2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

愛西市花ハス開花情報

この日は昼前から雨との予報でしたが、朝のうちは晴れて日も差し、
ちょっとハスの様子を見に出かけた愛知県愛西市です。

地元では人気の「森川花はす田」と「赤蓮保存田」ですが、
「森川花はす田」の開花情報はまだ咲き始め。
分かってはいましたがネタ切れだけにそれも良し!と ^^;
まずはその「森川花はす田」からです。

Tatsuta01

3度目の正直?にもなりませんでしたが、ご覧のとおり。

Tatsuta02

Tatsuta03

こんな状態でも見に来ている人も多いのは、
やはり人気のハス田だからでしょうか。

Tatsuta04

探せば?綺麗なハスもあり

Tatsuta05

花を撮るだけならこれでも十分に楽しめます ^^;

Tatsuta06

ただ、この日は風がムチャ強くて大きく揺れる葉っぱの陰になり、
見た目よりは花数が少なく感じるかもしれません ><;

  ~~~ 変わって「立田赤蓮保存田」。

Tatsutaa01

こちらは数日前とほとんど変わっていません ^^;

Tatsutaa02

咲いているのは手前のハス田だけですが、
すでに散った花びらも多くあり・・・???

Tatsutaa03

ミセススローカム

Tatsutaa04

大賀ハス

咲いているハスもやはり赤蓮が多いですが、
すでに白ハスも咲いています。

Tatsutaa05

太白蓮 ^^;

Tatsutaa06

この日の赤蓮保存田
ここも咲いている花が強風に揺れる葉のなかに隠れます ^^;

オマケ! 道を挟んだ水田に咲くハス。

Tatsutaa07

仏花用の紅蓮”八重茶碗”だと思いますが・・・
すでに多くの蕾とともに花も咲き始めていました。

愛西市の花ハス、花の見ごろは7月に入ってからですが、
今年の森川花はす田「蓮見の会」は7月14(土)・15(日)の2日間。
昨年より1週間ほど遅れての開催です ^^;    camera 29日

2018年6月29日 (金)

北国街道 柳ケ瀬

余呉町池原の「全長寺」でアジサイを楽しんだあとは、
少し北に足を延ばして柳ケ瀬の集落へ寄り道でした。
長浜市の北端に位置する余呉町柳ケ瀬は北国街道の間の宿で、
若狭街道(刀根越)と分岐する街道の要所でもあり、
江戸時代には彦根藩の関所が置かた街道の要所でした。
私事ですが、ちょうど13年前の春、芭蕉「奥の細道」歩き旅で、
敦賀から大垣へと向かう途中に歩いたところでもあります。

ということで、懐かしい柳ケ瀬散策はやはりここから^^;

Yanagase01

「倉坂峠・刀根越(久々坂峠)」道の柳ケ瀬口です。
登って行けば柴田勝家の本陣が置かれた「玄蕃尾城」跡があり、
その先は敦賀の刀根集落になります。

Yanagase02

この日はここから柳ヶ瀬集落へと戻りますが、
流れる川は荒谷川。

Yanagase03

川沿いを行くと小さな祠があり、
ここが柳ケ瀬の北の出入口で若狭街道と北国街道の分岐点。

Yanagase04

少し先で振り返っていますが、左が戻って来た若狭街道。
右に行くと国道365号線で北国街道(栃の木峠)です。

Yanagase05

分岐の案内板の下にある道標には、
「右えちぜん かがのと道 左つるが 三国ふ祢のりば」とあります。

Yanagase06

南へと続く柳ケ瀬の旧北国街道。

Yanagase07

小さな「柳ケ瀬関所跡」の石標。
江戸初期、特に婦女子が北国に入ることを厳しく監視したという。

Yanagase08

往時は旅人が行きかった宿も、今はただ静かな集落です。

Yanagase09

少し南に下ったところには立派な「関守の門」があり、
「明治天皇駐輦之蹟」と「明治天皇柳ケ瀬行在所」の碑が建ちます。

Yanagase10

先の「倉坂峠・刀根越(久々坂峠)」は、
明治11年に明治天皇が北陸巡幸のときに通られた道でもあり、
行在所は峠を越えた刀根の集落とここに置かれました。

Yanagase11

この先、すぐに国道365号線に合流します。
明治17年(1884)、倉坂峠から約1.3kmの北方に、
長さ1.3kmの柳ヶ瀬トンネルが開通。
鉄道が通るようになったことから刀根越道は廃道となります。

Yanagase12

こちらにも小さな祠が建ちます。

Yanagase13

左が旧北国街道、右が国道365号線。

山間の静かな集落に、この日訪れる人はいませんでしたが、
我がひとり、懐かしい北国街道柳ケ瀬の散策でした。
  camera 26日

2018年6月28日 (木)

続 全長寺のアジサイ

余呉町池原にある「全長寺」のアジサイ。
先に全体の様子を載せましたが、続きはちょっと視線を変えて ^^;
境内にある「七福神像」とともに綺麗なアジサイを選んでみました。

全体にはまだ早い感もありましたが、
境内には多くの石像もあり、アジサイとともに楽しめます。

Zenchoji201

正面の参道入り口にある観音菩薩石像。
この後ろにアジサイ園がありますが、右に延びる参道を行きます。

Zenchoji202

参道沿いのアジサイ

Zenchoji203

境内にある七福神石像のひとつ、まずは”毘沙門天”。
周囲のアジサイはまだ咲きはじめで、競演はこれから ^^;

Zenchoji204

山門をくぐった先、こちらは”福禄寿”
この辺りはヤマアジサイも咲きますが

Zenchoji205

知ってる花はクレナイだけ ^^; もう終盤でした。

Zenchoji206

北側にあるアジサイ庭園入り口では”恵比寿”さんが迎えてくれます。

Zenchoji207

この辺りのアジサイはまだ若木が多いですが、
周りには成木で見ごろのアジサイも ^^

Zenchoji208

本堂前の”布袋”さん、
ここももう少し花が咲いていれば綺麗なんですが・・・。

Zenchoji209

その横には”大黒天”

Zenchoji210

こちらは「観音堂」前の”達磨太師像”、
その観音堂横にある第一駐車場周辺には

Zenchoji211

”弁財天”

Zenchoji212

東に回り込むと、
アジサイ園の中には樹齢500年という杉の御神木

Zenchoji213

その前には”寿老人”と、
まぁ、境内をひと回りしましたがなんとも楽しい七福神像、
アジサイが満開なら・・・でした。
ここは庫裡の裏手にもたくさんのアジサイが咲いています。

オマケ!咲いていた八重ガクアジサイから

Zenchoji214

これは”おはよう”
この花、ピンクからブルーへと色が変わるとか ^^;
そしてもうひとつ

Zenchoji215

装飾花がちょっと違う”ウエディングブーケ”でしょうか?
同じようなピンクの八重ガクアジサイでした。

4年ぶりに訪れた「全長寺」でしたが、
一部、植え替えがあったようでまだ小さな木も多くありました。
見ごろとはいえ、ピークはこの週末辺りからのようです。  camera 26日

2018年6月27日 (水)

全長寺のアジサイ

長浜市余呉町の「全長寺」でアジサイが”見ごろ”との記事が地元紙・
滋賀地方版にあった。いつもは7月初旬に出かけていたところで、
1週間前に余呉湖の帰りに立ち寄ったときはまだ咲き始めでした。
新聞ネタだけに、まだ早いかな?とは思いつつも・・・出かけます ^^;

いつものように参道正面から本堂へと行きます。

Zenchoji01

境内周辺には約60種類、1600株のアジサイが植えられていて
”あじさいとだるま寺”として知られるところですが・・・

Zenchoji02

Zenchoji03

参道右のアジサイはまだ咲き始め ><;
左の林間にあるあじさい園は・・・ほゞ見ごろでしょうか ^^;

Zenchoji04

山門周辺もまだこれから

Zenchoji05

山門横から駐車場周辺、この辺りは後ほどにして

Zenchoji06

こちらは本堂前にある池沿い、
ただいま本堂屋根が修復工事中のためアジサイだけです ><;

Zenchoji07

本堂入口から「観音堂(本尊は万福寺の馬頭観音菩薩像)」
明治以降、万福寺の老朽化によりここ全長寺に移されています。

Zenchoji08

庫裡前からアジサイ庭園に入ります。

Zenchoji09

アジサイ越しには田園と余呉町池原の集落が見えて、
ここも静かな山里です。

Zenchoji10

アジサイ庭園の北側から山門

Zenchoji11

ここをはじめ、境内全体には植え替えられたアジサイが多く、
これまでとはちょっと様子が変わっていました ^^;

Zenchoji12

池のハスは蕾が多くなっていて、
今年はアジサイとハスが楽しめるかもしれません ^^

Zenchoji13

境内南側にあるあじさい園

Zenchoji14

Zenchoji15

こちらは見ごろを迎えていて、
どうやら見ごろの情報はこちらのアジサイのようでした ^^;

Zenchoji16

あじさい園の外側(駐車場側)、
やはり見ごろとはいえ、まだ早すぎの感もあるアジサイでした。

6月に二度の訪問となった「全長寺」でしたが、
前回はボツにしたものの今回は全体を中心に載せてみました。
このあとは七福神像とともにもう少しアジサイを・・・ ^^;   camera 26日

2018年6月25日 (月)

船頭平河川公園ハス便り

愛西市立田町にある木曽三川公園「船頭平河川公園」。
近隣のハス田のなかでも、早くから咲きだすところですが、
一度様子を見に行ってから1週間が経ちました。
そろそろ早咲きの”ミセススローカム”も見ごろを迎えるころ ^^;
他の品種はどんな感じか?この日のハス便りです ^^;

Sendohira01

15品種のハスが植えられた各ハス田にも説明板も立られて、
あとは開花を待つだけですが・・・

Sendohira02

たくさん咲いているのは”ミセススローカム”だけ ><;

Sendohira03

Sendohira04

すでに咲ききった花や、これから咲く花に花托もあります。

Sendohira05

Sendohira06

まぁ、ひと品種だけでも楽しめたのはうれしいですが、
他の品種はというと・・・

Sendohira07

マイヨウレンがひと花だけ

Sendohira08

マイヒレンが少し咲いていましたが、
この花はすでに散ったあとの花托や蕾もあり・・・どうなってるのか??

そしてあとは

Sendohira09

このベニマイヒレンです ^^;
花がなければ花びらで・・・とは偶然で

Sendohira10

水面を漂う花びらが2枚

Sendohira11

まるで風に流されて小舟のよう ^^ ”♪どこへいくのよ~~ ”

Sendohira12

そのベニマイヒレン(紅舞妃蓮)・一重咲き
説明板には”花が散る際は、まるで妃が舞っているよう・・・”と。
あとのハスはまだ咲く気配もなく、水田だけのところもあります。

このあと回った「森川花ハス田」はまだチラホラで、
「赤蓮保存田」は花も目立つようになってきていますが、
どちらも見ごろまでにはもうしばらくかかりそうです。  camera 24日

2018年6月24日 (日)

ハッチョウトンボ

青山リゾートから帰る途中、気になっていたハッチョウトンボを見に
ちょっと立ち寄った伊賀市下友生にある「三重県上野森林公園」です。
まだサギソウが咲くには早過ぎる時期ですが、
ハッチョウトンボは見れるはずと思いつつも・・・ちょうど昼時でした。

涼しい高原から、これまたムチャ暑い湿地のサギソウ園。

Uenofp01

狙うトンボは約2Cmほどの小さいターゲット。
この湿原のなかから見つけ出しますが・・・
そこは見慣れたところだけにあまり苦労はしません ^^;

Uenofp02

いました!
これが目的でなければまず素通りしてしまうほどですが、
ジッと探せば・・・比較的近くと遠くに2匹のオスです。

Uenofp03

Uenofp04

このトンボ、ときどき羽を動かし尻尾を上下させますが、
ほとんど動きません^^;
そのため撮影は楽ですが、ただ遠い!

Uenofp05

我が望遠ではどうしてもあとで切り取ることになりますが、
それだけにピント合わせが一苦労。

Uenofp06

この日は三脚での撮影でしたが・・・
木道に座り込んでの撮影もまた暑い ><;

何度もご紹介していますが、
ここにはもう一か所、園路の水たまり(帯水路)にもいます。

移動しますがこの日咲いていた湿原の花

Uenofp08

お馴染みの”ミミカキグサ”

Uenofp09

”コバノトンボソウ”

Uenofp10

これは”イシモチソウ”でしょうか?咲き始めのようです ^^;
そして

Uenofp11

「水辺のテラス」横には”カキラン”が少し。
園路をサブコテージの方へしばらく行くと、
トンボの保護区になっている水たまりがあります。

Uenofp12

ここは湿原とは違って間近で観察できる貴重なところですが、
この日は3匹です。

Uenofp13

真横からも撮影ができましたが、トンボはやはり動きません。
ときどき急に飛び立つことはあっても、
すぐに元の場所に戻って止まるのが不思議なトンボです。

今年もまたハッチョウトンボに出会うことができましたが、
この日もすでに30℃を越える真夏日でした ><;    camera 22日

2018年6月23日 (土)

青山リゾートハーブガーデン

この日はまた梅雨の晴れ間とはいえ真夏日との予報に、
少しでも涼しいところで花が楽しめればと・・・ ^^;
三重県伊賀市霧生にある「青山リゾートハーブガーデン」でした。
初夏の恒例”ラベンダーフェスタ”が始まったばかりですが、
開花情報では6分咲き、ただ、ここには”あじさい園”もあります。

と、思って着いたらあじさい園は7月1日からの開園で、
おまけにハーブガーデンとの共通券とか ><;、
ということで・・・この日はハーブガーデンだけでした。

Herba01

受付からショップ棟前の「鑑賞ガーデン」から

Herba02

いつものようにここから左回りでラベンダー畑をめぐりますが、
まずはラベンダーの”濃紫”。

Herba03

そしてオカムラサキですが、
見ごろの情報とはいえ花がかなり寂しい・・・?

Herba04

あとで聞いたところによると、
花は昨年に植え替えられたようでまだ生育途上のようです。

Herba05

ということで、以前のような紫の絨毯にはほど遠かったですが、
まぁ、天気が良かったのが幸いでしょうか ^^

Herba06

ラベンダー畑から奥にある”リビングガーデン”へ

Herba07

咲くのは多彩なハーブですが、特に目に付くのがキャットミント。

Herba08

”癒しのお庭”にはすでに終わったカモミール類に、
この花は”帝王かいざく(ヘリフリサム)”とか。

Herba09

キョウカノコ
傍にあるユリ畑のユリはまだ咲いていませんが、
リビングガーデンから

Herba10

ローズガーデンを回ってシンボルタワー ^^

Herba11

タワーから眺めるバーブガーデン。
シンボルともいえる4本杉(マザーツリー)の手前にはライフガーデン、
ツリーの先にはレインボー畑です。

Herba12

ライフガーデンに咲き残る?黄色い中心部、
これはジャーマンカモミールでしょうか ^^;

Herba13

レインボー畑横を入口に戻りますが、
花はキャットミントに麦、そして咲き残る数種のポピー。

Herba14

そのキャットミント

Herba15

そしてポピー越しに見る4本杉のマザーツリー ^^

Herba16

戻ったラベンダーオカムラサキ畑から、
花はダイヤーズカモミールと奥には”あずまや2号”です。

年間300種類を超えるハーブと花が咲くハブガーデン。
ラベンダーオカムラサキに濃紫も満開近し!
”ラベンダーフェスタ”は~7月16日(月・祝)までです。  camera 22日

2018年6月22日 (金)

木曽川水園のハンゲショウ

「138タワーパークの」アジサイを先に載せましたが、
この日はこちらが目的でした。
岐阜県各務原市川島にある木曽三川公園「河川環境楽園」、
その木曽川水園に咲くハンゲショウです。

この時期、毎年訪れているだけに、
昨年とあまり変わり映えはしませんが・・・

Suien6m01

Suien6m02

まずは河川環境楽園の水路に咲くハンゲショウから。
ここもたくさんのハンゲショウが咲くようになりましたが、
水路沿いに咲き残るハナショウブや、咲き始めたハスを見ながら、
自然発見館・木曽川水園と行きます。

「河川環境楽園・自然発見館」傍の花壇には

Suien6m03

アナベルにスカシユリも咲いて賑やかです ^^

Suien6m04

この日の水園下流部に色づくハンゲショウ

Suien6m05

この時間はまだ早すぎて木舟遊覧は営業前 ^^;
時間まで園内をひと回りしてきます。

Suien6m06

キキョウ
咲く花はまだ少ないですがいつものコースを散策。

Suien6m07

農家にはすでに七夕飾りが・・・七夕ももうすぐですね ^^

Suien6m08

野草園にはアキギリが咲き

Suien6m09

ゆく道にはノリウツギに

Suien6m10

キリンソウなど
のんびりと時間をかけての散策を楽しみます。

Suien6m11

戻った水園下流部。
平日でしたが、ちょうど木舟遊覧に乗船の方がいて

Suien6m12

今年もまたハンゲショウと木舟遊覧の撮影を楽しみます ^^;

Suien6m13

いつも変わらぬ風景ですが、
これが見たくて毎年楽しみな木曽川水園の初夏です ^^;

園内にはまだ咲く花は少なかったですが、
梅雨のなかでの貴重な晴れ間に楽しんだ
「河川環境楽園」木曽川水園」のハンゲショウでした。  camera 19日

2018年6月21日 (木)

138タワーパークのあじさい

赤目四十八滝散策の翌日はさすがに足に疲れが出て、
やはりまだ完治がしていない・・・を実感 ><;
ただ、雨のおかげでちょうどいい休養日になりました。
すぐに梅雨の晴れ間となったこの日は近場です ^^;
各務原市と一宮市にまたがる三派川(さんぱせん)地区の木曽三川公園、
「河川環境楽園・木曽川水園」と、「138タワーパーク」でした。

目的は木曽川水園のハンゲショウでしたが、
まずは”見ごろ”との情報に「138タワーパーク」のあじさいです。

138tp01

公園の南側、木立のなかに約400株のアジサイが咲く
「あじさいの小径」。

138tp02

ここには何度も来ていますが、
こんなんがあるとは何も知りませんでした ><;

138tp03

ピンク系のアジサイがほとんどで名札には西洋アジサイと。

138tp04

なかに混じって咲いていたガクアジサイ、
こちらははすでに装飾花(ガク)が裏返っていてもう終盤です。

138tp05

50mほどのウッドチップの道沿いに咲くアジサイ

138tp06

138tp07

実にこじんまりとしたあじさいの小径ですが、
ちょっと同一花種の色が多いのが残念 ^^;

138tp08

奥へと歩くにつれ

138tp09

アジサイと書かれた種類(ホンアジサイか?)のゾーンも。

138tp10

138tp11

花は見ごろとのことでしたが・・・
全体ではまだ満開ではなく見ごろは続きそうです ^^;

138tp12

久しぶりに撮ったてまり種の花(真花・両性花とも)
ちなみに装飾花(ガク)の中心にポチッとあるのは中性花で、
そちらは開いたり開かなかったりします。

オマケ!

138tp13

つどいの広場とやすらぎの池の傍にあるコキア畑。
こちらは7月初旬以降には見ごろを迎えそうです。

この時期はアジサイを楽しみながらの散策もまたよろしいかと ^^;
このあとは少し北にある木曽三川公園「河川環境楽園」。
その木曽川水園に咲くハンゲショウです。    camera 19日

2018年6月20日 (水)

新緑の赤目四十八滝

春先に患った坐骨神経痛?が少しは楽になったこともあり、
ちょっとアップダウンのあるところでも歩いてみようと出かけた
三重県名張市にある「赤目四十八滝」です。
この時期は渓谷の新緑が楽しめますが、
今回はいつもと違って足の状態を気にしながらの散策でした。

とはいえ、久しぶりの歩きに心が弾みます ^^;

Akamef01

霊蛇滝、”不動滝”、乙女滝などを見て、
”八畳岩”周辺までは渓流と新緑を楽しみゆっくりと・・・。

Akamef02

”千手滝”
この辺りまでが赤目四十八滝のプロローグでしょうか。

Akamef03

その先、急階段を登って行くと”布引滝”、
さらに階段を登って滝の上に出ます。

Akamef04

ここからは渓谷美が楽しめる”渓谷散策コース”になり、
赤目渓谷の中心部へと入っていきます。

Akamef05

足も特に問題はなく、あとはいつものように新緑と滝めぐり。
毎年我が好きなところで変わり映えがしませんが・・・

Akamef06

目の前に、そして川面にと新緑を楽しんで行きます。

Akamef07

”百畳岩”
まずはここが第一目的地でしたが比較的快調に到着 ^^;

Akamef08

”姉妹滝”
好きなこの滝を見ると新緑の渓谷が続きます。

Akamef09

Akamef10

渓谷は進むにつれて深くなり

Akamef11

倒木でふさがれた骸骨滝にチョッとびっくり ><;
斜滝を見て狭い階段を上ると

Akamef12

”荷担滝”
渓谷随一の景観ともいわれ、赤目五瀑でも人気の滝です。

Akamef13

すぐ先にある”雛段滝”
ここを過ぎると散策路も残りわずか ^^;すぐに琴滝があり

Akamef14

その先には赤目五瀑最後のひとつ”琵琶滝”です。

ここまで来ればやはり岩窟滝までと、
足もとに注意しながら最後の急階段を登ります。

Akamef15

マウンテンゴリラ岩
今はもうこの名前で呼ばれることもなくなりましたが・・・
一応危険個所になりますか ^^;

この先は渓谷も狭くなり雑木林のなか

Akamef16

すぐに赤目四十八滝最後の”岩窟滝”です。

この日はどこまで行けるか分かりませんでしたが、
ここまで歩くことができて正直ホッとしました。
ただ、翌日が・・・やはり完治とはいかないようです ><;  camera 17日

2018年6月19日 (火)

北勢町万葉の里あじさい園

三重県いなべ市北勢町にある「万葉の里公園」。
万葉集に詠まれている140種類の植物が植栽されていて、
その原歌とともに紹介している公園ですが、
この時期はその周辺に約5,000株のアジサイが咲きます。

余呉町からの帰りに立ち寄りました。

Inabe01

Inabe02

公園への入口周辺ですが・・・満開です。

Inabe03

園内に咲くアジサイはそれほど多くはありませんが

Inabe04

この日は少し遅くなったため周辺を回る余裕がなく ><;
園内を中心にご紹介!

Inabe05

木陰のなかにある園内

Inabe06

夕暮れが近い時間で、明るかったり暗かったりと、
ちょっと撮影には厄介な時間で映えないアジサイでご容赦を ><;

Inabe07

園内には万葉歌と解説が書かれた案内板が各所にあり、
アジサイには関係なくその花木も楽しめる公園です。

Inabe08

木陰を抜けると

Inabe09

芝生広場に出ますが

Inabe10

Inabe11

その周辺に咲くアジサイもほゞ満開です。

Inabe12

こちらは駐車場周辺に咲くアジサイ

Inabe13

駐車場へのアプローチになる道沿いです。

公万葉の里公園内のアジサイもさることながら、
ここは北勢庁舎周辺を囲むようにたくさんのアジサイが咲きます。
今回は公園内を中心に見てまわりました。    camera 16日

2018年6月18日 (月)

余呉湖あじさい園

滋賀県長浜市余呉町の「余呉湖あじさい園」。
羽衣伝説で知られる余呉湖の南西部にあり、湖岸の約600mに渡って
50種、約10,000本のアジサイが植栽されています。
これまでは早かったり遅かったり、不作だったりと、
あまり綺麗なアジサイを見ることはなかったんですが・・・

6年ぶりの訪問でした。

Yogoa01

今年は綺麗に咲いているようですが、
そんなアジサイの咲く道を南側から北へと見て行きます。

Yogoa02

アジサイに関係ありませんが ><;
芭蕉の門人斎部露通(いんべろつう)の句碑が建つ広場。
この左側があじさい園の中心部です。

Yogoa03

北へと続くアジサイの道

Yogoa04

休憩所の東屋を挟んで、
その北側がいちばんの見どころですが・・・

Yogoa05

余呉湖とアジサイ!

Yogoa06

その中央部と

Yogoa07

北へと続くアジサイ群です ^^;

Yogoa08

Yogoa09

この辺りは見ごろですが

Yogoa10

全体にはまだ7分咲きほどでしょうか?
満開まではあと少し日がかかりそうです。

Yogoa11

北へと行くほどガクアジサイが多くなり、ここが北の端。
この先の木陰に少しあるアジサイはまだつぼみ ^^;

ここから車道を戻ります。

Yogoa12

湖畔側から見えたブルーのアジサイが綺麗なところ。

Yogoa13

そして中心部のあじさい園と余呉湖。
車道からのあじさい園は少し上から見ることになり、
余呉湖も見れてまた違った景色が楽しめます ^^

久しぶりの「余呉湖あじさい園」でしたが、
このあと訪れた同じ余呉町池原にある「全長寺」のアジサイは、
まだ”咲き始め”、見ごろまではもうしばらくです。   camera 16日

2018年6月17日 (日)

谷汲ゆり園

揖斐川町まで来ればやはり気になる「谷汲ゆり園」。
これといった開花情報もなく、
まだ開花には早いだろうとは思いながら、ダメもとでした。

走る途中からチラッと見えた山上のユリにチョッと期待も ^^;
入口では”咲いています”とのことでしたが・・・。

Tanigumiy01

林間にある第一、第二ユリロードは・・・
まだ2~3分咲きでしょうか ^^;

Tanigumiy02

山の東側斜面(林間側)もほとんど咲いていませんが、
こちらは”山歩き散策ロード”の北入口。

Tanigumiy03

斜面東側の散策路沿いから山の西側へと行きます。

Tanigumiy04

こちらも見ごろにはまだほど遠いですが

Tanigumiy05

Tanigumiy06

咲く花はそれなりに・・・ ^^;

Tanigumiy07

Tanigumiy08

走る途中の道から見えた山の斜面ですが・・・
まだ早いとはいえ
さすがに日当りがいいところだけにかなり咲いています。

Tanigumiy09

ここは林間に整然と咲くユリが人気ですが、
私的には周りの山々と、田んぼに集落が見える
この斜面に咲くユリが好きなところ ^^

Tanigumiy10

Tanigumiy11

斜面の散策路を行きつ戻りつ・・・

Tanigumiy12

今回はこの斜面に咲くユリがメインになりましたが

Tanigumiy13

最後は東側中段の道を入口へと戻ります。

Tanigumiy14

斜面を下りて

Tanigumiy15

林間の最奥から・・・ほとんどつぼみです ><;

”ゆりまつり”は7月16日((月・祝)までですが、
メインのイベントは6月24日(日)に行われます。
その頃には全体に見ごろを迎えるでしょう 。  camera 14日

2018年6月16日 (土)

揖斐川町脛永のあじさい

岐阜県揖斐川町脛永(はぎなが)でアジサイが見ごろとの情報に、
ちょっと記事内容と場所に興味があって出かけました。
個人のお宅にあるあじさい園で、もちろん初めてのところ、
場所は養老鉄道揖斐駅南側の道を東に1キロほど・・・と。

揖斐川右岸堤防に突き当たるすぐ手前を右に入ると入口ですが、
堤防を走れば脛永の下り口を下りてすぐに左折 ^^;
入口はちょうどあじさい園の工事中でが自由に入園できます。

Haginaga01

”あじさいまつり”の幟が立つそのあじさい園。

Haginaga02

50品種、6、000株が植栽されているというアジサイですが・・・
思っていた以上に広く、株立ちも大きなあじさい園です。

Haginaga03

敷地内を左回りで奥へと続く道を行きますが、
こちらは木立のなかに造られた庭園風?の周辺に咲くアジサイは、
入り口のあじさい園とはちがって咲き方はまだ寂しいです。

Haginaga04

毎年見に来られているという方に花のの様子などを聞くと、
やはり今年は寂しい花付きだという・・・。

Haginaga05

さらに奥には稲荷神社もあるという敷地内。
ちょうど御主人が来られて詳しい話を聞くことができましたが、
あじさい園と庭園はすべて手造りで現在も拡張整備中とか。

Haginaga06

神社横から庭園を巻くように植えられたアジサイも、
日陰になるためか?まだ咲ききっていません。

Haginaga07

庭園の反対側に出て見たあじさい園へと入ります。


Haginaga08

Haginaga09

確かにアジサイの種類も多く、
個人の家のあじさい園とは思えないほど見ごたえがあります。

Haginaga10

Haginaga11

初めて知りましたが、
これはチョッとした穴場でしょうか ^^;


Haginaga12

Haginaga13

庭園とあじさい園をひと回りして戻った入口。

現在もあじさい園は拡張工事中ということですが、
いつか?その完成が楽しみなあじさい園でした。  camera 14日

2018年6月15日 (金)

船頭平河川公園のハス

アジサイも見ごろ真っ最中ですが、そろそろハスが咲くころか?と、
ちょっと様子をみに出かけた木曽三川公園「船頭平河川公園」です。
近隣では早くから咲きだすところですが、
この日はちょうど蓮田のヨシ?を刈り取る作業が行われていて、
邪魔にならないようにスイレンの咲く池側から入りました ^^;

Sendoh01

すでに昼前でもあってスイレンはほとんど咲いていません。
その池で飛び交うトンボを見ていたら・・・

Sendoh02

偶然交尾中のシオカラトンボを見つけました ^^;
このトンボも空中交尾で飛び回りますが

Sendoh03

それを撮るのは大変で ><;

Sendoh04

ちょうど休んでいる?ところを撮ったものです ^^;
まぁ、ここまではよく見る光景でしたが・・・そのあとです。

Sendoh05

交尾のあと離れたオスとメスですが、
飛び回るメスをまるで護衛するかのように追っかけるオス。

Sendoh06

遠くまで飛んでは、またもとに戻ってくるという動作を繰り返す、
トンボのオスとメスを撮り続けました。

Sendoh07

このあと、葉の上で休むメスの上を飛び回るオスですが、
これが何をしているのかはよく分かりませんでした。
ネットで調べてみたらトンボは交尾のあと、
オスはメスが産卵するまでその周りを飛び回り護衛するという。

Sendoh08

ひと休み?するメスを見守るように?
その上をホバーリングするオスのシオカラトンボ・・・なるほど。

~~~前書きが長くなりましたが・・・ハスです ^^;

Sendoh09

まだまだ咲き始めの一輪ですが、名前は?

Sendoh10

ひと花見つければ・・・なぜか次々と見つかる蓮の花  ^^;

Sendoh11

こちらはどうやらミセススローカム

Sendoh12

Sendoh13

この花は比較的早くから咲き出す品種ですが、
すでに数輪が開花しています ^^

Sendoh14

あとはまだ開花を待つかのようにたくさんのつぼみですが、
このミセススローカムはまもなく見ごろになるでしょう。

Sendoh15

周辺ではハルシャギクやヒメジヨオンも賑やかです。

近隣のハス田の中でも早い開花で知られますが、
今年もすでに咲き始めた「船頭平河川公園」でした。  camera 13日

2018年6月14日 (木)

琵琶湖岸の花しょうぶ

滋賀県野洲市吉川の琵琶湖岸でハナショウブが見ごろとの情報に、
どこか??と思ったら、ビワコマイアミランドオートキャンプ場の傍とか。
何度も走っている湖岸道路でしたが、これは知りませんでした ><;

この日は彦根市庄堺公園の花しょうぶを見に出かけていたので、
そのまま湖岸道路に出て南へと走ります。

Maiamip01

湖岸道路と琵琶湖に挟まれたマイアアミランドの西端、
オートキャンプ場に隣接しているアイリスパーク(あやめ園)です。

Maiamip02

周りがフェンスで囲まれていて綺麗に整備された園内。

Maiamip03

Maiamip04

オートキャンプ場は有料施設ですが、
あやめ園は毎年この時期だけ無料開放されているようです。

Maiamip05

中央にある東屋(休憩所)を取り囲むように、
まるで八橋を架けたように設けられた園路。

Maiamip06

Maiamip07

約80品種、7、000株が植栽されているそうですが、
花数の少ないところがあるのはどうしても生育の加減でしょうか。

Maiamip08

Maiamip09

それでも広い園内に咲くハナショウブは
全体に見ごろで見応えがあります ^^

Maiamip10

すぐ傍を走る湖岸道路

Maiamip11

アイリスパークの西端から

Maiamip12

Maiamip13

なぜここに”あやめ園”(花はハナショウブ)なのか?

Maiamip14

調べてみれば、かってこの辺りは旧・中主町(現・野洲市)で、
その中主町の町花が「アヤメ」とか。

Maiamip15

そのアヤメも咲いているのかどうかは??でしたが、
アイリスパーク(あやめ園)という名には納得 ^^;

これでびわ湖が見れれば文句なしでしたが、とはいえ、
少しだけでも見れた比良山系とともに
琵琶湖岸のハナショウブを楽しませてもらいました。  camera 12日

2018年6月13日 (水)

彦根市庄堺公園はなしょうぶ園

彦根市開出今町にある「庄堺(しょうさかい)公園」。
5月中旬に”バラ園”を訪れたときから、
次はハナショウブの咲くときにと思っていました。

すでに見ごろを迎えたという情報に、
現地は曇り時々雨の予報でしたが・・・。

Shosakai01

まだ綺麗なバラが見られる”バラ園”を通り抜けた先に、
その”はなしょうぶ園”があります。

Shosakai02

Shosakai03

思っていたより広く、レンガ壁で区画されている
綺麗な”はなしょうぶ園”にはちょっとびっくりでした。

Shosakai04

Shosakai05

28種類、約3,000本のはなしょうぶが植えられていて

Shosakai06

Shosakai07

一部には花が少ない区画もありますが、
今が見ごろのピークでしょうか。

Shosakai08

Shosakai09

はなしょうぶ園をひと回りしてきましたが、
これまで見てきた花菖蒲園とはちょっと趣の違う感があります ^^;

Shosakai10

すべての花が目線の下にあり

Shosakai11

Shosakai12

上から眺めることになりますが

Shosakai13

これもあまり経験したことのないはなしょうぶ園でした。

Shosakai14

ナミアゲハ
ハナショウブには似合うでしょうか? ^^;

Shosakai15

彦根市の「市の花」でもありますハナショウブ。

ここも早咲きと遅咲きが植栽されているのでしょうか?
すでに傷んだ花が摘み取られたあとも見られましたが、
見ごろはまだしばらくは続きそうです。   camera 12日

2018年6月12日 (火)

小牧市民四季の森 バラ園

「小牧市民四季の森」で開催中の「バラ・アジサイまつり」。
そのアジサイを楽しんだあとはやはりバラです ^^
”アジサイの丘”から展望広場を抜けて少し南にある”バラ園”へ。
いつものことながら開花時期が少しずれるため、
アジサイが見ごろのときはもうバラは残り花?ですが・・・。

バラ園の東側からです。

Komakisb01

水辺の音楽広場に面した芝生広場の南側にあるバラ園

Komakisb02

Komakisb03

いつもアジサイの時期にしか来ないため、
バラの見ごろを見たことがありませんが・・・

Komakisb04

すでに花は残り花とはいえ、
咲き残る花もまたよろしいかと ^^;

Komakisb05

Komakisb06

約300品種、1,400株のバラが咲くというバラ園

Komakisb07

さすがにもう寂しい花数ですが

Komakisb08

Komakisb09

Komakisb10

まだかなりの品種を楽しむことができます ^^

Komakisb11

まぁ、バラのひと花、ひと花を撮るには十分ですが、
見ごろのバラを楽しむにはやはり5月中旬ごろでしょうか。

Komakisb12

赤いバラ!

あとはオマケ!
バラ園から北口へと続く道にはアジサイが咲きますが、
その中には数種のヤマアジサイも咲いています。

Komakisb13

”アマチャ”に

Komakisb14

”シチダンカ(七段花)”
すでに終盤を迎えている花もありましたが

Komakisb15

”クレナイ”も ^^;

今年もまたアジサイがメインの「小牧市民四季の森」でしたが、
アジサイか、バラか?見る時期に悩みますが、
バラの見ごろ時期にも一度は訪れたいところです。  camera 9日

2018年6月11日 (月)

小牧市民四季の森

愛知県小牧市の北部大字大草にある「市民四季の森」。
この時期「バラ・アジサイまつり」が開催中ですが、
そろそろアジサイも見ごろ?かと、岐阜県百年公園からの帰りに、
ちょっと遠回りでしたが立ち寄ってみました ^^;

約2、000株のアジサイが咲くという”アジサイの丘”、
今年も東口からの入園でしたが・・・。

Sikisimina01

定番です ^^;展望塔下からの一枚!

Sikisimina02

7~8分咲きですが、ほゞ見ごろでしょうか?

Sikisimina03

散策路の中段から下へと下ります。

Sikisimina04

アナベルも純白になるまではもう少し ^^;

Sikisimina05

Sikisimina06

花種も多く見ごたえのあるアジサイ群ですが、
まだ咲き始めの花も多く・・・

Sikisimina07

Sikisimina08

Sikisimina09

ガクアジサイも全開になるのはこれからです。

Sikisimina10

丘の下に咲くアジサイはてまり種からガクアジサイと多種で、
それぞれに彩りも賑やかです。

Sikisimina11

ヤマアジサイも咲きますが、
早咲きの品種はすでに終盤を迎えています。

Sikisimina12

丘の頂部にある展望広場へと続く道沿い

Sikisimina13

Sikisimina14

昨年は日焼けした花が多かったですが、
今年は思っていた以上に咲きすすんでいて

Sikisimina15

そうした花もなく、
ほゞ見ごろといえる綺麗なアジサイが楽しめました ^^;

「バラ・アジサイまつり」は6月17日(日)まで。
このあとはやはりそのバラ!
もう咲き残るバラ?になりますが・・・続きます。  camera 9日

2018年6月10日 (日)

岐阜県百年公園・花菖蒲園

岐阜県関市小屋名にある「岐阜県百年公園」の花菖蒲園で、
花しょうぶが”見ごろ”と先日テレビで放映されました。
ここには約100種、2万株の花菖蒲が植えられているそうですが、
早咲きと遅咲きの開花時期には2週間の差があり、
過去の経験からでは全体の見ごろを見たことがありません。

昨年はご無沙汰でしたが、
今回も見ごろはまだ早咲きだろうと期待半分で出かけました ^^;

Hyakunen01

今年も南駐車場から入りましたが・・・
途中の展望休憩所からこの日の花菖蒲園。

Hyakunen02

見ごろといえば見ごろですが、
やはり早咲きの一部?だけで花数は寂しいです ><;

Hyakunen03

ついつい綺麗なアジサイに目がいきます ^^;

Hyakunen04

前日の雨の影響でしょうか?すでに萎えた花も多く

Hyakunen05

ちょっと撮影意欲を無くしていましたが・・・

Hyakunen06

Hyakunen07

Hyakunen08

咲き揃っていたところから綺麗な花を撮っています ^^;

Hyakunen09

Hyakunen10

花菖蒲園の南から少し戻って

Hyakunen11

あとはアジサイがメインです ><;

Hyakunen12

ハナショウブはほどほどに、
この日もまたアジサイの咲く道を北入口へと下ります。

Hyakunen13

まだ咲き始めたばかりのあじさいロード。

”菖蒲まつり”は6月16日(土)、17日(日)に行われますが、
ちょっと気になるハナショウブの生育状態でした。   camera 9日

2018年6月 9日 (土)

続・輪之内町本戸のあじさい

輪之内町本戸の輪中堤周辺に咲くアジサイ!
続きは堤の西端から折り返して”たいしょう池”周辺へと戻りますが、
こちらに咲くアジサイもガクアジサイが中心です。

Hondoa201

堤の下へと下りて、稲苗の植えられた青田沿いから、
集落へと向かう道すがら・・・

Hondoa202

咲いていたのは”ウズ”、
この辺りははまだ4~5割ほどの開花でしょうか?

Hondoa203

Hondoa204

堤沿いからいったん輪中堤に上がって

Hondoa205

Hondoa206

ふたたび堤の下へ。
途中に咲くアジサイはまだわずかです ^^;

Hondoa207

たいしょう池と集落への分岐

Hondoa208

この辺りはかなり咲いていて見ごろ間近でしょうか。
アジサイを見ながら麦畑をひと回りして行きます ^^

Hondoa209

ひと際目立つ”アナベル”は個人のお宅の垣根沿いです。

Hondoa210

さらに道を回り込んで行きますが

Hondoa211

麦畑沿いにもあじさいは切れ目なく植えられていますが、
やはりチョッと寂しい感ありですね。

Hondoa212

ふたたび道を回り込んで行くと「吉野神社」。

Hondoa214

神社周辺に咲くアジサイを見るとすぐに駐車場ですが、
その前の田んぼには

Hondoa215

最初に紹介した”田んぼアート”で、
電柱が邪魔になりカットした文字の”JA”です ^^;

この日のアジサイはまだ見ごろには早すぎましたが、
輪之内町”あじさいまつり”は6月17日(日)です。   camera 7日

2018年6月 8日 (金)

輪之内町本戸のあじさい

岐阜県輪之内町本戸地区の中将姫公園・たいしょう池周辺と、
輪中堤に咲く、約20種、6,000株のアジサイ。
今年も輪之内町”あじさいまつり”は17日(にち)に行われますが、
まだ見ごろには早いと思いながら・・・近場です ^^;

梅雨に入ってすぐの貴重な晴れ間でした。

Hondoa01

輪中堤から眺める”たいしょう池”と”中将姫公園”。
ここはガクアジサイが中心だけに見た目は寂しい感じですが、
やはり全体にはまだ5~6割ほどの開花でしょうか?

Hondoa02

その東側には岐阜県下最大規模という田んぼアート。
今年はまぼろしの福束城主・丸毛兼利だそうです ^^

今期はまず輪中堤の「あじさいロード」を西へと見て行きます。

Hondoa03

Hondoa04

Hondoa05

春は約1.6kmにわたって咲くサクラ並木で知られていますが、
初夏にはこの色とりどりのアジサイが主役です ^^

Hondoa06

雨あがりで、まだ濡れたアジサイも

Hondoa07

Hondoa08

堤の中間あたりまではまだ5~6分咲きでしょうか?

Hondoa09

中間を過ぎて目に付く咲く赤系のアジサイ!

Hondoa10

Hondoa11

ここにはてまり種が少ないだけに、
この西側に集中するアジサイにはホッとします ^^;

Hondoa12

Hondoa13

ガク系に交じって咲く白いアジサイもあり、
こちらは少し開花がすすんでいるようでした。

Hondoa14

Hondoa15

輪中堤の西の端で堤を下りて集落側を戻ります。

戻る道もガクアジサイが中心で咲き様もさまざまです。
2回に分けるほどでもないんですが、
これも開花情報にでもなればと・・・続きます ^^;  camera 7日

2018年6月 6日 (水)

あいち健康の森 薬草園

少々雑用があって出かけられず ><;少し日が経ちましたが、
東海市大池公園からの帰りに立ち寄っていた、
大府市森岡町にある「あいち健康の森 薬草園」の花々です。
ここは「あいち健康の森公園」の北西部にあり、
その専用駐車場から直接入園することができますが、
この日も健康の森の散策路(リフレッシュコース)から入りました。

Yakusoh01

散策路沿いにあるサウスゲートから薬草園に入ると、
広大な芝生広場が広がります。

Yakusoh02

ここから園路を左回りで、奥に見える交流センターへ。
以前に載せたときはハスの花が咲くころの薬草農園に咲く花でしたが、
今回は薬草園とハーブ園に咲く花です ^^;

Yakusoh03

最初のエリアは”薬草木を知る園”のイノンド(ティル)
それぞれに解説があったりなかったりですが・・・

Yakusoh04

フィーバーフユー
花の名前を知るだけで、とても解説する知識はありません ><;

Yakusoh05

こちらは”ハーブ園”に咲くイングリッシュラベンダー
まぁ、咲いていた花を並べるだけですが

Yakusoh06

ダイヤーズカモミール
たまにはハーブ園に咲く花もよろしいかと ^^;

Yakusoh07

アーティチョーク(チョウセンアザミ)はこのつぼみが食用とか、
初めて見ましたがこれは咲いた花が見たかったです ^^

Yakusoh08

”実りと香りを楽しむ園”にはカノコソウに

Yakusoh09

キリンソウ

Yakusoh10

バラに

Yakusoh11

ハマナスと、お馴染みの花も咲いています。

Yakusoh12

駐車場傍に咲くウスベニアオイを見て折り返すハーブ園

Yakusoh13

エキナセアはもう終わりでしたが、
他にもまだ小さな花が咲いていました。

Yakusoh14

薬草園ウエストゲートに咲いていたカシワバアジサイ

Yakusoh15

ガクアジサイも咲くゲートから散策路に戻ります。

この日は散策だけにと立ち寄った「あいち健康の森公園」でしたが、
思わぬ薬草園の花々に癒しをもらいました。  camera 2日

2018年6月 5日 (火)

月見の森のあじさい

岐阜県海津市南濃町羽沢にある「月見の森」。
四季を通じて多くのハイカーが訪れる人気のあるところですが、
この時期はアジサイとササユリが咲くことでも知られています。
アジサイの開花情報は、1日現在まだ2~3分咲きでしたが、
梅雨入り前?の晴れ間にと出かけてみました。

この日は南濃温泉「水晶の湯」がお休みでしたが、
正面入口から送迎バス道を行きます。

Tsukimia01

道沿いに咲き始めたアジサイを見ながら・・・ちょっと期待も ^^;

Tsukimia02

”アジサイの小径”(現在は企業名が付いています ^^;)入口、
トイレ下に咲くアジサイも見ごろ近し?でしょうか。

Tsukimia03

Tsukimia04

あじさいの小径
石段を登って行くと”いこいの広場”へと続きますが、
その周辺にアジサイが咲きます。

Tsukimia05

開花は情報どおり、まだ2~3分咲きのようですが、
入口周辺はもう少し咲きすすんでいるようです。

Tsukimia06

ガクアジサイはヤマアジサイの”紅額”

Tsukimia07

今はユキノシタが満開で、
森の道周辺ではいたるところで見ることができます ^^

Tsukimia08

途中、小径の木陰になるところはまだ咲いていませんが、
ここは”あじさいの小径”の最上部。
みえる建物は”いこいの広場”に建つ「山の灯台」。

Tsukimia09

ここもあと少しすれば満開でしょうか?^^;

Tsukimia10

いこいの広場に出て、この日は階段を少し登り、
「ささゆり園」を見に行きました。

Tsukimia11

Tsukimia12

この日のササユリ
ここも一時は花数が戻ったかと思いましたが、
近年は野兎に荒されるとかで・・・花数が少ない ><;

Tsukimia13

山?をひと回りして戻った車道

Tsukimia14

道のところどころに咲くアジサイを楽しみながら、
入口へと下ります。

Tsukimia15

「あじさいの小径」の見ごろはまだこれからですが、
車道沿いのアジサイはまもなく見ごろを迎えそうです。

”あじさい祭”は9日(土)から7月1日(日)まで。  camera 4日

2018年6月 4日 (月)

大池公園・花しょうぶ園

少々寂しいハナショウブめぐりが続きましたが、
この日はちょっと期待していた愛知県東海市の「大池公園」です。
6月に入って、どうやら梅雨入りも近いような天気予報に、
どうしても綺麗な花しょうぶが見たいと思っていたところでしたが、
ようやく見ごろの”花しょうぶ園”に出会いました ^^;

Oikehs01

花しょうぶ園の西口からですが

Oikehs02

西側にある池沿いのハナショウブはほゞ満開!

Oikehs03

Oikehs04

こちらは色とりどりの花種があり華やかです。

Oikehs05

Oikehs06

東側へと続く花しょうぶ園
中央部の花は7~8分咲きですが・・・こちらも見ごろでしょうか。

Oikehs07

Oikehs08_2

江戸系・伊勢系・肥後系など、
約128種類、8,000株というハナショウブ。

Oikehs09

Oikehs10

ほゞ咲きそろって見応えがあります。

Oikehs11

ただ、最奥にある畑のハナショウブはちょっとまばらで・・・
これは生育不足なのか?

Oikehs12

こちらは品種ごとに植えられた花しょうぶですが、
花種を楽しみながらになります ^^;

Oikehs13

Oikehs14

花しょうぶ園の周りに植えられたアジサイも、
少しづつですが咲き始めていました。

Oikehs15

見ごろを迎えている大池公園の”花しょうぶ園”。

すでに”花しょうぶまつり”(~10日(日)まで)は始まっていますが、
今年はまつりのイベントは行われないそうです。   camera  2日

2018年6月 3日 (日)

曽根城公園花菖蒲園

大垣市墨俣町のあとは西へ約10kmほど走り「曽根城公園」へ。
こちらも大垣市ですが、花はアジサイからハナショウブに変わり、
約170種、28、000株が植えられた花菖蒲園です。

大垣市の開花情報ではやはり”見ごろ”でしたが・・・

Sonejyop01

花しょうぶ園の南角にまとまって咲いていたハナショウブ

Sonejyop02

こうしてまとまって咲く花は数ケ所あるものの、
全体にはまだほとんど咲いていません ><;

Sonejyop03

咲いているところを撮っていきますが

Sonejyop04

Sonejyop05

まぁ、これが見ごろかどうかは別にして

Sonejyop06

Sonejyop07

私的にはまだ咲き始め・・・とも思えるほどで

Sonejyop08

Sonejyop09

どう見ても寂しい咲きよう ><;
花しょうぶ園自体がかなり広いこともあるからでしょうか?

Sonejyop10

やや傷んだ花もあり

Sonejyop11

Sonejyop12

「花しょうぶ祭」に向けてでしょうか?
一部ではまだ花の入れ替え?も行われています。

Sonejyop13

とはいえ、今が見ごろの綺麗な花もありました ^^

曽根城公園「花しょうぶ祭」のイベントはこちらも10日(日)ですが、
ライトアップはすでに始まっているようです。  camera 1日

2018年6月 2日 (土)

大垣市墨俣のアジサイ

花もすでに初夏の花に変わって、寂しい花を追っかけていますが、
この日から月が変わり6月になりました。
まだ花の本番には寂しいものの、梅雨入り前の貴重な晴れ間に、
ちょっと岐阜の南濃から西濃の花の名所?をめぐってみました。
花の開花は様々でしたが・・・
まずはすでに見ごろ?を迎えている大垣市墨俣のアジサイです。

1日現在、見ごろとの情報でしたが・・・

Sunomataa01

犀川堤を北から南へと行きますが、
まだ、墨俣一夜城との競演には少な過ぎ ^^;

Sunomataa02

犀川堤(約1.2km)に植栽された約3,800本のアジサイ

Sunomataa03

Sunomataa04

ここから墨俣橋の袂までは見ごろの花が続きます。

Sunomataa05

美濃街道墨俣宿口を過ぎても、
同じような色のアジサイが続く堤沿いで

Sunomataa06

花が咲くのも堤の片側だけに、少し単調なのが難でしょうか ^^;

Sunomataa07

この日はすでに終わった?アジサイもあり、
萼の裏側に咲く両性花(正常花)も上から見れます ^^;

Sunomataa08

Sunomataa09

犀川堤のアジサイは、どちらかというと赤色系が多いですが、
このあとはいつものように寺町通りへ。

Sunomataa10

墨俣にはもうひとつ楽しみなアジサイところがあります。
しだれ梅”飛龍梅”で知られる「光受寺」のヤマアジサイ ^^

Sunomataa11

見たかったひとつはもちろん”海峡”
ただ、今年はどうやら早くから咲き始めたようで・・・

Sunomataa12

Sunomataa13

Sunomataa14

”剣の舞”、”銀河の花火”、”藍姫”はすでに終盤 ><;
これはちょっと誤算でした。

Sunomataa15

境内に少しだけ咲いていたハナショウブ

今年は早い開花が気になり、どうにもフライング気味ですが、
ところによって花の咲き様も様々ですね ^^;
「すのまたあじさいまつり」は10日(日)の開催です。  camera 1日

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »