2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 続 阿智村のひな祭り | トップページ | 河津桜満開!なばなの里 »

2019年3月15日 (金)

信濃比叡 廣拯院

南信州「中馬ぬくもり街道ひな祭り」に出かけたときに、
中央道園原インターを下りて目にした「信濃比叡」の看板でした。

ちょうどこの日、最初の目的地に向かう道筋でしが、
阿智村の西北部園原地区を通る古き官道東山道は神坂峠の麓にあり、
静かな山里でひと際目を引く建物「廣拯院(こうじょういん)」でした。
「はゝき木館」で聞いた説明では、難所の神坂峠を越える旅人のために、
岐阜県側と長野県側に伝教太師最澄が建てた布施屋が始まりという。
これはぜひ参拝しておかなければと

Shinanohiei01

お食事処前にある駐車場横から続く参道を行きます。

Shinanohiei02

高台にある本堂への道

Shinanohiei03_2

Shinanohiei04

周辺は梅林になっていて、
この日は紅梅が咲いていましたが白梅はまだ咲き始めでした。

Shinanohiei05

参道を上がったところにある伝教太師最澄上人像。
伝教大師遺跡地復興のためにと、平成8年に建てられたそうです。

Shinanohiei06

少し下ったところにある、千体地蔵と賽の河原

Shinanohiei07

そして山門

Shinanohiei08

さらに上がったところに建つのが本堂の「根本中堂」。

Shinanohiei09

左手には仏足石に

Shinanohiei10

鐘楼(撞けます^^)

Shinanohiei11

さて、ご住職の案内で本堂参拝。
安置されている本尊は延暦寺の根本中堂と同じ「薬師瑠璃光如来」。
その下にある小さな香炉の中では、比叡山延暦寺から分灯された
1200年の間燃え続けている「不滅の法灯」を見ることができます。
芸大生によって描かれたという天井絵もまた見どころ ^^

Shinanohiei12

本堂周辺、右手の六地蔵とその奥には

Shinanohiei13

大辯財天宇賀神将と蛇紋岩
宇賀神将の使者である白蛇の宿る岩だそうで、
白く浮き上がった部分に願いを込めて触れてください・・・との説明。

Shinanohiei14

左手、奥に回ると水子観音と奥に如来堂(納骨堂)

Shinanohiei15

さらに奥には 福生稲荷吒枳尼天(ふくしょういなりだきにてん)でした。

Shinanohiei16

境内から眺める園原の里、下に見える裏参道を行くと、
その先には伝教大師が神坂峠を超える旅人のために建てたという
廣拯院遺跡地の「護摩堂(月見堂)」があったようですが・・・
残念ながら、肝心なところを見逃しました ><;      9日 

« 続 阿智村のひな祭り | トップページ | 河津桜満開!なばなの里 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信濃比叡 廣拯院:

« 続 阿智村のひな祭り | トップページ | 河津桜満開!なばなの里 »