2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あぎの里のひなまつり | トップページ | 続・いわむらひなまつり »

2018年3月13日 (火)

いわむら城下町のひなまつり

中津川市阿木地区の華やかなつるし飾りを楽しんだあとは、
隣接する恵那市岩村町のおひなさんです。
こちらは重要伝統的建造群保存地区の町並みとその周辺に、
多彩なおひなさん約3,500体が展示されているという
「いわむら城下町のひなまつり」。3年ぶりの訪問でした ^^;

「岩村コミュニティセンター」に駐車して、
いちど明知鉄道の岩村駅まで行きます。

Iwamuraa01

ここが町のいちばん西端でひなめぐりの起点にしていますが、
近年は周辺におひなさんはありません ^^;

少し歩いて本通りに出ると新町通り。
最初のメイン会場になるいわむら美術の館「柴田家」です。

Iwamuraa02

まずは座敷に展示されている御殿飾りが目に入りますが

Iwamuraa03

土間には華やかなつるしかざりも ^^;

Iwamuraa04

こちらでは昭和中期の御殿飾りと平成の親王飾りでした。

Iwamuraa05

町なかおひなさんはガラス越しになりますが、
大正期の田舎雛か?これも変わらぬおひなさんです ^^

Iwamuraa06

西町通りに入ると中心部が近く人が多くなってきます。

Iwamuraa07

こちらのお店には江戸期の古雛がたくさん展示されていて、
こちらは1760年”天明びな”とありますが・・・綺麗な古今雛。

Iwamuraa08

これもお馴染みになりましたが ^^;
江戸後期(天保四年)の白木造り吹き抜き御所とありますが、
綺麗に保存された源氏枠飾りです。

Iwamuraa09

もうひとつはこちら、約300年前の享保びなとありますが、
享保期に作られた?古今雛でしょうか。
衣装は田舎雛ですが、商家に伝わるいい古雛です。

Iwamuraa10

町筋は西町と東町を分ける木戸跡に。

Iwamuraa11

ここが下町桝形で、高札場にあったところで、
ここからは本町通り?になります。

Iwamuraa12

町なかのおひなさんも賑やかになってきますが、ガラス越し ^^

Iwamuraa13

Iwamuraa14

店内での拝見と

Iwamuraa15

Iwamuraa16

古雛、昭和雛、土雛と多彩なおひなさん。

Iwamuraa17

さすがに賑やかな中心部は本町筋のメイン会場に。
まずは江戸城下町の館「勝川家」から。

Iwamuraa18

江戸後期からの商家を改修して、
平成15年に「江戸城下町の館」としてオープン。

Iwamuraa19

蔵に展示されているおひなさんたち ^^;

Iwamuraa20

この時期は旧家の建物がひなまつりの会場になっています。

ここまででほゞ半分ほどの行程でしょうか?
このあとはさらに東へと続く町筋のおひなさんですが、
長くなるためちょっとひと休み・・・続きはこのあとに ^^;  camera 11日

« あぎの里のひなまつり | トップページ | 続・いわむらひなまつり »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/66489272

この記事へのトラックバック一覧です: いわむら城下町のひなまつり:

« あぎの里のひなまつり | トップページ | 続・いわむらひなまつり »