobea104
大神神社正面二の鳥居前から「若宮社」への参道

Yamanobea105
大神神社を北側に周りこむとその先が「狭井神社」、
ここを過ぎるとようやく山の辺の道らしい雰囲気になります。

Yamanobea106
柿畑や田んぼ沿いの細い道

Yamanobea107
道は森の中から「玄賓庵」の白壁沿いを行く石畳の道

Yamanobea108
”山邊道」の石柱が建つ森の道を登ると・・・

Yamanobea109
「桧原神社」、ここは大神神社の摂社で元伊勢といわれ、
本殿前の珍しい”三ツ鳥居”で知られます。
ここまでは有名寺社の多い道ですが、ここからは集落や田園地帯を行く古道。

Yamanobea110
桜井市箸中の集落を見下ろすここには「大和の青垣」案内板があります。

”倭は国の まほろば 倭しうるはし たたなづく 青垣 山籠れる”
 と
古事記にうたわれている奈良盆地の周りを囲む山地は、
昔から青垣山と称されて昭和45年(1970)末には
盆地の東部の丘陵線が
大和青垣国定公園に指定されています。 

Yamanobea111
集落を抜けてふたたび田園地帯の中を行く道

「山の辺の道(山邊の道)」は古代、奈良盆地の東に連なる
美しい青垣の山裾を縫うように、
三輪山の麓から石上(いそのかみ)を通り奈良へと通じる道・・・と。


Yamanobea112
桜井市穴師の集落
道沿いには、今も日本書紀や万葉集などにゆかりの地名や伝説が残り、
数多くの史跡が残りますが、今回は秋を楽しむ道歩き ^^;。


Yamanobea113
穴師の田園地帯と、はるかには奈良盆地が望め、
さらに左手には信貴、生駒の山々が連なります。

Yamanobea114
この辺りは綺麗な花々も見ることができ癒されるところ ^^
すぐに「景行天皇陵」ですが、その傍を巻いて行くと渋谷の集落。

Yamanobea115
天皇陵より綺麗なコスモスに目がいきました ^^;

山の辺の道南コース
ここからすぐに「崇神天皇陵」ですがちょっとひと休み 。
このあとは桜井市から天理市へ・・・続きます。  📷 7日

2020年10月 8日 (木)

なばなの里のコスモス

稲沢市祖父江の木曽三川公園ワイルドネイチャープラザから、
戻る途中に立ち寄った桑名市長島町にある「なばなの里」です。
家族連れに人気の「木曽三川センター」とともに観光客に人気ですが、
すでに「ダリア・コスモスまつり」が始まっています。
ここは有料施設だけにそのスケールの大きさはさすがでしょうか ^^;
すでにコスモスは見ごろ!ダリアは3割ほどの開花という・・・。

開花情報は”見ごろ”でしたが・・・
Nabanac01
ほゞ満開に近い見事な咲き様です。
久しぶりにパノラマ風に撮ってしまいました ^^;

Nabanac02
入口に置かれた見晴台周辺に咲くダリアと

Nabanac03
花ひろばを回りますが・・・さすがに有料施設だけあって、
手入れも良く綺麗なコスモスが楽しめます。

Nabanac04
Nabanac05
その数、150万本ともいうコスモスですが・・・文句なし!

Nabanac06
こちらはキバナコスモスの花壇

Nabanac07
赤やオレンジ色の種類がメインですが、
これがまたひと際目立ちます ^^

Nabanac08
花ひろばのコスモスを取り巻くように

Nabanac09
その周囲にはお馴染みのダリアも咲き始めています。

Nabanac10
この日が3割ほどの開花情報でしたが、
こちらはまもなく見ごろを迎えそうです ^^

ダリアはまたの機会に載せようと思っていますが・・・
この週末は台風接近との予報です ><;
ダリアは風対策が取られていますが、コスモスが心配です。 📷 6日

2020年10月 7日 (水)

ワイルドネイチャープラザ

このところ、朝晩は寒いほどでようやく秋らしい日になってきました。
各地のヒガンバナも”見ごろ”との情報から、すでに終盤を迎えているところなど、
場所により様々なようですが ^^ この日は”秋晴れ”との予報も朝から曇り空 ><;
出かけたのは稲沢市祖父江にある「木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ」です。
ヒガンバナは見ごろの情報からすでに日が経っており、
期待はしていませんでしたが・・・ちょっと、他にも見たいものがありました ^^;

まずはヒガンバナ!

Wildnaturep01
思っていたよりはまだ咲き残っていましたが

Wildnaturep02
すでに見ごろ過ぎでほゞ終わっています ^^;

Wildnaturep03
わずかに残る綺麗なところを選んでいますが・・・

Wildnaturep04
Wildnaturep05
花はこれがラストチャンスでしょうか ><;
これは予定していたことでしたが、見たかったもうひとつは、
ワイルドネイチャープラザのサリオパーク祖父江で行われる
「稲沢サンドフェスタ2020」の砂像の制作 ^^

Wildnaturep06
今年はイベントが全て中止になっていますが、
”砂の造形展”はこの週末10日(土)から開催されます。

Wildnaturep07
今、その砂像がちょうど制作中でした。

Wildnaturep08
砂像の制作過程はなかなか見ることができませんが、
この日はその一部を見せてもらうことができました ^^

Wildnaturep09
Wildnaturep10
「稲沢サンドフェスタ2020 ~砂の造形展~」
今年は「光~新しい明日へ~」がテーマの砂像10基が展示されます。

木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ
ヒガンバナはもう見納めでしたが、
”砂の造形展”は11月3日(火・祝)までの長期開催です。 📷 6日

2020年10月 6日 (火)

コスモス競演!秋の花物語

朝から雨模様の曇り空でしたがお昼には晴れてきました。
日が差せばやはりこの花、コスモスでしょうか?^^
近場でコスモスといえばまず岐阜県海津市の「木曽三川公園センター」。
メインのコスモス(オータムビューティミックス)も見ごろを迎え、
先に見たキバナコスモスとの競演が見られるという・・・。

いつものように北口からです ^^;

Sansencc01
センタープロムナードのピコティも咲き揃っています ^^

Sansencc02
ピコティ越しにキバナコスモスは(レモンブライト)、
大花壇を周ります。

Sansencc03
Sansencc04
メインのオータムビューティミックスはまだつぼみも多く、
全体では8割ほどの開花でしょうか?

Sansencc05
Sansencc06
お昼過ぎ、
晴れたこともあり、時間とともに人も多くなってきました。

Sansencc07
大花壇上部のキバナコスモス花壇から三川池側に出ます。

Sansencc08
手前に咲き始めたキバナコスモスはイエローガーデン!
こちらはまだつぼみが多く、見ごろはこの週末以降でしょうか?

Sansencc09
北エリアのコスモスはまもなく全開になりそうですが、
今回は南エリアも見てきました ^^

Sansencc10
こちらはハローウイン仕立てのなか、少し終盤の花もありますが、
いろんなコスモスが咲いていて賑やかです ^^;

オマケ!

Sansencc11
もう終わりと思ったヒガンバナでしたが・・・><;

木曽三川公園センターの「秋の花物語」。
メインのコスモスはまもなく全体に見ごろを迎えますが、
各地のコスモス開花情報も賑やかになってきそうです ^^  📷 5日

2020年10月 2日 (金)

いなべ上笠田のヒガンバナ

里の秋!いなべウオークは丹生川久下まで戻り少し北へと歩きます。
員弁川を天王橋で渡って北勢町麻生田に入ると、三岐鉄道北勢線に沿った
ウオーキングコース”軽便鉄道と昭和のまちに出逢う道”を南下して行きます。
上笠田は線路沿いに咲くヒガンバナと、軽便鉄道の可愛い電車
”黄色いガタンコ”とのコラボが撮れるところとして人気ですが、
今回は歩きのため、電車に合わせて待機ができず待ったなし ^^;

麻生田の集落南端からウオーキングコースへ

Kasadah01
員弁川左岸の田園地帯から藤原岳。
しばらくは用水路沿いを歩いて行きますが

Kasadah02
線路と出会ったところでいきなり上り電車(西桑名行き)通過 ><;
列車はこのあと10分ほどで下り(阿下喜行き)がくるはずですが・・・
彼岸花の群生地まではまだ距離があります ><;

Kasadah03
ちょうど群生地の北の端、花はやや終盤かと思いましたが、
まだつぼみも多く・・・どうなっているのか?

Kasadah04
そんなヒガンバナを撮っていたら電車が来てしまいした ^^;
この場所で撮るのは初めてでしたが、まぁ、撮れて良し!

Kasadah05
ただ、線路側はすでに終盤で色あせが始まっていて、
綺麗な花は田んぼ側の道沿いばかり。

Kasadah06
とはいえ、こちらはつぼみも多く、見ごろはまだこれからかも?

Kasadah07
藤原岳もかなり遠くになり、
この日のウオーキングもまもなくお終いです ^^

Kasadah08
最後はコースの人気スポット北勢線の「めがね橋」、
ヒガンバナは赤・白ともほゞ終盤でした ^^;

いなべ市の片樋から丹生川、麻生田、上笠田をめぐるウオーキング、
今年も歩いて楽しんだそば畑とヒガンバナでした。 📷 9月30日

2020年10月 1日 (木)

里の秋!そば畑とヒガンバナ

ヒガンバナが咲き始めると気になるのがソバの花 ^^
今年はコロナ禍でなるべく遠出を控え、県内の移動が多いですが、
近場でそば畑といえばやはりいなべ市のそば畑とヒガンバナでしょうか。
近すぎて ^^;例年歩いてめぐっているいなべ市のソバ畑ですが、
今年もまた、運動を兼ての里の秋を楽しむウオーキングでした。

いつものように大安町高柳から旧員弁第一街道に入ります。
すぐに片樋(かたひ)の集落ですが・・・

Inabek01
集落の西側を通る現在の県道を行くと、その左側にそば畑が広がります。

Inabek02
県道沿いや、畑の周りにはヒガンバナが咲き

Inabek03
鈴鹿の山々に、ソバの白い花とヒガンバナの赤い帯が歩きの友 ^^

Inabek04
ときおり走る車がちょっと邪魔ですが、
それがなければのどかな里の秋!を感じるところでしょうか ^^;

この道は春やこの時期に何度か載せていますが、
丹生川に入って”おかげ参り旅立ちの地”を過ぎると丹生川中。

Nyugawang01
こちらは三岐鉄道丹生川駅の先に広がるそば畑!

Nyugawang02
そば畑の先には藤原岳

Nyugawang03
ソバの花もちょうど見ごろでしょうか ^^

Nyugawang04
Nyugawang05
定番ですが ^^;そば畑と電車とのコラボ  ^^;

Nyugawang06
ここでもヒガンバナとのコラボが楽しめます。

ここは線路を挟んで東西に広大なそば畑が広がりますが、
この日は歩いてきているため、東側と少しだけ西側の撮影でした。
このあとはいなべ川の左岸に出て、笠田のヒガンバナです ^^   📷 9月30日

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »