2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新春参詣 伏見稲荷大社 | トップページ | 長谷寺の冬牡丹 »

2017年1月 6日 (金)

伏見稲荷 お山めぐり

今年もまた伏見稲荷大社の新春参詣。
まずは「奥社奉拝所(奥の院)」までを載せましたが、
毎年ここに来るのは参拝もさることながら
やはり”お山めぐり”が目的でした。

もう趣味だけの世界ですが ><;
今年もまたその”お山めぐり”です。

Inariyama01

「奥社奉拝所」からふたたび鳥居道に入ります。

あとはただ要所とその見どころを ^^;

Inariyama02

鳥居道から出ると道を右にとります。

ただ、すでに何度も載せているところだけに、
新しい見どころはありません ><;

Inariyama03

次第に道は上りになりますが、次が「熊鷹社」。

少しづつ上りがきつくなってくると

Inariyama04

三ツ辻
チョッと休憩をしたくなるところです ^^;

Inariyama05

立ち並ぶ鳥居はさらに続きますが、
少し切れ間になると視界が開けます。

Inariyama06

すぐの四ツ辻に出て京都の市街地が望めますが、
それは後ほどにして ^^;そのまま直進、
ここからお山めぐりの周回道を右回り(時計回り)に行きます。

Inariyama07

すぐに「大杉社」

Inariyama08

「眼力社」
青竹をくわえて逆立ちをした狐の手水舎で知られます ^^;

Inariyama09

その先が「御膳谷奉拝所」で
この日は「大山祭 山上の儀」が斎行される日でしたが、
午後からのため待てませんでした ><;

Inariyama10

その先にある「薬力社」

Inariyama11

ここから道は少し急になり、
石段を上がると

Inariyama12

釼石(雷石)のある「御剱社」
ここまでくるとあとは最後のひと上り。

Inariyama13

チョッと長い石段ですが・・・

Inariyama14

上りきると一ノ峰(上社神蹟)で、
稲荷山の最高峰(標高233m)です。
ここを末広大神と崇める信仰があります。

あとはもう鳥居道を下るのみ ^^

Inariyama15

二ノ峰(中宮神蹟)は「青木大神」

Inariyama16

間ノ峰(荷田社神蹟)は「伊勢大神」
入り口に建つ石鳥居は、奴祢鳥居(ぬねとりい)といい、
額束の両側に合掌状の破風扠首束(さすつか)をはめた
特異な形をしています。

Inariyama17

そして三ノ峰(下社神蹟)の「白菊大神」
これでお山めぐりは四ツ辻に戻るだけです。

その四ツ辻から

Inariyama18

眺める京都南部の市街地です。

新春参詣 京都「伏見稲荷大社」。
今年も何も変わらぬ”お山めぐり”でしたが、
元気で歩けたことに感謝の日でした。  camera 5日

« 新春参詣 伏見稲荷大社 | トップページ | 長谷寺の冬牡丹 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

 好好爺様
遅ればせながら・・・今年も宜しくお願い申し上げます。
「新春参詣 京都「伏見稲荷大社」、あ~!私は、ここへ行って観たいと
思って居ます。新年早々、羨ましいところばかり!ありがとうございます。
寒に入り、そちらも寒さ厳しいでしょうけれど、どうかお元気で!
これから除雪作業です。天候の違いも観るのが楽しみです。

好好爺さん

「伏見稲荷」に着いてはテレビなどでは承知していますが、実際にお参りしたことはありません、長く続く赤い鳥居が有名ですよね。随分高く登って行くようですね。その先の眺望が素晴らしいと聞いています。1度は出かけたいものです。

hiro さん
こちらこそよろしくお願いいたします。

今年も恒例の伏見稲荷参詣でした。
好天に恵まれた新年でしたが寒さはそれなりにです^^;
ただ、小樽と比べるには寒さが違います。
こちらはまだまだ暖かいなかで花が楽しめます。
ますます寒さも厳しくなると思いますが、ご自愛ください。

shuttle さん
高さはそれほどでもありませんが結構距離がありますね。

伏見稲荷はやはり赤い鳥居の続くお山めぐりが人気です。
眺望がよいのは載せています四ツ辻からですが、
その上にある荒神峰からの眺めはさらに素晴らしいです。
ゆっくり登ればほゞ1時間ほどでしょうか。

私も遅ればせながら、新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
伏見稲荷、昨年の今頃、初めて訪れました。
赤い鳥居が林立し、多くのキツネたちがいる、なんとも不思議なところでした。
寄進されたらしい小さな鳥居やミニチュアキツネの数も半端じゃありませんね。
ものすごい人で、欧米人、中国人も大勢歩いていて、
インターナショナルな伏見稲荷でした。

本年も好好爺さんの旅めぐりを楽しみにしております。
ご健康とご多幸をお祈りいたします。

フデ さん
新年おめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

ここは人気のスポットだけにいつも賑やかですね。
特にお山に続く赤い鳥居は外国人には魅力のようで、
平日などは日本人より多いかもしれません。
正月は本来のお参りをされる方が多く、供え物も多いですね。

今年も変わらぬぶらり旅ですが、
また各地をめぐりたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64724451

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見稲荷 お山めぐり:

« 新春参詣 伏見稲荷大社 | トップページ | 長谷寺の冬牡丹 »