2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 続 五個荘ひな人形めぐり | トップページ | 木曽三川公園の花めぐり »

2018年2月22日 (木)

あげきのおひなさん

この日は風が強いものの、少しは暖かい日になりました。
町なかのおひなさんめぐりにはちょうどいいかと出かけたのは、
いなべ市阿下喜で行われている「あげきのおひなさん」です。

今回はメイン会場「ウッドヘッド三重」の傍にあるこの建物から。

Agekih01

ひなめぐりの臨時駐車場でもある「旧阿下喜小学校」の校舎ですが、
現在は「桐林館」として国登録有形文化財でもある建物。

Agekih02

その玄関に展示されているのは昭和の段飾り

Agekih03

教室の一部はアート&カフェ”桐林館阿下喜美術室”として
活用されているのも珍しいですが、
その美術室には手作り(折り紙・木工)のおひなさんでした。
また、ここでは貴重な建物内を見ることができます。

さて、メイン会場の「ウッドヘッド三重」

Agekih04

今年は”さるぼぼ”が出迎えてくれますが ^^;

Agekih05

玄関廊下には昭和中期の御殿飾りと、
右には例年のように保育児の紙びなが並びます。

Agekih06

1階ギャラリーには、
こちらもお馴染みの大正・昭和のおひなさん

Agekih07

今年は昭和初期の内裏雛と

Agekih08

中期の御殿飾りに内裏雛を選んでみました ^^;

Agekih09

2階の展示会場
階段の先には折り紙おひなさんの段飾り

Agekih10

Agekih11

そしてメインのひな人形800体展示と、
まぁ、毎年変わらぬひな飾りですが、
これが「あげきのおひなさん」の見どころです ^^

ここでひと休みしたら町なかのおひなさんめぐり。
この日は北町通りから西町通りへと逆めぐりでしたが・・・

Agekih12

こちらは「大西神社」の社務所に飾られていた内裏雛。
明治後期から大正期のお雛さんでしょうか?
ここには本殿や神輿殿にもおひなさんが展示されていますが、
この日は扉が閉まっていました ><;

Agekih13

西町通りのお家ではガラス戸を開けての拝見 ^^
多くのお家ではこうして自由におひなさんを見ることができます。

本町通りに出て

Agekih14

Agekih15

いつものサブ会場?のひとつ、旧店舗跡の展示です。

Agekih16

通りにあった案内板はこちらもメイン会場と同じ、
ペットボトルのキャップで作られたおひなさんでした。

今年も楽しませてもらった「あげきのおひなさん」。
平日とはいえ人もそれなりに ^^;
ここもひなめぐりでは人気のあるところです。   20日

« 続 五個荘ひな人形めぐり | トップページ | 木曽三川公園の花めぐり »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あげきのおひなさん:

« 続 五個荘ひな人形めぐり | トップページ | 木曽三川公園の花めぐり »