2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 墨俣 つりびな小町めぐり | トップページ | 続 西国街道ひな人形めぐり »

2018年3月 3日 (土)

西国街道ひな人形めぐり

京都府向日市で行われている「西国街道ひな人形めぐり」。
初めて知る京都での町なかおひなさんめぐりですが、
”ここも素晴らしい・・・”と、aliceさんからコメントをいただきました。
開催が~5日(月)までと短い期間のためチョッと迷いましたが、
西国街道にも興味があり、予定を変更してのお出かけです。

紹介していただいたのは阪急西向日駅からでしたが、
下車したJR向日町駅前から。

Mukoh101

Mukoh102

いきなり1番の展示場所でしたが見事な立ち雛と、
オーナーの可愛い内裏雛をみながらのひな談義に・・・。

すぐに西国街道に出ます。

Mukoh103

光明寺への道標に驚き、この街道道標や伊勢講常夜灯を見ると、
まずは街道歩き?からです ^^;

Mukoh104

江戸時代の山陽道は、京都の羅城門(東寺口)から、
下関の赤間関に至る道として再整備されたもので、
特にこの向日市の中心部は当時の面影が残ります。

Mukoh105

「あたごみち」、「たんばみち」への分岐に出て、
この辺りからおひなさんが楽しめます ^^

Mukoh106

Mukoh107

お店のおひなさんも気楽に拝見できるためか、
朝早く?から多くの人がおひなさんめぐりをされています。

Mukoh108

もちろんこうしたガラス越しもありますが、
ここのメインもやはり旧家に飾られたおひなさん。

Mukoh109

この日の最初はここ、「富永屋」さん。

Mukoh110

代々宿屋・料理屋を営んできたという建物は、
約400年のれきしがあるという・・・。
玄関座敷に展示されているそのおひなさん。

Mukoh111

こちらは昭和14年(1939)の段飾り。

Mukoh112

そして、昭和5年(1930)の古今雛ですが、
下段には”狆引き官女”も飾られています ^^;

Mukoh113

昭和6年(1931)御殿雛とありますが、
檜皮葺白木造りの素敵な御殿は
古今雛とともに京都の丸平(大木平蔵)製とあります。

やはり旧家の寄贈によるものですが素晴らしい雛飾り、
この先の展示が楽しみしながら町なかに戻ります ^^;

Mukoh114

お店の飾りは昭和29年頃とありました。

Mukoh115

手作りコーナー
数多くの作品が展示され華やかな会場です。

Mukoh116

西国街道は「五辻の常夜灯」。
揚谷寺(柳谷観音)へ参拝する人たちにより建てられた常夜灯で、
吉峰寺や光明寺へと通じる参詣道でもあるという・・・。

ここまでで西国街道もほゞ半分ほどきましたが、
おひなさんめぐりの見どころはこのあとに・・・続きます。 camera 3日

« 墨俣 つりびな小町めぐり | トップページ | 続 西国街道ひな人形めぐり »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/66455671

この記事へのトラックバック一覧です: 西国街道ひな人形めぐり:

« 墨俣 つりびな小町めぐり | トップページ | 続 西国街道ひな人形めぐり »