2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 萬葉公園の花しょうぶ園 | トップページ | 文殊の森のササユリ »

2018年5月26日 (土)

円原の伏流水

岐阜県山県市神崎にある「舟伏の里へ おんせぇよぉ~」。
廃校になった小学校の食堂を改装した農家レストランですが、
レストランもさることながら廃校の小学校に興味がありました。
最近インスタで知ったこともあり出かけたんですが、
それはまたにして、神崎まで出かけるならやはりここへと、
農家レストランからさらに山奥へと入った「円原の伏流水」です。

Enbaraf01

途中にある円原の集落を過ぎて川沿いを少し走ると、
その伏流水があります。

Enbaraf02

道路上から眺める円原川、
ここはすでに川の水も豊富ですが・・・その源?に下ります。

Enbaraf03

伏流水
川の水がいったん地下に潜り、再び川の流れに戻るという、
いわゆる湧き水のことですが・・・。

Enbaraf04

道路から石段を下りたここがそのひとつ

Enbaraf05

Enbaraf06

ちょっと春先に患った坐骨神経痛?が完治せず、
岩場を歩くことができずに平凡な写真ばかりですが ><;

Enbaraf07

湧き水となってふたたび川に戻る水,、
ここからは普通の川の水量ですが、その上流部です。

Enbaraf08

もちろん川ですから水はありますが・・・少ない ^^;
どこかで地下に潜り込んでいるためか?
少し上流に行くと、水よりも苔むす岩や川原が目に付きます。

Enbaraf09

その上流に架かる橋の上から眺める山々、
この日は午後から真夏日の予報でしたが、ここは涼しい!
少し川を眺め休憩したあと、下って円原の集落です。

Enbaraf10

路肩のスペースに車を停めて集落沿いに出ます。

Enbaraf11

川の傍まで石段が付けられていて、
この川も生活用水になっているようですが

Enbaraf12

Enbaraf13

集落の川沿い、

Enbaraf14

平均水温が13℃という、綺麗で冷たい水ですが、
生活水などは上流の湧水を配管で引き込んでいるそうです。

戻る道筋

Enbaraf15

ハンゲショウのようですがマタタビです ^^;
葉は花の開花とともに白くなり

Enbaraf16

結実するとまた緑葉へと戻ります。

今年は春山にも行けず ><;こうした山間の里も久しぶりでしたが、
暑くなるとそろそろ出かけたくなるところです ^^;    25日

« 萬葉公園の花しょうぶ園 | トップページ | 文殊の森のササユリ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さんはインスタをやってみえるんですね。
私はインスタもツイッターも興味が無いので、全然分からないです^^;
坐骨神経痛、大変ですね・・・
椎間板ヘルニアや背骨のズレから来る症状もあるので、長引くようなら
MRIを撮って診てもらっても良いかもですね。

最後にある白い葉っぱ、半夏生かと思ったらマタタビなんですね。
初めて見ました。
道沿いにビッシリさくユキノシタが綺麗です^^

いわし さん
インスタは昨年夏から始めたばかりですが、
これが結構出かけるときの情報収集に役立っています ^^
坐骨神経痛、ご心配いただきありがとうございます。
今はだいぶ症状も良くなり、
長い距離もだいぶ歩くことができるようになりました。
ただ、無理はできないので、あとは日にち薬でしょうか ^^;

マタタビ、この時期は山間を走るとよく見ることができます。
白くなった葉の陰に花が咲きますが、
この日はまだつぼみでした ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円原の伏流水:

« 萬葉公園の花しょうぶ園 | トップページ | 文殊の森のササユリ »