2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木曽三川公園・木曽川水園 | トップページ | 敦賀まつり山車巡行 »

2019年9月 3日 (火)

和歌山別街道

紀州藩の本城(和歌山城)と東の松阪(松阪城)を結ぶ和歌山街道。
和歌山県側では伊勢街道ともいわれ、紀州藩の藩道でもありますが、
途中、松阪市飯南町の粥見で「和歌山別街道」に分岐します。
昨年の10月に熊野街道・女鬼峠を歩いたときに、
多気町の野中で分岐する道標を見てから、いつか歩こうと思っていました。
すでに1年近くが経ってしまいましたが久しぶりの街道歩きです。

とにかく交通の便が悪く、できれば帰りに自由がきくようにと、
スタートは和歌山街道との分岐になる飯南町の粥見からでした。

Wakayamab01
バス停「粥見神社前」から南へ少し下ったところにある粥見神社。

Wakayamab02
その南東の片隅にある道標、ここが和歌山別街道の分岐で、
「右 さんくう道 左 まつさか道」と刻まれています。

ここから粥見の集落を抜けて国道368号線に合流し、
かって渡し場のあった櫛田川を桜橋で渡るとあとは単調な国道歩きです。
すぐにだらだらと桜峠へと登って行きますが・・・暑い ><;

Wakayamab03
桜峠
国道の峠道だけに苦労はしませんが、ここからは多気町です。

Wakayamab04
峠を下ると朝柄(あさがら)の集落。
この道は丹生の集落と長谷辺りしか見どころも少なく、
もっぱら道標と山村の景観を楽しみながらの道歩きです ^^;
Wakayamab05
朝柄川に沿うように行く朝柄の街道

Wakayamab06
次が古江の集落と、この辺りは街道の面影が残ります。
この先で小さな道標を見て左折しますが、右にいくと熊野街道の栃原です。

Wakayamab07
道は県道421号線(勢和兄国松阪線・せいわえくにまつさかせん))に出て、
しばらくは櫛田川の渓谷を見ながらの歩きに ^^
川から離れて紫陽花の植えられた道を行くと丹生の里。

Wakayamab08
くねくねと曲がる集落の中を、いくつかの道標を見て行くと、
ちょうど正面に丹生太師の仁王門が見える道で門前に。仁王門はまだ工事中 ^^;

Wakayamab09
突き当たった道の左角に建つ道標、
「左 よしのかうや道  右 いせさんぐうみち」とあり、街道は左へ曲がりますが、
ここで昼食、休憩タイムでした ^^

Wakayamab10
歩きを再開、道は丹生太師の駐車場先で案内に従って右へ。
しばらく田園地帯の中を行き、県道702号線に合流。
この辺りは散策コースにもなっていて迷うことはありませんが、
途中、近長谷寺(きんちょうこくじ)への道に入る街道は、
2017年10月の台風で被害を受け、長谷集落への道が一部崩落しているため、
そのまま県道で迂回して長谷の集落へ入りました。

Wakayamab11
長谷の集落は「観音の里」^^
右に見えるのが和歌山別街道ですが、まずは左の道で「長谷の車田」へ。

Wakayamab12
その車田、この右手が街道の崩落現場で通行できません ><;
雨になりました。

Wakayamab13
街道に入って集落を抜けますが、
途中にある道標は「近長谷寺」への案内を兼ねたもの。
正面には「すぐさんぐうみち」と刻まれています。

Wakayamab14
集落を抜けると猛烈な雨になりました ><;
先に見える林の中へと街道は続きますが・・・しばし立ち往生で、
右にある田んぼの道へと迂回します ^^;

Wakayamab15
少し遠回りになりましたが、回避した山麓の道と合流したすぐ先、
三叉路にあるのが「道標地蔵」。
小さい首欠け地蔵には「右 いせ 左 あふかみち」とあります。
ここから再び始まる山裾の少々荒れた道を行きます ^^;

Wakayamab152
山道を抜けて川沿いの道になると集落の入り口に架かる橋の袂には、
草に埋もれるように道標があります。
道標の案内は書かれているとおり ^^

Wakayamab16
すぐに前村の集落に入りますが、
ここからは国道42号線とJR紀勢線沿いに北東へと進みます ^^

Wakayamab17
前村から平谷へ、JR佐奈駅には15:00到着。
間に合えばここまでと思っていた電車に乗り遅れ、次の電車は17:19発。
あとはバスの時間が頼りで先に行きます ^^;

Wakayamab18
国道42号線を渡った先にある仁田の道標。
大正13年に建てられたという比較的新しいものですが、
「右 相可口駅(現多気駅)田丸ヲ経テ山田ニ至ル 左 相可町ヲ経テ松阪ニ至ル」
とあります。大台町栃原へと向かう熊野街道の分岐点になるようです。

その田丸へと向かう道を行きます ^^

Wakayamab19
四神田に入ってここにも道標(道標地蔵)がありました。
小さい石仏地蔵の右に「よしの道」と彫られているいうですが、
これは確認できませんでした ^^;

あとは野中の熊野古道分岐まで2kmほど、
行くか戻るか?(行っても来た道を引き返すだけ ^^;)迷っていたら雨に。
ここは戻ることにしましたが・・・これが大正解!
42号線にあるバス停まで戻ったらどしゃ降りのゲリラ豪雨となりました ><

ということで、あと少しで未完の和歌山別街道でしたが

Wakayamab20
2018年10月21日に歩いた熊野古道女鬼峠のときに撮った、
和歌山別街道との分岐に建つ道標です ^^

和歌山街道は松阪で伊勢街道に合流し伊勢へと向かいますが、
この街道は紀州藩本城と田丸城(玉城町)を結び、紀州からは
最短となる参宮の道、伊勢南街道ともいえます。     📷 1日

« 木曽三川公園・木曽川水園 | トップページ | 敦賀まつり山車巡行 »

歩く・街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木曽三川公園・木曽川水園 | トップページ | 敦賀まつり山車巡行 »