2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新春まち歩き 京都伏見Ⅱ | トップページ | 雪山散歩・御在所岳 »

2018年1月10日 (水)

伏見桃山城

「伏見城」は豊臣秀吉の築城した指月伏見城から始まり、
伏見地震で倒壊したあと、すぐ傍の木幡山に再築された
木幡山伏見城も豊臣期と徳川期に3度築城されています。
その木幡山伏見城城は、現在の桃山地域であり、
本丸天守跡は「明治天皇伏見桃山陵」となっています。

新春まち歩きで、伏見桃山城を少しだけ載せましたが、
この城はあくまでも観光のための城として造られたものです。
さて、今回はその伏見桃山城をあらためて ^^;

Fushimic01

まずは模擬城門からですが

Fushimic02

扉には桐紋(五三桐)

Fushimic03

そして模擬小天守と大天守と見事な城跡・・・ですが、
現在の模擬天守は、昭和39年(1964)に近鉄が遊園地の
「伏見桃山城キャッスルランド」として、洛中洛外図に描かれた
伏見城を参考に鉄筋コンクリートで造ったもの。

Fushimic04

正面虎口を上がると5重6階の大天守

Fushimic05

左手には3重4階の小天守
現在は耐震基準に満たないため入城できませんが、
当時は資料館にもなっていたとか。

Fushimic06

歴史的価値観の無い観光模擬天守とはいえ、
外観を見ると当時のものかとも思いそうです ^^;

Fushimic07

裏手に出て側面を回り込んでいますが

Fushimic08

この天守も桜の咲くころに見ると、
また違った太閤城を思い出させる情景ではないでしょうか。

Fushimic09

城門口(南面)からの大天守と小天守。

遊園地閉園後は市民の運動により保存されたまゝ京都市に贈与。
同市により敷地は伏見桃山城運動公園として整備されました。
また、本丸跡などの主郭部分は、
現在明治天皇の陵墓(伏見桃山陵)となっています。

あらためて

Fushimic10

その明治天皇伏見桃山陵前から眺める向島方面(南面)ですが、
往時の伏見城天守から眺める景色はどんなものだったんでしょうね。

”伏見城の後には元禄時代ごろまでに桃の木が植えられ、
桃山と呼ばれるようになり、やがて伏見城は桃山城、
あるい伏見桃山城と呼ばれるようになった・・・” とも。  7日

« 新春まち歩き 京都伏見Ⅱ | トップページ | 雪山散歩・御在所岳 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏見桃山城:

« 新春まち歩き 京都伏見Ⅱ | トップページ | 雪山散歩・御在所岳 »