2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 月ヶ瀬梅渓 | トップページ | 奈良公園 片岡梅林 »

2017年3月17日 (金)

月ヶ瀬梅渓 湖畔

奈良県月ヶ瀬にある「月ヶ瀬梅渓」。
チョッと寂しい山の手の梅林を散策したあとは湖畔の梅林へ。
こちらは早くから見ごろの情報が出ていて期待していましたが、
まずはゆっくりと散策できる「八幡橋」周辺です。

「湖畔の里 つきがせ」の駐車場に車を止めて

Kohan01

施設前にある梅の古木”白髭の梅」。
樹齢400~500年とも言われる古木ですが、
咲いているのは小さな花です。

Kohan02

八幡橋の袂にある「墨渓梅」の碑と周辺に咲く梅、
その左手には

Kohan03

龍王梅林

Kohan04

ダム湖の月ヶ瀬湖(名張川)に架かるつり橋
「八幡橋」を渡り対岸に咲く梅園へ。

Kohan05

湖面を吹き抜ける強風に散る花は
なぜか散り急がされているようにも見えます ^^;

Kohan06

湖岸から梅園を一周

Kohan07

Kohan08

ここもまた全盛期に比べると寂しく感じます。

ここからは戻る途中の湖畔沿い

Kohan09

Kohan10

この辺りは「奥の谷梅林」になりますか?
「名勝月ヶ瀬梅林」の碑が建つ周辺の梅花。

Kohan11

さらに戻って月瀬(つきせ)の道沿いは
薄紅の花も交じって綺麗です。
ここは”一目万本」といわれた景勝の地でもあったところ・・・

Kohan12

わが趣味の世界ですが”芭蕉句碑”もあり ^^;
何年ぶりかで登るハイキングコースです。

Kohan13

ひと息入れた途中からの眺め

Kohan14

急坂を登ること5分ほどで到着した小広場、
芭蕉句碑は奥にあります。
句は ”春もやゝ けしきとゝのふ 月と梅 ” 元禄6年(1693)の吟

Kohan15

広場から眺める景色も今は一目万本とはいきませんが ^^;
かっては月ヶ瀬梅渓眺望最高地であったという・・・。

広場を抜けた先にもハイキングコースは続きます。

Kohan16

すぐに集落には入り、さらに展望台へと続くようですが、
この日はここまででした。

月ヶ瀬梅渓、ちょっと期待が大きすぎたこともあって、
この日は山手、湖畔とも花が寂しい感じで、
私的にはいまひとつ・・・?でした。    camera 15日

« 月ヶ瀬梅渓 | トップページ | 奈良公園 片岡梅林 »

お出かけ・花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/65019929

この記事へのトラックバック一覧です: 月ヶ瀬梅渓 湖畔:

« 月ヶ瀬梅渓 | トップページ | 奈良公園 片岡梅林 »