2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 淡路島 灘黒岩水仙郷 | トップページ | 洲本城 »

2017年2月 3日 (金)

鳴門岬

淡路島観光初日は南あわじ市の水仙からでしたが、
そのあとは福良から島の西南端にある鳴門岬でした。

陸から鳴門海峡と大鳴門橋が見渡せる場所で、
条件が合えば”うずしお”も見えるという・・・
そんな岬の突端にある「道の駅「うずしお」です。

駐車場から道の駅の建物下を通って展望台へ

Narutoca01

”鳴門海峡(唄 五代夏子)”の歌詞碑・と大鳴門橋、
ボタンを押せば歌が流れます ^^;

Narutoca02

大鳴門橋は全長1,629m、海峡は1.3kmほどで、
対岸は徳島県鳴門市の大毛島、右手には孫﨑の灯台が見えます。

Narutoca03

瀬戸内海と紀伊水道の干満差が大きくなると、
狭い海峡では早い潮流と遅い潮流がぶつかり、
最大30mにも達する渦が発生するという。

この日はちょうど潮の流れが特に強い日で、
うずしおの見れる期待度大の時間帯でしたが・・・

Narutoca04

うずしおクルーズの船が鳴門側に見えるものの、
すでにピークは過ぎたようでした。

橋の下をくぐり、アンカレイジの展望台へと行きます。

Narutoca05

橋の橋脚部
新幹線が走れる道路鉄道併用橋として設計されています。
ただ、明石海峡大橋は単体橋で鉄道併用ではなく、
新幹線が走るというのは今は無理かも・・・ですね。

Narutoca06

くぐり抜けると、こちらは淡路島側の大鳴門橋

Narutoca07

そして展望台からは紀伊水道側です。

Narutoca08

潮の流れと、わずかに渦巻く潮流が見えますが、
少し遅かったようです。

Narutoca09

Narutoca10

渦を探しながらしつこく海面を撮りましたが、
こんなもんでした ^^;

Narutoca11

淡路の福良へと戻るクルーズ船「咸臨丸」
すれ違う手前の漁船が小さく見えます ><;

Narutoca12

まだ小さい渦が巻くそばを通過していきました。

Narutoca13

うずしおを見ていたアンカレイジ展望台に繋がっている
橋脚部と、ケーブルの根っこです。

ここは鳴門側の「渦の道」や、明石海峡大橋の淡路島側にある
「松帆アンカレイジパーク」のように整備されていませんが、
橋の姿を間近で見れるところでもありました。  camera 1月31日

« 淡路島 灘黒岩水仙郷 | トップページ | 洲本城 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64840722

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門岬:

« 淡路島 灘黒岩水仙郷 | トップページ | 洲本城 »