2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 遠州浜松 二俣城跡 | トップページ | 松平信康廟所 清瀧寺 »

2019年12月17日 (火)

遠州浜松 鳥羽山城跡

浜松市二俣町にある二俣城跡と鳥羽山城跡を訪れましたが、
今回は二俣城跡の南にある「鳥羽山城跡」です。
二俣城跡の西側にある遊歩道を下って行くと、天竜川の堤防に出ます。
ふたつの城は、天竜川に面した天然の要害として築かれていて、
その間はわずか500mほどの至近距離にあります。

Tobayamac01
堤防からすぐ先に見える小山に築かれたのが鳥羽山城。
こうして歩いてみると、その距離の短さに驚きますが、
突き当りの山腹を右に回り込んで行くと、駐車場のある大手道口。

Tobayamac02
散ったモミジ葉が綺麗なその大手道

Tobayamac03
上りきると右手にあるのが東曲輪

Tobayamac04
その先にはわずかに残る石垣、ここが大手門跡、
門に冠るように見えるモミジの木はまだ散り残っていました。

Tobayamac05
大手門の先にはすぐに本丸跡があり、
鳥羽山城は二俣城とは違って迎賓機能を備えた領主の居館・・・
ではなかったか・・・との説明に納得。

周辺にもまだ綺麗な紅葉が残ります ^^

Tobayamac06
本丸の大手門口近くと東側にある土塁周辺の紅葉

Tobayamac07
散ったモミジ葉もまた綺麗ですが、その土塁へ

Tobayamac08
土塁周辺の紅葉もまた見事!

Tobayamac09
土塁の中央には橋が架かりますが、ここが東門

Tobayamac10
反対側の本丸西側には庭園遺構が残っていて

Tobayamac11
その北側にあるのが搦手門
門を出て右にいくと北曲輪らしきところですが、ここは左に回り込みます。

Tobayamac12
少し高台には笹曲輪があり、戻って西側の道を下っていくと

Tobayamac13
縦に長い腰曲輪になっています。

Tobayamac14
大手口へと戻る途中から、本丸へと続く道に入りました。

Tobayamac15
戻った本丸の南にある展望所からは、
眼下に天竜川を見おろし、遠く遠州平野の雄大な広がりが望めます。

ここは徳川家康が二俣城を攻めたときに本陣を構えたところですが、
その後、二俣城の一部として機能した「別郭一城」でもあったとも。
現在は公園として市民の憩いの場となっているようです。  📷 14日

« 遠州浜松 二俣城跡 | トップページ | 松平信康廟所 清瀧寺 »

お出かけ・趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠州浜松 二俣城跡 | トップページ | 松平信康廟所 清瀧寺 »