2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

大垣ひまわり畑 墨俣

今年のヒマワリも早撒きのところはもう終わりのようですが、
時期をずらして植えられている各地のヒマワリ畑では、
見ごろを迎えたところや、まだ咲き始めのところもあるようです。

大垣市も平町と墨俣町の2カ所にひまわり畑があり、
その後撒き期の畑が見ごろとを迎えたとのこと。
この日は晴れているうちにと一走り・・・大垣市の墨俣町です。

いきなりですが・・・全体の様子を別角度から
いつものパノラマです ^^;

Sunomata01

長良川堤防に沿った東側から。

Sunomata02

その左側部分、ほゞ満開です。

Sunomata03

南側にある保育園横から、
東側は太陽に向かって咲くため後ろ姿ばかり ^^;

Sunomata04

その西側ですが、
ここは近寄っても構図的にはチョッと単調で・・・

Sunomata05

なんていうと、怒られそうですが ><;
今回は久しぶりにアップで楽しんでみました。

Sunomata06

Sunomata07

とはいうものの・・・これも単純です ><;

Sunomata08

イチモンジセセリ

Sunomata09

水滴

まぁ、近づくと雑草が目立つのが難ですが、
今がちょうど見ごろでしょうか。

オマケ!
墨俣から戻る途中にある、
こちらは安八町牧のヒマワリ畑です。

Anpachi01

ちょうど、大垣市の平町ひまわり畑とはすぐ近く、
揖斐川を挟んだ南側にあります。

Anpachi02

その存在をすっかり忘れていましたが ><;
ここは早撒きのところですでに刈り取りが始まっていました。

ここはシラサギと楽しめるひまわり畑 ^^;
来年は忘れないようにしなければ・・・。   camera 30日

2017年8月30日 (水)

於大のふるさと 東浦町

徳川家康の生母”於大の方”のふるさとである東浦町。
「於大公園」の散策中に「緒川城主三代の墓」の案内を見て、
急遽「於大の方」ゆかりのスポットを訪ねました。
とはいってもすべて公園の周辺めぐりですが ^^;

その「城主三大の墓」は公園の東口近くにあります。

Odaik01

公園の北園路(健康の道)にある休憩所、
周辺にある”梅実の丘”や”桜見の丘”を抜けて行くと

 Odaik02

東口手前にその案内の標柱がありました。
案内に従って行きます ^^;

 Odaik03

マレットゴルフ場の傍を抜けて行くと
寂しい雑木林の中にその墓所があります。

Odaik04

中央に緒川初代城主水野貞守、その左に二代賢正(かたまさ)、
そして右には三代清忠の墓です。

於大の方はここ、東浦の緒川城で生まれていて、(異説もあり)
父は緒川城四代城主水野忠政(初代刈谷藩主)、母は於富の方で、
14歳で岡崎城主松平広忠に嫁いでいます。

公園東口からいったん外に出て

  Odaik05

約10分ほど歩いたところにあるその「緒川城址」。

Odaik06

少々木々と雑草に覆われていますが、
ただ「城址」とだけの碑があるだけよりはいいでしょうか ^^;

  Odaik07

その傍にある小城公園には「傳通院於大出生地」碑がありました。

公園に戻って、
こちらは駐車場のすぐ傍にある「乾坤院(けんこういん)」。

  Odaik08

いったん境内を正面に出て、あらためて参道を行きます。

Odaik09

「乾坤院」、1475年水野貞守が一族の菩提寺として創建。
境内には水野忠政の墓をはじめ、水野氏四代 の墓所や、
歴代の位牌を祀った堅雄堂がありました・・・

Odaik10

放生池を渡ると

 Odaik11

手水舎と地蔵堂

Odaik12

そして、総門と

Odaik13

鐘楼門ですが・・・
その奥にあるはずの諸堂は平成28年3月の火災により、
乾坤院本堂(開山堂)、座禅堂(ざぜんどう)、堅雄堂が全焼し、
現在再建工事中でしょうか?
残念ながらこの先にそれらの諸堂はありません。

表に戻ると

Odaik14

道を挟んだ先にあるのは「於大のみち」

Odaik15

明徳寺川沿いに整備された歴史散策路ですが、
毎年、桜の季節には「於大まつり」行列が行われています。

もう一か所、於大の方が生前菩提所として
自身の所持品を納めたという「善導寺」がありますが、
今回は立ち寄りませんでした。   camera 27日

2017年8月29日 (火)

於大公園のオニバス

愛知県東浦町の「於大公園」にある”オニバス池”。
例年、花の見ごろは9月に入ってからとのことですが、
少し咲き始めたとの情報に・・・待ち切れずに出かけてみました ^^;

ここも自然を生かした広大な都市公園ですが、
約1.4kmの外周散策コース(健康の道)が設けられていて

Odaip01

南口にある第一駐車場から、
そのコースをオニバス池へと行きます。

Odaip02

池の多い公園ですがこれは中央部にある「大池」。
その先にあるのが管理棟の「このはな館」ですが、
オニバス池は公園の北端にあります。

Odaip03

「菖蒲園」、「中池」と見ながら、
案内板に従って石段を上ります ^^;

Odaip04

道を上がった先には、
綺麗に整備された「オニバス池」です。

Odaip06

一緒に植えられている熱帯スイレンも咲いています ^^

さて、見たかったオニバスですが

Odaip07

Odaip08

Odaip09

やはり情報どおりでしょうか。
まだ早すぎたようで花数が少ないです。

Odaip10

Odaip11

詳細は省きますが、平成7年(1995)から保護のために
栽培が続けられているというオニバス。

まだつぼみが多くあるようにも見えますが・・・

Odaip12

この花、水中で自家受粉して咲かない「閉鎖花」があるため、
どれが開くのかはよく分かりません ><;
いずれにしても見ごろにはあとしばらくでしょうか?

四季の花々が楽しめる「於大公園」。
その名前はここが生誕地の”於大の方”(徳川家康の生母)
に因んで付けられています。    camera 27日

2017年8月28日 (月)

佐屋街道 佐屋

愛知県愛西市佐屋町は旧佐屋街道(佐屋路)の宿場町ですが、
残念ながら今はその面影は何もありません。
佐屋街道もブログを開設したすぐに歩いたところで、
ここも芭蕉ゆかりの地といえば・・・ゆかりの地。
さすがにこの暑さで通し歩きは止めましたが ^^;
芭蕉「水鶏塚」と、わずかな宿場の名残りを訪ねてみました。

名鉄「日比野駅」から南に少し歩き、
旧街道に出て西に向かうとすぐに内佐屋交差点。

Saya0

交差点を南へ折れるとある「佐屋海道址」碑です。

ここから佐屋宿までは約1kmほど、
須依の交差点で右折すると旧佐屋宿です。

Saya01

集落の途中にある「水鶏塚(くいなづか)」への道標。
先を急ぐと見落としてしまいそうですが、
もちろんここは立ち寄ります ^^;

Saya02

細い道を100mほど行くとある「水鶏塚」。
少々落ち葉があって荒れてはいますが ><;

Saya03

奥に「水鶏鳴と人の云へばや佐屋泊 芭蕉翁」の碑があります。
元禄7年(1694)5月、江戸から故郷伊賀の国へ帰る途中に、
佐屋の門人、山田庄佐衛門邸に泊まったときに詠んだ句。

旧街道に戻って

Saya04

さらに西へと行き、次の交差点に出る手前に

Saya05

「左 さや舟場道」の石柱があります。
この辺りが元舟場所前で旅籠屋があったところ。

この後ろは民家のブロック塀ですが
そこには”きこくの生垣”の案内板があります。

Saya06

案内によるとこの生垣は
「尾張名所図絵」にも描かれているもので

Saya07

”いこく”とはカラタチのことだそうです。

Saya08

道を挟んだ北側には「佐屋代官所址」がありますが、
代官制度が出来たとき、
その最初の代官所がここ「佐屋代官所」であったとも。

Saya09

さらに交差点を挟んで小さな公園がありますが、
その横を西(見える右側)に行けば木曽川へ。
南(左側)の道を行けば弥富から桑名へ続きます。

その公園の南端にあるのが「佐屋三里之渡址」碑。

Saya10

昔はここまでが川だったため、ここが佐屋街道の終点。
ここから桑名までは水路3里の船旅でした。

「佐屋街道」(佐屋路、東海道佐屋廻りとも)。
熱田の宮宿から岩塚、番場、神守宿(津島市)を通って、
佐屋宿までの陸路6里と、桑名までの水路3里の合わせて9里。
東海道の海上7里(28km)より2里ほど長い道程ですが、
荒天による船止めや、船酔いを避けた旅人で賑ったという・・・。

2017年8月27日 (日)

木曽三川公園センター続編

海津市海津町の「木曽三川公園センター」へ
またまたヒマワリを見に出かけました ^^;
前回訪れてから1週間しか経っていませんが、
この日は遅咲き品種の”東北八重”が目的です。
大花壇のコスモスもチラホラ咲きとまだ寂しく、
”ひまわり迷路も”どうやら今秋まででしょうか。

その横にある花壇から

Sansenh01

”皇帝ヒマワリ”、周りのコスモスをまだこれからですが、
芝生広場の東園路を北へと行きます。

Sansenh02

最初の花壇に咲くヒマワリは”マティス”

Sansenh03

Sansenh04

ボリューム感あふれる大輪の八重咲き品種

Sansenh05

混ざって咲くのは”モネ” ^^;

Sansenh06

その”モネ”の花壇はすぐ隣に

Sansenh07

こちらにも違う品種が混じりますが・・・

Sansenh08

Sansenh09

庫のヒマワリは明るいレモンイエローの八重咲きで、
遠くからでもひと際目立ちます。

Sansenh10

混じって咲くのは何ヒマワリか?
同じようなのが数種類あってヒマワリも種類が多いです ><;

で、この日の目的でした”東北八重”。

Sansenh11

見ごろ間近ですが、満開にはまだもう少し・・・

Sansenh12

Sansenh13

鮮やかなゴールデンイエロー、
豪華な八重咲きの花は東北のオリジナル品種だそうです。

この花が咲くともう初秋を感じるという・・・
そういわれれば、この日はちょっぴり涼しさも感じました。
早いもので8月も残り5日間ですね ^^;  camera  26日

2017年8月26日 (土)

尾張大野古今散策

今年は天気が不安定で、出かけることも少なく、
雨の合間を見ては思い出したように出かけることが続いています。
ここも久しぶりでしたが・・・以前に訪れてからもう9年になりますか ^^;
愛知県常滑市大野町。
江戸期には商工業の町として発展、海上交通の要所でもあったところ。

Oono01

いきなり海からですが・・・大野海岸?

Oono02

こちらは海岸の北にある「大野海水浴場」。
小さな海水浴場ですが、
鎌倉時代、鴨長明が訪れて潮湯治をしたことから、
世界最古の海水浴場といわれています。

海岸からいったん町なかへ出て、また港へ

Oono03

大野は”大野湊(おおのみなと)”と呼ばれて栄えた港町。
この辺りでは旧い商家や民家も多く、
伝統的な家並みを見ることができます。

海岸筋から町なかへと戻る道は幾筋もありますが

Oono04

古い民家が残るこの町筋は旧大野の中心部。

Oono05

細い路地道に建ち並ぶ旧家を見ながら散策して行きますが、
このすぐ横にあるのが「齊年寺」。

Oono06

大野城主4代佐治家の菩提寺で4代位牌所、
享禄年間(1518~31)に宮山にある大野城の城内に建立。

Oono07

天正15年(1587)には大野城とともに亡びたものの
翌、天正16年、現在地に再建されます。

とにかくここ大野は神社仏閣のムチャ多いところ ^^;
見どころを楽しみながら向かったのは大野城。

Oono08

町なかから散策コースで約1kmほどの、
小高い丘陵(青海山)にある大野城です。

Oono09

北駐車場から石段を数百メートルほど登りますが、
その先にある城門。

Oono10

くぐると左手に城址碑があり

Oono11

城門の横には主郭部二層の模擬天守(展望台)と、
背後には城主であった佐治氏を祀る「佐治神社」があります。
左手の鳥居はなぜか?
「桃山御陵遥拝所」(京都伏見の明治天皇御陵)が・・・。

Oono12

天正11年(1583)、大野城主佐治一成に嫁いだ”お江(おごう)”は、
短い期間ですがこの地で暮らしています。

Oono13

天守展望台からの眺め。(一応パノラマです ^^;)
今は城山公園として整備されている「大野城址」でした。

毎年10月には大野の町をめぐるイベント、
「大野古今散策」が開催されているようですが、
今年は21日(土)・22日(日)のようです。   camera 24日

2017年8月25日 (金)

長浜 舎那院の芙蓉

この日は醒井の「地蔵まつり」が目的でしたが、
そちらは午後からで、その前に出かけていた長浜市の「舎那院」です。

ここも毎年同じような日に出かけていては、
いつも開花には早すぎて、なんともタイミングの合わない花ですが、
今年も開花情報が分からぬままでした。

Nagahama01

着いてみれば、やはり今年も早かった ><;

Nagahama02

「八幡宮」との境にあるサルスベリがやけに綺麗に見えるのも、
いつもながら皮肉なことですが・・・

Nagahama03

今年はさらに開花が遅れているようです。

Nagahama04

本堂前の

Nagahama05

Nagahama06

左右に咲く花もまだつぼみばかりが目立ちます。
あとは期待していた本堂横と裏でしたが、
まだ咲き始めでこれもまた何年ぶりか?遅いですね。

外に出ます。

Nagahama07

Nagahama08

周辺のフヨウもご覧のとおりで、
どうやら今年も9月には入ってからが見ごろでしょうか。

オマケ!

Nagahama09

長浜御坊・大通寺のハスがまだ咲き残っていました ^^;

Nagahama10

蕾もありますが

Nagahama11

すでにハチスもあります。

ときおり降りだす雨に悩まされながら・・・
今年はなんとも冴えない長浜散策でした ><;  camera 23日

2017年8月24日 (木)

醒井地蔵まつり

8月もこの時期になると各地で地蔵盆が行われますが、
今年も米原市醒井の「地蔵まつり」(23・24日開催)に出かけました。
本番の”万燈流し”と醒井ならではの”つくりもの”が見どころですが、
この日も”つくりもの”目的で出かけたのは23日 ^^;

いつもは朝からですが、この日は午後からでした。

Samegai01

なんとも蒸し暑い日でしたが、
団体さんは”つくりもの”ではなくバイカモ目当てのツアー客 ^^;

さて、その”つくりもの”ですが、
いつものように醒井の入口になる大正通りから。

Samegai02

今年の話題のひとつはやはり”稀勢の里”でしょうか ^^;

Samegai03

大正通りのもうひとつは”きんたろう”。

ここで地蔵川を渡りますが

Samegai04

すぐ傍には中町の”昇り龍”があります。

そのまま地蔵川に沿って行きます。

Samegai05

問屋場前のバイカモ
もうサルスベリの花との競演は期待していませんでしたが・・・
やはり水量も多く、下流部でも花は絡んでいません。
で、今回は”つくりもの”だけです ^^;

Samegai06

地蔵町は”琵琶湖周航の歌100周年”
今年はちょうど歌の100周年になり、このテーマも多いです。

Samegai07

「醒井地蔵尊」

Samegai08

加茂神社にある日本武尊像の下には、
個人の方(野球フアンクラブ)の”つくりもの”です。

この先は新町筋に入ります。

Samegai09

お馴染みの六地蔵さんも健在!

Samegai10

そしてこちらも今年の話題でした ^^;
流れる「王将」の唄を聞きながら・・・思わず似てる ^^;

Samegai11

新町一組は”野洲のおっちゃん”のびわこ一周

Samegai12

そして、毎年楽しませてくれる新町一組の電動ものは、
”とべ!アンパンマン”でしたがまだ動いていませんでした。

ここから戻って西町筋に

Samegai13

「西行水」

Samegai14

こちらの”次の一手は”も、やはり将棋でした ^^;

Samegai15

醒井宿の外れにある昭和町、
こちらも”琵琶湖周航の歌”でした ^^;

最後は名物”六方焼”を買いに行く道筋の栄町

Samegai16

この茅葺屋根?の集落は早くも”雪景色”でした ^^;

ほゞメインどころを見て回りましたが、
今年の”つくりもの”を見ていると、
やはり「地蔵まつり」は夜の祭り・・・を実感でした。 camera 23日

2017年8月23日 (水)

霧の御在所岳

下界?は晴れても、山は雨!
スマホのレーダーをみると雨雲は30分ほどで抜けるようで、
ならばと・・・乗ったロープウェイでした。
雨と、霧の山頂朝陽台広場でしたが、
まもなく雨は上がったものの、霧は晴れません ^^;

Gozaisho01

この日の御在所岳は遅まきながらの赤トンボ!でしたが・・・
どうみてもこれは無理 ><;
それではと、霧の山頂散策にいつものコースです。

Gozaisho02

「富士見岩展望台」に出て、
中道登山道から遊歩道へと抜けます。

Gozaisho03

その遊歩道は見事に霧の中!
雪のトンネルは何度も見ていますが・・・これが初めて ^^;

Gozaisho04

裏道登山道9合目口、
幽玄の世界?とまではいきませんが・・・
なかなかの雰囲気です。

Gozaisho05

道を下った「ございしょしぜん学校」前、
少しだけ明るくなって霧が晴れてきましたが・・・
こんなかでも”アカトンボふる里さがし大作戦”実施中 ^^;

そのアカトンボ

Gozaisho06

Gozaisho07

さすがに群れ飛ぶ、とはいきませんでしたが、
何とか止まっていたところが撮れました。

Gozaisho08

山頂へと着いた頃にはまた霧がかかります。

Gozaisho09

望湖台
霧のなかで初めて気が付いた亀のような岩 ^^;(亀に見えませんか?)。

あとはただ御岳大権現まで歩くだけでしたが

Gozaisho10

戻った朝陽台広場広場への遊歩道は視界不良!

久しぶりに霧の御在所岳でしたが、
こんな山歩き?もまた趣があっていいもんです。
ただ、肌につく湿気には往生しました ><;  camera 21日

2017年8月22日 (火)

明石城(明石公園)



明石に芭蕉「蛸壺塚」を訪ねたあと、
今回も戻る途中で明石駅前にある明石城・明石公園に立ち寄りました。
この日はちょうど「坤櫓(ひつじさるやぐら)」の公開もあり、
あらためてその中心部を見てまわります。

柿本神社から戻って
明石城東口から城内(公園内)に入ります。

Akashijo01

桝形に曲がる虎口を抜けると

Akashijo02

広大な東の芝生広場
その先には、巽櫓(たつみやぐら)の先端が少し見えます ^^

芝生広場を右から回り込んで二ノ丸南下へ

Akashijo03

二ノ丸南下入口

Akashijo04

登城道を行くと、
目の前に見事な高石垣が現れます。

Akashijo05

二ノ丸南下に続く石垣、
ここは何度見ても素晴らしい石垣が続くところ。

Akashijo06

登りきった先にある二ノ丸跡をみて、
左に折れて行くと・・・

Akashijo07

巽櫓(たつみやぐら)
本丸の南東端に築かれた三層の櫓です。

Akashijo08

その右手には本丸跡が広がり

Akashijo09

西隅にあるのは「人丸塚」、
築城に際して移されたのが先に見た柿本神社(人丸山)です。

Akashijo10

その横には復元された土塀が、
西にある坤櫓(ひつじさるやぐら)と巽櫓を繋げています。

Akashijo11

その坤櫓
この日はちょうど内部が公開されていました。

Akashijo12

坤櫓の北側に隣接する天守台。
築城当初は、本丸に御殿を築き、四隅に三重の櫓を配したが、
天守台の石垣は築かれたものの天守は建てられなかったと。

Akashijo13

天守台と

Akashijo14

その南にある坤櫓
天守閣に変わる役割を果たしたとみられる、
明石城では最大の規模をもつ櫓です。

Akashijo15

本丸跡から稲荷曲輪へと下りる道

Akashijo16

下りきると桜堀
そまゝ城郭の西にある稲荷曲輪下を回り込むと

Akashijo17

西の芝生広場に出ます。
白壁塀で繋がったふたつの櫓がいいですね ^^;

Akashijo18

そして、「武蔵の庭園」
宮本武蔵が明石城内に「樹木屋敷」を造ったという記録があり、
庭園として整備されたところです。

そのまま南へと向かうと正面出入口

Akashijo19

かつて三の丸・居屋敷曲輪への虎口であり、
太鼓門があったという。
元和4年(1618)徳川二代将軍秀忠の命により、
西国諸藩の監視のために築城されたという明石城。

Akashijo20

中掘

ここはまだまだ見どころがあるようですが、
今回もそのメインどころを中心にめぐってみました。 camera 19日

2017年8月21日 (月)

芭蕉を歩く  須磨

ブログ開設12周年を前に出かけた芭蕉ゆかりの地”明石・須磨”。
なぜか節目の周年になるとここが真っ先に思い出すところで、
今回は5周年以来3度目の再訪でした。
明石はまた違った角度で載せてみましたが、
須磨は2度めの再訪で詳しく載せていて、新鮮味もありませんが、
それなりに写真を変えての紹介になります ^^;

明石から山陽電車で「須磨浦公園駅」に戻ります。

Suma01

駅から鉢伏山ハイキングコースの道をしばらく行くと

Suma02

目の前が開けた場所に
蕪村の「春の海終日のたりのたりかな」の句碑があります。

その少し先、みちが大きくカーブする奥に

Suma03

”蝸牛(かたつむり)角ふりわけよ須磨明石”(笈の小文)の
芭蕉の句碑が隠れるようにあります。

さらに、少し上った斜面には

Suma04

正岡子規と高浜虚子の師弟句碑
”ことづてよ 須磨の浦わに 晝寝すと 子規”
月を思い 人を思ひて 須磨にあり  虚子”や、
他にもたくさんの碑があり、
何やら文学の散歩道かと思うほどです ^^;

この日もここまででしたが戻る道、
芭蕉句碑のあるすぐ前ですが・・・

Suma05

目の前に広がる瀬戸内海を見下ろす展望所で、
素晴らしい景色を眺めながらひとときの休憩でした。

戻って、国道2号線沿いにある「敦盛塚」へ。

Suma06

一の谷の合戦で源氏の武将熊谷直実に討たれ、
16歳で命を落とした平敦盛を供養するために
建てられたという(異説もあり)大きな五輪塔です。

ここから須磨浦公園を通り抜けて「須磨寺へと行きます。

Suma07

Suma08

公園の途中にある一の谷古戦場「源平史蹟 戦の浜」の石柱、
この辺りが源平の戦いの舞台となったところ。
芭蕉「笈の小文」でも、最大の目的地であったところだけに、
特に詳しく書かれた文にその思いが感じられます。

あとは須磨寺まで約2kmほどですが・・・
この日はまた、ムチャ暑い日になりました ><;
途中、「山陽須磨駅」の先で北に折れ、
山陽電車の線路をくぐるとすぐにある「現光寺」。

Suma09

源氏物語の主人公光源氏が住んだと伝えられ、
「源光寺」、「源氏寺」ともよばれていた・・・と。

Suma10

芭蕉も旅の途中、ここの庵に泊まっています。

Suma11

境内にある芭蕉の三段切名句
「見渡せば ながむれば見れば 須磨の秋」の句碑。

そして「須磨寺」

Suma12

龍華橋を渡って「仁王門」をくぐり、
左右の塔頭を見ながら行くとある「源平の庭」

Suma13

Suma14

一の谷の合戦で、
熊谷直実が平敦盛を呼び返す場面が再現されていますが、
三度目とはいえ、やはり記憶に残るところです。

Suma15

あとは唐門から本堂

Suma16

弁慶の鐘

Suma17

「義経腰掛の松」と「敦盛首洗池」

Suma18

三重塔

そしてその奥にある「敦盛首塚」です。

Suma19

説明板には「首と胴を別々埋葬し胴塚は一の谷にあり」とありますが、
胴塚は須磨浦公園にあった「敦盛塚」がそれ。

さて、長々と書いてきましたが、
この日の目的はやはり芭蕉句碑 ^^;

Suma20

参拝客も少なく静かな本坊前、
その左手(写真奥)の木立のなか

Suma21

「須磨寺や 吹かぬ笛きく 木下やみ」(笈の小文)。

須磨寺の木陰のなかで往時を思い出していると、
笛の名手、平敦盛が吹く笛の音が聞こえるようだ・・・
と、いうことでしょうか。
「笈の小文」の終章は平家終焉の入水の様子で結ばれています。

芭蕉ゆかりの地須磨・明石3度目の訪問でした。 camera 19日

2017年8月20日 (日)

芭蕉を歩く  明石

芭蕉紀行文集の地を追っかけて始めたブログでしたが、
今年でいつの間にか12年となり、周年記念ではありませんが、
これを機にあらためて思い出の地でも歩こうかと思い・・・
まずはと、出かけたのは明石、須磨。
7年前のブログ開設5周年以来、3度目の再訪でした。

Akashib01

明石駅から15分ほどの柿本神社へと行き、
東参道の鳥居をくぐります。

Akashib02

長~い石段の参道を登ると、
左に明石市立天文科学館の日本標準時大時計塔が高く聳え、
山門前に「蛸壺やはかなき夢を夏の月」の芭蕉句碑があります。

Akashib03

芭蕉「蛸壺塚」と句碑
”蛸壺やはかなき夢を夏の月”

Akashib04

すぐ前にある天文科学館のドーム越しには淡路島と
明石海峡大橋が見える高台の絶景の場所である。
と、まあ芭蕉関係はこれだけですが・・・あとは周辺を散策。

Akashib05

すぐ側には愛称「トンボの標識」といわれている、
東経135度の子午線の位置を示している「日本子午線標準時柱」です。

そして、句碑の後ろにある「柿本神社」

Akashib06

詳しい説明は省きますが、祭神はあの歌人柿本人麻呂。
明石城築城に際して人丸塚とともにこの地に移されたということですが、
芭蕉がここを訪れたのはその人丸塚という。

Akashib07

まぁ、あとは神社仏閣の紹介になりますが、
神社本殿よ子にあるのは”盲杖桜(もうじょうざくら)”。

Akashib08

こちらは”八房の梅”
これは隣にある「月照寺」のウメと絡むためのちほど ^^;

Akashib09

そして御神木の”筆柿”と、木が多いですが

Akashib10 Akashib11

こちらは”石造狛犬”で右が”阿形”で左が”吽形”の一対、
宝暦4年(1754)の銘があるという明石市内では最古のもの。

Akashib12

その隣にある「月照寺」
こちらも明石城の築城により、人丸社とともにこの地に移され、
文人墨客の来訪絶えることがなかったという由緒あるお寺ですが、
明治の神仏分離により人丸社が柿本神社となる。

Akashib13

本堂前にある”八房の梅”は
穂四十七士の一人、間瀬久太夫が大石内蔵助良雄と共に、
素願の成就を祈り、持参の鉢植の梅を手植したものという。

そして山門

Akashib14

伏見城の薬医門 明石城の切手(きって)門として二役を果し、
明治初年ここに移されたものとか。

門横から西参道を下ると

Akashib15

鳥居下にあるのが名水「亀の水」。
元和7年(1621)から湧き出る清水で枯れることもなく、
万病にきくといわれているそうです。

芭蕉が旅した最西端の地としての明石は、
その紀行文集「笈の小文」でも”蛸壺や・・・”の句だけと寂しいですが、
やはり須磨での思いが芭蕉には強かったようです。 camera 19日

2017年8月18日 (金)

木曽三川公園センター

大垣市の平町から揖斐川堤防を走って、
こちらは海津市の「木曽三川公園センター」です。
少し前にはまだ咲いていなかったヒマワリのその後です。

この日も北口から ^^;

Sansenh01

”水のあそび場”への入口に咲くのはリコリス

Sansenh02

傍にあるひまわり畑もほゞ満開です。

Sansenh03

こちらのヒマワリ畑はこの北口と、
芝生広場の花絵花壇に作られた”ひまわり迷路”、
あとは芝生広場の周辺にあります。

Sansenh04

Sansenh05

今、咲いているのはこの北側と、
花絵花壇の”ひまわり迷路”

Sansenh06

Sansenh07

その芝生広場へと行きます。

Sansenh08

センタープロムナード沿いに咲くキバナコスモス、
奥にみえるのがひまわり迷路とその奥にはサルスベリ

Sansenh09

ひまわり迷路の出口から

Sansenh10

入口へと周って、
迷路のなかを楽しみます ^^;

Sansenh11

Sansenh12

久しぶりに青空の中で楽しむヒマワリですが、
芝生広場周辺のヒマワリはまだ咲いていません。

Sansenh13

公園南側に咲くサルスベリも満開です ^^;

Sansenh14

センタープロムナードの花壇に植えられているダリアも、
少しですが咲き始めていました。

Sansenh15

大花壇のコスモスはまだ養生中ですが、
こちらが咲くころには
他のヒマワリも見ごろを迎えるのではないでしょうか?

天気予報ではまだ曇りマークが続くなか、
いっとき晴れ間ののぞいたこの日、
気になっていた2ヶ所のヒマワリを見てきました。  camera 17日

2017年8月17日 (木)

大垣ひまわり畑 平町

岐阜県大垣市で例年開催される恒例の「ひまわり畑」。
今年は平町地区と墨俣町上宿地区の2ヶ所ですが、
前半に種がまかれて見ごろを迎えるはずの平町地区は、
先の台風5号の影響で花が倒れてしまったとのことでした。

不安定な天気のなかでしたが、
久しぶりに青空も期待できるということで出かけてみました。

Ogakih01

花は満開ですが・・・
残念ながらやはり多くのヒマワリは倒れています ><;

Ogakih02

それでも思っていた以上に立ちあがって、
花を咲かせていました。

Ogakih03

お盆明けでしたが

Ogakih04

人気のひまわり畑!
たくさんの人たちが訪れて

Ogakih05

Ogakih06

ヒマワリを楽しまれていました。

Ogakih07

花は倒れていても、
走る新幹線はいつものとおり ^^;

Ogakih08

Ogakih09

この日は午後から日差しも出ましたが、
このまま雨が降らなければ
もう少しヒマワリが立ちあがってくれるかもしれません。

Ogakih10

こちらは後半に種がまかれたひまわり畑、
西と東側にもありますが、花はまだ咲いていません。

北側にあるコスモス畑とともに
このあとの楽しみになります。    camera 17日

※ 墨俣上宿地区のヒマワリ畑もまだ葉っぱばかりです ^^;

2017年8月15日 (火)

なばなの里のオニバス

お盆の最中で曇り空、出かける予定もなく、
そんなときは「木曽三川公園」か「なばなの里」なんですが、
天気も良くないのでこの日は近場の「なばなの里」へ。
里の中央池に咲くオニバスが気になっていたこともありますが、
その様子見と、ちょうど昼どきでもありました ^^;

この時期はこれといった花もありませんが、
何を食べようかと、園内をぶらぶら歩きながら・・・

Nabanao01

食事処”桃仙”前の花壇に咲くヒマワリ

Nabanao02

”ベゴニア館”横の大花壇にはルドベキアです。

そして

Nabanao03

この日の中央池
ちょうど右側になる南東隅にオニバスが咲きます。

Nabanao04

以前にも書きましたが、
ここはロープで仕切られていて近付けません ><;

Nabanao05

花も少し遠くに咲いていて、
この日は一人の方が撮影されていましたが、
ほとんどの人は気が付かないか?

Nabanao06

Nabanao07

それとも気にもしていないのか?
見向きもされないオニバスです ^^;

Nabanao08

確かに、遠いところは望遠で撮って、
さらに部分切り取りをしてこれですからねぇ。
まぁ、関係ない、がいいとこでしょうか 。
今年も元気に咲いていてくれただけ良しでした。

これもオマケ!

Nabanao09

こちらは小川沿いに咲いていた鉢物のヒマワリ。

お盆の後半からもまた天気は不安定で、
しばらく休養日になりそうです ^^;    camera 14日

2017年8月14日 (月)

旧東海道大津追分から山科

JRに乗って滋賀県を巡るモバイルスタンプラリー!
「ビワイチAppスタンプラリー」。
最後のスタンプめぐりは彦根の銘菓”埋れ木”の「いと重菓本舗」から
彦根駅へ出て、あとは琵琶湖線で山科へ。
そこから京阪京津線の追分駅まで行き山科まで旧東海道を戻ります。

追分駅から旧道に出ると、すぐに大津の「追分」があります。

Tokaido01

ここは奈良街道、小関越えと、何度も歩いた旧道ですが、
もちろん、短い旧東海道沿いに思い出の多いところ ^^;
左にてれば伏見街道(奈良街道)から大阪への”東海道57次”道、
東海道は右に行きます。

Tokaido02

追分からすぐの「閑栖寺」
その門脇にある東海道道標に”車石”と車道の説明駒札。
この説明は後ほどに ^^;

そして、スイーツ巡り最後のスタンプゲット場所 ^^;
京銘菓で知られる「井筒八橋本舗」の追分店。

Tokaido04

玄関には名水”走り井”(飲めません ^^;)と、
大津絵発祥の地碑が建っていますが、江戸時代にこの水で作った
名物”走り井餅を食べ、のどを潤したという・・・。
最後のスタンプは「走り井餅本舗の」近江銘菓”湖舟”でした。

あとは気楽な街道歩き ^^;

Tokaido05

すぐに国道1号線を高架で越えますが、
旧道は高架橋を越えて右に見える道に下りると、
その先で右折して旧三条通へと入ります。

Tokaido06

すぐにあるこの車石の案内板。
車石の説明がありますが、これは当家の方が作られたもので、
京都と大津間3里(約12km)は、物資を運ぶ牛車を楽にするために、
花崗岩の石が敷き詰められていて、石は牛舎の頻繁な通行により、
その表面が削られて轍の痕ができたもの・・・と。

この車石は近江側と京都側の街道筋にいくつも置かれています。

Tokaido07

道の分岐は「小関越え」。
あの芭蕉も越えた道として知られています。

Tokaido08

Tokaido09

旧街道の趣が残る道を楽しみながら

Tokaido10

この道では最大の見どころといえる「徳林庵 六角堂」、
江戸時代の作で地蔵菩薩像を安置。

Tokaido11

山科地蔵ともいわれ、小野篁(おののたかむら)により、
852年に造られた京六体地蔵尊の一体。

Tokaido12

徳林庵は、仁明天皇第四之宮人康(しのみやさねやす)親王の末葉。
南禅寺第260世雲英正怡(うんえいしょうい)禅師が
1550年に開創したという。

Tokaido13

徳林庵 蝉丸・人康親王供養塔
南北朝時代の珍しい宝篋印塔です。

Tokaido14

山科駅前から約100mほど手前にある道標。
ここが京都三条大橋から一里半、大津札の辻まで一里半とあり、
ちょうど中間地点になります。

Tokaido15

すぐに山科駅前。
この先にもスイフヨウの寺「大乗寺」や、見どころも多く、
秋には何度か京都三条大橋までの花めぐりで歩いた道です。

久しぶりに歩いた短い旧東海道でしたが、
今年もまたスイフヨウの季節がやってきます ^^;  camera 12日

2017年8月13日 (日)

彦根城のオニバスとハス

今、JRに乗って滋賀県を巡るモバイルスタンプラリー!
「ビワイチAppスタンプラリー」というイベントが行われています。
今回は~近江和洋スイーツめぐり~がテーマで、
滋賀の魅力あふれる美味しいスイーツが紹介されています。
1年ぶりにまたやってみようかと、すでに要所はまわっていて、
この日は残っていた数か所のスタンプを取りに電車旅でした。

スタートは彦根からで、タイトルには”オニバスとハス”としましたが、
これはスタンプラリーの前のオマケです ^^;

Hikone01

彦根城内堀
旧池田屋敷長屋門から中掘りをさらに北へと行きます。
オニバスの案内板がある先

Hikone02

この堀のオニバスとハスにはいろいろと事情があるようですが・・・
この日はこれだけで、花芽も少し見えます。

さらに奥

Hikone03

見えるの玄宮園の南側でしょうか。

Hikone04

少しだけ天守が見えますが

Hikone05

Hikone06

その中掘りに咲く、いや、咲き残る・・・か?
白一色のハス群です。

Hikone07

まだ蕾もたくさんあるものの、
ほゞ終わりに近いようですが ^^;ここはまた楽しみなところです。

さて、電車旅!駅へと向かいますが

Hikone08

護国神社境内に掲げられた堤燈に・・・

Hikone09

Hikone10

Hikone11

思わず本殿まで ^^;

Hikone12

13日から16日までのお盆期間中に行われる
「みたままつり」の準備中でした。

お盆らしい白いハスと、護国神社の堤燈を見て、
こちらはスタンプラリーのファイナルステージ・コンプリートを目指して、
旧東海道の追分へと電車でGO!でした ^^;  camera 12日

2017年8月11日 (金)

伊吹山の花 ’17夏

伊吹山に咲くシモツケソウはまだ少し見ごろには早く、
その他にも、この時期には必ず出会えると思っていた花も、
この日は少なくて探すのにも苦労するほどでした。

チョッと寂しく感じたこの日の伊吹山でしたが、
そんななかでこの日咲いていた花たちからその一部です  ^^;

Ibukif01

西登山道コース北の斜面にはお馴染みのアカソとキオン。
霧で花もはっきりと見えず、少し寂しい感じです。

Ibukif02

この日、やけに目についたコオニユリ

Ibukif03 Ibukif04

そしてクガイソウ(左)に咲き始めのルリトラノオ。
ご存じのようによく似た花ですが、
クガイソウは葉が4~6枚の輪生、ルリトラノウは葉が対生。

Ibukif05

キリンソウ

Ibukif06

イブキトラノオ

Ibukif07

キヌタソウ

Ibukif08

キバナノカワラマツバ

Ibukif09

咲き残りのミヤコアザミ

Ibukif10 Ibukif11

この花たちも少なかったですが、キンミズヒキにワレモコウ

Ibukif12

唯一咲いていたコイブキアザミは秋の花 ^^;

Ibukif13

ハクサンフウロ
いつもはたくさん見ることができるこの花も、わずかこれだけ。

山頂周辺からは

Ibukif14

中央登山道コースの斜面に咲くキンバイソウ

Ibukif15

お花畑周辺にはミツモトソウが群れて咲いています。

Ibukif16

いつもは見慣れたイブキフウロですが、
ここでようやく見つけた一輪でした。

下る東登山道コース

Ibukif17

この道筋では、いつも同じ場所に咲くヒヨクソウです。

Ibukif18

そして東登山道出口付近の咲き始めたサラシナショウマ、
斜面の上に咲くトリカブトは葉陰に隠れて見えません。

他にもカワラナデシコ、クルマバナ、ウツボグサに
ミヤマトウキなど賑やかでしたが、
全体的に開花時期が遅れているようです。  camera 9日

2017年8月10日 (木)

霧の伊吹山

今年は不安定な天気が続いて、台風まで来襲 ><;
予定していた山歩きにも出かけられず日が経ちましたが、
この日は久しぶりに朝から快晴に。
まだ遠出の山歩きは無理かな?と、近場です ^^;

そろそろシモツケソウも見ごろではないかと思いながら、
出かけた「伊吹山」でした。
ドライブウエイ入り口での山頂情報では曇り・霧、視界100m、
気温20℃で、この時期は避けられない霧ですが・・・

Ibukiy01

着いてみれば近年にない霧の濃さ。
しばし待機してから、西登山道コースに入りましたが、
咲く花がムチャ少ないです。(私的には ><;)

Ibukiy02

すぐに鹿除けの防護柵をくぐります。
咲く花はあとで紹介するとして、
まずは見たかった”シモツケソウ”を中心に見て行きます。

Ibukiy03

ときおり晴れ間が出ますが、
この日はほとんど霧がかかったままの山頂 ><;

Ibukiy04

シモツケソウ再生試験地。
昨年も霧の中でしたが、今年はさらにひどく、
ほとんど見えないため、ここは帰りに期待してもういちど ^^;

途中、登山道を経由しましたが花はやはり少なく、
いきなり山頂お花畑です。
Ibukiy05

今年からか?お花畑にはぐるりとロープが張られていて、
中には入れません。

Ibukiy06

お花畑の北側に咲くイブキジャコウソウも、
ほとんど咲いていませんが・・・これも開花が遅いのか?

そのまま東登山道コースへ行きます。

Ibukiy07

ここにも鹿除け柵 ^^;

Ibukiy08

東登山道沿いに咲くはずのシモツケソウ、
まだ少ししか咲いていませんが・・・こちらも遅いのか?
昨年よりもひどいです ><;

Ibukiy09

何もない東登山道コースを下りますが、
設置された鹿除け防護柵が下山口まで続いています。

Ibukiy10

そのまま中央登山道コースを登り返しますが、
こちらのシモツケソウもほとんど見るところなし ^^;

Ibukiy11

昨年はまだ咲いていた山頂分岐ですが・・・
ご覧のとおりで、そのままお花畑へと登ります。

Ibukiy12

Ibukiy13

戻ってきた山頂お花畑ですが、
中には入れないため大外に張られたロープに沿って一周。
しばらく天気の回復を待ちましたが、
晴れる気配もなく西登山道を下ります。

Ibukiy14

山頂口に咲いていたシモツケソウ。
チョッとでしたが、ここも見ごろ間近でした ^^;

そして、再生試験地です。

Ibukiy15

パノラマ風に ^^;
少し明るくなったところで撮りましたが・・・
見ごろはこの週末辺りでしょうか。

Ibukiy16

駐車場に近づくにつれて天気は回復してきましたが、
山頂はまだ霧の中でした。

登山道コースの防護柵もずいぶん多くなった気がしますが、
今年はオマケに霧に悩まされた伊吹山。
この日咲いていた花はこのあとに ^^;   camera 9日

2017年8月 8日 (火)

くわな石取祭 2017

三重県桑名市で行われた天下の奇祭!「くわな石取祭」。
日本一やかましいといわれる祭りですが、
今年も6日の本楽から、渡祭の前に田町の交差点で行われた
各町の”石取ばやし”を楽しみに出かけました。

今年も八間通りを中心に38基の蔡車が勢ぞろい。

Isidori01

この時間はずらりと並ぶ蔡車を見ながら

Isidori02

まずは次代を担う子供たちが打ち鳴らす
鉦と太鼓を楽しみます ^^;

16:30 
今年の一番籤を引いた宝町の蔡車(花車)が動きます。

Isidori03

まずは田町交差点での”石取祭ばやし”、
”ゴンゴン、チキチキゴンチキチ”とうち鳴らす鉦と太鼓。
ここでは本番となる春日神社への渡祭とはまた違った
”石取祭はやし”が楽しめます。

今回は盛り上げる囃子連とともに、その音と動きを



短いですがコンデジ動画での初公開です ^^;


Isidori04

このあと、二番蔡車、三番蔡車と続き、
全蔡車が春日神社への渡祭へと曳かれていきますが

Isidori05

夕暮れ迫る八間通り。

これから祭り見物に向かう人たちとは逆に・・・
渡祭を待つ蔡車を楽しみながら駅へと戻ります ^^;  camera 6日

2017年8月 7日 (月)

祭りの前に・明和町大淀

この日は鳥羽で所用があり出かける途中でしたが、
ちょうど明和町大淀地区で「大淀祇園祭」が行われていました。
本番は午後からの神輿と山車曳き回し、夕刻からの海上渡御で、
午前中はまだ準備中と分かっていながら・・・
時間があったのでチョッと様子を見に立ち寄りました。

もう9年前にもなりますか、
山車曳きは一度見ていましたが

Oizu01

大淀(おおよど、おいずとも)漁港の前にある、
業平公園にある祭り本部前に

Oizu02

一基の山車が出番待ちです ^^;

Oizu03

海上渡御が行われる漁港と二隻の台船

Oizu04

ちょうどお昼前でしたが、
会場へと曳かれる子供たちの囃子方と神輿

Oizu06

何も見れないか?と思っていましたが、
ほんのちょっぴり祭り気分を楽しみました。

ところで、ここ大淀は伊勢物語の主人公、
在原業平と斎王(恬子内親王)との有名な恋物語の舞台でもあります。

Oizu07

公園にある「天然記念物大淀の松」の石柱と、
「業平松の由来」案内碑

少し長い案内のため、主要部だけを要約しますが・・・

Oizu08

業平の松

ある日、都からの使いで伊勢の国にやってきた在原業平が
宿泊先の斎宮で斎王・恬子(やすこ)内親王に出会い、
斎王に思いこがれる業平でしたが、その思いが通じたのか、
斎王の禁を破って業平のもとへと忍んできた親王でした。

Oizu09

かなわぬ恋と知りつつ過ごした一夜でしたが、
業平は次の使途につくため尾張へと旅立ちます。
斎王は大淀の松まで業平を送り歌を詠み交わします。

Oizu10

「かちびとの わたれどぬれぬえしあれば」 斎王
「またあふ坂の関はこえこえなむ」  業平
そしてふたりは二度と会うことはできなかったという・・・。

現在の業平松は三代目だそうですが、
斎王の町、明和町大淀地区に残る
業平と斎王のとどかぬ恋の物語でした ^^;  camera 5日

2017年8月 6日 (日)

続・白山平泉寺 勝山

福井県勝山市平泉寺町にある「白山平泉寺」。
参道入り口の精進坂から「本社」までを紹介しましたが、
続きはさらに奥にある「三之宮」と
参道の周辺にある中心部の見どころからです。

まずは「本社」に参拝のあとは、
さらに奥に登ったところにある「三之宮」へと行きます。

Heisenji201

本社から三之宮への参道に出て、
小さな鳥居をくぐると

Heisenji202

その先は
はるか彼方へと続く石畳と階段の道

Heisenji203

途中にある「納経所跡」を過ぎると
やがて「三之宮」が見えてきます。

Heisenji204_2

最後の石段を登りきったところにある「三宮」。
慶長2年(1597)に建立され、明治22年に改築されています。
祀られているのは栲幡千々姫尊(たくはたちぢひめのみこと)で、
安産の神様。

Heisenji205

その一段下には楠木正成の墓があります。
これにはもちろん曰くありですが・・・説明は省きます。

Heisenji206

三宮の横に延びる木の根道。
その先は

Heisenji207

泰澄大師が開いたといわれる白山への登山道”白山禅定道”。
白山市にある白山比咩(しらやまひめ)神社(加賀)、
郡上市の長滝白山神社(美濃)から登拝する禅定道のひとつです。

Heisenji208

戻ります ^^;

Heisenji209

「本社」近くの境内に建つのは
開祖泰澄太師を祀る「開山社」。

Heisenji210

あらためて拝殿と

Heisenji211

本社ですが、
その向拝の紅梁には

Heisenji212

見事な登り龍と降り龍の丸彫

Heisenji213

そして、壁面には浮彫の彫刻でした。

Heisenji214

戻った白山神社社務所(玄成院)
ここには国名勝の旧玄成院庭園があります。

Heisenji215

Heisenji216

1530年頃、
室町幕府の管領細川高国によって造られたと言われ、
自然石を利用した枯山水庭園です。
詳しい説明はあるものの・・・解説はできません ><;

この日はあくまで観光としての白山平泉寺でした。
旧参道や南谷発掘地などもめぐればずいぶんの時間になりますが、
ここはあらためて全容を見に訪れたいところです。  camera 3日

2017年8月 5日 (土)

白山平泉寺 勝山

福井県勝山市平泉寺町にある国史跡「白山平泉寺(へいせんじ)」。
越前における白山信仰の拠点として、
養老元年(717)に泰澄によって開かれたと言われていますが、
明治時代までは「霊応山平泉寺」という天台宗の寺院だったという。

このお寺を知った時から気になっていましたが、
この日は北陸地区も晴れるとの天気予報にドライブでした ^^;

Heisenji01

とにかく広大な範囲に広がる寺領のため、
今回はそのメインどころの入口参道から本社まで。
まずは「精進坂」と呼ばれる参道に入ります。

Heisenji02

一の鳥居をくぐった先に延びる参道。
中世には48社・36堂・6,000坊が建ち並ぶ大伽藍でしたが、
天正2年(1574)に越前一向一揆勢に攻められ全山焼失。

Heisenji03

平成になって発掘調査が始まると、
数々の石畳や石垣、坊院跡(僧侶の住居跡)が発見されますが、
今回はこの中心部だけを見ていきます。

Heisenji04

Heisenji05

御手洗池
泰澄大師がここで神様に出会ったことが、平泉寺の始まりとか。
「平清水」「平泉」とも呼ばれ、平泉寺の名前の元にもなった・・・とも。

Heisenji06

二の鳥居をくぐると

Heisenji07

すぐ先は左に摂社、右に三之宮への分岐で、
”神と仏の交差点”だそうです。

Heisenji08

Heisenji09

杉木立と苔が美しく、神秘的な雰囲気の境内。
それぞれ摂社末社の祠をめぐりながら・・・

Heisenji10

拝殿へと続く両脇の見事な苔庭を見て行きますが、
これでも苔の状態は以前より悪くなっているそうです。

Heisenji11

拝殿(三十三間拝殿跡)
現在の拝殿は江戸時代に造られたという建物ですが、
往時は46間(約83m)もあったと言われます。

Heisenji12

今は、左右に点在する礎石に当時の大きさを知るだけ。

拝殿を回り込むとその後ろには、
本社を中心に3つの社が建っています。

Heisenji13

本社(大御前)、祭神は伊奘冊尊(いざなみのみこと)

見事な昇り龍と降り龍が軒を支えている現在の建物は、
寛政7年(1795)に12代福井藩主の松平重富が寄進したもの。

Heisenji14

その左には大己貴尊(大国主命)を祀る「越南知社(おおなむちしゃ)」

Heisenji15

そして右には
天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)を祀る「別山社」です。

Heisenji16

本殿とふたつの社は
霊峰白山にある三つの峰をあらわしているそうです。

”慶応4年(18689、明治政府より神仏分離令が出されると、
平安時代以来の神仏習合の伝統が破棄され、神社として分離独立。
今は「平泉寺白山神社」となっています・・・”と。

この後はここからさらに奥にある「三之宮」と、
境内の他の見どころです ^^;    camera 3日

2017年8月 4日 (金)

木曽三川公園センター

「フラワーパーク江南」から戻る途中に、
海津市にある「木曽三川公園センター」に立ち寄りました。
こちらでも夏のイベント”夏の水物語”が始まっていて、
メインは”ちびっこ水あそび場”と”ミスト迷路”、
そして花絵花壇に作られた”ひまわり迷路”ですが・・・。

いつものように北駐車場から

Sansenc01

大花壇手前に植えられているヒマワリは
まだ咲いていません。

Sansenc02

その奥にある”ちびっこ水遊び場”と

Sansenc03

木陰を流れる水路
さすがにこの辺りは涼し~~い!

Sansenc04

三川池傍にはコキア

Sansenc05

中央園路のグリーンカーテン入口に咲くマンデビラ

Sansenc06

花絵花壇の”ひまわり迷路”も、
まだ花は咲いていません ^^;

そして

Sansenc07

北ゾーングリーンデッキ下に展示されている
「熱帯性スイレン」です。

Sansenc08

昨年、一般公募で名前が付けられた
”キソサンセン ブルーアイズ”

Sansenc09

熱帯性スイレンも朝に開いて夕刻には閉じますが、
咲く花は3日花。

Sansenc10

この花は今朝開いたばかり ^^;
中央に雌しべが入った花托があり、
水みたいなものが溜まっていますがこれは柱頭液だそうで、
この甘い?液で虫を引き寄せ花粉を運んでもらうという。

Sansenc11

Sansenc12

2日目の花は”めしべ”を”おしべ”が包み込み(右の花)

Sansenc13

3日目は
「めしべ」を覆っていた「おしべ」がやや開き気味になると、
最後は水没して終わりという・・・

Sansenc14

昨年初めて知った熱帯性スイレンの不思議でしたが、

Sansenc15


間近で見られる熱帯性スイレンで、
また違った楽しみ方もよろしいかと ^^;

木曽三川公園センター
熱帯性スイレンはちょうど見ごろですが、
ヒマワリはまだこれからです。   camera 2日

2017年8月 3日 (木)

フラワーパーク江南 夏!

愛知県江南市小杁町にある木曽三川公園「フラワーパーク江南」。
夏の恒例イベント”夏のガーデンパーティ”が始まっていて、
すでにヒマワリも咲き始め、熱帯性スイレン展示も行われています。

ここのお花畑には多種のヒマワリが咲くことで知られています。
開花情報ではまだ6~7分咲きとのことでしたが、
咲き始めもまたいいかと・・・出かけてみました ^^;

Fpkonan01

水盤池の周りに展示されている熱帯性スイレン。

こちらは木曽三川センター(海津市)でも行われていて、
そちらを紹介することにして・・・この日はヒマワリです。

Fpkonan02

メイン花壇から北の園路へ

Fpkonan03

道筋のダリアもまだ咲き始め ^^

Fpkonan04

この日の花畑に咲くヒマワリ!

Fpkonan05

少しは開花がすすんでいるようですが・・・
やはり7分咲きほどでしょうか?
ただ、早咲きはすでに傷んだ花もあります。

Fpkonan06

お馴染みの額縁画で ^^;

Fpkonan07

チョッと咲き揃っていないためアップになりますが  ><;
ここではお馴染みの”ゴッホ”

Fpkonan08

そして”モネ”です。

Fpkonan09

Fpkonan10

こちらは茶色と黄色の2色咲き”フロリスタン”で、
蝶はジャノメチョウ!

Fpkonan11

あとは多種多彩 ^^;

Fpkonan12

Fpkonan13

それほど広くない花畑ですが、
さすがに花種が多く花が楽しめます。

Fpkonan14

レモンイエローのヒマワリは”レモンエクレア”

Fpkonan15

褐色のヒマワリ”クラレット”

Fpkonan16

見たかったミニヒマワリ”グットスマイル”は早咲きなのか?
残念ながらすでに傷みがあり今回は撮っていません。

他にもまだ開花していない種類もあり、
これだけの種類だけに見ごろ時期が難しいですが、
全体にはこの週末辺りが見ごろでしょうか。   camera 2日

2017年8月 2日 (水)

奈良 ナガレ山古墳

馬見丘陵公園は自然と多くの古墳群を保全するため、
昭和59年(1984)に都市公園(広域公園)として計画され、
平成24年(2012)、中央エリア及び南エリアの一部が開園して、
全面開園となった広大なエリアを持つ公園です。

多くの古墳があることで知られていますが、
特に「ナガレ山古墳」は一般公開されていて
この日は中央エリアの南部ともに初めての見学でした。

Kofunn01

公園中央エリアの南にある古墳

Kofunn02

一段目を上ったところにあった案内板ですが、
白線でめぐった古墳の順路を入れてみました ^^;

Kofunn03

案内板のある横から中央部の階段を上がりますが、
写真は古墳の東側からの一部で、
全長105mの前方後円墳の巨大さが実感できます。

Kofunn04
前方後円墳の後円部

古墳の周りには強化プラスチック製のものと、
河合町町民の方の手作りという埴輪675本並べられています。

Kofunn05
3段目の古墳前方部

被葬者は不明ですが、
5世紀前半に作られたものとされていて

Kofunn06
3段目の後方円部

昭和51年(1976)に国指定の史跡となり、

Kofunn07
後円墳の頂部

発掘調査と整備工事が行われ、
1600年前の築造当初の姿が復元されています。

Kofunn08

後円墳頂部から前方部
古墳の東部(右側)は石壁、西部は芝生で整備されていて、
当時の様子が見てとれます。

Kofunn09

古墳の一段目、入口を上ったところ

Kofunn10

東側に広がるのは公園にの墳群ですが、
はるか右側にはあの「箸墓古墳」も見えるそうですが・・・
この日は周辺の古墳しか見えませんでした ^^;

Kofunn11

後円墳を下りて戻りますが

Kofunn12

Kofunn13

手作りとはいえ、
ずらりと並ぶ埴輪の数々には圧倒されます。

Kofunn14

あらためて後方墳円

四季を通じて花の公園として知られる奈良「馬見丘陵公園」。
その中央エリア南端から、南エリアは、
貴重な古墳と豊かな自然が楽しめるエリアでした。 camera 7月30日

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »