2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 続・日野ひなまつり紀行 | トップページ | 西国街道ひな人形めぐり »

2018年3月 2日 (金)

墨俣 つりびな小町めぐり

岐阜県大垣市墨俣町の美濃路墨俣宿に春を呼ぶ、
「いき枠墨俣 つりびな小町めぐり2018」。
おひなさんめぐりでもいちだんと華やかな”つりびな”とともに、
地域内にある「光受寺」のしだれ梅が楽しめることで人気です。

この日はまだしだれ梅は咲いていないとの情報でしたが、
それはまたの機会にと、つりびなめぐりです ^^;

Sunomata01

墨俣宿本陣跡に建つ新しい常夜灯。

江戸時代に熱田の宮(東海道)と垂井(中山道)を結んだ
脇往還美濃路の宿場町である墨俣。
その墨俣宿一帯にたくさんのつりびなが飾られます。

Sunomata02

まずは主会場になる”脇本陣”のつりびなから。

Sunomata03

かっての脇本陣跡に再建された民家ですが、
週末のみ、その一部がお土産処として開店されているようです。
(以前に歩いたところですが・・・その記憶がありません ^^;)

Sunomata04

光受寺のしだれ梅もこの日はあきらめていましたが、
今年は開花がずいぶんと遅れているようです。

Sunomata05

いつものようにおひなさんだけを拝見して ^^;
戻った美濃路沿いのつりびなめぐり。

Sunomata06

このお店のショーウインドウには雛絵に陶雛、
そして今年初めて見る大内雛でした。

Sunomata07

店内には御殿に飾られていたという小さな 内裏雛ですが、
金の屏風と几帳の前ですまし顔です ^^

Sunomata08

つりびなもさることながら、銭湯の建物も健在です。
美濃路は北へと曲がりますが、
その先で街道筋から離れて東へと入ります。

Sunomata09

この筋にはそれほど飾りは多くないですが、
ここでは人気のスタンプラリーが行われているため、
それが目的の人が多いです ^^;

Sunomata10

今年は「墨俣一夜城」のつりびなを見に行きました。

Sunomata11

ここも入城するのは何年ぶりか?

Sunomata12

Sunomata13

2階展示室のつりびな飾り。
思っていた以上の華やかな展示にチョッとびっくり ^^
あとは城内(資料室)と天守からの展望を楽しみます。

戻る新犀川堤下のお店は

Sunomata14

Sunomata15

飾りのなかから、つりびなと真多呂人形です。

今年は墨俣宿の中心部と墨俣一夜城だけでしたが、
「いき枠墨俣 つりびな小町めぐり2018」は今年で10周年。
この日は節目になる”つりびなめぐり”でした。  camera 27日

« 続・日野ひなまつり紀行 | トップページ | 西国街道ひな人形めぐり »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
aliceです。
「西国街道ひな人形めぐり」に行かれたのですね。
展示会場間にかなりの距離があるので、心配しておりました。 m(__)m

京都にはもう1ヶ所「ひな祭り」を開催しているところがあります。
今年で三回目の開催で期間は2日間だけという非常に短いものですが、
場所は織物で有名な西陣の千両ヶ辻界隈です。
古い西陣の町家に飾られたおひなさまは、
また、違った魅力がありますよ。
今年は終わってしまいましたが、こちらも
よかったら来年、見に行ってくださいませ。
イベント名は「千両ヶ辻ひな祭り」です。(*^_^*)

alice さん
情報ありがとうございました。
おかげで楽しいひなめぐりをすることができました。
続きをを今アップしたところです ^^;
興味があった西国街道も少しですが楽しめました。

西陣でのひな祭り、これもまた見たいところですね。
来年はぜひ訪れたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/66444287

この記事へのトラックバック一覧です: 墨俣 つりびな小町めぐり:

« 続・日野ひなまつり紀行 | トップページ | 西国街道ひな人形めぐり »