2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新春まち歩き 京都伏見Ⅰ | トップページ | 伏見桃山城 »

2018年1月 9日 (火)

新春まち歩き 京都伏見Ⅱ

京都伏見の明治ゆかりの地をめぐる後半は、
桃山町の「乃木神社」から大手筋通りで市街地へと出ます。
大和街道(国道24号線)交差点を渡ると「御香宮神社」。
伏見城の大手門を移築したという表門をくぐり境内へ入りますが、
ここからは我がブログでも何度か紹介したところ。

あらためて御香宮神社

Fushimi201

Fushimi202

参道から拝殿、本殿へと行き

Fushimi203

本殿わきにあるのが神社の名の起こりとなった御香水。
さて、明治ゆかりの地といえば、やはり”鳥羽伏見の戦い”でしょうか。

Fushimi204

境内駐車場の北詰にある”明治維新 伏見の戦跡”碑。
ここは明治元年(1868)1月3日に起こった鳥羽・伏見の戦いでは、
新政府軍(薩摩・長州藩)が陣を置かれたところ。

大手筋通りに戻り、
近鉄京都線に沿って少し南に歩くと桃陵団地があります。

Fushimi205

Fushimi206

その入口角にあるのが「伏見奉行所跡」碑。
こちらは幕府軍(会津藩・新選組)が陣をおいていたところで、
新政府軍と幕府軍がわずかな距離で戦ったことが分かります。

ここから西へと進むと、当時の町の中心部に出ます。

Fushimi207

Fushimi208

寺田屋
薩摩藩の寺田屋騒動や、坂本龍馬襲撃事件の宿として知られますが、
伏見の観光スポットでも抜群に人気のところ ^^;

ここから道を西に回り込むと竹田街道の京橋

Fushimi209

伏見口の戦いでは激戦地となったところで、

Fushimi210

橋の袂にはその激戦地跡の碑が建っています。

Fushimi211

寺田屋前の船着き場。

説明板には
”この辺りは旅人や貨物を運ぶ船着場として栄えた・・・”とありますが、
戦いの前日に会津藩の先鋒隊が上陸したところでもあります。
戦いはここから4kmほど北にある鳥羽の地、鳥羽街道の
小枝橋辺りで始まりますが、こちらはオマケ! ^^;

Fushimi212

鳥羽伏見の戦い勃発の地となった
中島秋の山町にある現在の小枝橋

Fushimi213

そして鳥羽街道にある”鳥羽伏見戦跡碑”(平成17年3月撮影)
鳥羽の戦いはここ城南宮・鳥羽離宮周辺が戦場となりました。

~~~

伏見の明治ゆかりの地めぐりはここまで ^^;

Fushimi214

京橋から龍馬通りにで北へと歩き

Fushimi215

いつものように近鉄京都線の丹波橋駅へと戻りました。

今年は明治150年で京都市でも多彩な事業が開催中ですが、
HP「明治150年京都のキセキ」にある、
明治ゆかりの地をめぐるのもよろしいかと ^^;   camera 7日

« 新春まち歩き 京都伏見Ⅰ | トップページ | 伏見桃山城 »

趣味・歩く」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

そう言えば「伏見」には「寺田屋」がありました。ここは見学した事があります。中まで入って、床柱に刀傷がある理由の説明を受けた記憶があります。やはり「鳥羽伏見の戦場」跡が、たくさん残っているのですね。幕末の歴史的遺物と言うわけですか。何と言っても京都は、素晴らしい街ですね。

shuttle さん
伏見の観光スポットでも寺田屋は訪れる人が多いですね。
幕末の京都は、明治維新に向けての舞台ともいえますから、
そのゆかりの地も多いです。
特に鳥羽伏見の戦いは伏見が中心ですから、
伏見にはその戦跡地が多く残っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/66252760

この記事へのトラックバック一覧です: 新春まち歩き 京都伏見Ⅱ:

« 新春まち歩き 京都伏見Ⅰ | トップページ | 伏見桃山城 »