2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 芭蕉を歩く  須磨 | トップページ | 醒井地蔵まつり »

2017年8月22日 (火)

明石城(明石公園)



明石に芭蕉「蛸壺塚」を訪ねたあと、
今回も戻る途中で明石駅前にある明石城・明石公園に立ち寄りました。
この日はちょうど「坤櫓(ひつじさるやぐら)」の公開もあり、
あらためてその中心部を見てまわります。

柿本神社から戻って
明石城東口から城内(公園内)に入ります。

Akashijo01

桝形に曲がる虎口を抜けると

Akashijo02

広大な東の芝生広場
その先には、巽櫓(たつみやぐら)の先端が少し見えます ^^

芝生広場を右から回り込んで二ノ丸南下へ

Akashijo03

二ノ丸南下入口

Akashijo04

登城道を行くと、
目の前に見事な高石垣が現れます。

Akashijo05

二ノ丸南下に続く石垣、
ここは何度見ても素晴らしい石垣が続くところ。

Akashijo06

登りきった先にある二ノ丸跡をみて、
左に折れて行くと・・・

Akashijo07

巽櫓(たつみやぐら)
本丸の南東端に築かれた三層の櫓です。

Akashijo08

その右手には本丸跡が広がり

Akashijo09

西隅にあるのは「人丸塚」、
築城に際して移されたのが先に見た柿本神社(人丸山)です。

Akashijo10

その横には復元された土塀が、
西にある坤櫓(ひつじさるやぐら)と巽櫓を繋げています。

Akashijo11

その坤櫓
この日はちょうど内部が公開されていました。

Akashijo12

坤櫓の北側に隣接する天守台。
築城当初は、本丸に御殿を築き、四隅に三重の櫓を配したが、
天守台の石垣は築かれたものの天守は建てられなかったと。

Akashijo13

天守台と

Akashijo14

その南にある坤櫓
天守閣に変わる役割を果たしたとみられる、
明石城では最大の規模をもつ櫓です。

Akashijo15

本丸跡から稲荷曲輪へと下りる道

Akashijo16

下りきると桜堀
そまゝ城郭の西にある稲荷曲輪下を回り込むと

Akashijo17

西の芝生広場に出ます。
白壁塀で繋がったふたつの櫓がいいですね ^^;

Akashijo18

そして、「武蔵の庭園」
宮本武蔵が明石城内に「樹木屋敷」を造ったという記録があり、
庭園として整備されたところです。

そのまま南へと向かうと正面出入口

Akashijo19

かつて三の丸・居屋敷曲輪への虎口であり、
太鼓門があったという。
元和4年(1618)徳川二代将軍秀忠の命により、
西国諸藩の監視のために築城されたという明石城。

Akashijo20

中掘

ここはまだまだ見どころがあるようですが、
今回もそのメインどころを中心にめぐってみました。  19日

« 芭蕉を歩く  須磨 | トップページ | 醒井地蔵まつり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明石城(明石公園):

« 芭蕉を歩く  須磨 | トップページ | 醒井地蔵まつり »