2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月28日 (火)

里の春!いなべウオーク

コロナウイルスによる外出自粛で遠出は控えているものの、
ときどきは近場での散歩やウオーキングで気分転換をしていました。
特に3密には注意しながらの里山歩きが中心でしたが、
GWに入って、鈴鹿の山々でも人気どころは登山の自粛要請中で、
今はやはり行動自粛の時です。
とはいえ、少しは健康維持もと、この日は久しぶりの里歩き、
ちょこっとだけ、いなべ市で野の花めぐり?でした ^^;

以前に一度歩いたことのある、いなべ市大安町の”員弁第一街道”から、
員弁町の”軽便鉄道と昭和のまちに出逢う道”を周回です。

Inabes01
大安町高柳から丹生川へと向かう員弁第一街道から、
この日の鈴鹿の山脈は竜ヶ岳と藤原岳。

Inabes02
丹生川入口にある”おかげ参り旅立ちの地”記念ポケットパーク。
道を直進して行けば阿下喜へとるづく街道ですが・・・右折、
県道609号線を北へと向かいます。

Inabes03
道端に咲く野の花はカタバミやコウゾリナにハルジオンなど

Inabes04 
菜の花もまだ咲いているのは「員弁川散策道」入口

Inabes05
天王橋で員弁川を渡ると北勢町の麻生田

Inabes06 
緑濃い麦畑の先にある、静かな麻生田の集落を見て

Inabes07
員弁川沿いの道を少し行くと、
その先は”軽便鉄道と昭和のまちに出逢う道”です。

Inabes08 
田んぼの土手に咲く花は地味なコメツブツメクサが目に付きますが 、
この時期はもう早春の花はほとんど咲いていません ^^;

Inabes09
はるかに鈴鹿の山脈を見ながらの静かな道歩き^^
人にも会うことがなく、北勢線の軽便電車にも出会うことなく、
員弁町の上笠田から下笠田へと入ります。

Inabes10 
国道421号線をくぐれば我がブログではお馴染みの「めがね橋」。
大安町から北勢町、員弁町と歩いたコースはここまでですが

Inabes11
咲き乱れる野の花はカキドウシ ^^
この日は少し先にある「ねじり橋」にも立ち寄りました。

Inabes12
江戸時代に造られたという”六把野井水”に沿って少し奥に入ると、
見える橋が「ねじり橋」。
一見何も変わらぬ橋梁に見えますが・・・

Inabes13
井水に架かる橋は、橋と用水が斜めに交差するため、
アーチ橋下部のブロックがひねりを入れて積まれています。
この構造は「ねじりまんぼ」ともいわれ、
現存するコンクリートブロック製の橋としては唯一のものとか。
めがね橋とともに貴重な土木遺産となっています。

一週間ぶりのブログ更新になりましたが、
”ぶらり旅”もしばらくは様子を見ながらになりそうです。 📷 27日

2020年4月21日 (火)

愛知県森林公園 植物園

このところ、天気が良い日には出かけていた近場の多度山ですが、
さすがに少しは気分転換をしたいと出かけたのは「愛知県森林公園」です。
昨年は全国植樹祭もあって話題になりましたが、久しぶりです ^^

ここはすべての施設は休館で、イベントも中止になっていますが、
植物園は入園が可、この日は南門から入園。

Ashinrin01
いつもの花壇からですが、
子の右の広場は昨年の植樹祭で記念植樹された木々の広場になっています。
ここから散策路の外周をひと回りして行きますが、
今回は咲いていた花のなかから主なものを順不同で載せます。

Ashinrin02
まずはこの日いちばん多く咲いていたのがガマズミ。
この木も種類がありますが

Ashinrin03
ミヤマガマズミ

Ashinrin04
コバノガマズミと、
いずれもたくさん見ることができます。

Ashinrin05
そしてハルリンドウ

Ashinrin06
”ふるさとの森”口から湿原、
「展示館」裏のときわ橋周辺に群生しています。

あとは見たかったコバノミツバツツジですが・・・

Ashinrin07
もう終わっているだろうと思いながら少しは期待していましたが ^^;

Ashinrin08
散策路のいたるところで咲き残る花はまだ綺麗でした。

Ashinrin09
咲き始めた藤

あとは北門から展示館に出るとある山野草園

Ashinrin10
テンナンショウの一種ですが、ムサシアブミ、
ウラシマソウも咲いていましたが

Ashinrin11
こちらはフタバアオイ、
花は下向きに咲くため、残念ながら見れません ^^;

Ashinrin12
そしてシロバナイカリソウ
他ではヒトリシズカが咲き始め、サクラソウなども咲いています ^^

Ashinrin13
あとは大道平池沿いのモミジの小径を抜けて東門へ。

Ashinrin14
”沈床花壇”、”梅園”、”郷土の森”と散策路の南側を通って、
ふるさとの森入口から南門への道に戻ります。

Ashinrin15
最後の花は地味な野草 ^^;
足元に咲き始めたミツバツチグリでした。

この時期、花めぐりが楽しめる愛知県森林公園ですが、
残念ながらこの日は見たい花はすでに終わっていて、
新緑?の中でのウオーキング、いちばんの健康増進でした。 📷 21日

2020年4月18日 (土)

羽根谷から月見の森へ

羽根谷だんだん公園の八重桜を楽しみましたが、
八重桜が咲いているのは先に紹介した記念植樹の桜広場から戻って、
谷筋を少し上流に行った羽根谷第一堰堤までです。
この日は第一堰堤まで行き、その周辺を少し散策したあと、
お隣の「月見の森」駐車場までひと山?越えました。

Hanedanisr01
その羽根谷第一堰堤
羽根谷だんだん公園にはスタンプラリーのコースが設定されていて、
ここ、第一堰堤がそのスタントラリーポイントの①番です。

Hanedanisr02
周辺に咲いていたテンナンショウ、種類は?です ><;
コースはここから少し下った駐車場兼用の河川敷広場右岸へと続きますが、
この日は第一堰堤の先で対岸に出て林道を歩きます ><;

Hanedanisr03で 
少し先で公園からくるコースに合流、山中へと入ります。
羽根谷側のコースはスギ林の中を行く道、
ところどころにある”展望台”への案内板を見ながら、②番ポイント通過!

Hanedanisr04
頭上が明けると③番ポイント到着、
ここがコース最高地点展望台(230m)。

Hanedanisr05
遠くには白山や乗鞍岳、御嶽山に恵那山が見えますが・・・
残念ながらこの日は霞んでいて何も見えません ><;
ここから月見の森へと下ります。

Hanedanisr06
こちらは羽根谷側と違って山腹を巻く明るい道です。

Hanedanisr07
しばらく下って目の前に揖斐川が見えると、
月見の森と、羽根谷へ周回するコースの分岐になります。

Hanedanisr08
ここは月見の森のササユリ園の最上部になり、
今回はそのまま月見の森駐車場へと下ります。

Hanedanisr09
すぐに羽根谷だんだん公園入口へのコースと、月見広場への分岐、
ここは道を右(月見広場)にとり、月見の森を周回します ^^

Hanedanisr10
月見広場の月見台

Hanedanisr11
あとはいつもの散策コース(月見街道)を下るだけ

Hanedanisr12
途中で眺める”山の灯台”

この日も3蜜を避けての桜見物と低山散歩でしたが、
このあと新型コロナによる緊急事態宣言が全国に発出されました。
しばらくは山歩きを楽しむことになりそうです。   📷 15日

2020年4月16日 (木)

羽根谷だんだん公園の八重桜

岐阜県海津市南濃町にある「羽根谷だんだん公園」。
羽根谷沿いに約1,800本の桜が植えられていて、
ソメイヨシノの後には八重桜が咲いてサクラのリレーが楽しめます。
今はちょうどその変わり目になりますか?
約1,000本の八重桜が見ごろを迎えているとのことでした。

この日は久しぶりに穏やかな日になったこともあり、
羽根谷のハイキングも兼てサクラの様子を見に出かけました。

Dandans01_20200415203801 
羽根谷の中流部にある水晶橋から眺める上流に咲く八重桜。
1週間ほど前に載せたソメイヨシノはこの下流部に咲きますが、
すでに散り急いで葉桜が多くなっています。

この日は川の左岸を上流へと見ていきます ^^

Dandans02_20200415203801 
咲く八重桜(サトザクラ)はほとんどが同じ種類ですが、
違った種類も少し混じります。

Dandans03_20200415203801 
ちょうど中間部になるこの辺りはすでに満開近し!

Dandans04_20200415203801
対岸に咲くのはヤマザクラでしょうか?

Dandans05_20200415203801
公園の中心部になる堰堤

Dandans06_20200415203801
堰堤上から
この日は風も穏やかで鯉のぼりもちょっと垂れ気味です ^^;

Dandans07_20200415203801
右岸から

Dandans08_20200415203801
堰堤中央部からさらに上流には、
国登録有形文化財の砂防堰堤が続いています。

Dandans09_20200415203801
「さぼう遊学館」からさらに上流に咲く八重桜ですが、
ここは第二駐車場の広場

Dandans10_20200415203801 
そのさらに上流部に咲くのは寄贈植樹された八重桜の広場!
このあたりもほゞ満開の見ごろでした ^^

この日はこの先にある第一堰堤周辺を散策し、
月見の森へと続く羽根谷スタンプラリーのハイキングコースに入りました。
その様子はあらためて・・・ ^^;    📷 15日

2020年4月12日 (日)

戸田川緑地のサトザクラ

桜だよりも”散り始め”のところが多くなってきましたが、
昨今の強風の影響もあり、すでに散り果てたところもあるようです。
この日は散歩を兼て出かけた名古屋市港区にある「戸田川緑地」。
すでにソメイヨシノは終わっているかと思いましたが、
ここにはそのあとに咲く多くのサトザクラ(種類も ^^)があります。

まだ早いとは思いましたが、二兎を追っての?散歩でした ^^;

Todagawas01
”木かげの小径”から

Todagawas02
”陽なたの小径”に咲くソメイヨシノに、
帰りに見る川沿いのサクラに期待しながら中央地区(右岸)に入ります。

Todagawas03
左岸から連絡橋を渡ると中央地区北側にあるサトザクラの道

Todagawas04
やはりまだ早すぎましたが、一部はすでに見ごろの木もあります。

Todagawas05
Todagawas06
中央地区北側へと続くサトザクラの並木

Todagawas07
咲いているのはまだ全体の3割ほどですが

Todagawas08
すでに鬱金(うこん)も咲き始めています ^^
北のエリアをひと回りして、中央地区から南地区へと戻ります。

Todagawas09
南地区、戸田川の左岸に続くサクラ並木。
こちらはソメイヨシノにヤマザクラ、そしてサトザクラが咲きますが・・・
残念ながらソメイヨシノは終盤、サトザクラは咲き始めです ><;

Todagawas10
南地区の南端まで戻ってきましたが、
こちらにはまだソメイヨシノが綺麗に咲き残っていました ^^
ここで”花の丘”へと回り込みます。

Todagawas11
こちらは散り急ぐサクラと”花の丘”

Todagawas12
東屋の北側、サクラとチューリップの競演が見れました ^^

さすがにこの日は人が少なく静かな園内でしたが、
サトザクラはあと数日で見ごろを迎えそうです。  📷 10日

2020年4月11日 (土)

谷汲 天皇林公園

揖斐川町桂川のハナモモを見たあとはいつものコース ^^
北にひと山越えて谷汲へと走ります。
今年は人の多いところは避けて、人気の華厳寺のサクラはパス ><;
すぐ西にある竹中公園も満開で、散る花吹の中を走り抜ければ・・・
人っ子ひとり、いや、ひとりだけみえましたが「天皇林公園」です。

期待はここも舞い散るサクラと、花筵でしたが・・・

Tanigumis01
すでにサクラは散り花も見られるものの、まだ満開!
ここは昭和32年(1957)に、
昭和天皇が全国植樹祭でお手植えの行事を記念して整備されたところ。

Tanigumis02
満開のサクラに囲まれてその説明碑があります ^^

Tanigumis03
天皇林庭園の池に散るサクラもまだ少しで

Tanigumis04
Tanigumis05
園路に散る花びらもまだ花筵とはいきません ^^;

Tanigumis06
Tanigumis07
園内のサクラもまだしばらくは見ごろが続くようでした。
(現在はすでに散っているかもしれません ^^)

Tanigumis08
公園の外
県道40号線沿いに続くサクラ並木は華厳寺に向かって
すぐ傍の道の駅から「緑地公園」辺りまで続いています。

Tanigumis09
すぐ傍にある広場のサクラとハナモモ

Tanigumis10
こちらのハナモモはまだ見ごろでした ^^

オマケ!
このあとは少し両界山横蔵寺方面に走って、
こちらも昨年知った上神原区の飛鳥川沿いに咲くシダレザクラです。

Tanigumis11
ここはほとんど人に出会わない穴場だと思っていましたが・・・

Tanigumis12
この日も誰ともあうことがなく独り占めのシダレザクラでした。

ただ、残念ながらここのシダレザクラは少し早すぎて、
見ごろはこの週末から週明けでしょうか?
その頃には天皇林公園の綺麗な花筵が見れるかもしれません ^^; 📷 8日

2020年4月10日 (金)

揖斐川町桂川のハナモモ

新型コロナウイルスの急速なまん延を踏まえ、
東京など7都府県に緊急事態宣言が出されていますが、
各地での感染が少しでも早い終息を願うばかりです。 
出かけるにも今まで以上に場所には気を付けなければと気にしながら、
この日はちょっと遠出で岐阜県揖斐川町のハナモモでした ^^;

出かけた日の開花情報では”満開”でしたが・・・

Ibigawah01_20200409123901
いつものようにスタートは揖斐川町役場から裏手に出て、
桂川のポケットパーク周辺のハナモモと

Ibigawah02_20200409123901
その傍に咲くシダレサクラ。

Ibigawah03_20200409123901
ハナモモは綺麗に見えますが、
すでに葉がでた木や萎え始めた花もあり、やや終盤です ^^;

Ibigawah04_20200409123901
見映えのいいところを選んで撮っていますが

Ibigawah05_20200409123901
満開?というより満開過ぎで・・・チョッと寂しい花模様 ><;

Ibigawah06_20200409123901
途中抜きで見どころの松ノ木橋まで来ました ^^
ここもサクラはまだ綺麗でしたが、
ハナモモは例年に比べると少し寂しい感じです。

Ibigawah07_20200409123901
その上流にある間田瀬橋で折り返しますが、
ここもハナモモよりサクラでした ><;

Ibigawah08_20200409123901
記念碑山公園のすそ野に咲くサクラとハナモモ
ここから桂川の右岸を戻ります。

Ibigawah09_20200409123901
松ノ木橋ポケットパーク周辺
風で散るサクラの花吹雪の中でしたが・・・

Ibigawah10_20200409123901
Ibigawah11_20200409124001
まだ見ごろのサクラに慰められます ^^;

Ibigawah12_20200409124001

今年はどうやらハナモモは遅すぎたようで、
思わぬサクラ見物になってしまいました ^^;   📷 8日

2020年4月 7日 (火)

羽根谷だんだん公園の桜

岐阜県海津市南濃町にある「羽根谷だんだん公園」。
公園の羽根谷沿いには約1800本の桜が植えられていて、
サクラは下流のソメイヨシノと、少し遅れて上流に咲く八重桜。
二種類のサクラが長期間にわたって楽しめる人気の公園ですが、
今は下流部のソメイヨシノが満開を迎えています ^^

Dandans01
国道258線から公園に入ると、
その少し上流にある水晶橋から眺める下流のソメイヨシノです ^^

Dandans02
二段堤に下りて咲き誇る見事なサクラを眺めながら下流へといきます。

Dandans03
国道をくぐった下流の河川敷は芝生広場 ^^

Dandans04
広い芝生広場だけに花見の宴や、バーベキューをする人も多いですが、
さすがにこの時期、例年に比べると人は少ないです ^^;

Dandans05
見上げるサクラもまた綺麗!!

Dandans06
芝生が切れたところで戻りますが、
この先も桜並木はさらに下流へと続いています ^^

戻る道は水の無い川の中 ^^;

Dandans07
左右に広がる満開のサクラを見ながら、
あらためて国道の下をくぐると

Dandans08
上流に見える赤い橋が水晶橋

Dandans09
Dandans10
羽根谷(川)の両側に続く見事なソメイヨシノの並木でした。

Dandans11
水晶橋に上がった先は上流の桜ですが、
遠くに見えるピンクのサクラが気になりちょっと様子見に ^^;

Dandans12
こちらはソメイヨシノの後に咲く八重桜(サトザクラ)、
今年はすでに一部が咲き始めていて、見ごろの木もありました。

この日は「月見の森」も少し散策してみましたが、
森のサクラもソメイヨシノは見ごろ、ヤマザクラは終盤 ^^;
とはいえ、コバノミツバツツジも咲いて賑やかです。  📷 5日

2020年4月 6日 (月)

多度山のサクラ

多度山、いまさらですが  ><;
三重県桑名市多度町と岐阜県海津市南濃町にまたがる標高403mの山。
ハイキングコースは多度町側から3コースが整備されていますが、
最近登った最短距離の”健脚コース”にハマってしまいました ><;
この日もまた多度山のハイキングでしたが・・・
今回はその山麓から山頂に咲くサクラを楽しんできました ^^;

スタートはいつものポケットパーク駐車場からでしたが・・・

Tadomts01
思わぬサクラを目にして、しばらくサクラ見物 ^^

Tadomts02
Tadomts03
ここに桜の木があるのは分かっていましたが、
こうして満開のサクラを見たのは初めてで、こんなに綺麗とは予想外 ><;
まず驚かされてのスタートでした。

Tadomts04
駐車場からすぐにある「第1見晴台」。
道を右に取れば”眺望満喫コース”ですが、ここは左へとって ^^

Tadomts05
”のんびりコース”をしばらく行くと見事なサクラのトンネルです。

Tadomts06
”健脚コース”の入口にある「愛宕神社」周辺

Tadomts07
こちらもまた見事なサクラの数々!
ここでもまたしばしのサクラ見物でしたが、 さて、登山です ^^;

Tadomts08
途中で見る山腹のサクラはヤマザクラがメインですが、
はっきりと見えたのはここだけ。

あとは登山道に散る花びらを楽しみながら ^^;
今回は電波施設の保守点検用道路?に出て山頂へ向かいます。

Tadomts09
登山道を回り込んだ最初の鉄塔

Tadomts10
そのすぐ傍にあるヤマザクラですが・・・終盤近し ^^;
途中のサクラもすでに葉桜が多く、そのまま山頂へ。

Tadomts11
山頂到着
見慣れた風景ですが、今回はサクラが咲いています ^^
少し休憩して下山

Tadomts12
すぐ下にある山上公園広場に咲くサクラ、
ここはソメイヨシノですが、まだ咲き始めでした ^^

Tadomts13
公園入口
この日は少し登り返して”ヤング広場”から健脚コースに戻りました。

Tadomts14
そのヤング広場にも少しだけサクラが咲いています。

Tadomts15
下る途中の「旧愛宕神社跡」展望所。
目の前にあるヤマザクラもすでに葉桜でした ^^;

この時期には登ったことがない多度山でしたが、
山腹、山上は別にして、初めて目にした山麓に咲くサクラ。
灯台下暗し ><;綺麗でした。       📷 3日

2020年4月 5日 (日)

明治村の春 1~5丁目

博物館「明治村」の桜逍遥、
後半は1丁目から村内の東側(入鹿池)を回って5丁目に戻ります。
1丁目の西角から少し坂を上って行く「聖ヨハネ教会」への道。

Meijimuraf01
見えるのは「三重県尋常師範学校・蔵持小学校」前のサクラ。
この先、道筋のヤマザクラですでに終盤 ^^;

Meijimuraf02
少し高台にある「学習院長官舎」前のサクラも終盤ですが、
日本庭園入り口にあるサクラは少々寂しい感あり ^^

日本庭園のツツジ群はイマひとつで・・・園内を抜けると

Meijimuraf03
「森鴎外・夏目漱石住宅」
ここにも少ないですがカタクリが咲いています。

下る「偉人坂」

Meijimuraf04
道沿いに咲くコバノミツバツツジを楽しんで

Meijimuraf05
2丁目に戻りますが、こちらは村営バス停周辺のサクラ

Meijimuraf06
市電の踏切を渡って3丁目へ入ると、
まず目につくのはコバノミツバツツジ、入鹿池古墳周辺の群生は見どころ。

Meijimuraf07
道を回り込んで行くと「西園寺公望別邸・坐漁荘」ですが、
その庭園越しに見えるオオシマザクラが満開でした^^

Meijimuraf08
「品川灯台」へと下りる途中にある市電駅、
この辺りのサクラも一部は咲き残りますが、すでに終盤です。

「品川灯台」から「長崎居住地二十五番館」を抜けて行くと

Meijimuraf09
4丁目芝生広場の東側にでますが、
ここはシダレザクラにシモクレンも満開でした ^^

Meijimuraf10
芝生広場北側に咲くサクラを見て階段を上ります。
道を右に回って行きますが、その先には

Meijimuraf11
サクラを背景に「尾西鉄道蒸気機関車1号」と「六郷川鉄橋」。
私的にはここがいちばん好きなサクラどころですが・・・

Meijimuraf12
今年も見事なサクラを楽しむことができました。

Meijimuraf13
あとはオマケでしょうか ? ^^;
5丁目に戻って山手にある「菊の世酒造」への道に咲くサクラ。

Meijimuraf14
道を下って「小那沙美島灯台」から村の北東部にあるエリアへ。
ひと回りして「内閣文庫」前に出るとこれで村内を一周 ^^

Meijimuraf15
目の前には「隅田川新大橋」と、
山手には通ってきた菊の世酒造の建物です。

今年も楽しんだ博物館「明治村」の春!
サクラにカタクリ、コバノミツバツツジと賑やかな村内でしたが、
桜だよりではどうやら昨日、”満開”になったようです ^^   📷 2日

2020年4月 3日 (金)

明治村の春 5~1丁目

久しぶりの晴れ間に気持ちはもうサクラでしたが、
やはり新型コロナの感染には注意してなるべく混雑は避けたいところへと。
選んだのは犬山市にある博物館「明治村」でした ^^

毎年訪れている春の明治村ですが・・・

Meijimurao01
今年もまた北入口に咲く綺麗なコバノミツバツツジを見て、
5丁目へと坂を下ります。

Meijimurao02
村内に咲くサクラの最初は、東京駅警備巡査派出所から

Meijimurao03
金沢監獄中央看守所・監房建物の周辺を回って4丁目への道。

いつ来ても村内をめぐる順序は変わりませんが次が4丁目 ^^
こちらはサクラではありませんが、
呉服座の裏手にはカタクリの群生地があります。

Meijimurao04
ショウジョウバカマとともに咲くスプリング・エフェメラル!
花はさすがに終盤近しです ^^;

Meijimurao05
山の手にあるSL名古屋駅へと続く道には、
こちらもコバノミツバツツジが見ごろを迎えています。

Meijimurao06
少し高台にあるSL名古屋駅前広場から眺めるのは
「六郷川鉄橋」と「尾西鉄道1号蒸気機関車」。
こちらのサクラも満開の様子ですが、復路に見ます ^^

Meijimurao07
市電名古屋駅へと下る道周辺も見ごろ!

Meijimurao08
「日本赤十字社中央病院病棟」越しに見えるのは、
3丁目から2丁目へと上る「七条坂」周辺に咲くサクラ ^^;

Meijimurao09
左手には「名古屋衛戍病院」がありますが、
その前庭に咲くシダレサクラはまだ咲き始めでした。

Meijimurao10
七条坂から2丁目に行きますが、ここのサクラも見事です。

Meijimurao11
思わず振り返ったそのサクラ ^^;

Meijimurao12
2丁目に入って中央レンガ通り入口、
ここもシダレサクラは咲き始めでしたが、ソメイヨシノは見ごろです。

1丁目に入ります。

Meijimurao13
正門前広場のシンボルともいえるシダレサクラ
すでに”満開”との情報でしたが ・・・??

Meijimurao14
その横、ボランティアブースの先に咲くサクラは満開です ^^

Meijimurao15
往路1丁目の最後は「三重県尋常師範学校」前のサクラです。

明治村の桜逍遥、前半はここまで ^^;
このあとは1丁目の山の手から2丁目、3丁目を通り5丁目へと戻ります。
まだまだ残るサクラの見どころ・・・続きます。   📷 2日

2020年4月 1日 (水)

大博川堤の桜 海津市

桜だよりも”満開近し”のところが多くなってきましたが、
このところの雨に出かけるのを躊躇していました ><;
この日は朝からの雨が上がって曇り空になったのを機に、
ちょっとだけと出かけた岐阜県海津市平田町にある「平田公園」でした。
公園の傍を流れる大榑川(おおぐれがわ)堤には、
約7キロにわたり千本桜と呼ばれる桜並木があります。

”花曇り・・・”などという粋な空ではありませんでしたが ^^;

Hiratao01
平田公園に建つのは宝暦治水に携わった
薩摩藩家老の「平田靭負(ひらたゆきえ)翁像」

Hiratao02
堤防に上がりますが、
堤防と周辺のサクラはほゞ満開です ^^

Hiratao03
堤防を挟んで

Hiratao04
川側と

Hiratao05
堤防下に付けられた歩道側

Hiratao06
曇り空でも見れれば良し!と思っていましたが

Hiratao07
さすがに晴れていたならと・・・
思いとは裏腹に雨が降り始めました ><;

Hiratao08
県道219号線の近くにある「白髭神社」
ここには2本の”薄墨桜”がありますが、こちらは満開、
神社を挟んだ向こうの木はすでに終盤でした。

この先は道を挟んだ先が桜並木の西側、ここで戻ります。

Hiratao09
歩道にはここ数日の雨と風のためでしょうか?

Hiratao10
多くの花びらが散っています ><;

Hiratao11
雨中の桜

Hiratao12
飛び交う鳥たちはヒヨドリ ^^;

Hiratao13
戻った公園の先、東側には綺麗な菜の花とソメイヨシノ!
その右にはこれから咲き出すサトザクラ。

ここではソメイヨシノが終わるとサトザクラが楽しめます。
この日は曇り空から雨中のサクラ見物になりましたが、
次は青空の下で見たいサトザクラです ^^;   📷 1日

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »