2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いなべ市梅林公園 | トップページ | コウノトリの郷公園 »

2019年3月 3日 (日)

余部鉄橋 空の駅

ちょっと旬ものの梅だよりを挟みましたが、
京都丹後半島から兵庫香美町香住の旅の続きです。
ここもまた10年ぶりの訪問でした。
2009年5月、そのときはちょうど新しい鉄橋の建て替え工事中で、
まだ旧鉄橋が残る最後のときでした。

いきなり懐かしい当時の写真からですが ^^

 Amarube091  
               
平成21年(2009)5月撮影
「鋼トレッスル橋脚」の旧鉄橋は高さ41,45mの威容です。 

 Amarube092

工事中だった旧橋梁の横には一部新しい橋脚も建ち始めていました。

”この旧余部鉄橋の歴史を残すとともに、人々の交流の場・観光拠点として、
平成25年(2013)5月に鉄橋の一部を展望施設とした「空の駅」が完成”。

Amaruben01

こちらが橋脚の一部を残して整備された公園広場で、
ここは道の駅に併設されています。

Amaruben02

反対側の国道側にある旧鉄橋”主桁モニュメント”

Amaruben03

そして、成22年8月に新しくコンクリート橋に架け替えられた橋脚と、
駅側に保存されている3本の旧橋脚。

 Amaruben04

そして、展望施設への急な上り坂を避けるためにと、
平成29(2017)年11月にエレベーター(愛称・余部クリスタルタワー)が
整備されたそうです ^^ 確かに急坂でしたが、まずは乗ります。

Amaruben05

展望施設の鉄橋側、ここまでの線路が残されていました。

 Amarube093

こちらは平成21年(2009)5月撮影した、
その先の旧線路、ここが展望施設となっています。

Amaruben06

現在の線路は新しいホームの山側に施設されています。

Amaruben07

待合所側から眺める旧線路。
左下に見えるのが集落から上ってくる坂道ですが

Amaruben08

いったんエレベーターで下りて、
新しく整備された坂道を上ってみました ^^;

Amaruben09

Amaruben10

途中で新旧の両橋脚を見ることができます。

Amaruben11

眺める景色はもちろん変わりませんが・・・
すっかり綺麗になってまた違った観光スポットになっていました ^^;

Amaruben12

当時は工事中で立ち入り禁止でした山側の展望所からです。

ここでしばらく待って列車の通過を見たかったんですが、
残念ながら時間切れ ^^; ここまででした。    2月26日

« いなべ市梅林公園 | トップページ | コウノトリの郷公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余部鉄橋 空の駅:

« いなべ市梅林公園 | トップページ | コウノトリの郷公園 »