2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いなべのひまわり畑 | トップページ | 大高緑地のシラタマホシグサ »

2018年9月 6日 (木)

長浜 明治ステーション通り

滋賀県長浜市の市街地には何度も訪れていますが、
今までは駅のコンコースを通り抜けて
”駅前通り(シンボルロード)”から町の中心部へと入っていました。
最近は新しく観光駐車場が整備されたこともあり、
”明治ステーション通り”を歩くことが多くなりました。

この道は以前にも少し紹介しましたが、
ちょっぴり明治のロマンを感じることもでき好きな道です ^^

Nekisute01

長浜浪漫ビール館から舟板塀を見ると「北国街道」にでますが、
この辺りまではよく知られたところ。

この辺りの建物は旧商家が多く

Nekisute02

Nekisute03

その角にある建物には玄関に”馬つなぎ石”もあり、
往時の繁盛ぶりを知ることが出きます。

道を東に入るとこちらにも旧い建物が残っていて

Nekisute04

観光客で賑わう中心部とはまた違った雰囲気が楽しめます。

Nekisute05

Nekisute06

旧家に残る”ガス灯”と白壁土蔵、
その横には”粋な黒塀と見越しの松”ですね ^^

Nekisute07

田町公民館の角にあるのは”子ども歌舞伎”像、
春の「長浜曳山まつり」では”子ども歌舞伎”が演じられます。

Nekisute08

曳山は全部で13基ありますが、子ども歌舞伎が演じられるのは12基。
そのひとつ「月宮殿」収蔵されている曳山蔵(右)です。

Nekisute09

そしてここがステーション通りの東端になる市立図書館前です。
ここで北に延びる”博物館通り”へと曲がりますが、
その角にある料亭の建物(国登録有形文化財)。

Nekisute10


周囲が白壁に覆われていますが・・・
その上にある巨大な石組にはちょっと驚かされます ^^;

Nekisute11

道を北に歩くとすぐにある曳山蔵は「「萬歳楼山蔵」。
さらに北へと行くと

Nekisute12

以前にも紹介したことのある「元祖 堅ボーロ本舗(清水ボーロ)」。
明治創業の老舗和菓子店ですが、
そのお菓子をご存じの方はどれくらいいらっしゃるか・・・ ^^;

Nekisute13

米川を渡るとこちらの曳山蔵は「孔雀山」。
すぐに駅前通り(シンボルロード)を渡りますが

Nekisute14

もう「大手門通り」はすぐ ^^

Nekisute15

その大手門通り、長浜観光の中心部で、
ちょうど「曳山博物館」のある角に出ます。

歩いてきた明治ステーション通りから博物館通り。
ほんの短い距離ですが、観光化されたメイン通りとはまた違って、
ちょっぴり郷愁を感じさせてくれる楽しい道です ^^;  camera 2日

« いなべのひまわり畑 | トップページ | 大高緑地のシラタマホシグサ »

まちかど散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/67133594

この記事へのトラックバック一覧です: 長浜 明治ステーション通り:

« いなべのひまわり畑 | トップページ | 大高緑地のシラタマホシグサ »