2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木曽三川公園センター | トップページ | 続・白山平泉寺 勝山 »

2017年8月 5日 (土)

白山平泉寺 勝山

福井県勝山市平泉寺町にある国史跡「白山平泉寺(へいせんじ)」。
越前における白山信仰の拠点として、
養老元年(717)に泰澄によって開かれたと言われていますが、
明治時代までは「霊応山平泉寺」という天台宗の寺院だったという。

このお寺を知った時から気になっていましたが、
この日は北陸地区も晴れるとの天気予報にドライブでした ^^;

Heisenji01

とにかく広大な範囲に広がる寺領のため、
今回はそのメインどころの入口参道から本社まで。
まずは「精進坂」と呼ばれる参道に入ります。

Heisenji02

一の鳥居をくぐった先に延びる参道。
中世には48社・36堂・6,000坊が建ち並ぶ大伽藍でしたが、
天正2年(1574)に越前一向一揆勢に攻められ全山焼失。

Heisenji03

平成になって発掘調査が始まると、
数々の石畳や石垣、坊院跡(僧侶の住居跡)が発見されますが、
今回はこの中心部だけを見ていきます。

Heisenji04

Heisenji05

御手洗池
泰澄大師がここで神様に出会ったことが、平泉寺の始まりとか。
「平清水」「平泉」とも呼ばれ、平泉寺の名前の元にもなった・・・とも。

Heisenji06

二の鳥居をくぐると

Heisenji07

すぐ先は左に摂社、右に三之宮への分岐で、
”神と仏の交差点”だそうです。

Heisenji08

Heisenji09

杉木立と苔が美しく、神秘的な雰囲気の境内。
それぞれ摂社末社の祠をめぐりながら・・・

Heisenji10

拝殿へと続く両脇の見事な苔庭を見て行きますが、
これでも苔の状態は以前より悪くなっているそうです。

Heisenji11

拝殿(三十三間拝殿跡)
現在の拝殿は江戸時代に造られたという建物ですが、
往時は46間(約83m)もあったと言われます。

Heisenji12

今は、左右に点在する礎石に当時の大きさを知るだけ。

拝殿を回り込むとその後ろには、
本社を中心に3つの社が建っています。

Heisenji13

本社(大御前)、祭神は伊奘冊尊(いざなみのみこと)

見事な昇り龍と降り龍が軒を支えている現在の建物は、
寛政7年(1795)に12代福井藩主の松平重富が寄進したもの。

Heisenji14

その左には大己貴尊(大国主命)を祀る「越南知社(おおなむちしゃ)」

Heisenji15

そして右には
天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)を祀る「別山社」です。

Heisenji16

本殿とふたつの社は
霊峰白山にある三つの峰をあらわしているそうです。

”慶応4年(18689、明治政府より神仏分離令が出されると、
平安時代以来の神仏習合の伝統が破棄され、神社として分離独立。
今は「平泉寺白山神社」となっています・・・”と。

この後はここからさらに奥にある「三之宮」と、
境内の他の見どころです ^^;    camera 3日

« 木曽三川公園センター | トップページ | 続・白山平泉寺 勝山 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/65618590

この記事へのトラックバック一覧です: 白山平泉寺 勝山:

« 木曽三川公園センター | トップページ | 続・白山平泉寺 勝山 »