2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中山道 小紅の渡し | トップページ | 大高緑地の雪吊り »

2016年12月23日 (金)

鏡島弘法 乙津寺

岐阜市鏡島にある「 鏡島弘法 乙津寺(おっしんじ)」。
毎月21日の縁日には大勢の人が訪れるということで、
終い弘法になる21日にでかけました。

この日は乙津寺の近くにある長良川の「小紅の渡し」が目的で、
岐阜市の加納宿から中山道歩きの途中に立ち寄りです。

Osshinnji01

南大門
ここは初めてで、普通の日の賑わいは知りませんが、
この日は縁日だけに参道から賑やかです。

Osshinnji02

南大門の左手にある「観音堂」と”縮緬の記念碑”。

門をくぐって境内へ

Osshinnji03

南からは正面に本堂

Osshinnji04

東大門から入ると正面に「大師堂」です。

Osshinnji05

その「大師堂」
京都の東寺、神奈川県の川崎大師と並び、
「日本三躰厄除弘法大師」の一つに数えられているという。
この日は弘法さんの日だけに混雑していました。

Osshinnji06

「国宝安置殿 本堂」
歴史は古く、行基菩薩が天平10年(738)に草庵を開創し、
自ら十一面千手観音像を彫って安置したのが始まりだそうです。

Osshinnji07

右には諸菩薩像に「御影堂」

Osshinnji08

左には”七福人”に「不動明王堂」などの諸堂が立ち並び、
さらに大師堂を囲むように

Osshinnji09

四国八十八観音第一番から

Osshinnji10

ぐるりと霊場巡りができるようになっています。

とにかく、すごい数の御堂があるのにはちょっと驚きでしたが

Osshinnji11

境内には宗祇の句碑がある池と

Osshinnji12

大師が地に挿した杖が枝葉を付けたことから、
別名を「梅寺」ともいわれる由縁の梅の木があります。

この日は特別に乗船者が多いという中山道の裏街道、
「小紅の渡し」とともに楽しんだ
「鏡島弘法 乙津寺」の弘法さんの日でした。  camera 21日

« 中山道 小紅の渡し | トップページ | 大高緑地の雪吊り »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64655453

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡島弘法 乙津寺:

« 中山道 小紅の渡し | トップページ | 大高緑地の雪吊り »