2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 農村景観日本一・岩村 | トップページ | 二川宿駒屋のひなまつり »

2017年1月31日 (火)

二川宿本陣ひなまつり

ここもすっかりお馴染みのところですが、
”ひなまつり”が始まると、どうしても出かけたくなります。

豊橋市二川町にある「二川宿本陣資料館」で始まった
”二川本陣ひなまつり”です。

Honjin01

もう、すっかりなじみになったお雛さんばかりですが、
今年もまた会いに出かけました。

Honjin02

まず入口から通り間(土間)右手の小座敷

Honjin03

こちらは主屋の勝手側ですが、
今年はまず勝手座敷のお雛さんからです。

Honjin04

この日は日曜日で呈茶が行われていましたが、
その会場になっている座敷の飾りです。
ちょっと年代を確認しませんでしたが屏風飾りの内裏雛。

Honjin05

こちらも素敵な7段飾りのお雛さん。
ガラスケースの人形も素晴らしいものです。

では、いつものように本陣の板の間の飾りから

Honjin06

Honjin061

今年は”手筒花びな”とか。
手筒花火を打ち上げた後の空筒を再利用して、
手作りの花々で着付け?されたお雛さんです。

あとは毎年変わらぬお雛さんとつるし飾りですが

Honjin07

本陣の玄関棟から書院棟に飾られ、
いつもながら華やかな会場です ^^

Honjin08

展示されている御殿飾りや、内裏雛、そしてつるし飾りは、
毎年少しづつ入れ替わり

Honjin09

展示にも工夫がされていますが、
ほゞ毎年見ているとなじみのものばかり ^^;
その中から少しだけ、まずは内裏雛から

Honjin10

昭和58年とありましたが、
昭和後期の豪華な二段飾り内裏雛です。

Honjin11

こちらは昭和29年の御殿飾り。
御殿飾りの全盛期に入る前の簡素な御殿は趣があり、
私的には好きな御殿です。

Honjin12

こちらは書院棟上段の間に飾られていた木目込み人形

Honjin13

これは何度か載せていますが明治40年頃の内裏雛

Honjin14

そして平成20年頃とありましたが、さすがにまだ新しい屏風飾り。
新旧が並んで飾られていました ^^;

近年、本陣では古雛の飾りが少ないですが

Honjin15

その多くはこちら、
本陣資料館での特別企画展で展示されています。
以前は本陣で飾られ自由に撮影できたものですが、
残念ながらこちらは撮影禁止 になっています><;
まぁ、それもやむなしか

Honjin16

こちらは旅籠屋「清明屋(せいめいや)」
昨年と同じような段飾りと、ミセの間には福よせ雛でした。

Honjin17

館内の梅の木もまだ咲きだしたばかり ^^
今年も早い訪問だけに、花の見ごろは2月中旬ごろからでしょうか?

二川宿では商家「駒屋」が改修復元されて、
一昨年の秋から公開されていますが、
今年もひなまつり”福よせ雛”が開催されています。  29日

« 農村景観日本一・岩村 | トップページ | 二川宿駒屋のひなまつり »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

好々爺さん
やっぱり雛人形は華やかでいいですね~
60年前の私の七段飾り、娘の親王飾り、孫の三段飾り。
うちにも飾ってみます!
女子だけでの雛祭り会も楽しみです。

みっこ姉さん
ここのお雛さんは数が多くてとくに華やかです。

60年前の七段飾りから、娘さん、お孫さんの飾り ^_^
それは華やかでしょうね。
最近はお雛さんも飾られることが少なくなりました。
ぜひ、ひなまつりを楽しまれてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二川宿本陣ひなまつり:

« 農村景観日本一・岩村 | トップページ | 二川宿駒屋のひなまつり »