2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鳥取砂丘と砂の美術館 | トップページ | 羽島いちのえだひまわり畑 »

2019年7月31日 (水)

角島灯台

青春18きっぷの旅。
3日目は島根県益田市から山口県に入りますが、
この日はまず途中の特牛駅で途中下車し、
バスに乗り換えて下関市豊北町角島にある「角島灯台」でした。
余談ですがこの”特牛”、読めますか ^^;”こっとい”と読みます。
難読駅名として知られるところだそうですが、私も下りるまで解らず、
下車する方がいなければ乗り過ごすところでした ><;

ローカル線ならではの無人駅

Tsunoshima01
映画「四日間の奇蹟」のロケが行われた駅だそうですが、
近年の1日平均上院数は15人ほどとか、この時間下りた客は5人でした。

本題に戻って、角島といえば「角島大橋」ですが

Tsunoshima02
今回はコバルトブルーの海を眺めてバスで通過 ^^;
短いバス旅で島の北西に位置する夢ヶ岬に建つ「角島灯台」へ。

Tsunoshima03
バス停から歩くことしばし、灯台に到着 !
こちらも島のシンボル ^^さすがに観光客も多いです。

Tsunoshima04
灯台記念館、お休み処などの施設を抜けて灯台へ。

Tsunoshima05
角島の北西端、夢ケ崎に建つ総御影石造りの灯塔は日本に2基しかない
無塗装の灯台の一つで(もう一つは高松市の男木島灯台)、
日本海では初めての洋式灯台とか。 

Tsunoshima06
塔内105段の階段を昇り、特大レンズ下の急階段をぬけると

Tsunoshima07
燈高29.6mの展望台に出ます。

Tsunoshima08
展望台から眺める日本海、
公園の先端、夢崎にはハマユウの群落地が見えます。

Tsunoshima09 
その右手には大浜海水浴場から角島北側の海岸線、
エメラルドグリーとコバルトブルーのグラデーションがまた絶景!

360度の景色を楽しんだあとはハマユウの群落地へ。

Tsunoshima10 
「夢崎波の公園」芝生広場をぬけて行くと

Tsunoshima11
夢崎先端のハマユウ群落地。

Tsunoshima12
すでに傷んだ花もありますが、
これだけの群落を観るのは初めてでした ^^

Tsunoshima13
振り返れば角島灯台。

バスの時間に追われる短い時間の観光でしたが、
やはりここは車で来てゆっくりと散策したいところです ^^

Tsunoshima14 
Tsunoshima15
戻るバスの車内からンが芽る角島大橋。
定番写真の反対側からになりますが、
この橋ができてからか、一躍脚光を浴びる観光地になった角島です。

Tsunoshima16
戻った特牛駅。

このあと山陰本線の終着駅、幡生駅までを走破しました。
一駅通過した下関では、乗り換え時間を利用しての唐戸地区散策、
そのあとは山陽本線でこの日の宿泊地、徳山駅まででした。  📷 27日

« 鳥取砂丘と砂の美術館 | トップページ | 羽島いちのえだひまわり畑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥取砂丘と砂の美術館 | トップページ | 羽島いちのえだひまわり畑 »