2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 寒桜咲く羽根谷下流堤 | トップページ | 東海道新居宿のおひなさん »

2019年2月 9日 (土)

蛭子神社八日戎 名張市

毎年2月7・8日の両日に行われている
三重県名張市鍛冶町にある蛭子神社の祭礼「八日戎」。
名張に春を呼ぶ風物詩として親しまれていますが、
8日に行われたその本宮(本祭)に出かけてきました。

もうひと昔になりますが、以前に出かけてから10年ぶり ^^;

Ebisu8n01

この日の本町筋(初瀬街道です ^^;

その昔、名張の山の幸と、伊勢湾の海の幸の物々交換が行われ

Ebisu8n02

そのときのハマグリ市が名残といわれることから、
この日は店先でもハマグリが売られています。

Ebisu8n03

その「蛭子神社」
ちょうど昼どきのためか?それほどの混雑はありませんが

Ebisu8n04

本殿前には参拝者の列ができています。

Ebisu8n05

島根県松江市にある「美保(みほ)神社」の分家で、
事代主神が祀られている蛭子神社。

Ebisu8n06

こちらの縁起物は”福笹”ではなく、
名張川の河川敷で採取したネコヤナギの木の枝に大判小判、
米俵などを吊るした吉兆(けっきょ)と呼ばれる縁起物。

Ebisu8n07

熊手もあって、商売繁盛!家内安全祈願はどこも同じです ^^

この祭り、なぜか7日の宵宮にイベントがあり、
8日の本宮にはイベントがありません ^^;
ということで・・・旧街道(初瀬街道)の散策です。

Ebisu8n08

街道西口になる新町筋から初瀬街道は名張宿へと入りますが、

Ebisu8n09

すぐにあるのが「旧細川邸 やなせ宿」。
江戸から明治初年に、奈良県宇陀市大宇陀区にある
薬商細川家の支店として建てられた建物で、
現在は観光交流センターや食事処、貸館施設となっています。

Ebisu8n10

街道は新町通りから、祭りの露店が建ち並ぶ本町通りへと入ります。

Ebisu8n11

賑やかな通りの手前に建つこの石標。
名張は江戸川乱歩の生誕地ですが、狭い小路を奥に入ると

Ebisu8n12

「江戸川乱歩生誕地碑広場」がありますが、
ここが乱歩の生家があったといわれるところ。

街道に戻って本町通りを行きます。

Ebisu8n13

街道筋ではよく見かける光景ですが、ここは「酒蔵 木屋正」

Ebisu8n14

こちらは老舗和菓子処「大和屋」、人気です ^^

Ebisu8n15

”えべっさん”ならではの露店 ^^ これが楽しみなんですが、
この日は残念ながら車でした。

Ebisu8n16

街道は中町通りに入って、ここが宇流冨志禰神社の一の鳥居。
初瀬街道は右に折れていきますが、
この先は以前に紹介したところでもあり省きます。

久しぶりに名張蛭子神社の「八日戎」でしたが、
今回もまた初瀬街道の散策になりました ^^;   8日

« 寒桜咲く羽根谷下流堤 | トップページ | 東海道新居宿のおひなさん »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛭子神社八日戎 名張市:

« 寒桜咲く羽根谷下流堤 | トップページ | 東海道新居宿のおひなさん »