2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 胡宮神社の紅葉 | トップページ | 伊吹 悉地院の紅葉 »

2018年11月23日 (金)

大洲城

紅葉めぐりもなかなかタイミングが合いませんが、ちょっと一休み。
ずいぶんと日が経ちましたが、また四国旅行で訪れたお城です ^^;

香川・松山の旅も、最終日はようやく晴れて朝から快晴!
お城めぐりも残すはひとつ、大洲市にある「大洲城(おおずじょう)」でした。
「丸亀城」や「松山城」とは違って天守は解体修理されたものですが、
解体をまぬがれた4棟の櫓(台所櫓、高欄櫓、苧綿櫓、三の丸南隅櫓)は、
国の重要文化財に指定されています。

駐車場から「下台所跡」の広場を通り登城道を行きます。

Ozuc01

広場の先に見える「高欄櫓」と奥に「天守」、
右にチラッと見えるのは「台所櫓」の。

Ozuc02

二ノ丸塀と

Ozuc03

「二の丸奧御殿跡」の間を抜けて

Ozuc04

Ozuc05

立ちはだかる石垣に沿って行く登城道。

Ozuc06

Uターンするように曲がると目の前に「高欄櫓」と「天守」が現れます。

Ozuc07

続く道はまず「かま櫓跡」

Ozuc08

その先には「暗がり門跡」。
説明板には、天守にいたる最後の門で城内でも最大の櫓門だった・・・と。

Ozuc09

ちょっと道から離れて眺める石垣と天守に高欄櫓 ^^

Ozuc10

戻って「暗がり門」の先に出ると本丸広場です。

Ozuc11

本丸を取り巻くようにあったという「本丸回り櫓跡」から、
眺めるのは鵜飼で知られる肱川と富士山です ^^;

Ozuc12

振り返れば大洲城、右から「台所櫓」、「天守」に「高欄櫓」です。
天守は明治21年(1888)に取り壊されていますが、
平成16年(2004)に復元された4層4階。

Ozuc13

台所櫓、高欄櫓はともに安政4年(1857)の大地震で大破、
安政6年(1859)に再建、昭和45年(1970)に解体修理されています。

天守へ

Ozuc14

復元された木造天守
使われている柱材はすべて市民の皆さんからの提供されたものとか。

ここからの展望は小窓からですが ^^;

Ozuc15

高欄櫓からは大洲の町並みを眺めることができます。

他にも少し離れて二ノ丸東端に苧綿櫓(おわたやぐら)、
三の丸跡にも三の丸南隅櫓が建っているとのことでしたが、
残念ながらそちらはパス ^^;町なかの散策でした。   14日

« 胡宮神社の紅葉 | トップページ | 伊吹 悉地院の紅葉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大洲城:

« 胡宮神社の紅葉 | トップページ | 伊吹 悉地院の紅葉 »