2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 岐阜公園菊人形と岐阜城 | トップページ | 皇帝ヒマワリ咲き始め! »

2018年11月 7日 (水)

揖斐川町坂内もろかの里

しばらく好天が続いたかと思えば、また不安定な天気予報に、
手近な山の紅葉でもめぐってみようかと、 この日は岐阜県斐川町でした。
「谷汲山華厳寺」参道や「横蔵寺」境内はまだ色づき始め ^^;
日差しがあれば綺麗なところもありそうでしたが、あいにくの曇り空で通過!
国道303号線に出て揖斐川町の西北端にある坂内(さかうち)へ。

途中ではところどころで紅葉が楽しめますが・・・いまひとつ ^^;

Ibimoroka01

国道に架かる坂内「新大橋」からの紅葉。

このあと国道を離れ、県道274号線(揖斐高原線)に入って
6キロほど走った諸家(もろか)の里へと走ります。

Ibimoroka02

途中の道沿い
Ibimoroka03

ときどき現れる紅葉やススキを楽しみながら、
集落を少し抜けた「諸家集会場」の広場に車を停めました。

Ibimoroka04

集落の入口からあらためて散策ですが・・・
ここは2010年に一度訪れたことのあり、そのときの印象が強く、
まずその変わり様に驚きました。

Ibimoroka05

当時は”四季を語らう もろかの里”として工芸体験など、
いろんな体験や見学もできた山里の観光地?でもあったところ。

Ibimoroka06

各民家を回って楽しんだ記憶がありますが・・・
この日は平日だから?ということでもなく、
そうした面影はわずかにこうした案内板に残るだけです。

Ibimoroka07

あえて民家は撮らずに小さい里内を抜けてきました ><;

Ibimoroka08

ここが車を停めた「諸家集会場」の広場。
以前に訪れたときはここまででしたが、
この日はあまりにも寂しく、さらに先へと行ってみました。

Ibimoroka09

この里は標高500mほどのところにありますが、
道はさらに登って行きます。
Ibimoroka10

Ibimoroka11

この里は岐阜県と滋賀県の県境にある山深い山村。
いくつかある峠道のなかでも新穂峠(にいぼとうげ)を越えて
近江の甲津原に至る道。もちろん、歩いての山越えですが ^^;

Ibimoroka12

その里の一番奥にある民家を通り過ぎると

Ibimoroka13

さらに奥にあったのは「春日神社」

Ibimoroka14

Ibimoroka15

由来や詳細は分かりませんが、
9月中旬の夜には例祭の本樂に先立つ前夜祭として、
「神の踊り」が執り行われるという。

道はさらに山中へと続きますが、さて、
この先がどうなっているのか?今回はここまででした ^^;

Ibimoroka16

思っていた懐かしい風景には出会えませんでしたが、
これも過疎化の進む山村の姿かもしれません。

里の入口まで戻って道を左にとると「揖斐高原スキー場です。
そのまま県道40号線で久瀬に出るも良しですが、
この日は来た道を戻って道の駅での遅い昼食でした ^^   5日

« 岐阜公園菊人形と岐阜城 | トップページ | 皇帝ヒマワリ咲き始め! »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 揖斐川町坂内もろかの里:

« 岐阜公園菊人形と岐阜城 | トップページ | 皇帝ヒマワリ咲き始め! »