2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長谷寺の冬牡丹 | トップページ | 斎王のみやこ 斎宮 »

2017年1月 8日 (日)

石光寺の寒ぼたん

花の御寺「長谷寺」から向かったのは、
葛城市染野にある「石光寺(せっこうじ)」。
こちらは関西花の寺ですが、花は”寒ぼたん”です^^;

Sekkouji01

冬牡丹を載せれば、やはり寒ぼたんですが・・・
この花は一度に咲くこことはなく、見ごろも12月末とのことで、
それも順次咲くだけに
これまでも咲き乱れるところを見たことはありません ^^;
それだけに年明けでもあり、期待はしていませんでした。

Sekkouji02

受付前から境内を見て回ります。

Sekkouji03

「弥勒堂」前
ただいま、お堂が開扉中!(~1月31日まで)
こちらは楽しみでしたがそれは後ほどにして・・・寒ぼたんです。

Sekkouji04

花にかぶせられた”ワラズト”はたくさんありますが
(ワラズト=呼び名はいろいろですが、ここではそう呼ばれています)

Sekkouji05

やはり咲く花は少なく
すでに終わった花が目立ちます。

Sekkouji06

Sekkouji07

寒ぼたん、冬牡丹とは違って手を入れた自然咲きで、
こちらは葉がほとんどありません。

Sekkouji08

しばらくぶりの石光寺でしたが

Sekkouji09

今回もやはり思っていたように残り花?
少ない花数でした。

ただ、この日の目的はもうひとつ ^^;

Sekkouji10

開扉されていた「弥勒堂」と秘仏弥勒如来、
そして、白鳳時代の文化財石仏・開帳でした。

初めて入る堂内で秘仏を拝観、
その後ろには発掘された石仏が安置されています。

Sekkouji11_2

石仏の仏頭

Sekkouji12

胴の部分

平成3年4月の堂改築に伴う発掘調査の結果、
長い歴史の中で所在が わからなくなっていた石仏が出土したそうです。

Sekkouji13

台座

他にもばらばらになった体の部分など、
組み立てれば2メートル以上もある大きな仏様で、(文化財指定)
石光寺の名の通り、開山当時(白鳳時代)のご本尊だそうです。

Sekkouji14


何度も訪れながら初めて拝観した「弥勒堂」と、
最古級ともいわれる石仏。
寒ぼたんはいつものとおり?少し寂しかったですが、
この日は秘仏拝観の「石光寺」でした。  camera 6日

« 長谷寺の冬牡丹 | トップページ | 斎王のみやこ 斎宮 »

お出かけ・花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
私が訪れた昨年と違って
花数も多くて綺麗ですね。
それでも自然にお手入れをして咲かせる寒牡丹は
毎年のようにたくさんのお花をつけて咲かせるのは難しそうですね。
秘仏弥勒如来、そして、白鳳時代の文化財石仏を
見せて頂いてありがとうございました。
T.B.させて下さいね。よろしくお願い致します。

彩 さん
昨年の石光寺を参考にさせていただきました ^^;

今年は「弥勒堂」の開扉も見たくて久しぶりの年明け訪問でしたが、
花数はそれほどでもなかったですよ。
ただ、咲いていた花は綺麗でしたね。
秘仏の弥勒如来と石仏が拝観できてよかったです。
TBさせていただきました。

徳川園には寒牡丹が咲いていましたが、徳川園のお花と
比べるととても立派な寒牡丹ですね。
冬牡丹ではなく、寒牡丹をこれだけたくさん見る事ができるは
良いですね^^

いわし さん
ここは春の牡丹でも知られますが、
やはり初冬の寒牡丹は人気で多くの人が訪れますね。
ただ、この花は自然の中で咲くために
見ごろのときで50株ほどだそうですから
訪れる時期が難しいところです。
ただ、咲く花は凛として綺麗ですよ ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64729466

この記事へのトラックバック一覧です: 石光寺の寒ぼたん:

« 長谷寺の冬牡丹 | トップページ | 斎王のみやこ 斎宮 »