2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 石垣の名城・丸亀城 | トップページ | 湖東三山 西明寺 »

2018年11月20日 (火)

伊予松山城

旅の2日目も雨は降りませんでしたが、どんよりとした曇り空 ><;
この日は愛媛県に入って40数年ぶりの「松山城」でした。
懐かしいというより、ほとんど当時の記憶も薄いなかでの登城でしたが、
標高132mある本丸天守へは時間短縮を図り、
ロープウェイで山頂駅の長者ヶ平(ちょうじゃがなる)まで楽ちんコース ^^;

まずは大手門跡へ。

Matsuyamaj01

ロープウェイ山頂駅から登城道を上っていくと、
すぐに城郭の石垣と櫓が見えます。

Matsuyamaj02

石垣に沿って進むと大手門跡ですが

Matsuyamaj03

曲がるとその奥、真正面に天守が見えます。
ここからがこの城の見どころ、多くの門と櫓、渡塀が現れます。

Matsuyamaj04

まず道は180度折り返して「戸無門」へ

Matsuyamaj05

くぐると次が大手の要になる「筒井門」、
この右手には「隠門」があり二段構えの門になります。
Matsuyamaj06

どちらをくぐっても正面には石垣の上に狭間が並ぶ渡塀が。

Matsuyamaj07

回り込んでいくと次が「太鼓門」
ここは筒井門から本丸腰曲輪に侵入する敵に備えた門で、
西端にある「太鼓櫓」とつながっています。

Matsuyamaj08

門をくぐった先に見えるのがその櫓、
道を右に曲がると

Matsuyamaj09

ようやく本丸広場、そして正面に天守です ^^

Matsuyamaj10

松山城天守も現存する12天守の一つ。
三重三階地下一階の層塔型天守で、
天守・小天守・櫓を四方に配置し、渡櫓でつないだ連立式天守。

Matsuyamaj11

「紫竹門」から城郭の西側に回ると、
南櫓(右から)十間廊下、北櫓と繋がる様子がよく分かります。

では、天守へ ^^

Matsuyamaj12

受付を入って進むとまず「一の門」

Matsuyamaj13

続いて「二の門」から「三の門」
Matsuyamaj14

そして「筋鉄門(すじがねもん)」
Matsuyamaj15

くぐってようやく玄関多門櫓のある小広場に出ます。
左にある玄関は立ち入り禁止で、
天守には見える「仕切門」の右にある入口から。

Matsuyamaj16

天守の内部は省略しますが・・・

Matsuyamaj17

天守最上階

Matsuyamaj18

見下ろす本丸広場。

四国屈指の名城といわれ、21棟の重要文化財をもつ「松山城」。
このあとは黒門口登城道を下って「二ノ丸史跡庭園」でしたが、
それはまたの機会に・・・ ^^;           13日 

« 石垣の名城・丸亀城 | トップページ | 湖東三山 西明寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊予松山城:

« 石垣の名城・丸亀城 | トップページ | 湖東三山 西明寺 »