2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 揖斐川町のハナモモ | トップページ | 東員町のイヌナシ »

2017年4月15日 (土)

谷汲のサクラとハナモモ

岐阜県揖斐川町の中心部に咲くハナモモを見たあとは、
やはりここを外すわけには行けません ^^;
サクラ情報はまだ”満開”の「谷汲山華厳寺」。
もちろんサクラですが、ここにも”はなもも公園”があります。

旧名鉄谷汲線「谷汲駅」から「華厳寺」へと散策して行きます。

Tanigumi01

旧谷汲駅構内には、
モ750形755号車と、モ510形514号車が展示されていますが、
見えているのは、そのモ510形514号車。

Tanigumi02

そしてモ750形755号車の”さくら”
このプレートが付くのはこの時期だけでしょうか?

ここはまた、「昆虫館」となっていますが、
その駐車場に隣接する「はなもも公園」です。

Tanigumi03

ここには約50本のハナモモが植えられているそうですが
入口にはサクラ ^^;

Tanigumi04

Tanigumi05

本数の割にはちょっと寂しい感じですが・・・

Tanigumi06

Tanigumi07

ここは町の花であるハナモモを植栽した公園で、
家族連れのための憩いの場でもあるようです。

Tanigumi08

公園をひと回りして、
華厳寺門前参道のサクラを見に行きます ^^

Tanigumi09

ここから本堂まで、約1kmほど

Tanigumi10

その仁王門までの、
門前の参道を埋め尽くすかのように

Tanigumi11

サクラのトンネルが続きます。

Tanigumi12

「たにぐみさん」と親しまれ、
秋の紅葉とともに季節には多くの人で賑う「谷汲山華厳寺」ですが、

Tanigumi13

この日も満開のサクラを見上げながら、
たくさんの人が参道を行き交っていました。

Tanigumi14

仁王門
サクラの見どころはここまで ^^;
あとは200mほどの境内参道を行って

Tanigumi15

本堂、笈摺堂(おいずる堂)、満願堂と参拝

Tanigumi16

戻った仁王門です。

ここは西国三十三観音霊場第三十三番札所の満願結願寺で、
西国三十三所の札所では唯一、近畿圏外にあるお寺です。

春の揖斐川町に、
ハナモモとサクラを訪ねた一日でした。   13日

« 揖斐川町のハナモモ | トップページ | 東員町のイヌナシ »

お出かけ・桜」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

「谷汲山華厳寺」へは、電車で行ったり、車で行ったりと、何回もお参りしています。本当にお写真を拝見して懐かしく感じています。春は桜の時期が多かったです。参道の両側に並木が続いていて、お店を冷やかしながらの楽しさも思い出します。華厳寺では、自分の両親や家内の両親を連れて行った「親孝行の真似事」もしました。たくさんの「涎掛け」が奉納されていた記憶があります。安産祈願成就のお礼なんでしょうか。

shuttle さん
ここは春のサクラと秋の紅葉時にはやはり観光客多いですね。

西国三十三所の結願寺だけに巡礼の方もいますが、
この時期にはやはり観光目的で参拝される方たちが多いです。
もちろん、安産祈願の方もみえると思います。
子安観音堂に奉納されているたくさんの涎掛けはそのためですね。
なかには祈願成就のお礼のものもあるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷汲のサクラとハナモモ:

« 揖斐川町のハナモモ | トップページ | 東員町のイヌナシ »