2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長浜 残雪の豊公園 | トップページ | 知多 ひなまつり展 »

2017年1月23日 (月)

中山道番場宿 蓮華寺

国道21号線の米原IC付近、樋口西交差点角にある
「番場忠太郎像」を見て、
久しぶりに訪れてみたくなった中山道の番場宿。

交差点から三吉集落には入ってすぐ、
米原JCの手前に旧中山道「久禮の一里塚」があります。

Banba01

中山道は直進して行きますが、
しばらくで北国街道米原宿に出る「深坂越」の道と交差すると、
そこが旧中山道番場宿の入口。

Banba02

すぐ先で左手に「蓮華寺」への参道があります。

100mほど行った先の名神高速道をくぐった突き当りで

Banba03

目には入るのがこの「山門(勅使門)」、
すぐ前の石段下に「血の川」の立て札があります。

元弘三年五月、京都探題北条仲時公が足利尊氏の寝返りで、
京都合戦に敗れ鎌倉へ落ち延びる途中、京極道誉に阻まれ
四百三十余名ともども自刃しますが、その血が川のようだったと。
その亡骸を弔った寺でもあります。

Banba04

雪の残る境内
見どころはたくさんありますが・・・雪が ^^;

Banba05
これは外せないでしょうか。
弘安7年の銘があるという「銅鐘」(重文)

Banba06

本堂

Banba07

架かる寺号額は後水尾天皇御宸筆(元禄11年)という。

そして、番場の宿となると、
やはり長谷川伸の小説「瞼の母」でしょうか ^^;
本堂横を通って裏に出ますが・・・
この日は雪がまだ深くて少々難儀しました ><;

Banba08

何とか雪を踏んできましたが、
ここが作者の長谷川伸が建立したといわれる「忠太郎地蔵尊」。

そして北条仲時と430余名の墓碑ですが

Banba09

この先、山の手に入ったすぐにありますが、
残雪と倒木に行く手を阻まれ、チョッと断念。

で、過去の写真で ^^;

Banba10

その墓碑群です。(2007年、3月撮影)

雪の墓碑が見れずに残念でしたが、
本堂拝観、宝物館へと戻ります。

Banba11

本坊から眺める「蓬莱庭」

Banba12

本堂内陣
本尊は阿弥陀如来立像と釈迦如来立像の二尊

本堂裏にある「宝物館」へ。

Banba13

入ってまず目には入るのが「北条仲時」肖像画と

Banba14

「陸波羅南北過去帳」(重文)
自刃した北条仲時以下430 余名のうち、
氏名が判明した189 名の名前を記した過去帳です。

Banba15

そして
弘法大師の作といわれる地蔵菩薩。

他にも興味を引くものがたくさんありますが、
今回はゆっくりと説明を聞きながらの拝観でした。

Banba16

あらためて駐車場からの「蓮華寺」。

春はサクラにミツバツツジ、初夏はアジサイ、秋は紅葉と、
四季のうつろいが楽しめるところでもあります。 camera 20日

« 長浜 残雪の豊公園 | トップページ | 知多 ひなまつり展 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64794595

この記事へのトラックバック一覧です: 中山道番場宿 蓮華寺:

« 長浜 残雪の豊公園 | トップページ | 知多 ひなまつり展 »