2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« たき火にあたるサル | トップページ | 長浜盆梅展 »

2017年1月12日 (木)

日本モンキーセンター

犬山市にある「日本モンキーセンター」。
恒例の「たき火にあたるサル・ほかほかおイモタイム」を見たあとは、
いつものように園内散策でした。

ヤクニホンザルがいる「モンキーバレイ」の傍、
「モンキースクランブル」の下にあった「夜猿神社」。

Monkeis01

Monkeis02

昨年は正月に訪れていなかったので、
こんな神社があったかどうか?記憶がありませんが・・・
「七福猿と三賢人めぐり」なるイベントが行われていました。

それぞれにご利益がありそうな7種のサル(七福猿)と、
3種の類人猿(三賢人)をめぐるというイベントです。

もちろんヤクニホンザルも”厄去る”、ということで入っています^^;

Monkeis03

神社の傍にいるフクロテナガザルも”絶対落ちない”ということで、
その七福猿のひとつ ^^;

落ちないサルといえばこちら

Monkeis04

尻尾でぶら下がるジェフロイクモザル。

飼育係りの方がバナナを投げてキャッチさせながら、
おサルの特徴を紹介するスポットガイド(不定期開催)です。

Monkeis05

投げられたバナナ

Monkeis06

見事にキャッチ!
ご覧のように尻尾と後ろ足でロープと板をつかんでいます。

ということで・・・あとはおサルさん ^^;
この近くにあるのは「ボリビアサル」の島。

Monkeis07

お馴染みです、人気のあるボリビアザル

Monkeis08

いつからか?島の中央が自由に歩けるようになって、
より近くでおサルさんが見れるようになりました。

あとはビジターセンターから南のエリアへと行きます。

Monkeis09

こちらではやはりここ「Waoランド」。
ワオキツネザルも七福猿のひとつで”旅行安全”とか。
(尾を立てて仲間へアピールすることで迷子になりにくい?) ^^;

Monkeis10

ここも一部の柵が外されて、
直接地面に下りられるようになったため

Monkeis11

なお間近でおサルを見ることができます。

ということで、人気のおサルさんたちを見てきましたが、
あとは七福猿か、三賢人か?ですが・・・少し。

Monkeis12

”いっぱいお得”というトクモンキー
「トーク帽」と呼ばれる帽子の形をした頭部の毛が特徴とか。

Monkeis13

チンパンジーですね ^^;
”健康長寿・学業成就”、もちろん三賢人の類でしょう ^^;

Monkeis14

こちらは関係ありませんが「アフリカセンター」にいたマンドリル。
ちょっと異色のおサルさんについ一枚 ^^;

Monkeis15

ここがモンキーセンターの南の端「アフリカセンター」です。

撮り残した七福猿と三賢人はまだありましたが、
この日は少し長い時間、おサルさんたちを見てまわった
「日本モンキーセンター」でした。    camera 9日

« たき火にあたるサル | トップページ | 長浜盆梅展 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64745424

この記事へのトラックバック一覧です: 日本モンキーセンター:

« たき火にあたるサル | トップページ | 長浜盆梅展 »