2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旅の始まりは日光から | トップページ | 松島 円通院 »

2017年11月 4日 (土)

松島散策 五大堂・雄島

旅の3日目は日本三景・松島でした。
松島といえば松島遊覧と松島のシンボル五大堂・瑞巌寺ですが、
まずは遊覧船出港待ちの間に五大堂です。

Matsushima01

天長5年(828)、慈覚大師円仁が延福寺(現在の瑞巌寺)を開基の際、
五大明王像を安置したことから「五大堂」と呼ばれます。

Matsushima02

まず渡った橋のあとにあるふたつの橋が”透かし橋”。
橋げたの隙間から海が見え、五大堂へ行く際に足元を見て
気を引き締めるために造られたとも。

Matsushima03

Matsushima04

現在の建物は伊達政宗が慶長9年(1604)に創建したもので,
東北地方最古の桃山式建築といわれています。

Matsushima05

五大堂から見える島は自然公園の福浦島。
歩いて渡る朱塗りの出会い橋は有料橋 ^^;

このあとは定番の松島湾遊覧。
松島の眺めは高台にある展望所からがよろしいようで、
遊覧では写真を撮るほどでもないんですが・・・少しだけ。

Matsushima06

海上からの五大堂。

Matsushima07

こちらは雄島、このあとのお楽しみ ^^;

Matsushima08

点在する島々の説明がありますが、この島は”仁王島”。

約50分の遊覧のあとは雄島散策です。

Matsushima09

崖が迫り、切通しの道を進んで行くと視界が開け、
周辺にある洞窟にはいくつもの卒塔婆と石仏が見られます。

Matsushima10

雄島に架かる赤い橋・渡月橋を渡りますが、
2011年の震災で流失したため平成25年に再建されたそうで、
以前に訪れたときとは違って綺麗になっていました ^^;

Matsushima11

雄島稲荷大明神

Matsushima12

霊場のようなこの島には多くの歌碑、句碑がありますが、
やはりここに来たのは芭蕉「奥の細道」ゆかりの地 ^^;
芭蕉句碑と、奥の細道・曽良の句碑です。

標柱が経つところを左手に下りるとある芭蕉、曽良の句碑

Matsushima13

左に芭蕉の「朝よさを 誰まつしまぞ 片心」(桃舐集 元禄二年(1689))、
右に同行した曾良の「松島や 鶴に身をかれ ほととぎす」(奥の細道)。
14年半ぶりの再会でした ^^;

Matsushima14

島の中央、高台にある雲居禅師の座禅堂跡
芭蕉「奥の細道」には、
”雲居禅師の別室の跡、座禅石など有。はた、松の木陰に
世をいとふ人もまれまれ見え侍りて、
落穂・松笠など打ち煙りたる草の庵,閑に住みなし・・・”とあります。

Matsushima15

座禅堂前から松越しに眺められた松島の景色も、
今は大きくなった松が邪魔になり 、その横からの眺めです ><;
見える島は双子島。

雄島にはまだまだ見どころがありますが、
この日は北側にあるその一部だけでした。  camera 11月1日

« 旅の始まりは日光から | トップページ | 松島 円通院 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/65997363

この記事へのトラックバック一覧です: 松島散策 五大堂・雄島:

« 旅の始まりは日光から | トップページ | 松島 円通院 »