2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 寿長生の郷 雛人形展 | トップページ | 左義長まつり 山車(ダシ) »

2017年3月13日 (月)

近江八幡左義長まつり 宮入

滋賀県近江八幡市で11日・12日に行われた「左義長まつり」。
穀物(大豆、小豆、胡麻等)や、海産物(鰹節、昆布、するめ等)の
食材を使って作られた、干支にちなんだ山車(ダシ)と呼ばれる
作り物が人気で、近江八幡に春を告げるという祭りです。

11日(土)に行われた”宮入”に出かけてきました。

Sagicho01

「日牟禮八幡宮」に奉納される左義長のダシが、
一同(13基)に集結するのはこの日だけ。

Sagicho02

宮入にはまだ早く、
時間まで各町内で出発を待つ山車や

Sagicho03

町筋を曳かれる山車を追いかけて過ごします。

Sagicho04

12時を過ぎると、
すでに宮入が始まっている八幡宮鳥居前

Sagicho05

Sagicho06

ここでは宮入の前に各町の山車が集まり、
”廻れ廻れ(マッセ、マッセ)”の掛け声のなかで山車が練られます。
(12日の大祭ではダシ同士の組合せ(ケンカ)がまた見どころ ^^;)

Sagicho07

そのあとに各山車は馬場(境内)へと宮入です。

Sagicho08

子供山車と対の町内もあり

Sagicho09

宮入の時間とともに、
各町内の左義長が次々と馬場に集結

Sagicho10

全部の山車がそろう頃には
山車の周りも境内も人、人、人で身動きがとれません。

そんな山車が見たくて来ていますが ^^;

Sagicho11

毎度のことながらその見事な作りの山車の数々

Sagicho12

ゆっくりと見たいんですが、まず撮影ですが、
人が多くてなかなか思うように撮れません ><;

Sagicho13

山車は全て食材でできていますが

Sagicho14

ちなみにこの山車の命題は”四合(幸せ)、時代を越えて”、
材料は乾燥イチゴ、イワシ、海苔、シャケ、スルメ等、他多数。

Sagicho15

今年もまた
いずれ劣らぬ見事な作りの山車の数々でした。

Sagicho16

境内に集合した13基の山車
このあとは左義長ダシコンクールの審査が行われ、
町内への渡御へと出発していきます。

この日はここまででしたが、
このあとはその13基のダシをご紹介します。  camera 11日

« 寿長生の郷 雛人形展 | トップページ | 左義長まつり 山車(ダシ) »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

左義長まつり だしと 食材で作られた 驚きの山車ですね    
 
と いうことは 山車が みんな食べられる と 言う事ですか!

華やかで 見事 こんな春が告げられたら うきうき 心躍ります。

それにしても 近江八幡の方々の 心意気に感動いたします。

鶏も 生き生きと ポーズを決めて 喜んでいますね!!!

好好爺さん

近江八幡市の「左義長まつり」では、その年の「干支」に因んだ山車が出るのでしたね。先年も好好爺さんのブログで、何度か拝見しました。毎度作られる山車の干支の出し物は、食材が材料とか。凄い伝統です。今年は「酉年」鶏が多いようですが、まさかこれらは本物と言うことはないでしょうね。

きなこ さん
近江八幡の左義長まつりには、
このダシを見たいために出かけています。
12日の大祭では昼間の練り歩きと、
組み合せ(ケンカ)と呼ばれるぶつかり合い、
夜には左義長を燃やす本番になります。
左義長を担ぐ丸太を除いてすべて燃やされますが、
食材で作られたダシだけに、
加工すれば食べられるかも?ですね ^^;

shuttle さん
久しぶりにこのダシが見たくてでかけました。

とにかくどれも見事なダシですが、
まだすべての干支を見てはいません。
今年は鶏、もちろん本物ではありませんが、
実に精巧に作られています。
できればまた違った干支も見たいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/65002591

この記事へのトラックバック一覧です: 近江八幡左義長まつり 宮入:

« 寿長生の郷 雛人形展 | トップページ | 左義長まつり 山車(ダシ) »