2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木曽三川公園センター | トップページ | 戸田川緑地 »

2018年2月 3日 (土)

今年最初のひなめぐり

各地ですでに始まっている「ひなまつり展」ですが、
我が最初のひなめぐりは2月に入ってからになりました。
今年も知多市の「歴史民俗博物館 ふゅうとりぃ・ちた」からと、
お馴染みのところですが ^^;
今年のひなまつり展は”おひなさまと錦絵”です。

2階の特別展示室、今年は少し展示が変わりました ^^;
側面の展示ケースは”錦絵”で、
これまで展示されていた古雛は入り口正面です。

Chitah01

その正面には江戸時代の内裏雛がふたつ。
これはちょっと意外でしたが、
間近で見れる古雛とは・・・こんなうれしいことはありません。

まずはその古雛からですが ^^

Chitah02

左側には明治期の内裏雛と歌舞伎人形、
裏側?には大正期のお雛さんと汐汲人形。(チラッと^^;)

Chitah03

そして右には昭和初期の内裏雛がふたつです ^^

この内裏雛、時代によって衣装も顔も変わりますが、
各時代のおひなさんを並べてみます ^^

Chitah05

Chitah06_2

江戸時代後期のお雛さんふたつ。
ともに町びなですが、
その顔は、引き目鉤鼻おちょぼ口が特徴です。

Chitah07

明治時代になると少し目も口も大きくなり、
はっきりとした顔立ちになってきます。

Chitah08

大正時代、
さらに現代風な顔になっていますね ^^

Chitah09

Chitah10

そして昭和初期とありましたが、
ふたつの内裏雛はもう現代的なお顔そのものです。

Chitah11

これはオマケですが、
江戸期の古雛の背にあった屏風の裏です。
何が書かれた紙か?今までは見ることのできなかった代物でした。
やはり古雛が直接見れるひなまつり展ならではしょうか、
こうしたものが見れて撮れるのもうれしい展示です。

古雛がながくなりましたが ^^;

Chitah12

江戸後期の白木造り源氏枠飾り。
白木枠もですが、描かれた襖絵も手が込んでいます。

Chitah13

明治の御殿、素朴で簡素な造りですが、
屋根の鯱ほこはやはりこの地方の御殿でしょう ^^;

Chitah14

こちらは昭和初期の白木造り御殿。
まだ煌びやかな御殿飾り全盛前のものだけに、
おひなさんはありませんが立派な造りの御殿です。

Chitah15

あとは昭和を代表する御殿飾りに

Chitah16

そのあと御殿飾りに変わって、
昭和40年代後半から主流になる段飾りが並びます。

Chitah17

ガラスで仕切られた展示スペースに飾られているのは
江戸から明治の錦絵ですが、
それはまたの機会にご紹介するとして・・・ ^^;

この日は小学校低学年の校外学習でしょうか?
たくさんの子供たちが入れ替わりで学習中でした ^^;  camera 2日

« 木曽三川公園センター | トップページ | 戸田川緑地 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!好々爺さんのお雛様めぐりが始まりましたね!
毎年楽しみに見させていただいてるので
今年もたのしみです。

Kako さん
少し出遅れましたが、
また今年も各地のおひなさんをめぐります。
少しマンネリにもなってきましたが、
新規開拓も含めて、
お気に入りのところがあればiいいんですが ^^

 好好爺様、昨日も拝読いたしましたが、又、開きました。
今年も好好爺様のお雛様を拝見できる時季になり嬉しく思います。
なんと言っても、そちらのお雛様展示は素晴らしいですねぇ。
これからも楽しみにしております。

hiro さん
今年もおひなさんの季節になりました。
しばらくは展示のひなめぐりになりますが、
これは時代のおひなさんが見れて勉強になります。
また各地のおひなさんをめぐって、
いろんな飾りを楽しみたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/66349480

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初のひなめぐり:

« 木曽三川公園センター | トップページ | 戸田川緑地 »