2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ひるがの高原 牧歌の里 | トップページ | 恵那市笠置町姫栗の里 »

2020年8月31日 (月)

琵琶湖周航の歌碑めぐり

大正6年(1917)に生まれた「琵琶湖周航の歌」。
琵琶湖周辺には曲にまつわる各地に歌碑が建てられていて、
一部は立ち寄ったところもありますが、すべてを見たことがありません。
2017年に歌が作られてから100周年を迎えていたとのことで、
遅まきながらですが、今回はその歌碑をめぐる琵琶湖周遊ドライブです。
曲の生い立ちや、いわれについては良く知られていて解説は無しですが、
その歌碑がある琵琶湖周航のゆかりの地。
参考にしたのはびわこビジターズビューローさん作成の
「琵琶湖周航の歌100周年記念歌碑・・・”すご6MAP”」でした。

旧制第三高校(現在の京都大学)ボート部が琵琶湖周航行(3泊4日)に出たのは
大正6年(1917)の6月末、大津市観音崎の三保ヶ崎から。
その歌碑は観音寺交差点のすぐ近く
 
Biwakoss01
琵琶湖第一疎水取水路右岸にある旧制第三高校のマークの入った漕艇庫

Biwakoss02
橋を渡った右側
草叢に覆われた ><;小公園の奥にその碑があります。
碑面には1番の歌詞から最初の一節が刻まれていますが

Biwakoss03
 ♪ われは湖の子さすらいの 旅にしあればしみじみと  
   昇る狭霧やさざなみの 志賀の都よいざさらば~~ 
昇る狭霧・・・ではなく快晴ですが ^^;ここから琵琶湖を時計回りです。

今回の周遊ドライブは2日間で順不同でしたが周航の順に載せていきます。
琵琶湖を北上していくと次が雄松崎(近江舞子・小松) 

Biwakoss04
名勝「月見浜」、この日は8月最終日の週末で大混雑でした ><;
先に見えるのが「雄松崎」

Biwakoss05
2番の歌碑はホテルの前にありました。
♪ 松は緑に砂白き 雄松が里の乙女子は 赤い椿の森陰に
   はかない恋に泣くとかや~~

Biwakoss06
赤い椿・・・ではありませんが、すでに実が生っている椿の木 ^^;
ここが周航1日目の宿泊地。

作詞した小口太郎が琵琶湖周航2日目の今津の宿でクルー仲間に披露し、
学生の間ではやっていた「ひつじぐさ」の曲に合わせて歌ったのがその始まり。

Biwakoss07
その2日目の宿泊地今津、歌碑は今津港の桟橋傍にあります。
3番歌詞は 
♪ 波のまにまに漂えば 赤い泊火(とまりび)懐かしみ
   行方定めぬ波枕 今日は今津か長浜か ~~
赤い泊火は、桟橋のいちばん先に建っていた小さな桟橋灯とも。
ここにはすぐ傍に「びわ湖周航の歌資料館」がありましたが、
現在は少し離れた今津東コミュニティセンター に移転しています。

ここからは直接次の4番歌碑がある竹生島ですが・・・
この日は車のためそのまま長浜へと走ります。

Biwakoss08
琵琶湖をさらに北上して行きますが、海上鳥居のある「白髭神社」。
彼らもボートを漕ぎながらこの鳥居を見たのでしょうか?
 ※(鳥居は大正時代には無かったようです m(__)m ) 
さらに琵琶湖の北東部を回って

Biwakoss09
着いた長浜は「豊公園」の湖畔。
ここのあったという3番の歌碑が・・・ありません ><;

本来は「竹生島」にある4番の歌碑
♪ 瑠璃の花園珊瑚の宮 古い伝えの竹生島 仏の御手に抱かれて
   眠れ乙女子やすらけく~~  なんですが、
竹生島航路は現在コロナ対策で事前予約は必要、週末は空席乗船が難しく、
今回はここにあった番外の歌碑で済ませようとしたんですが、残念!
そのまま湖岸道路を彦根へと走ります。

Biwakoss10
こちらは彦根港の突端に建つ5番の歌碑
♪ 矢の根は深く埋(うず)もれて 夏草しげき堀のあと 
   古城にひとり佇めば 比良も伊吹も 夢のごと~~

Biwakoss11
”比良も伊吹も・・・” 伊吹は右手に少しだけ見えましたが、
目の前には比良の北部と多景島 ^^

Biwakoss12
歌詞にある古城が彦根城かどうかは分かりませんが・・・
港から少し離れてみる「彦根城」。

残るはひとつここからは琵琶湖東側を南下します。

Biwakoss13
近江八幡市長命寺町にある長命寺港への道筋に建つ歌碑。
碑面には歌詞の後半部”黄金の波に いざこがん”が刻まれていますが、
ここにはもうひとつ、長命寺本堂前に奉納された歌碑があります。

Biwakoss14
本堂に至る参詣道は808段の長い階段を登りますが、(車道あり)
この日もムチャ暑く ><;汗が滴るなか 着いた本堂前

Biwakoss15
その6番の歌碑があります。
♪ 西国十番 長命寺 汚れの現世(うつしよ) 遠く去りて
   黄金の波に いざこがん 語れ我が友 熱き心  ~~
ここは西国三十一番札所ですが、歌詞は”西国十番長命寺・・・”、
作詞した小口はメロディに合わせて歌いやすいように十番にしたとも。

今回はリサーチ不足もあって「竹生島」には行けませんでしたが 、
その歌碑はまたにするとして、琵琶湖周航の歌碑をめぐった
2日間の琵琶湖周遊ドライブでした ^^;    📷 27・29日

« ひるがの高原 牧歌の里 | トップページ | 恵那市笠置町姫栗の里 »

お出かけ・趣味」カテゴリの記事

コメント

興味あるドライブ「歌碑巡り」を楽しく拝見しました。
33観音巡りで訪れた「長命寺」・・・私も往復歩きました。
でも歌碑は記憶(35年ほど前)にないです。
行かれなかった竹生島には「大阪城の極楽門」を再度見に行きたいです。
見どころが増えた「周航歌碑」も興味あり!

8/31酷暑の中、ブログで拝見した「上野森林公園のサギソウ」見てきました。
帰りには員弁の「眼鏡橋」「ねじり橋」も行きました。

後追いドライブばかりですが、何時も楽しみにしています。

ご覧いただきコメンありがとうございます。

この歌を聴くたびに一度は全歌碑をめぐりたいと思っていました。
長命寺は私も33観音めぐり以来、何度も訪れていますが、
あの石段には年とともに体力の衰えを痛感しています ><;
境内の歌碑は2011年に奉納されているため、往時はなかったですね。
竹生島にはコロナが落ち着いたらあらためてと思っています。

サギソウを見に行かれましたか ^^ 暑いなかお疲れさんでした。
三岐鉄道の名所にも立ち寄っていただきありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひるがの高原 牧歌の里 | トップページ | 恵那市笠置町姫栗の里 »