2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 愛岐トンネル群秋の特別公開 | トップページ | そぶえイチョウ黄葉まつり »

2018年11月30日 (金)

愛岐トンネル群と玉野古道

旧国鉄中央線廃線跡に整備された「愛岐トンネル群」。
まず、廃線跡沿いに色づく紅葉を楽しみましたが、
この日は初めて6号トンネル上にあるモミジ山から、
廃線路下に並行するように残る「玉野古道」の一部を歩きました。

Aigimp01

6号トンネルの入口からすぐ右に続く道に入って、
トンネルの上にあるモミジ山へと登ります。

Aigimp02

山の斜面を縫うように続く道は見事な紅葉の連続 ^^;

Aigimp03

Aigimp04

Aigimp05

ここが公開されてからちょうど10年目ですが、
この辺りもしっかりと整備されていて歩きやすい道です。

Aigimp06

初めて歩くモミジ山でしたが

Aigimp07

Aigimp08

見事に色づいた木々に圧倒されながらの散策?

Aigimp09

”モミジ山”と名付けられているように、
さすがにこの山だけでも必見の紅葉でしょうか。

モミジ山を一周したあとは
案内に従って少し下にある「玉野古道」へ。

Aigimp10

玉野古道
旧中央線開通直前の明治20年代に建設された道とか。

Aigimp11

多治見から名古屋への道は、古くから内津峠を越える
「下街道(したかいどう)」がありますが、そちらは峠越えの難所。

Aigimp12

そのために、
新しく平坦な「玉野街道」の開削が始まります。

Aigimp13

そして、明治28年(1895)、庄内川(玉野川)沿いに開通したのが、
この「玉野街道」ですが、ここも保存会の方々により見つけられた道とか。
そのため、敬愛を込めて「玉野古道」と呼んでいる・・・と。

Aigimp14

途中にある「暗渠」
廃線の下にあるレンガ造りの水路で、
ここは中に入って見学できるようになっていました ^^

Aigimp15

開通したばかりの「玉野街道」は、翌年の明治29年(1896)に、
新しい中央線の敷設工事とともに寸断され、明治33年(1900)、
中央線開通とともに街道は使用されなくなってしまった・・・とも。

Aigimp16

廃線跡にある「水車広場」に戻ってきました。

Aigimp17

この先も古道は続きますが、
ここからは水車広場から戻る人達とも合流。

Aigimp18

古道はすぐに廃線跡に出ますが、
あとは出口への案内に従って「定光寺駅」へと戻ります。

この日はタイミングもバッチリ!で見事な紅葉に出会いました。
赤レンガのトンネル群と、廃線路沿いに色づく紅葉!
「玉野古道」も歩くことができて至福のひとときでした ^^   26日

« 愛岐トンネル群秋の特別公開 | トップページ | そぶえイチョウ黄葉まつり »

お出かけ・紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛岐トンネル群と玉野古道:

« 愛岐トンネル群秋の特別公開 | トップページ | そぶえイチョウ黄葉まつり »