2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ

2018年4月21日 (土)

江南・曼陀羅寺公園の藤

藤の名所として知られる愛知県江南市にある「曼陀羅寺公園」。
4月21日(土)からは恒例の「江南藤まつり」が開催されますが、
この日は天気も良く、混雑するまつりの前にと出かけてみました。
藤の開花情報は早咲きは見ごろとのことでしたが、
やはり種類によって違い、全体に見ごろまではあと少しとか。
ただ、ここには牡丹とツツジも咲くだけにこちらも目的でした ^^;

まつりの前で平日ということもありのんびりと出かけたら、
すでに駐車場は満車ばかりでしばらく探し回っての到着 ><;

Mandarajif01

Mandarajif02

いつものように曼陀羅寺側にある公園西口からの藤棚です。
この辺りはボタンとツツジとの競演も楽しめますが・・・
牡丹はすでに終盤です ><;

Mandarajif03

Mandarajif04

中央の九尺藤は見ごろとはいえ、まだ6~7分咲きか?

Mandarajif05

北側にある紫カピタンに本紅も見ごろまではあと少しでしょうか。

Mandarajif06

その東側に咲く野田白藤。
こちらは遅咲きだけにまだ咲き始めです。

Mandarajif07

この辺りは来週初めごろから見ごろになりそうです。

Mandarajif08

中央休憩所から南側にある藤棚へ

Mandarajif09

Mandarajif10

こちらの八重黒龍 はちょうど見ごろ ^^

Mandarajif11

九尺藤は同じように見ごろまではあと少しです。
全体には少し早過ぎましたが、
この週末の天気ではいっきに開花するかも知れません。

この日は終盤のボタンが多くてちょっと残念でしたが、
まだ綺麗な花もあります。

Mandarajif12

Mandarajif13

南側の通路沿いに咲くそんなボタンとフジでした ^^

「藤まつり」の前に出かけた曼陀羅寺公園でしたが、
フジはちょうどまつりに合わせるように見ごろを迎えそうです。
このあとは公園の周辺に咲く花たちです ^^  camera  20日

2018年4月20日 (金)

徳川園の牡丹

名古屋市東区にある「徳川園」で開催中の春のイベント
「春を謡う徳川園牡丹祭」(4月30日(月・祝)まで)。
始まってから少し日が経ちましたが、
この日も所用で名古屋に出かけたついでの立ち寄りでした ^^;

大曾根口にある牡丹園

Tokugawaen01

この日は平日でしたが、
まずは入園してビックリのすごい人! ><;

Tokugawaen02

花はさすがに最盛期を過ぎた感があり、
花数も少なくは感じますが・・・

Tokugawaen03

Tokugawaen04

さすがに本数が多いため見応えはあります ^^;

Tokugawaen05

ただ、こんなに混雑するとは思ってもいなくて、
ゆっくりと花を撮ることもできず、これはちょっと誤算でした ><;

Tokugawaen06

Tokugawaen07

この日は花を楽しむというよりは、ただ見て回るだけ ^^

Tokugawaen08

牡丹園の西側へ

Tokugawaen09

こちらもすでに終盤でしょうか?

Tokugawaen10

傍にある藤棚もすでに満開!

Tokugawaen11

茶室瑞龍亭入口

Tokugawaen12

観仙閣への道筋にある斜面の牡丹。
一緒に植えられているシャクナゲもはや終盤で、
この日の牡丹はここまででした ^^;

アップも一枚!

Tokugawaen13

牡丹園北側に咲いていた2種類の黄色いぼたんから、
こちらは”金閣”です。

55品種、1,000株が咲くという徳川園の牡丹。
すでに花数は少なく感じるものの、
見ごろのピークはこの週末あたり?まででしょうか ^^  camera 19日

2018年4月19日 (木)

羽島市本覚寺のぼたん

「竹鼻別院」から北へ10分ほど歩くとある「本覚寺(ほんがくじ)」。
今年もすでに「ぼたんまつり」が始まっていますが、
まつりらしき雰囲気はなく、参道前に看板があるだけです。
HPを見たら、花が早く開花したために、
13日から”ぼたんまつり”を開催する・・・ということでした ^^;

これもまた珍しいことですが、
そのためか?まつりが開催中の境内はたまだ静かです ><;

Hongakuji01

山門参道
静かなこの日の「本覚寺」

Hongakuji02

ボタンはかなり咲いていますが、
まだ全体では5~6割ほどの咲き様でしょうか?

Hongakuji03

Hongakuji04

すでに黄色いボタンも咲いていますが

Hongakuji05

境内に点在して咲くボタンだけにあまりボリューム感がなく、
ちょっと全体の様子をお伝えするのが難しい ><;

Hongakuji06

本堂左手の藤棚をくぐり「稲荷大明神」へ。

Hongakuji07

Hongakuji08

こちらの牡丹園がいちばんの見どころかと思いますが、
咲くボタンはご覧のように少ないです。

Hongakuji09

ここも見ごろはまだこれからでしょうか?

Hongakuji10

山門横の駐車場から牡丹園と本堂、
このあたりは綺麗でした ^^

まつりのイベント「幸種市(しあわせだね*いち)」は
この週末、21日(土)と22日(日)ですが、
ボタンもそのころには満開を迎えるでしょうか? camera 17日 

2018年4月18日 (水)

竹鼻別院の藤・羽島市

岐阜県羽島市竹鼻町にある「竹鼻別院」。
境内に樹齢300年以上といわれるフジの古木があり、
近隣のフジの名所のなかでは比較的早く開花します。
例年は20日過ぎに出かけていますが、
今年はどうも開花が早そうな気がして出かけてみました。

この日は午後から雨の予報でしたが・・・曇り空 ^^;

Hashimaf01

本堂ではちょうど保育園児のお遊戯発表会?中でしたが ^^
肝心のフジは

Hashimaf02

さすがにまだ5~6分咲きほどでしょうか?

Hashimaf03

曇り空で花も冴えませんが ><;

Hashimaf04

それでも以前に訪れたときよりは5日ほど早く、
すでにこれだけの開花です。

Hashimaf05

昨年は訪れていませんが、
これまでで一番早く訪れたのは16年の4月20日。

Hashimaf06

そのときがちょうど5分咲でいたから・・・

Hashimaf07

Hashimaf08

今年のフジもまた早い ^^;

Hashimaf09

Hashimaf10

近づけば・・・まぁ、それなりに綺麗ですが ^^;

Hashimaf11

見ごろになるのはやはり20日ごろでしょうか?

「美濃竹鼻ふじまつり」はちょうど4月20日(金)から。
今年は見ごろに合わせての開催になるようです ^^  camera 17日

2018年4月16日 (月)

久屋大通庭園フラリエ・春

名古屋市中区大須にある「久屋大通庭園フラリエ」。
”花と緑に囲まれたライフスタイルガーデン”として親しまれている庭園ですが、
すでに西洋シャクナゲが見ごろという・・・。
ちょうど名古屋市内に野暮用があり、ちょっと立ち寄りました。

まずはいつものように”ハーモニーガーデン”から。

Flarie01

いつもながら手入れの行き届いた庭園です。

Flarie02

池のほとりをめぐる”ウオーターガーデン”

Flarie03

何やら珍しい施設もありますが・・・、
ここから西洋シャクナゲが咲く”フォレストガーデン”へ。

Flarie04

Flarie05

Flarie06

花はちょうど見ごろでしょうか ^^

Flarie07

昨年12月末に、
「西洋シャクナゲの森づくり」プロジェクトが立ちあげられ

Flarie08

フォレストガーデンの東側に、57本の花苗が植栽され、
合わせて130本の「西洋シャクナゲの森」が誕生したという。

Flarie09

これはあとで知った情報だけに ><;
見ているのは今まであった西洋シャクナゲ。

Flarie10

その「西洋シャクナゲの森」は確認していませんが、
それはまたとして・・・

Flarie11

”アジアンガーデン”のチューリップ。

ここから北側にある西洋シャクナゲの道へ。

Flarie12

Flarie13

こちらは少し散り始めた花もありますが、
まだまだ見ごろです。

Flarie14

庭園を回ってセンターゾーン、池の北側に戻ってきました。

Flarie15

こちらにはチューリップも咲いて、
いつもながらのフラリエの花たちです。

四季折々の花が咲く都心のオアシス!「久屋大通庭園フラリエ」。
華やかな春のひとときを楽しみました。    camera 16日

2018年4月14日 (土)

長島水辺のやすらぎパーク

どの花も開花が早いと思いながら花めぐりをしていますが、
さすがに花ネタもなくなってしまいました ^^;
こんな時は休養をしていればいいんですが、
そこがジッとしていられない身の悲しさ ><;
まもなく「ぼたんまつり」が始まる牡丹園のボタンは?と出かけた、
桑名市長島町又木にある「長島水辺のやすらぎパーク」です。

ちょうど”ぼたんまつり”準備中の「牡丹園」

Yasuragi01

なんぼ何でも・・・これは早すぎてまだ咲いていません ^^;

Yasuragi02

17種類、240株のボタンが咲く牡丹園

Yasuragi03

例年の見ごろは20日過ぎからですが

Yasuragi04

この花に限っては、どうも例年どうりの開花でしょうか?

Yasuragi05

Yasuragi06

Yasuragi07

まだ咲き始めたばかりのぼたん!

Yasuragi08

ここにきて日替わりの寒暖差のためか?
なかなか開花も進まないのかも知れません。

ボタンはまだでしたが

Yasuragi09

こちらは旧久我屋敷の座敷から、
ちょっとガラス戸越しの中庭ですが ^^;

Yasuragi10

こちらは満開のキリシマツツジでした ^^

各地の牡丹も気になるところですが・・・、
「長島水辺のやすらぎパーク」。
”ぼたんまつり”は4月16日(月)からです。  camera 13日 

2018年4月13日 (金)

愛知県森林公園・植物園

ここも例年なら春の花に出会える時期ですが、
今年の花の開花と、終わりの早さにはついていけず><;
この花ももう終わりだろうとは思いながら出かけたのは
尾張旭市にある「愛知県森林公園・植物園」です。

ちょっと長い距離が歩けず ><;この日は南門からの入園。
目的は”コバノミツバツツジ”でしたが・・・。

Shinrin01

南門の傍にあるお花畑は”菜の花”でしたがすでに終盤。
園内に咲く花々はほどほどに ^^;その”コバノミツバツツジ”。

Shinrin02

いつもとは逆に行く園路ですが、
まずは「ふるさとの森」入口にある”F湿地”。

Shinrin03

湿地内にはたくさんの”ハルリンドウ”が咲いています。

「ふるさとの森」は帰りに回ることにして先へ。

Shinrin04

コバノミツバツツジは散策路西口あたりから多くなりますが、
残念ながらほとんどが終盤でした ><;

Shinrin05

ちょっと綺麗なところだけを載せていきますが

Shinrin06

ほとんどが萎えた花と混ざり合ってアップデは撮れません ^^;

Shinrin07

この日目についたのはこの”ミヤマガマズミ”

Shinrin08

一株だけ咲いていた”ヤマフジ” ^^

Shinrin09

「展示館」へと続く道、ここはレンギョウが咲くところですが、
すでに終わっていました。

Shinrin10

その手前に咲き残っていた”ウグイスカズラ”

Shinrin11

”ときわ橋”周辺に咲くハルリンドウを見ながら「花木区」、
この辺りもたくさんのコバノミツバツツジが咲きます。

Shinrin12

Shinrin13

終盤の花ですが・・・1週間ほど遅かったですかね? ><;

Shinrin14

「日本庭園」からそのまま北門経由で戻ります。

Shinrin15

戻る途中に立ち寄った「ふるさとの森」、
南地区に咲いていたコバノミツバツツジも終盤でした。

まぁ、もう遅いだろうとは思っていましたが、
この花だけではなく、この時期みられる花々も少なく、
少し寂しい「森林公園・植物園」でした。   camera  12日

2018年4月11日 (水)

三ツ又池公園の芝桜

愛知県弥富市島ケ池にある「三ツ又池公園」に咲く芝桜。
例年ならまだ咲き始めだとは思いながら、
こうも花の開花が早いとやはり気になる花のひとつ ^^;

今年はこの花も早いのかと?完全に様子見でしたが・・・

Yatomi01

入口にある「拠点広場」の東屋周辺。
この辺りはいつも早い開花ですが、
すでに見ごろになったシバザクラです。

Yatomi02

北側にある東屋周辺。
ここは2009年に開園した親水公園で、
弥富市の北東部を流れる宝川の遊水池「三ツ又池」周辺を、
憩いの空間にと整備されました。

Yatomi03

公園内とその散策路沿いには赤やピンク、白のシバザクラ
約10株が植えられています。(ここ数年で増えました ^^;)

Yatomi04

せせらぎ水路
ここから「中の島」へと続く園路を行きます。

 Yatomi05

園路沿いに咲ていたのはオオジシバリ。
タンポポによく似ていますが、茎が長く花弁が少ない野草 ^^
水辺橋を渡ると「中之島」エリアになり

Yatomi06

こちらはその東側

Yatomi07

少し高くなったところにある東屋から見た北側
いつもながらのパノラマ仕様 ^^;
拡大していただくと分かりますが・・・まだ5~6分咲きでしょうか?

Yatomi08

その北東側に咲くシバザクラ、
この辺りが見ごろになるのはもう少し先でしょうか。

Yatomi09

さらに北側に回り込み

Yatomi10

そして西側から、こちらは綺麗に咲き揃っています ^^;

このあとはさらに北側にある「睡蓮園」周辺ですが、
こちらにシバザクラはありません ^^;

 Yatomi11

この先は北にある「親水砂浜広場」へと続く園路沿いです。
こちらもすでに綺麗なシバザクラです。
園内はちょうど一周できますが・・・いつものようにここから戻りました。

Yatomi12

池を挟んだ園路を戻りますが、こちらの道沿いに咲くシバザクラは
まだ?雑草のなかでした ><;
これが見ごろになるのかどうかは分かりません。

ちょっと寂しい園路沿いでしたが、全体にはほゞ見ごろでしょうか?
「三ツ又池芝桜まつり」は4月21日(土)・22日(日)です。 camera 10日

2018年4月10日 (火)

羽根谷だんだん公園の八重桜

岐阜県海津市南濃町羽沢にある「羽根谷だんだん公園」。
土砂災害を防ぐための砂防が行われてきた羽根谷に、
砂防堰堤を中心に整備された公園ですが、春にはソメイヨシノが咲き、
終わると約1、000本の八重桜が咲く桜の名所です。

以前に紹介したソメイヨシノに続いて、
今年は早くもヤエザクラが満開との情報でした ^^;

Dandan01

公園の中心施設「さぼう遊学館」下にある、
龍をモチーフにしたモニュメント。
この上流部と下流部にヤエザクラが咲きます。

Dandan02

昨年より10日ほど早く見ごろを迎えていて、
すでに羽根谷をピンクに染めています。

この日はここから下流部を散策です。

Dandan03

八重桜に混じってオオシマザクラ?や

Dandan04

ヤマザクラも、まだ少しだけ咲き残っています ^^;

Dandan05

サクラとともに泳ぐ・・・とはいきませんが ^^;
鯉のぼりもまたこの時期は羽根谷のシンボルでしょうか。

Dandan06

この日は晴れからちょっと曇り空になりました。

Dandan07

下流部
さすがに1,000本といわれる見事なヤエザクラ

Dandan08

上流部
ここはまだ中間部でしたが、
雨模様の空が気にもなりここから対岸を戻ります。

Dandan09

ヤエザクラ
主に八重咲きのサトザクラ類をひとくくりにしてそう呼びますが、
その種類は200種類ほどもあるとか。

Dandan10

藤の回廊もあります ^^

Dandan11

Dandan12

あらためてそのヤエザクラ
これだけ多くが咲くところは我が知る限りここだけです。

Dandan13

戻ってきた中央堰堤。
晴れていれば申し分ないんですが・・・こればっかりはねぇ ><;

開花から散り始めまでの期間が比較的長い八重桜ですが、
今年はずいぶんと開花が早かっただけに、
見ごろが続くのはこの中旬辺りまででしょうか。  camera 9日

2018年4月 9日 (月)

戸田川緑地のサトザクラ

近隣のソメイヨシノも”満開”のところが数えるほどになり、
今年はもう諦めて近場で咲いているサトザクラ見物です ^^;
先に載せた柳津町の境川堤に咲く鬱金桜もそのひとつです、
サクラの種類を楽しむなら、やはり戸田川緑地でしょうか。
植えられているほとんどに名札がありますが・・・
まぁ、分かってもほとんど覚えられないサトザクラ ^^;
いつものように散策を兼て、園内を左回りで見て行きます。

クリスマスローズが咲く”陽なたの小径”を行くと

Todagawag01

菜の花畑にサトザクラ

Todagawag02

第2駐車場周辺に咲くのはハナミズキ、
ここから農園の傍に出ます。

Todagawag03

咲くのは鬱金桜に関山(かんざん・せきやま)。

Todagawag04

ピクニック広場近くの農園には満開のネモフィラです ^^;
ここから石橋を渡って中央地区右岸エリアへ。

Todagawag05

第3駐車場沿いの道にはドウダンツツジにツバキです ^^
ここから川筋の道沿いに咲くサトザクラをみながら、
連絡橋に合流して芝生広場に。

Todagawag06

ここまでは”関山”が主でしたが、
ここから中央地区右岸を回り込むように咲くサトザクラです。

Todagawag07

ほゞすべての木に名札が掛かっています。

Todagawag08

このサトザクラも綺麗な花が多いんですが・・・

Todagawag09

どうしても花の種類が多くて見分けがつきません ><;

サトザクラでもはっきりと分かるのは関山ぐらい ^^;
あとはこちら

Todagawag10

鬱金桜に

Todagawag11

御衣黄ですが、
よく似た花種ですが、こうしてみると違いがよく分かります。

Todagawag12

そして兼六菊桜(兼六園菊桜)
花びらが数百枚もあるといわれ、咲くにしたがって濃紅、薄紅、
白に近い色に変化していきますが・・・ちょうど紅色ですね ^^;

Todagawag13

タンポポ! ^^
北エリアをひと回りして南地区の川沿いを戻ります。

Todagawag14

すでにソメイヨシノは終わっていましたが、
こちらは関山が中心のサクラのトンネルになります。

Todagawag15

交じって咲く種類もありますが、
手前は終盤のウジョウシダレ(雨情枝垂)。

Todagawag16

園内をひと回りして戻った”花の丘”?
そういえばポピーももう咲く時期ですね ^^;

この日は途中で少し雨がパラつきましたが、
春の花もたくさん咲いて、
人出とともに賑やかな戸田川緑地でした。   camera 8日

2018年4月 8日 (日)

高桑星桜

このサクラはまだ大丈夫だろうとのんびりしていましたが、
「桜だより」」も”散り果て」が多くなり・・・さすがに気になりました。
雨模様で出かける予定はなかったんですが、
”曇りのち晴れ”との予報に、急遽見に走ったサクラは”高桑星桜”。
岐阜県柳津町高桑の境川堤防に咲くちょっと珍しい桜です。

この日は堤防の東側から歩きますが、
ここには星桜とは別に”鬱金桜”が咲きます。

Takakuwas01

まずはその鬱金桜を見て行きます ^^;
このサクラと間違われやすい”御衣黄”がありますが

Takakuwas02

こちらの鬱金桜は緑色が弱く淡黄色。
どちらもソメイヨシノよりは遅れて咲きます。

Takakuwas03

Takakuwas04

すでにこれだけ咲いているということは・・・
当然ですが、もうソメイヨシノは葉桜でした ^^;

さて、目的の”高桑星桜”

Takakuwas05

堤防の西端部に植えられていますが、
残念ながら、花はすでに終盤の散り花でした ><;

Takakuwas06

今年の「桜まつり」は15日(日)とありましたが、
例年なら満開のはず、今年はやはり早い終盤です。

Takakuwas07

花殻と一緒に見るとは思ってもいませんでしたが、その星桜。
種類はオオシマサクラ系ホシザクラで、
花弁は白く星型で先端部に小さな切れ込みがあるのが特徴。

Takakuwas08

平成20年(2008)に「エンデバー号」で宇宙に打ち上げられた
桜の実の中のひとつがこの桜から採取されたものだそうです。

比較的花期が長いといわれるホシザクラですが、
今年の早い開花と、短い花期はこのサクラも同じでした。

オマケ!です ^^
ここには華やかなサトザクラも咲きます。

Takakuwas09

冬桜と名札がありましたが以前は”名月(明月)”とも ^^;

Takakuwas10

楊貴妃

Takakuwas11

花笠

このサトザクラ類も約200種類とムチャ多くて
素人にはただの八重桜 。
これからはこの八重桜を追っかけることになります ^^;  camera 7日

2018年4月 7日 (土)

揖斐川町谷汲の桜

終盤を迎えつつある揖斐川町のハナモモでしたが、
この日はもうひとつ、谷汲山華厳寺参道の桜も目的でした。
「桜だより」もこの日はまだ”満開”で、(6日現在散り始め)
ちょうど「桜まつり」も開催中で期待をしながらでしたが・・・
現地はすでに落花盛ん ><;
見るべきところもなく門前を左折し横蔵寺方面へと走ります。

途中にある「天皇林公園」
まだ散り残っていたサクラを見て車を停めました ^^;

Tanikumif01

すでに散った花びらが池に浮かび

Tanikumif02

園路にもびっしりと花筵

Tanikumif03

Tanikumif04

突然吹く風に、
散る花びらはまさに花吹雪!

Tanikumif05

ひとしきり舞い続ける花の雪です ^^;

Tanikumif06

隣接する広場には咲き残るサクラに

Tanikumif07

Tanikumif08

今が見ごろの紫モクレンやハナモモも。

Tanikumif09

最後のサクラと綺麗なハナモモを楽しんだあとは、
さらに走って下神原地区の飛鳥川沿いです。

Tanikumif10

川沿いのオオシマザクラ?はすでに終盤ですが・・・

Tanikumif11

一方にはシダレザクラの並木が続きます ^^;

Tanikumif12

Tanikumif13

こちらは今が満開の見ごろ!

Tanikumif14

しばらく堤を歩いて行きましたが、
どこまでも続くシダレサクラに

Tanikumif15

今回は時間もなく途中で引き返しました ><;
ここはあらためて散策したいところです。

谷汲山華厳寺参道の桜は残念でしたが、
天皇林公園での散り急ぐ花の舞いと花筵に、
飛鳥川のシダレザクラも楽しめた揖斐川町谷汲でした。 camera 4日

2018年4月 6日 (金)

揖斐川町のハナモモ

「なばなの里」のハナモモを見て、今年はこの花も早いのか?と、
ちょっと予定を変更して出かけた岐阜県揖斐川町のハナモモです。
町を流れる桂川沿い、約5kmにわたって、
約2,000本のハナモモが咲きますがその上流部のハナモモ。

昨年は4月13日に出かけていて、
まだ全体にはちょっと早い感じでしたが・・・さて、今年は?

Ibigawah01

今回も町役場の傍からスタート。
「すももの木橋」を渡り桂川の左岸を行きます。

Ibigawah02

Ibigawah03

今年はすでに葉の出た木も多く、
比較的綺麗な花を選んでいますが・・・全体には終盤。

Ibigawah04

ここには数種類のハナモモが植えられていますが、
やはり源平咲きがいちばん綺麗でしょうか ^^;

Ibigawah05

遊び心も入れながら・・・春らしく ><;

Ibigawah06

ここも川に架かる橋が多いですが、
そのひとつ「蛍橋」から上流に咲くハナモモ。

Ibigawah07

Ibigawah08

Ibigawah09

すでに散った花びらが花筏となって流れるところも。

Ibigawah10

サクラとのコラボが楽しめる定番の「松ノ木橋」からですが、
残念ながらサクラはすでに終わっていました ><;

Ibigawah11

上流部は南方地区の「間田瀬橋」
この先もハナモモは咲いていますが、ここから戻ります。

Ibigawah12

戻る道は川の右岸

Ibigawah13

こちらからはまた違った景色と、
ちょっとしたウオーキング気分も楽しめます ^^;

Ibigawah14

「松ノ木橋」からは戻る下流部

Ibigawah15

こちらからの花筏 ^^;

Ibigawah16

Ibigawah17

戻った町役場の裏手、サクラもすでに散り花でした。

今年は桜の開花が早く、見ごろの時期も短かったですが、
この花もまたずいぶんと早い開花でした。
このあとは揖斐川町谷汲地区の桜ですが・・・さて ^^;  camera 4日

2018年4月 5日 (木)

春爛漫!なばなの里

桜だよりも”満開”とともに”散り始め”が多くなり、
気になるサクラの名所もすでに満開との便りに気は焦りますが、
この時期、咲き始めた春の花も見たいと・・・「なばなの里」。
近場です ^^;
夜はまだイルミネーションですが、昼間は今が春爛漫!
里内は春の花で彩られています。

Nabanas01

ちょうど「チューリップ祭り」も始まっていますが、
入村するとまず目に入る”乙女椿”。

咲いている花はたくさんありますが、
この日咲いていた里の花々を順不同で ^^;

Nabanas02

ハナモモは”源平枝垂”、今がちょうど見ごろです。

Nabanas03

”キクモモ”も満開!

Nabanas04

食事処の前庭には
”ニワウメ”に源平枝垂と奥には”リキュウバイ”

Nabanas05

そのリキュウバイも満開 ^^;

Nabanas06

道沿いには”ベニバナトキワマンサク”に

Nabanas07

シダレザクラ

Nabanas08

食事処「桃仙」横の庭も解放されてここには”レンギョウ”に”ハナモモ”、
”ハナカイドウ”や水仙など色とりどりの花々です。、

Nabanas09

池に架かる橋を渡ると”黄金柏”も咲き始めて

Nabanas10

「花ひろば」入口には遅咲きの”八重ベニシダレサクラ”と
手前は”ウジョウシダレ”が咲いています。

ここからは「チューリップ祭り」が開催中の「花ひろば」。

Nabanas11

入口に咲くチューリップとサクラの散り花 ^^;

Nabanas12

この日のチューリップ!
有料施設とはいえ、いつもながら見事なチューリップです。

Nabanas13

展望台から
今年はイルミネーションと同じ”くまモン”の花絵でした。

Nabanas14

咲き残るサクラとともに ^^

Nabanas15

花ひろばのチューリップは満開です ^^

春爛漫の「なばなの里」。
花だけを楽しむにはちょっと高すぎる入村料ですが、
こればっかりはねぇ・・・安くしろとはいえません ><;   camera 3日

2018年4月 4日 (水)

五条川の桜・大口町から羽黒

五条川の桜を見ながらの尾北自然歩道ウオーキング。
前半は岩倉から江南まででしたが、
ここからは大口町から犬山市の羽黒までです。
こちらは少し散り急ぐサクラもありますが、
散った花びらが川面を流れる花筏も楽しみながらの歩き ^^;

まずは江南市の最北端から大口町へ。

Gojyoro01

この日はどこかのハイキング大会か?
大口町にかけて多くのハイカーとすれ違いました。

Gojyoro02

江南市の北端で五条川は東に向きを変へ

Gojyoro03

尾北自然歩道とともに大口町へと入ります。

Gojyoro04

すぐに「堀尾跡公園」につきますが、
ここは駐車場が併設されているため、人気の花見スポット!
この日は日曜日ともあってすごい人で大混雑でした。

Gojyoro05

公園に架かる「裁断橋」をくぐって先を急ぎます ^^;

次がスーパーヨシズヤの横にある花見スポット。

Gojyoro06

ここもすごい人で、
一段下の川べりからサクラ見物です ^^;

Gojyoro07_2

この辺りから少し風が強くなり、
舞い散る花びらが多くなってきました。

しばらく混雑する自然歩道を行きますが

Gojyoro08

次の花見スポットは「大口町総合運動場」横。
ここでちょうど昼食タイム^^;少し休憩をとります。

このあと、しばらくはサクラを見ながら淡々と歩くだけ ^^;

Gojyoro09

木津用水を回り込んだ少し先で国道41号線をくぐりますが、
その手前には少し綺麗な花筏でした。

国道をくぐると大口町と犬山市の境になる河北地区に入ります。

Gojyoro10

風に吹かれて舞う花びらが多くなりました。
この日、一番期待していた花筏は河北グランドの横です ^^

Gojyoro11

以前に見たイメージが強烈すぎたこともありますが・・・
まだ散り花の少ない感じもする花筏でした ><;

この先で犬山市の羽黒に入ります。

Gojyoro12

サクラも終盤の木が多くなってきますが、
まだ十分に見ごろに花に、花見の方たちも多いです ^^;

Gojyoro13

尾北自然歩道が少しだけ地道になるところ、
川面には綺麗な花筏です ^^

Gojyoro14

ここでは初めて見ましたが・・・
やはり今年は早い散り花だったようで、これはラッキーでした。

Gojyoro15

羽黒の五条川桜並木

Gojyoro16

川に水はなく、まだ鯉のぼりの遊泳もありません ><;

Gojyoro17

ここも終盤を迎えているサクラですが、まだ綺麗です。

Gojyoro18

県道(稲置街道)に架かる歩道橋からの五条川を覆うサクラです。
その先に見えるのは「尾張富士」。
五条川はさらに東へと入鹿池まで続きますが、
桜並木があるのはその手前にある「富士橋」まで ^^;

この日はここまででしたが距離的には約14kmほど。
交通の便を考えると羽黒駅のあるここまでが、
サクラと歩きが楽しめるベストコースでしょうか ^^;   camera 1日

2018年4月 3日 (火)

五条川の桜・岩倉から江南

愛知県の西部を流れる「五条川」。
岩倉市・江南市・大口町から犬山市にわたり桜並木が続き、
とくに岩倉市から大口町には約4,000本の桜が植えられていて、
「日本のさくら名所100選」に選ばれています。
川沿いには約27kmの「尾北自然歩道」が整備されていて、
エリアによって変わるサクラを楽しみながらウオーキングができます。

今年も岩倉市から犬山市羽黒までの五条川桜並木を、
尾北自然歩道とともにウオーキングしてきました。

Gojyori01

スタートは岩倉市のお祭り広場から少し下った「城跡橋」から、
満開の桜を眺めて尾北自然歩道を北へと行きます。

Gojyori02

週末の岩倉五条川は花見客で大混雑 ><;
しばらくは川の左岸からです。

Gojyori03

真光寺橋周辺。
この日は花筏も楽しみでしたが、
この辺りはまだ散り花も少なく ^^;満開の桜です 。

Gojyori04

豊国橋
ここではこいのぼりの糊落とし「のんぼり洗い」が行われたようで、
こいのぼりが準備されていました。

Gojyori05

サクラとともに菜の花も満開!

Gojyori06

長瀬橋
五条川にはたくさんの橋が架かっていて、
橋のなかほどからは見事なサクラが楽しめます。

Gojyori07

八剱橋

Gojyori08

上流に行くにつれて水面に散った花びらも見れますが、
まだ花筏までとはいきませんか ^^;

Gojyori09

途中から右岸に出て尾北自然歩道に戻ります。

Gojyori10

サクラにレンギョウ、ハナズオウと花も賑やかです。

Gojyori11

水面にはカモさんも ^^;

Gojyori12

ちょっと振り返って水面の光をデジタルフィルターで。

Gojyori13

八神橋でふたたび左岸に出て北上し、
名神高速道をくぐります。

Gojyori14

水面も少し花筏らしく?なってきましたがまだまだ ^^;
すぐに江南市に入ります。

Gojyori15

この辺りは例年楽しい飾り付けが見れますが・・・
今年は人も思ったほどでもなく静かです。

Gojyori16

尾北自然歩道はふたたび五条川右岸にでます。

Gojyori17

川幅も狭くなって花筏もそれらしくなり・・・

Gojyori18

サクラ並木はさらに北へと続きます。

このあとはこちらもサクラの人気どころ大口町へ。
岩倉市とともに賑やかな花見どころですが、
この日の目的、花筏にも期待して羽黒まで・・・続きます ^^;  camera 1日

2018年4月 2日 (月)

木曽三川公園チューリップ祭

サクラが続きましたが、ちょっとチューリップを挟みます ^^;
岐阜県海津市の木曽三川公園センターで開催されている
「チューリップ祭 2018inかいづ」。
まだ満開ではないようでしたが一部は見ごろとの情報に、
近場です ^^ちょっと様子をみに出かけてみました。

いつもの北口からですが・・・この日は快晴の土曜日で、
第二駐車場はほゞ満車状態 ><;

Sansenc01

北の端から見る大花壇、この辺りはまだ咲き始めですが・・・
大花壇を右回りで見て行きます。

Sansenc02

中心部は見ごろです。

Sansenc03

Sansenc04

180品種 約16万2千球のチューリップと

Sansenc05

約10万5千球のムスカリでイメージされた、
木曽三川の流れと波紋だそうです。

Sansenc06

Sansenc07

Sansenc08

いつもながら見事なチューリップの大花壇

Sansenc09

Sansenc10

こちらは大花壇西側の最頂部。
輪中の農家周辺のソメイヨシノも満開!^^;

Sansenc11

戻って中央プロムナードを挟んだ芝生広場の花壇

Sansenc12

三川池傍の花壇はまだ6分咲きほどでしょうか?

Sansenc13

花絵花壇も大分開いていますが、まだこれからです ^^;

Sansenc14

こちらは南エリア
アイスチューリップのあとは春のチューリップに変わっていました ^^

オマケ!

Sansenc15

輪中の農家周辺のソメイヨシノ、こちらは満開でした ^^

この日は土曜日だけに大勢の家族連れで賑っていましたが、
「チューリップ祭」は~4月15日(日)までです。(期間中無休です)
現在はすでに見ごろを迎えているでしょう ^^;  camera 3月31日

2018年4月 1日 (日)

続・明治村の桜

犬山市にある「博物館 明治村」のサクラ見物。
北口からメインになる5丁目、4丁目と見てきましたが、
このあとは2丁目から1丁目、3丁目へと南地区です。

4丁目の食事処”食道楽”傍に咲くシダレザクラを見て、
「七条坂」を上って2丁目へ。

Meijimuras201

市電七条駅から西へと延びる2丁目レンガ通り入口のサクラ。

Meijimuras202

村営バス停留場横からは、
3丁目にある「北里研究所本館・医学館」が見えますが、
ここは1丁目からの帰りに通るため ^^;そのまま1丁目へ。

Meijimuras203

1丁目正門前のシダレサクラはほゞ終わっていて、
こちらは「三重県尋常師範学校」前のサクラ。

Meijimuras204

「聖ヨハネ教会堂」への坂を上って日本庭園へ行きますが、
庭園のミツバツツジはまだ咲き始めです。

Meijimuras205

「西郷従道(つぐみち)邸」横に咲くミツバツツジは満開!

Meijimuras206

「森鴎外・夏目漱石邸」と回って下る「偉人坂」。
この辺りはサクラより紫の花がメインになります ^^;

Meijimuras207

2丁目に戻って市電七条駅から3丁目に入り、
村の東側、入鹿池沿いの道を行きます。

Meijimuras208

こちらもメインはコバノミツバツツジ ^^

Meijimuras209

「西園寺公望別邸・坐漁荘」周辺のヤマザクラや、
オオシマサクラはほゞ終了ですが・・・見えるのは「品川灯台」。

Meijimuras210

3丁目の東側を通り抜け、
4丁目の芝生広場の桜を見ながら

Meijimuras211

入鹿池沿いにある「ハワイ移民集会所」から

Meijimuras212

六郷川鉄橋に戻りました。

Meijimuras213

尾西鉄道蒸気機関車運転台から ^^;

Meijimuras214

鉄橋からサクラ越しの村営バス

Meijimuras215

北口への帰り道は「菊の世酒蔵」経由

Meijimuras216

5丁目中央広場へと下る道筋

Meijimuras217

サクラ越しに見えるのは「川崎銀行本店」展望タワー。

金沢監獄正門をくぐって「天童眼鏡橋」を渡ります。

Meijimuras218

中央広場にはこんな撮影スポットもありました ^^;

この日は5丁目東端にある
「大明王寺聖パウロ教会堂」までは行きませんでしたが、
村内をほゞ一周、村内の春を楽しみました。   camera 30日

« 2018年3月 | トップページ