2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中山道番場宿 蓮華寺 | トップページ | 雪の三島池 »

2017年1月24日 (火)

知多 ひなまつり展

愛知県知多市の「歴史民俗博物館(ふゅうとりぃ・ちた)」で
21日(土)から始まった「ひなまつり展」(~3月5日(日)まで)です。

1年たつとすっかり忘れてしまうお雛さんのことだけに ><;
これから各地でも始まる”ひなまつり”を前に、
昨年までの復習と、今年の予習をかけて出かけてきました。

今年の展示は”おひなさまと女性のよそおい”、
「ひなまつり」は例年どおり、ここ知多からからスタートです。

Chita01

2階の企画展展示室
毎年少しづつ展示の様子が変わりますが、
今年はどうやら御殿飾りが中心のようです。

Chita02

展示室入口の右手には明治時代の「御殿飾り」と

Chita03

女性の衣服やアクセサリーです。

Chita04

中央のガラスケースには江戸時代の「親王飾り」

Chita05

そして左手には平成初期の段飾りと、
昭和40年代から20年代の「御殿飾り」が並びます。

何度も見ている飾りですが、
あらためて時代ごとの御殿の飾りを見ていきます ^^;

Chita06

昭和40年代
きらびやかな御殿飾りも全盛期後半のころのものですが、
まだ豪華な御殿の作りになっています。

Chita07

昭和30年代
御殿飾りの全盛期になりますか?同じ様式の作りでも、
こうして比較すると細部での違いが分かります。

Chita08

昭和20年代
やはり豪華さはありませんが、
こじんまりとした作りで綺麗な御殿です。

Chita09

ここの展示ではお馴染みの”昭和のくらし”
ここでは欠かせられない展示でしょうか ^^;

そして、右にある展示はガラス越しになりますが、
昭和初期から大正、明治、江戸時代のお雛さんです。

Chita10

まずは昭和初期とありましたが、昭和10年ごろでしょうか?
このころから東海地方でも御殿飾りが量産されるようになり、
“金の鯱鉾”や”破風”など、飾りも豪華なものが作られてきます。

Chita11

大正14年とありましたが、
紫宸殿を模した白木造りのシンプルなもので、
御殿飾りでは基本の作りといえます。

Chita12

明治37年とありましたが、金シャチがありますねぇ。
これは東海地方で作られたものでしょうか?

Chita13

江戸後期の白木造り”源氏枠飾り”です。
御殿の屋根をとりはらって、中に飾られている
お雛さんたちの表情を見やすくするようになっています。

とまぁ、時代ごとの御殿飾りを載せてみましたが、
違いの分かるものもあれば、そうでないものもありますね ^^;

Chita14

並ぶのは明治のお雛さん(親王飾り・内裏雛)です。

Chita15

雛掛軸と江戸時代の内裏雛。

あとは江戸後期の内裏雛が展示されていましたが

Chita16

そんななかから選んだのはこの内裏雛 ^^;

男雛の足が少し出ている楽しいお雛さんは、
細い目と、おちょぼ口が特徴の綺麗な古雛です。

知多市歴史博物館(ふゆうとりぃ・ちた)の「ひなまつり展」、
今年もひと足早く楽しんだひなまつりでした。   22日

« 中山道番場宿 蓮華寺 | トップページ | 雪の三島池 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
もうお雛様巡りが始まりましたね。
江戸時代のお雛様が何体もあり見ごたえありますね。
今年も沢山のお雛様見せて下さいね。
楽しみにしています。

彩 さん おはようございます。
今年もまたひなまつりが始まりました。

ここは各時代のお雛さんが展示されるため、
雛めぐりの予習、復習と勉強になります。
また、各地のひなまつりをめぐりますが、
今年は新しいところにも出かけてみたいと思っています ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知多 ひなまつり展:

« 中山道番場宿 蓮華寺 | トップページ | 雪の三島池 »