2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日野ひなまつり紀行 続編 | トップページ | 山陰海岸ジオパーク »

2019年2月28日 (木)

海の京都 伊根の舟屋

10年ぶりに丹後半島から香住へと、ドライブを兼ねた旅をしてきました。
前回は日帰りドライブでの「経ヶ岬灯台」まででしたが、
今回はその先、半島の先端をめぐってみようかと・・・。
香住といえば冬の味覚”カニ”も目的 ^^;
相方を連れてののんびりと行く1泊2日の旅でした。

丹後半島めぐり、その最初はやはり「伊根の舟屋」からです。

Ine1901

京都府与謝郡伊根町の舟屋群、
細かいことは省きますが、江戸時代末期から昭和初期にかけて、
伊根湾沿いに建てられた多くの舟屋が残る漁村です。

Ine1902

”海の京都”ともいわれるそうですが、
その建物群は海上から見るのがベスト ^^;

Ine1903

伊根湾めぐりの観光船は、
集落の西側にある日出の港から出港して湾の西口へ。

Ine1904

神が宿る神聖な島といわれる「青島」を見て湾内へ。

Ine1905

群れ飛びカモメ・・・とはいかず、 飛ぶのはトンビばかり ><;
こんなはずではなかったんですが。

Ine1906

東側先端にある赤灯台が若狭湾から伊根湾へと入る目印。

季節と時間によって日差しが違うため、
この日は10時30分と早い時間で舟屋群はもろに逆光です ^^;

Ine1907

Ine1908

少々見ずらいですが 、これもまたご愛嬌で・・・ ><;

Ine1909

湾内をぐるりと取り囲むように建ち並ぶ舟屋群

Ine1910

船が向きを変えるころ、ようやくカモメたちが飛んでくれましたが、
まだ大半は生簀の上でお休み中です ^^;

Ine1911

舟屋は海に向かって船の出入り口がある船小屋のこと。

Ine1912

その数230軒とのことですが、主屋は道を挟んだ山側にあり、
集落の中には観光客用のお店もあり、
散策しながら山の中腹にある道の駅「舟屋の里 伊根」へと行けます。

Ine1913

その道の駅にある展望所からは、
伊根湾と建ち並ぶ舟屋群を見ることができます。

Ine1914

Ine1915

この時期、順光での撮影はお昼からがよろしいかと ^^

懐かしい景色を楽しんだあとは、丹後半島の経ヶ岬から、
西へと続く「山陰海岸ジオパーク 」のドライブです ^^   25日

« 日野ひなまつり紀行 続編 | トップページ | 山陰海岸ジオパーク »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

好々爺さん
伊根は48年前に一度行ったきりですが
その時の記憶と全く変わっていません。変わらない風景があるっていいものですね~
『海の京都』、素敵過ぎです!

みっこ姉 さん
何度見ても変わらない風景があるのが旅のいいところですね。
前回は昼どき、今回は朝の景色と、
少し雰囲気が違いましたがこれもまた良しでした。
集落の散策も人気で、相変わらず賑やかでしたよ ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の京都 伊根の舟屋:

« 日野ひなまつり紀行 続編 | トップページ | 山陰海岸ジオパーク »